フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 2代目「成田エクスプレス」用E259系特急型電車、概要発表さる・・・「成田エクスプレス」運行開始から17年 | トップページ | 寝台急行「銀河」の寝台券を取りに行きました・・・第24回「5000人の第九」絡みで《キャンセル待ちも》 »

ハインツ・ワルベルク指揮NHK交響楽団によるベートーヴェン『交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄」』(1998年6月)

 3日前(2月5日)、東京の「国技館5000人の第九コンサート」に纏わる半ばオムニバス風となってしまった記事を書いたわけですが、その記事を書いた翌日(2月6日)早朝に最寄りの集配郵便局に出向き、払込対応ATMを使って参加申込(規約上は”入会申込”)を済ませました。

 私自身の「5000人の第九」への合唱参加は2004年以来4年ぶりで、円光寺雅彦指揮の下での合唱参加は初めてとなります。

 オトマール・スウィトナー門下でもある円光寺指揮によるベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調「合唱付」)の演奏・・・果たしてどういうものになるのやら、期待半分不安半分の私デス。

 

 

 その「第九」の作曲者であり、私の好きな作曲家の一人でもあるルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの作品を1曲聴いてみました。
 尤も今回は「第九」ではありませんけどね・・・

 聴いたのは、1803年から1804年にかけて作曲された『交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄」』。

 

 

 この『交響曲第3番』ですが、フランス革命(1789年~1794年)後の世界情勢の中でベートーヴェンはかのナポレオンに共感を抱き(「権力に阿らない、自分の理想の英雄」のように感じていたとされている)、そのナポレオンを称えるような内容で曲を書き進め、「ボナパルト」の標題を付けて彼に献呈するつもりだったのが、曲の完成から間もなくしてナポレオンがフランス皇帝に即位するという知らせが届き、これにベートーヴェンが「あの男も所詮俗物だったのか!」と激怒、表紙に書かれていた標題部分をペンでかき消して「シンフォニア・エロイカ」と書き直した上、「ある英雄の思い出のために」というくだりも書き加えられた・・・というのが最も広く流布されている話といえるでしょう《ナポレオンへの献呈の辞を記した表紙を破いて捨てたとのエピソードも存在するが、ウィーン楽友協会に保存されている第3交響曲の浄書総譜には表紙を破いた形跡が無いことが確認されている模様》。

 ところが、研究が進むにつれて、この逸話の信憑性に疑問を投げかけるようなデータ類が次々と明らかになっていき、その中で、実はベートーヴェンはナポレオンを終始尊敬していたのだが第2楽章が英雄の死と葬送をテーマとした書き方となっているためそのまま献呈するのは失礼と考えて「ボナパルト」という標題をかき消したのではないか、という説が飛び出したり、かき消した後に記した「シンフォニア・エロイカ」という標題に続いて書き加えられた「ある英雄の思い出のために」というくだりに出てくる”ある英雄”とはナポレオンのことではなく、プロイセン王・フリードリヒ2世(フリードリヒ大王)の甥で1806年に勃発したイェーナ会戦(イエナ・アウエルシュタットの戦い)で戦死したルイ・フェルディナントのことではないか、といった説までも飛び出してきています。

 

 1804年春に完成したこの『交響曲第3番』は、まず同年12月にロブコヴィツ邸にて非公開での初演が行われ、翌年(1805年)の4月7日にアン・デア・ウィーン劇場に於いてベートーヴェン自身の指揮で公開初演が行われたわけですが、先に記したフリードリヒ大王の甥、ルイ・フェルディナントはロブコヴィツ邸に於ける非公開での初演に立ち会っていたといわれています。

 ここで余談になりますが、ウィキペディア解説「ルイ・フェルディナント・フォン・プロイセン(1772-1806)」によると、「英雄」交響曲の非公開初演に立ち会っていたフェルディナンドは、叔父にあたるフリードリヒ2世と並ぶ熱心な音楽愛好家で、かつベートーヴェンを崇拝していた一人でもあり、同じくベートーヴェンが書いた『ピアノ協奏曲第3番ハ短調』の献呈を受けるほどだったそうです。

 「ある英雄の思い出のために」というくだりの中の”ある英雄”がそのフェルディナンドであるとする説は、もしかしてここから出ているのかも知れませんね《違うかも知れませんが…》。

 

 そのベートーヴェンが書いた『交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄」』は以下の4楽章から構成されています。

第1楽章 Allegro con brio
 《変ホ長調・3/4拍子・ソナタ形式
第2楽章 Marcia funebre: Adagio assai
 《(葬送行進曲)ハ短調・2/4拍子・小ロンド形式
第3楽章 Scherzo: Allegro vivace
 《変ホ長調・3/4拍子・複合三部形式
第4楽章 Finale: Allegro molto
 《変ホ長調・2/4拍子・自由な変奏曲の形式》

 なお、第4楽章(終楽章)では主題に『創作主題による15の変奏曲とフーガ変ホ長調作品35(エロイカ変奏曲)』や『「プロメテウスの創造物」作品43』のフィナーレ部分等で用いられているメロディが登場してきます《尤も『「プロメテウスの創造物」作品43』フィナーレ部分にしても『エロイカ変奏曲』を基にしているらしいのですが…》。

 

 で、今回聴いたのは約10年前の1998年6月24日にNHKホールで行われたNHK交響楽団第1357回定期演奏会に於ける演奏で、指揮を務めたのは1923年に生まれて2004年にこの世を去ったドイツ出身の指揮者で、生前N響を160回以上指揮したともいわれているハインツ・ワルベルク
 ちなみにこの演奏はNHK-FMの『ベストオブクラシック』の枠内で生放送されたものです。

 私自身もワルベルクの名は知っているのですが、華々しく活躍しているダニエル・バレンボイム小澤征爾らに対し、何となく地味な印象を禁じ得ないところがあるわけで、堅実派指揮者、なんていう言葉が似合うかも・・・

 ワルベルクの演奏については、ネット上でも、派手さはないものの旋律線をしっかり描いたような職人肌的演奏、等といった評判も聞かれるところですが、確かに出だしからメロディーラインをしっかりと歌わせていて、それでいてメロディーラインを受け持つパート以外の旋律等もしっかり歌い上げさせている(勿論あまり出しゃばりすぎない範囲で、ということになるだろうが…)、そんな感じがします。

 一方で、各パートとも極端に出しゃばらせずになめらかに歌わせているあたり、ヴェルヴェットのようななめらかな歌い方をもしていたような・・・
 ティンパニの打法一つにしても、やたら音を放つようなたたき方ではなく勢いを感じさせながらも、適度に抑制を利かせながらたたかせるという、力加減も含め、これぞ”職人技”と思わせるようなたたき方をしていたような印象を受けました(まぁそれがプロたる所以だと言われればそれまでなんですけれどもね・・・)。

 アゴーギクも緩やかで、ディナーミクも程よい感じ・・・
 ごつごつ感の殆ど無い彼の演奏ぶりは、何だか陶器をイメージさせるような感じがしないでもないところかな・・・・・・

 何だか純粋な形で「ある英雄の思い出」を語らせているかのような印象を受けた、ワルベルク指揮の演奏だったように思っています。

 

 古典派の作品でありながら何処かロマンティックになってしまっているところも否定出来ないところですが、きちんと歌い上げてられているあたり、間違いはないかな、そんな印象でした。

 

 

P.S.
 本文中で、『交響曲第3番「英雄」』の非公開初演の会場としてロブコヴィツ邸が出てきているのですが、『千田日記の円盤談義3』によると、ロブコヴィツ邸はオーストリア・ウィーンの中心部に現存していて(但し2005年時点)、内部には「間口7m、奥行16m、天井までの高さ7.5m」の音楽室を備え、それ自体は「寄木細工による床、石膏の壁、そして漆喰の天井」だったそうです。

 さぞ、豊かな響かせ方をしていたんでしょうね・・・

 

 

<(_ _)> お読み下さってありがとうございます <(_ _)>
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ

 

【関連記事〔ベートーヴェン感想(批評)〕
一音寺室内合奏団(京都市、アマチュア・オーケストラ)の演奏によるベートーヴェン『交響曲第7番イ長調作品92』
カラヤン指揮ベルリン・フィルハーモニーによるベートーヴェン「第九」ライヴ in 東京・普門館 (1979年)

« 2代目「成田エクスプレス」用E259系特急型電車、概要発表さる・・・「成田エクスプレス」運行開始から17年 | トップページ | 寝台急行「銀河」の寝台券を取りに行きました・・・第24回「5000人の第九」絡みで《キャンセル待ちも》 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/40044027

この記事へのトラックバック一覧です: ハインツ・ワルベルク指揮NHK交響楽団によるベートーヴェン『交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄」』(1998年6月):

« 2代目「成田エクスプレス」用E259系特急型電車、概要発表さる・・・「成田エクスプレス」運行開始から17年 | トップページ | 寝台急行「銀河」の寝台券を取りに行きました・・・第24回「5000人の第九」絡みで《キャンセル待ちも》 »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)