フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 都営新交通システム「日暮里・舎人ライナー」運行ダイヤ発表とPRあれこれ・・・3月30日(日)開業予定 | トップページ | 「第24回5000人の第九コンサート」〔2月24日(日)〕への旅程(備忘録兼ねて)・・・「1万人の第九」異常事態!? »

ゲルト・アルブレヒト指揮NHK交響楽団によるベートーヴェン『交響曲第7番イ長調作品92』(1982年2月)

 2~3日前位だったか、こちら大阪の自宅のテレビで深夜番組をチラッと見ていた時に(ハッキリ覚えていないのですが、朝日放送で放送された番組だったような…)、その番組では女性タレント1人と男性タレント1~2人が司会進行を受け持ち、オピニオン役として6人程度の芸人(お笑い系だったか…;こちらは全員男だったように記憶)たちが居合わせていたように覚えているのですが、おすすめイヴェント情報のコーナーに入り、そこでいきなり「BBCフィルハーモニック」の文字が目に入り、えぇ~っ、という驚きの気持ちで覗き込みました。

 一通りその公演の案内が済んだ後、スタジオ内に設置のモニター画面は「ベートーヴェン 交響曲第7番」(だったかな…)の文字テロップ表示に切り替わり、何やらベートーヴェンの7番のウンチクを女性タレントが語り始めていたように何となく記憶していますが、この曲名を目にした私は、ふと、もしや「のだめ」絡みか、と勘付き、早速ネットで確認したところ、まさしくそのとおりでした。

 2006年10月16日から12月25日にかけて都合11回フジテレビ系列で放映されていたテレビドラマ『のだめカンタービレ』はクラシック音楽界に一石を投じた等といわれたことのあるドラマなのですが、このドラマの主題歌としてベートーヴェンの第7交響曲・第1楽章が抜粋の形で用いられていました。

 で、件の女性タレントは居合わせたオピニオン役の芸人たちとやりとりをしながらそのベートーヴェンの7番の話をしていたみたいですが、やがてヴァイオリン片手に譜面台がセッティングされた中央部分に出て、その手持ちのヴァイオリンを顎と肩で挟んで演奏の体形をとると、ピアノ伴奏に乗ってベートーヴェンの7番の第1楽章の前半のメロディーを16小節程度演奏して見せていました。

 うん、よく弾けているし、音も悪くない・・・思わず感心の私自身、心の中で唸ってしまいました。

 

 なお、この深夜番組のおすすめイヴェント情報コーナーで紹介された「BBCフィルハーモニック」でありますが、JRグループ定例ダイヤ改正の当日にあたる3月15日(土)に大阪市北区・中之島にあるフェスティバルホールにて行われ、先に挙げたベートーヴェンの『交響曲第7番イ長調』の他、シベリウスの『ヴァイオリン協奏曲ニ短調作品47』他が演奏されることになっています。

 

 

 で、前置きが少し長くなりましたが、今回はその「のだめ」の主題歌の素材にもなりましたベートーヴェン『交響曲第7番イ長調作品92』を聴いてみたことについて書いてみようと思います。

 

 

 ベートーヴェンの『交響曲第7番』と言えば、以前に京都のアマチュアオーケストラ・一音寺室内合奏団による演奏を聴いたことについて書いていますが〔→『一音寺室内合奏団(京都市、アマチュア・オーケストラ)の演奏によるベートーヴェン『交響曲第7番イ長調作品92』』〕今回はプロのオーケストラによる演奏を聴いてみました。

 

 ところで、その京都のアマオケ・一音寺室内合奏団によるベートーヴェンの7番についての記事では、曲に関する簡単なことを書いたのみで、楽章のこと等についてはまだ触れていませんでした《尤も音源へのリンクとして楽章毎の速度指示表記だけは記していましたが…》

第1楽章 Poco sostenuto - Vivace
 《イ長調・序奏付ソナタ形式・ 4/4 - 6/8拍子》
第2楽章 Allegretto
 《イ短調・複合三部形式・2/4拍子》
第3楽章 Presto
 《ヘ長調・スケルツォ・3/4拍子》
第4楽章 Allegro con brio
 《イ長調・ソナタ形式・2/4拍子》

 8分の6拍子のリズムによるシチリアーナのリズムが支配する第1楽章に始まり、複合三部形式の主部が変奏曲形式となっている第2楽章、スケルツォとトリオが交互に現れる第3楽章、そしてアイルランドの民謡「ノラ・クレイナ」の旋律からとられたとされる第1主題を擁する熱狂的なフィナーレ楽章である第4楽章・・・と続いていくこのベートーヴェンの第7交響曲でありますが、1813年12月の初演時、聴衆の支持が最も強かったのは第2楽章だったといわれ、この楽章のアンコール演奏を求められるほどだったそうです。

 

 

 今回聴いたのは、今から26年前の1982年2月5日に東京・渋谷にあるNHKホールで行われたゲルト・アルブレヒト指揮NHK交響楽団によるコンサートに於けるベートーヴェンの『交響曲第7番イ長調作品92』の演奏です。

 これは2006年にNHK教育テレビで放映された『N響アワー』の中で紹介されていたもので、それを自宅のHDDレコーダで録画してPCに取り込んだものを聴きました《この『N響アワー』の放映日についてはこれまでわからなかったのですが、『ベートーヴェン交響曲第7番/ゲルト・アルブレヒト&NHK交響楽団(1982.2公演)』というブログ内記事から、どうやら2006年1月15日(日)に放映されたもののようです》。

 ゲルト・アルブレヒトといえば、今日では読売日本交響楽団とコンビを組んでの演奏でよく知られるようになってきているみたいですが、N響をも振っていたんですね《私自身、今まで知りませんでした》。

 この演奏を紹介している『N響アワー』に於いて、当該番組で解説役を務めている作曲家の池辺晋一郎によると、アルブレヒトのN響デビューはこの演奏が行われた1982年で(初来日でもあったそうです)、しかもN響定期公演への出演はこのデビュー時ただ1度のみだったそうで、N響にしてみればアルブレヒトはレアな指揮者ということになるかもしれませんね。
 この15年後の1997年12月には同じく日本の読売日本交響楽団を初めて指揮、翌年(1998年)から2007年までの10年間にわたって読売日響の第7代常任指揮者を務めることとなったわけですから(現在は読売日響の桂冠指揮者)、彼にしてみればN響よりも読売日響のほうが合っていたのかも・・・

 で、アルブレヒトは1957年に開催されたフランスのブザンソン国際指揮者コンクールで優勝しているわけですが、実はこの2年後(1959年)に開かれたこのコンクールで小澤征爾が日本人として初めて優勝したことはよく知られているところであり、以後この指揮者コンクールに於いて日本人では松尾葉子(1982年)、佐渡裕(1989年)、沼尻竜典(1990年)、阪哲朗(1995年)、下野竜也(2001年)が優勝を勝ち取っています。

 

 そのアルブレヒトのN響デビュー時のものと思われるベートーヴェンの第7交響曲の演奏ですが、全般的な印象として、古典派作品にふさわしい堅実的な(というか真っ当な)仕上がりとでもいいましょうか、変な言い方では「可もなく不可もなし」といった感じですね。

 アルブレヒトの指揮動作を見ていると、ただ勢いに乗って腕を激しく動かしているだけ、という印象を持ってしまいがちですが、オーケストラの側を見れば各パート間の音のバランスは見事なまでにとれていましたし、テンポの取り方もまずまず、リズム面でも、第4楽章の出だし等で見られる「ウンタタタッ」のところで若干の上滑り感が感じられるものの、ものの見事に粒が揃っている感じでしたので、本番に樽までの段階(リハーサル等)に於いて指揮者アルブレヒトとオーケストラ(N響)との間でうまいこと醸成されていった、ということが出来るでしょう《それでこそ名指揮者と言われる所以なのかもしれませんけれどね(まぁ言うまでもないことだろうけれども)…》。

 演奏当時の楽器配置を見ると、弦楽器セクションでは左から第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラチェロの順になっていて、ヴィオラの後ろあたりにコントラバスが6本控えている格好となっている他、弦楽器セクションの後ろには2列のブラス(木管とトランペットを除く金管)・セクションが控えており、その後ろには中央にトランペット奏者2人のみが控え、更にその後ろにティンパニが控える・・・という格好となっているのですが、第2楽章の2度目の主部の後半あたりで出てくるトランペットのサウンドがあたかも天からの啓示をイメージさせるような効果をもたらしていたような感じがしますね。
 ちなみに、ブラス・セクションの内部をよく見ると、金管のホルンがステージに向かって右側に配置されているのが見えましたが、私の知る限りでは、ちょっと珍しいかなぁ、という印象でした《恐らくホルンのサウンドがヴァイオリンの発する高音域にかき消されないよう考えた末の配置とみられますね》。

 

 

 言うまでもないことかも知れませんが、コンサート本番で見せる指揮動作はあくまで表象的(象徴的)なものであり、そこまでに至る過程(リハーサル等)を通じて指揮者とオーケストラの間に信頼感が生まれ、それが音楽の醸成につながり、そしてコンサートという場に於いて結実する、ということを改めて思い知らされる、そんなベートーヴェン演奏だったように感じました。

 

 今後、生のオーケストラ演奏を聴く際の参考になりそうな感じがする・・・

 

 

<(_ _)> お読み下さってありがとうございます <(_ _)>
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ

 

【関連記事〔ベートーヴェン感想(批評)〕
一音寺室内合奏団(京都市、アマチュア・オーケストラ)の演奏によるベートーヴェン『交響曲第7番イ長調作品92』
カラヤン指揮ベルリン・フィルハーモニーによるベートーヴェン「第九」ライヴ in 東京・普門館 (1979年)
ハインツ・ワルベルク指揮NHK交響楽団によるベートーヴェン『交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄」』(1998年6月)

« 都営新交通システム「日暮里・舎人ライナー」運行ダイヤ発表とPRあれこれ・・・3月30日(日)開業予定 | トップページ | 「第24回5000人の第九コンサート」〔2月24日(日)〕への旅程(備忘録兼ねて)・・・「1万人の第九」異常事態!? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/40166847

この記事へのトラックバック一覧です: ゲルト・アルブレヒト指揮NHK交響楽団によるベートーヴェン『交響曲第7番イ長調作品92』(1982年2月):

« 都営新交通システム「日暮里・舎人ライナー」運行ダイヤ発表とPRあれこれ・・・3月30日(日)開業予定 | トップページ | 「第24回5000人の第九コンサート」〔2月24日(日)〕への旅程(備忘録兼ねて)・・・「1万人の第九」異常事態!? »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)