フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 更なる競争激化か、仁川国際空港とその周辺国の空港・・・・・・あの関空も貨物で”参戦”!?【韓国SBS報道】 | トップページ | 2006年大晦日、東京駅前丸の内ビル(丸ビル)に於ける年越し「第九」ライヴから・・・ »

イタリア国内に於ける演奏!?・・・・・・荘厳な響き残した公演会場等不詳の「合唱幻想曲作品80」演奏動画

 今日、「1万人の第九」合唱参加申込みの抽選結果を見ました。

 発表日が7月13日だったので、6日遅れの閲覧となってしまいました《恥ずかしながら、「開封」するのが正直怖かったから…》。

 

 結果は・・・”参加クラス:「大阪6」クラス”と出ていました(つまり「当選」です)。

 

 全6回のレッスンとなりますが、ひとつひとつ大事にしてきたいデス。

 

 

 さて、今回は今日『YouTube』で見つけたばかりの「第九」のルーツ、ベートーヴェン『合唱幻想曲作品80の演奏動画を紹介したいと思います。

 

 

 今回紹介する演奏動画は8日前の去る7月11日に投稿されたばかりのものです(つまり「1万人の第九」抽選結果発表の2日前)。

 

 

 で、今回の動画についての『YouTube』公開データは

 

  David Boldrini pianoforte
  (ダヴィッド・ボルドリーニ…ピアノ)

 

と出ているだけで、管弦楽を務めたオーケストラの名称、指揮者、ソリスト陣、合唱団、そして何時何処で行われたものなのか・・・といったデータは一切記されていません。

 

 

 そこで、唯一公表されているこのピアニストの名前を使って検索エンジンで調べてみたのですが、彼のプロフィールとおぼしき文章は見当たらず、しかもピアノ奏者だったりチェンバロ奏者だったりオルガン奏者だったり・・・

 ただ鍵盤楽器以外(弦楽器、管楽器とか)の楽器奏者として彼の名前が出て来なかったことから、鍵盤楽器の中の何れかのプレーヤーであることは間違いなさそうです。

 尤もトン・コープマンのように複数の鍵盤楽器のプレーヤー(奏者)であるかどうかは、検索エンジンで調べた限りでは、わかりかねるところですが・・・・・・

 

 でも、検索結果で挙がったWebサイトにアクセスする等しているうちに、彼はイタリア人なのか、そしてあの「合唱幻想曲」はイタリア国内で開かれた演奏会の中で弾かれたものなのか、と思うようになりました。

 といっても確たる証拠をつかんだわけではありませんので断定は出来ませんが、検索結果に挙がったWebサイトの多くがURLのドメインにイタリアである(イタリア国内にあるサーバを使っている!?)ことを示す国名略号「it」が使われていること、そして検索結果で挙がったWebサイトのそれぞれの内容等から、彼自身がイタリア人なのか、或いは演奏会自体がイタリア国内で行われているものなのか・・・その何れか(或いは両方)ではないか、と思うようになった次第です。

 ただ、動画をじっくり見ていますと、ステージ部分右側に大判の宗教画と思しきものが見え、更に合唱団席の後ろに十字架らしきものが見えること等から、どうやら演奏自体は教会に於いて行われた模様ですね《しかしながら”何処の何という教会か”というところまでは残念ながらわかりません》。

 

 

 では演奏動画の紹介にに入ります。

 動画タイトルは「Choral fantasy op.80 Beethoven」となっており、3分割となっています。

 

 ◎ 「PARTE 1」(Part 1)

 ◎ 「PARTE 2」(Part 2)

 ◎ 「PARTE 3」(Part 3)

 

 どうやら客席側(というか参列者席側)左サイドから撮影されたもので、時折ピアニストの手元をアップで映したりしているのですが、独唱が入る箇所ではピアノの横に立つ女声ソリスト陣に隠れてしまってピアニストの手元がちょっと見えづらくなるかな・・・

 で、演奏自体についてですが、全般的に引き締まった感じの仕上がりで、メロディーラインもそこそこ歌えていて、地に足がつくがごとくのしっかりとした印象を抱きましたが、ちょっとピアノ・ソロが上滑り気味かなぁ・・・

 とはいえ、教会内に荘厳な響きが見事響いていたことと思います。

 

 

【おことわり】
 『Google Video』や『YouTube』等の動画投稿サイトにて公開されている動画については、今後、運営サイドの判断等により削除される可能性があります。その場合、お楽しみいただけなくなりますことを予めご承知おき下さい。

 

 

にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ

 

【関連記事(「合唱幻想曲」関連)
バレンボイム弾き振りによる『合唱幻想曲作品80』・・・『YouTube』投稿動画から
『合唱幻想曲作品80』2004年パリ国際アマチュアコンクールのガラ・コンサートにて~PTNAのWebサイトより
「パスクヮ-レ・イアンノ-ネ(イタリア)+”ルーマニアのオケ”」による『合唱幻想曲』
南米コロンビアのピアニストと大学オケ&合唱団によるベートーヴェン『合唱幻想曲』演奏動画《+大阪・広島情報》
「ラン・ラン(郎朗;P)+小澤征爾」の合唱幻想曲…中国に於ける「北京新年音楽会(ニューイヤーコンサート)」にて
「BBCプロムス2008」最終夜公演に於けるベートーヴェン『合唱幻想曲』・・・グリモーとノリントン=BBC響のコンビ
アシュケナージ”弾き振り”によるベートーヴェン『合唱幻想曲』・・・アメリカのクリーヴランド管弦楽団ほかを相手に
バレンボイムとクレンペラーが創り上げる珠玉の『合唱幻想曲』──1968年。ニュー・フィルハーモニア管弦楽団ほか

 

【関連記事(その他)
死因は肺炎治療で服用した薬などによる肝臓壊死!?・・・・・・楽聖ベートーヴェンの死に関する新学説

« 更なる競争激化か、仁川国際空港とその周辺国の空港・・・・・・あの関空も貨物で”参戦”!?【韓国SBS報道】 | トップページ | 2006年大晦日、東京駅前丸の内ビル(丸ビル)に於ける年越し「第九」ライヴから・・・ »

コメント

当選おめでとうございます。昨年は落選されたので、喜びのひとしおとお喜び申し上げます。
 私は今年が2回目ですが、昨年より少しでも正確な音がだせるように努めたいと思います。

 noriさん、どうもありがとうございます。

 と同時に2回目の参加決定、おめでとうございます。


 私もnoriさんと同様、一つ一つのレッスンを大切にし、悔いのないステージにしていきたいと考えています。

 お互い頑張りましょう!

Davidさんって、Rami Musicaliの団長かしら?
http://www.assofidelio.it/musicisti/David%20Boldrini.htm
国籍はわかりませんが、イタリア語だとDavideになるので、ハーフとかだったりする可能性はあります。
出身校はフィレンツェのケルビーニ音楽院。トスカーナ中心に活動しているみたいですよ。オルガンとピアノ両方やってます。チェンバロは違いそうですけど。http://jp.youtube.com/watch?v=JS8YwLVSRec
2006年の同オケのものじゃないですか?

 nekoさん、こんにちは。
 当該「合唱幻想曲」演奏に於けるピアノ独奏を務めたDavid Boldriniのプロフィール等の情報をありがとうございます!
 やはり彼はピアノとオルガンの両方を手がけていましたか・・・なるほど。

 で、ご指摘の『YouTube』動画(ベートーヴェンの「クロイツェル・ソナタ」、何だか昇華していくかのような演奏でした!)の添付テキスト・データの中に含まれている「Rami Musicali」という名称について、ネットサーフィンする限りでは、音楽コンクール(それも国際的な!?)の名称などで使われたりしているみたいですが〔或いは学校か演奏団体?〕、悲しいかな、イタリア語の覚束ない私にはちょっとわからないです《楽譜に記載の各種指示記号・用語の類の大半がイタリア語由来だというのに・・・ごめんなさい》。

 共演オーケストラ・・・う~ん、トスカーナ州(フィレンツェは同州の州庁所在地)が活動の中心だとすると、「フィレンツェ・トスカーナ管弦楽団」だったりするのですが、違うでしょうね《勝手なことを言ってスミマセン!》。

 取り留めのない文章で失礼しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/15811173

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア国内に於ける演奏!?・・・・・・荘厳な響き残した公演会場等不詳の「合唱幻想曲作品80」演奏動画:

« 更なる競争激化か、仁川国際空港とその周辺国の空港・・・・・・あの関空も貨物で”参戦”!?【韓国SBS報道】 | トップページ | 2006年大晦日、東京駅前丸の内ビル(丸ビル)に於ける年越し「第九」ライヴから・・・ »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)