フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 北朝鮮と「中国・ロシア」、韓国との鉄道連結についての話・・・若干の最新情報も | トップページ | 「1万人の第九」本番に向けてのレッスン、始まりました(「大阪6」クラス・1回目) »

ズタズタな列車ツアー?普遍的観光名所巡りツアー?・・・「JRオールキャスト日本列島縦断 華麗なる列車の旅」

 巨額の赤字を抱えていた旧国鉄分割民営化して7つの”JR”として発足してから今年で20年。

 

 この春にはこれを記念した「JR発足20周年・青春18きっぷ」が、「青春18きっぷ」デビュー当時の価格(8千円)にて販売されて大きな話題となったことは記憶に新しいところでありますが、今度は価格面等でその逆を行くような(?)企画商品が発表されているようですネ。

 

 その名称は「JRオールキャスト日本列島縦断 華麗なる列車の旅」

 

 

 JR発足20年特設Webサイトのトップ・ページにいきなりこの企画商品の概要紹介欄が目に飛び込んでくるのですが、オープニング部分を見ると、JR旅客6社にJR貨物も合わせたJR7社の名前が並び、しかもJR貨物の電気機関車も写真として登場しているのが見え、まさかプランの中に貨物列車も入っているのでは(無いだろうけれど)・・・

 

 この企画商品には大きく分けて北行コース(長崎→札幌;公式発表は”南から北へコース”)と南行コース(札幌→鹿児島;公式発表は”北から南へコース”)の2種類あり、各コースの出発地が属する旅客鉄道会社が実際の旅行主催等を担当する形となっているようですが、概要紹介欄に置かれているPDF版パンフレットを「手に取って」みてビックリ。

 

 本当に貨物列車も参加するんです・・・・・・ではなくて、一部区間でJR貨物所属の電気機関車の牽引が行われるというわけです。

 しかも牽引するのはEF81からの置き換え用に2002年以降順次登場してきている新型交直流機関車「EF510

 JR貨物所属の機関車が旅客列車を牽引した例は過去にも存在しますが〔客車列車で運行していた頃の”急行「ちくま」(名古屋以東の区間)”〕、JR化後に新製されたJR貨物所属の機関車が旅客列車を牽引するのは恐らく今回が初めてでしょう。

 そして牽引する相手は「夢空間+北斗星」編成・・・「EF510」と「夢空間」との組み合わせ、ツアー参加者のみならず鉄道好きにとってもこれは見ものとなりそうですネ。

 

 それにしても、電気機関車のみではあるのですが、本当にJR貨物もこの企画商品に参加しているわけなんですネ《感慨深げ…》。

 

 

 で、既にお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、この「JRオールキャスト日本列島縦断 華麗なる列車の旅」の日程を見ますと、先に南行コースから「夢空間」にて開始となり〔10月21日(日)・札幌12時40分頃出発予定〕、7日目〔10月27日(土)〕にトワイライトエクスプレスにて長崎入りしたのを受けて、その長崎入りしたトワイライトの折り返しの形で北行コースが開始〔10月27日(土)・長崎16時50分頃出発予定〕となっていることがわかります《ちなみに南行コースはそのまま南下、翌日(10月28日)鹿児島中央駅にて終了となります》。

 

 ここで、北行コース・南行コース各々で利用する列車と乗車区間について抜き出してみますと・・・

 

 ◎ 南行コース(札幌→鹿児島;10/21-28)
  ● 「夢空間北斗星
   《札幌→函館→酒田/鶴岡→新発田/新津→越後湯沢》
  ● はくたか8号
   《越後湯沢→富山》
  ● キハ85系「ワイドビュー」
   《富山→下呂→京都》
  ● のぞみ号N700系車両
   《京都→岡山》
  ● トワイライトエクスプレス
   《岡山→松山/福山→長崎》
  ● 九州新幹線つばめ号
   《新八代→鹿児島中央》

 ◎ 北行コース(長崎→札幌;10/27-11/3)
  ● トワイライトエクスプレス
   《長崎→倉敷/琴平→京都》
  ● スーパーサルーンゆめじ
   《岡山→琴平》
  ● こだま号グリーン車
   《京都→名古屋》
  ● のぞみ号(N700系車両)
   《名古屋→品川》
  ● いろどり(彩)
   《品川→日光》
  ● 「夢空間+北斗星」
   《宇都宮→函館》
  ● クリスタルエクスプレス
   《函館→洞爺→札幌》

赤字…JR貨物のEF510電気機関車牽引区間》

 

 全行程の4割方は定期運行の列車利用となっているほか、

 

   ● 「夢空間+北斗星」
   ● のぞみ号(N700系車両)
   ● トワイライトエクスプレス

 

の3列車は南行・北行両コースの何れにも登場、北行コースについては3本のジョイフル・トレインにも巡り会えます。

 そして上記3列車のうちの「夢空間」と「トワイライト」がこの企画旅行のキモとなっていると言うことが出来、この2列車のどの寝台を利用するかで以下の5段階の料金コース(グレード)が両コースとも設定されています。

 

  ◎ A:「夢空間個室」+「TWE=A個スイ」
  ◎ B:「北斗A個ロヤ」+「TWE=A個ロヤ」
  ◎ C:「北斗A個ツデ」+「TWE=B個ツイ」
  ◎ D:「北斗B個デュ」+「TWE=B個シツ」
  ◎ E:「北斗B開放型」+「TWE=Bコンパ」

《上記、記載スペースの関係で略称表記としました》

 

 大人2人1組のペアで参加することが条件となっていて、旅行代金はペア合計額で、最安のグレードEでも80万円で募集枠は12組、最高のグレードAでは100万円で募集枠は僅か2組!

 ちなみに募集枠が一番大きいのはグレードCで旅行代金92万円、募集枠は16組デス。

 

 

 で、両コースの旅行日程表を眺めていてまず思ったこと、「ことごとくJRの列車がズタズタにされているな」。

 しかし、よくよく考えているうちに、これは言ってみれば日本各地の観光名所を巡る一般的なツアーの一つに過ぎない。ただ、普段旅行会社が催行しているパッケージツアーでは移動手段としてバス或いは飛行機を採り入れているのが殆どなのですが、その中の飛行機の部分をJRの列車に置き換えたのが今回のツアーなんだな、と理解出来るようになりました。

 私のイメージとしては「夢空間+北斗星」のような特別編成の列車1本で全国を走り回るものと考えていたのですが、”ことごとくJRの列車がズタズタにされ”るような行程とすることで、日本全国のJR線を駆けめぐる自慢列車を一つ一つ紹介する意図もあるのかな、なんて考えたりもします。

 

 

 今回の「JRオールキャスト日本列島縦断 華麗なる列車の旅」について報じている以下の新聞記事たち・・・

 

7泊100万円!列車乗り継ぎ列島縦断ツアー
《『産経イザ!』8月16日付け掲載記事》

 JR発足20周年を記念して、JR7社は共同で、この秋に寝台列車「北斗星」など各社が誇る列車などを乗り継いで、北海道から九州までめぐる100万円の豪華旅行を企画している。JRでは「通常では設定できない企画。日本の旅の素晴らしさや、鉄道の魅力を再発見してほしい」と話している。
 「JRオールキャスト日本列島縦断 華麗なる列車の旅」は、10月21日に札幌を出発し28日に鹿児島に到着する「南行きコース」と、10月27日に長崎を出発、11月3日に札幌到着の「北行きコース」の2種類で、いずれも7泊8日(うち車中2泊)。
 南行きコースでは、函館の夜景を楽しんだ後に日本海沿いに南下。京都、松山・道後温泉などを経て寝台列車で鹿児島へ。北行きコースでは、長崎から出発。倉敷や日光などを経て北海道・洞爺湖などを観光する。
 車中泊に使われる寝台列車はJR東日本の北斗星とJR西日本の「トワイライトエクスプレス」。このうち、北斗星に連結される特別車両は1両に個室3部屋で、定員6人の豪華車両。そのほかバーカウンターが設置されたラウンジカーなども連結され、ホテルでくつろぐ感覚で旅行が楽しめる。
 ほかにも「のぞみ」の新型車両N700系や九州新幹線「つばめ」など各社自慢の列車を使用。普段は走らないルートも経由する。主要駅では、制服・制帽姿の駅長が出迎えるセレモニーが企画されている。
 食事は各地の自慢料理を用意、旅館・ホテルも厳選され、旅行自体も楽しめる。
 募集人員は両コースとも40組80人限定で、2人1組ではがきかインターネットで申し込む。締め切りは今月31日。旅行代金は2人で80万~100万円(客席のグレードで異なる)。問い合わせは、南行きはJR北海道(電)011・219・5489、北行きはJR九州(電)092・482・1489。

夢空間・北斗星など憧れの列車で日本縦断 - JR7社、発足20周年記念企画
《『マイコミジャーナル』2007/08/09付け掲載記事》

 JR7社(JR北海道/JR東日本/JR東海/JR西日本/JR四国/JR九州/JR貨物)は9日、発足20周年を記念した共同企画「JRオールキャスト 日本列島縦断 華麗なる列車の旅8日間」の発売を発表した。
 コースは「北から南へ(札幌→鹿児島)コース」(日程:10月21日~28日、7泊8日車中2泊)「南から北へ(長崎→札幌)コース」(日程:10月27日~11月3日、7泊8日車中2泊)の2コースを設定している。
 両コースでは、2台の寝台列車「夢空間・北斗星」と「トワイライトエクスプレス」にそれぞれ1泊するほか、JR各社の列車を乗り継ぎ、日本列島縦断の旅を満喫する。また通常では大阪~札幌区間を運行している「トワイライトエクスプレス」が、今回に限り長崎方面を走るという。
 その他、主要な駅で駅長の送迎や記念撮影などのイベントも用意。各地の駅弁を味わったり、厳選された宿に宿泊できるだけでなく、京都・宝厳院(ほうごんいん)の特別拝観ができるなど、観光面でも充実した内容となっている。
 同ツアーの料金は80万円~100万円(寝台列車のグレードによって異なる)としている。大人2人1組の応募が条件で、募集定員は各コース40組80名。定員を超える場合、抽選により参加者を決定し、9月14日までに当選者へ連絡をする。申し込みは専用ウェブサイト、もしくは官製はがきにて受け付ける。受付期間は10日~31日まで(官製はがきの場合は31日消印有効)。

 

 改めて、今回の「JRオールキャスト日本列島縦断 華麗なる列車の旅」、パッケージツアーとしてはごくごく一般的な観光名所巡りツアーの類の一つといったところかな、と感じました《まあ内容面ではごく一般的なタイプのパッケージツアーと比べてグレード的に高めに設定しているでしょうが…》。

 

 

 最近では海外旅行でも万単位1桁の価格で行って帰ってこれることが、パッケージツアーも含めて、普通になってきつつあり、格安航空券分野で見ればヨーロッパ方面往復航空券が10万円を切る値段で購入できることも珍しくなくなってきています。

 そういう現実もあってか、今回のような日本国内を巡るだけのパッケージツアーで旅行代金が万単位2~3桁ということに関しては、鉄道の良さが見直されるきっかけになる(→「参加したいな日本一周」)、日本の鉄道文化も目一杯堪能できそう(→「日本の旅は列車です」)、との肯定的な意見がある一方で、海外に行くほうがマシ(→「7泊100万円!列車乗り継ぎ列島縦断ツアー」・「もっとあたまひねれよ」)等の批判的な意見も存在します。

 

 

 何れにしても、旅行界にまた一つ大きな話題を作ることになるであろう今回の「JRオールキャスト日本列島縦断 華麗なる列車の旅」、とかく飛行機や高速バスに奪われがちな国内旅行に鉄道の復権なるか、注目されるところですネ。

 

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ 人気ブログランキング「くつろぐ」

 

【関連記事(JR発足20周年)】
激しい争奪戦となるか!?・・・今春発売分の「青春18きっぷ」常備券版(赤い「青春18きっぷ」)
新しい”東の雄”、きょう「開業」・・・鉄道博物館、埼玉県の旧大宮工場旧車両解体線跡地に

 

【関連記事(消えゆく夜行寝台「ブルートレイン」)】
(1)夜行列車の現状等
(2)夜行列車のあるべき姿
(3)寝台急行「銀河」の話

 

【関連記事(その他)
東海道・山陽新幹線の新型電車「N700系」ついに登場・・・・・・時代の移り変わり
のりば増設の新大阪駅、地元デパート増床の鹿児島・・・・・・2011年春予定の九州新幹線全通に向けて
本州JR旅客3社、揃って4期連続増収・・・・・・JR東海は過去最高益《「のぞみ」問題も》
”初代「のぞみ」”として活躍の300系、東海道新幹線から引退か・・・・・・新型「N700系」、前倒し投入へ
東海道新幹線の車内で無線LANによるインターネット接続実現へ(2009年春)・・・総務省が電波割り当てに動く

« 北朝鮮と「中国・ロシア」、韓国との鉄道連結についての話・・・若干の最新情報も | トップページ | 「1万人の第九」本番に向けてのレッスン、始まりました(「大阪6」クラス・1回目) »

コメント

トラックバックありがとうございます。
このツアー企画について確かに様々な角度から多様な意見があって却って自然なのかなと思います。
価格と期間を考えると、相応にお金と時間がある方々でないと参加できません。鉄道の旅は、旅行のプランをあれこれ考えることも楽しみの一つです。そういう意味では、この企画は、少し違う楽しみ方、この企画用の特別列車に乗ることの方に意味があるのかもしれません。いずれにしても、鉄道の旅に様々な楽しみ方がることを知る機会にはなりそうです。
これからも、よろしくお願いします。

 サラリーマンレポート さん、コメントをありがとうございます。

 そして、TB失礼いたしました!


 おっしゃるとおりですね。お金と時間の両方を持っている人向きの企画、と私も思います。

 今年から団塊の世代の一斉退職が発生するという「2007年問題」に乗っかった企画(ビジネス)が、まるで雨後の竹の子の如く、次々と誕生してきているようですが、今回のこの「JRオールキャスト日本列島縦断 華麗なる列車の旅」もまさにその一つと言えそうですね。

 とはいえ、さすがに「大型客船で世界一周・・・」という類のものにはちょっと敵いませんが…


 まあ、鉄道の良さというものがこの企画ツアーで1人でも多くの人にわかってもらえればいいかな、なんて思ったりしています。


 こちらこそ、よろしくお願いします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/16152060

この記事へのトラックバック一覧です: ズタズタな列車ツアー?普遍的観光名所巡りツアー?・・・「JRオールキャスト日本列島縦断 華麗なる列車の旅」:

« 北朝鮮と「中国・ロシア」、韓国との鉄道連結についての話・・・若干の最新情報も | トップページ | 「1万人の第九」本番に向けてのレッスン、始まりました(「大阪6」クラス・1回目) »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)