フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 「パスクヮ-レ・イアンノ-ネ(P;イタリア)+”ルーマニアのオケ”」による『合唱幻想曲』 | トップページ | 北朝鮮と「中国・ロシア」、韓国との鉄道連結についての話・・・若干の最新情報も »

世界初のハイブリット鉄道車両「E200系気動車」デビューから・・・・・初トラブルも

 去る7月31日、高原の鉄路に、トヨタの「プリウス」の鉄道版というべきところの新しいタイプの”ハイブリット”ディーゼルカーの記念すべき第一歩が刻まれました。

 

 JR東日本の新型ディーゼルカー、「E200系」

 

 与えられた愛称は”こうみ”

 

 

 この「E200系」ディーゼルカーの開発者へのインタビュー記事が、去る8月11日付で、『産経イザ!』に掲載されたのですが、一番苦労したのは、”ハイブリット車両”の真骨頂といわれるべきところの「動力切り替え」(蓄電池~ディーゼル機関)のタイミングだったそうです。

 

ハイブリッド列車 急こう配で動力切り替え腐心

■世界初、「こうみ」を完成させた大村哲朗(おおむら・てつろう)さん
 列車も“エコ”の時代へ-。ディーゼルエンジンに蓄電池を組み合わせたハイブリッド列車「こうみ」が、7月31日から長野県と山梨県を結ぶJR小海(こうみ)線で世界初の営業運転を始めた。電力を利用してエンジンの負担を軽減し、大気汚染物質の排出量を約60%減らしたクリーンな列車だ。
 社内で唯一「こうみ」専属の開発担当者として、動力部から内装まですべてにかかわった。「こだわり」は、動力源をリアルタイムで表示する車内のモニター。蓄電池とエンジンが目まぐるしく交代し「ハイブリッドシステムを実感できます」
 入社10年目で整備部門から念願の開発部門に移り、初めて手掛けたのが「世界初」の列車。試験車までは前任者が造っていたが、「それだけに重圧を感じた。ここまで来て、できないとは言えませんから」と振り返る。  マニュアルに従う整備とは違い、開発は「やってみてナンボ」の世界。試験車にトイレなど営業用の設備を乗せたら動力部が収まらず、機器の配置は1からやり直し。動力源の切り替えは「急こう配の小海線を効率よく走らせる鍵」だ。蓄電池とエンジンを切り替えるタイミングの微調整に、3カ月近くを費やした。
 現在も整備などのため「ハイブリッド担当科長」として長野県佐久市の営業所に常駐、列車の運行を支える。足掛け4年、いよいよ人々を乗せて走り始めた列車を前に「1つの区切りとして感慨深い」と目を細めるが、すぐに「本番はこれから」と表情を引き締める。東京都出身、38歳。

 

 大村氏の話す「試験車両」とは昨年(2006年)4月に発表された「NEトレイン(New Energy Train)」のことを指すと思われますが、この試験車両では東北地方を走る701系電車と外観が似ていたことから、非電化区間にも701系電車のような車両が走るのか、と思ったものですが、最終的に出来上がったのはこれまでに無い独特の形状をした車両となっていましたネ。

 そのハイブリット試験車両を完成させた前任者から引き継いだこともあって重圧を感じたという大村氏、動力面の他、トイレ等の営業用設備と動力機構の位置関係等に苦しみながらも、「とにかく色々やってみる」という心意気で開発を進め、その甲斐もあって去る7月31日のデビューに至ったわけです。

 

 

 それで、デビュー当日の模様は本ブログの「小海線に「こうみ」デビュー・・・・・・世界初ハイブリット気動車「E200系」、営業運転開始」という記事でも伝えていますが、山梨県の地方紙・山梨日日新聞Web版にデビュー翌日の日付(8月1日)で掲載された「世界初のハイブリッド列車「こうみ」運行開始 JR小海線 清里、小淵沢駅でセレモニー」という記事によると、山梨県内に所在する清里・小淵沢両駅で行われた記念セレモニーでは、武者に扮(ふん)した駅長らによるくす玉割りやテープカット、「甲斐の国 小粋」によるよさこいソーランの披露等が行われたそうです。

 

 更に、「E200系」営業運転開始を記念して販売を始めた記念駅弁について、「ハイブリッド列車記念駅弁」というブログ内記事が伝えているところによると、この記念駅弁の正式名称は「JR20周年記念 世界初ハイブリッド車両小海線運行記念 高原野菜と牛焼きむすび」(JR東日本長野支社のリリースでは「高原野菜と牛焼きむすび」と記載されています)、1個1,100円で1日30食限定販売だそうです(この駅弁の製造元のWebサイトにも限定数に関する記載有り)。またこのブログ内記事では記念駅弁の中身に関する詳細なレポートも行っています。

 なお、そのブログ内記事の指摘によると、弁当パッケージには「期間限定販売」と刷り込まれているものの、具体的にいつまでの販売なのかはサイト上でも確認出来ないとしていますが、先のJR東日本長野支社のリリースによると、販売期間は「平成19年7月31日(火)~11月頃」とのこと。
 ”11月頃”というのがちょっと曲者ですが、11月までの間に一定数に達したところで販売終了とするのか、それとも11月中の適当な日に突然打ち切るのか・・・

 

 

 で、そのようなお祝いムードの一方で、世界初ならでは(!?)の出来事も既に発生しているようで・・・

 初めに紹介した『産経イザ!』記事の掲載日付と同一日付(8月11日)で信濃毎日新聞Web版『信毎Web』に掲載された記事によると、去る8月10日、小海線甲斐小泉駅にて電気系統のトラブルが発生したそうですネ。

 

小海線のハイブリッド列車に不具合 初のトラブル

 10日午後零時50分ごろ、山梨県北杜市のJR小海線甲斐小泉駅で、小淵沢発野辺山行きハイブリッド列車(2両編成)に不具合が発生、運転を取りやめた。同列車を使う上下5本が運休・部分運休し、約500人に影響が出た。JR東日本長野支社によると、同列車のトラブルは7月31日の営業運転開始以来、初めて。原因は調査中としている。
 同社広報の説明では、甲斐小泉駅に停車中、電気系のトラブルがあり、車内灯が消え、冷房が止まった。動力に影響はなく、発車できたが、「暑い時期に冷房が効かない車両での輸送はサービス低下になる」として、運転を取りやめたという。乗客約120人は、同社が手配したバスやタクシーに乗り換えた。
 ハイブリッド列車は動力にディーゼルエンジンと蓄電池を併用。電気モーターだけで発車し、途中からエンジンも使って走る。8月は主に小淵沢-野辺山間を往復している。

 

 先の『イザ!』掲載記事の中でインタビューに応じていた大村氏、どんな心境になっていたのやら・・・

 とはいえ、こうした失敗(トラブル)を次の車両開発に生かすことで、よりよい車両を造っていってもらいたいものですネ。

 

 

 世界初のハイブリット鉄道車両、「E200系」ディーゼルカーはまだ走り出したばかり。

 今後どのように成長していくのか、楽しみです。

 

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ 人気ブログランキング「くつろぐ」

 

【関連記事(JR東日本の車両「E655系」)
JR化後初めての「お召し列車」新製さる・・・・・・JR東日本E655系電車、公開へ
「皇室用電車」E655系の試運転映像、『YouTube』に投稿さる・・・・・・報道公開2日後、再び上野駅に現る
JR東日本E655系特急型電車に愛称「なごみ」・・・「お召し列車」対応豪華ジョイフルトレイン

 

【関連記事(JR東日本の車両「E200系」)
世界初のハイブリット鉄道車両、いよいよ今月デビューへ・・・・・・JR東日本「E200系」
小海線に「こうみ」デビュー・・・・・・世界初ハイブリット気動車「E200系」、営業運転開始
世界初ハイブリット鉄道車両「キハE200」、車両工場出場からデビュー、そして今日に至る迄の軌跡《交響曲仕立!?》

 

【関連記事(JR東日本・その他の車両)
2代目「成田エクスプレス」用E259系特急型電車、概要発表さる・・・「成田エクスプレス」運行開始から17年

 

【関連記事(その他ハイブリット鉄道車両関連)
JR北海道、モーターアシスト(MA)方式ハイブリット車両開発・・・大きさ・コストはJR東日本「E200系」の約半分に
札幌市電、架線の有無に関わらず走行可能な低床式路面電車(LRV)の試験走行実施へ

« 「パスクヮ-レ・イアンノ-ネ(P;イタリア)+”ルーマニアのオケ”」による『合唱幻想曲』 | トップページ | 北朝鮮と「中国・ロシア」、韓国との鉄道連結についての話・・・若干の最新情報も »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/15988256

この記事へのトラックバック一覧です: 世界初のハイブリット鉄道車両「E200系気動車」デビューから・・・・・初トラブルも:

« 「パスクヮ-レ・イアンノ-ネ(P;イタリア)+”ルーマニアのオケ”」による『合唱幻想曲』 | トップページ | 北朝鮮と「中国・ロシア」、韓国との鉄道連結についての話・・・若干の最新情報も »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)