フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 「5000人の第九コンサート」開催時期とレッスン会場の話・・・第24回「5000人の第九」まで残り20日足らず | トップページ | 2代目「成田エクスプレス」用E259系特急型電車、概要発表さる・・・「成田エクスプレス」運行開始から17年 »

東海道新幹線の車内で無線LANによるインターネット接続実現へ(2009年春)・・・総務省が電波割り当てに動く

 東海道新幹線(東京~新大阪間)に於ける、新幹線車内からのインターネット接続に絡んで、国が動き出しました。

 

 総務省は去る1月25日、東海道新幹線車内に於ける無線LANによるインターネット接続の実現に向けて、周波数割当計画の改正案をまとめ、意見募集を行うことを発表しました。

 今後、3月中に電波監理審議会(総務相の諮問機関)の答申を得て、早ければ4月に改正計画を公布して制度化する方針だとか。

 

 

 ここのところ車内でノートPCを開いて何やら作業などをしている人の姿をぽつぽつと見かけるようになってきているのですが、ビジネス客が中心の新幹線では車内でパソコンを開いて仕事をこなす人は少なくないそうで、ネット接続も出来るようにして欲しいとの要望も多く出されているのだとか。

 しかし、現状では手持ちの携帯電話のデータ通信機能を使ってインターネット接続をする人が大半を占めていて(恐らく)、トンネルに入るたびに通信が途切れる等して安定した接続が得られないのが現実のようで・・・

 私自身も、以前、山陽新幹線区間で手持ちの携帯を使ってネット接続(主にメール送信)をしてみたことがあるのですが(当時はドコモのmova携帯を使っていました)、東海道新幹線以上にトンネル区間の多い山陽新幹線では継続的なネット接続は不可能と言ってもおかしくなく、メール送信の際も、トンネル区間等の電波の届かない区間ではひたすらメール文面を作成し、比較的地上区間の長い区間にさしかかったところでネットにダイヤルアップ接続を行い(これがなかなか繋がらない)、繋がったところで即座に作成しておいたメールを送信してしまう、ということをやっていましたね。

 

 で、今回の総務省の発表では、タクシーなど業務用無線で使われる400MHz帯の周波数の一部を新幹線からのネット接続用に割り当てることになっています。

 その新幹線からのネット接続の仕組みというのが・・・

◆ 1編成中、各車両2基ずつの無線LANアクセスポイントを設置
  ↓ ↓
◆ 各車両設置のアクセスポイントから車内ネットワークを使って編成全体を取りまとめる無線局へ
  ↓ ↓
◆ 無線局から線路沿いに敷設された漏洩同軸ケーブルに向けて電波発信
  ↓ ↓
◆ 漏洩同軸ケーブル側に設置の無線局からインターネットへ

 なお、総務省Webサイト内にてイメージ図『新幹線列車内インターネット接続システムの概要』が公開されていますので、併せてご覧頂くと理解しやすくなると思います。

 

 肝心の接続速度ですが、1列車あたり上り最大1Mbps、下り最大2Mbpsで通信可能とのことですが、これは編成全体に対する接続速度であり、実際にはこれを全ての車内ネット接続利用者で分け合う格好となるわけで、1編成で120人~130人が同時に接続し、主に電子メールやWebサイト閲覧等の用途で利用する等の条件下では1人当たりの接続速度は理論上200kbps程度になるとのJR東海による試算結果もあるのですが〔→『東海道新幹線、2009年春から無線LANサービス提供』〕、この算出された接続速度200kbpsという数字は、実はアメリカに於いてブロードバンド接続と定義される最低限度の接続速度と定義されているものだそうで〔→『「ブロードバンド」という言葉の意味するもの』〕、私自身の感覚でも、普段自宅等で体験しているブロードバンド接続よりも遙かに遅く、しかし昔のダイヤルアップ接続と比べると速い・・・まぁ当たり前のことかも知れないけれども、そんなところですね。

 今後の更なる開発の進展が待たれるところです。

 

 JR東海では、昨年7月にデビューしたN700系新幹線車両に無線LANアクセスポイントを装備し、2009年春を目途に東海道新幹線区間でインターネット接続環境の供用を始めるとしているわけですが、この新幹線車内に於ける無線LAN接続はインターネット・サービスプロバイダ(ISP)と公衆無線LANサービスの契約(月額1000円~2000円程度)を契約しているユーザであれば誰でも利用出来るとのこと。

 いわば街中の無線LANスポットに於けるネット接続と同様の間隔で利用出来るというわけですね《ちなみに私自身は街中の無線LANスポットに於けるネット接続をまだ1度も体験したこと無しデス(ホテル客室からのネット接続ならばあるけど)…》。

 

 JR東海の東海道新幹線以外では、JR東日本が東北上越新幹線に於いて同様のシステムの導入を検討していて、今後製造される新型車両に対して装備するとしています《JR東日本も新幹線からのネット接続に関するレポート『新幹線列車ブロードバンド無線システム』を出しているのですが、JR東海が行おうとしている新幹線ネット接続の仕組みと違い、なんか編成全体を取りまとめる無線局が複数あるような印象を受けてしまいそうなところですネ》。

 しかし、東海道新幹線に続く山陽新幹線を管轄するJR西日本では、トンネルが東海道新幹線以上に多いため改修費用が高額になることに加え、2005年4月に発生したJR福知山線脱線事故に係る賠償費用がかなりの額に上ること等もあって、「今のところ予定はない」と消極的な姿勢を見せているところですが、インターネットが社会インフラの一端を担うまでに成長してきている昨今、他の輸送機関(飛行機とか)に対して少しでも優位に立つ意味でも車内でインターネット接続が出来る状態というものはやはり作っておくべきところでしょう。

 とはいえ、JR東海と比べて経営基盤の弱いJR西日本のこと、加えて福知山線脱線事故の賠償で巨額の費用を投じざるを得ない状況にまでも追い込まれる中でネット接続サービス提供の大前提となる山陽新幹線の列車無線のディジタル化等の取り組みをJR西日本単独で行うのは明らかに不可能と言わざるを得ず、東海道・山陽新幹線全線にわたるネット接続という新しい社会インフラ整備のため、ここは同じJRグループの一員であるJR東海が会社の枠を越えて広域的に手をさしのべたりとか、場合によっては国も手をさしのべてやる位の気概が欲しいところですネ《「国も手をさしのべてやる」というのは主に補助金の活用をいうわけですが、地方ローカル鉄道の「近代化補助」というのを聞くことはあっても、この手のインフラ整備に対する補助金の類の存在を今のところ耳にしたことはありませんが、本当のところどうなんだろうか…》。

 

 

 他の交通機関に対して優位に立てるよう、JRグループが結束して行動に出るべき時ではないだろうか、と思うのは私だけなのでしょうか・・・

 

 

◎ 参照記事

東海道新幹線内でネット利用可能に・総務省、無線用の電波割り当て計画
09年春から東海道新幹線トンネル内でネット接続可能に
新幹線内、途切れずネット接続…総務省、電波割り当て
新幹線内のネット接続、開始は来春 JR東海
新幹線で無線LAN JR東海が来春導入
新幹線内のネット接続、開始は来春 JR東海

 

 

<(_ _)> お読み下さってありがとうございます <(_ _)>
にほんブログ村 鉄道ブログへ 人気ブログランキング「くつろぐ」

 

【関連記事(N700系車両関連)
東海道・山陽新幹線「N700系」マスコミ向け内覧(試乗)会記事から・・・
東海道・山陽新幹線「N700系」車両の無線LANインターネット・・・接続速度はかつての「ダイヤルアップ接続」並み!?
東海道・山陽新幹線「N700系」1番列車の指定席券発売開始・・・
東海道・山陽新幹線の新型電車「N700系」ついに登場・・・・・・時代の移り変わり
ズタズタな列車ツアー?普遍的観光名所巡りツアー?・・・「JRオールキャスト日本列島縦断 華麗なる列車の旅」
”初代「のぞみ」”として活躍の300系、東海道新幹線から引退か・・・・・・新型「N700系」、前倒し投入へ

 

【関連記事(その他東海道・山陽新幹線関連)
本州JR旅客3社、揃って4期連続増収・・・・・・JR東海は過去最高益《「のぞみ」問題も》
0系新幹線車両「旧塗装編成」運行スケジュール・・・6月10日迄決定済み《5月22日以降は2編成体制へ》
0系新幹線車両「旧塗装編成」運行スケジュール更改(6月20日分まで発表)・・・6月20日より3編成(フル)体制へ

« 「5000人の第九コンサート」開催時期とレッスン会場の話・・・第24回「5000人の第九」まで残り20日足らず | トップページ | 2代目「成田エクスプレス」用E259系特急型電車、概要発表さる・・・「成田エクスプレス」運行開始から17年 »

コメント

コメントを書いたのですが、スパムコメントと見なされ投稿できません…

何が悪いのかなぁ?

まあともかく、ネット環境の選択肢が広がるのは嬉しいことですね。
うちはもう数年前にPC持ち出し禁止になっているので、その恩恵を蒙ることは出来ませんが…

 MOLTAさん、おはようございます。
 コメントありがとうございます!

 そうだったんですか・・・誠に申し訳ないです。

 実はこのブログにも、悲しいかな、アダルト系サイト等による無差別なTBやコメントが時折飛来してきており、注意書きには記載していませんが、アダルト系や出会い系等、ご訪問者に不快感を与えかねないと当方で判断したTBやコメントについては、削除の措置をとるのは勿論のこと、NGワード登録等により、以後のアクセスを禁止する措置も併せてとらせて頂いております。

 ただ、そうすることによって真っ当なコメントやTBまでもがはじかれるというリスクも潜んでいるわけで(今回のMOLTAさんのケースはまさにそれにあたるわけです)、そこのところはしっかり肝に銘じておくと共に、極力回避するよう務めなければならないと考えております。

 これからも遠慮無くコメントを寄せて下さいね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/40013604

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道新幹線の車内で無線LANによるインターネット接続実現へ(2009年春)・・・総務省が電波割り当てに動く:

« 「5000人の第九コンサート」開催時期とレッスン会場の話・・・第24回「5000人の第九」まで残り20日足らず | トップページ | 2代目「成田エクスプレス」用E259系特急型電車、概要発表さる・・・「成田エクスプレス」運行開始から17年 »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)