フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« ICカード型乗車券(JR西日本「ICOCA」)、私も初めて使ってみました《自宅最寄り駅~三木駅との往復》 | トップページ | 第3セクター鉄道「三木鉄道」お別れ乗車(2)・・・3月31日編《神戸電鉄粟生線からアプローチ》 »

第3セクター鉄道「三木鉄道」お別れ乗車(1)・・・3月29日編《JR加古川線からアプローチ》

 先月いっぱいで廃止された、兵庫県内を走っていた第3セクター鉄道三木鉄道」でありますが、実は私も、廃止間際に、乗ってきました。

 俗に言うところの「葬式鉄」ですね・・・地元の方々には申し訳ないけれども。

 正直申せば、私自身、第3セクター鉄道に乗るのは、伊勢鉄道北越急行のような、あたかもJR線の一部であるかのように組み込まれていて、かつ特急等も通過するような路線を除いて、殆ど皆無なのですが、今回の三木鉄道に関しては、同じ関西圏内で走っていること、そして三木鉄道に実際に乗ってきたという人からのリポート記事を度々目にしていること等から、自分も是非乗って別れを告げていきたい、という気持ちになり、そこから今回の廃止間際の三木鉄道乗車を思い立ち、実行に移した次第です。

 

 最終的に、3月29日と31日の都合2回、三木鉄道に乗りに行ったわけですが、その時の顛末を書いていこうと思います。

 今回は3月29日に乗りに行った際の顛末です。

 

 

 実は、訳あって、この前日にあたる3月28日に「青春18きっぷ」の端数残余券を求めて大阪・なんば地区へと自転車を走らせていました。

 その際、私が考えていた条件というのが「残が3回以内のもの」・・・

 一時、ヤフオクを通じて仕入れることも考えていたのですが、思い立ったのが乗りに行く2~3日前のこと、JR線で乗りに行くことも視野に入れていた私でしたが、連絡や配送の手間を考えると日数的に無理があると判断、それならば、と直接金券ショップで探し回って購入することを思いつき、今回の自転車でのなんば行きとなった次第。

 私自身、行ってみたところで入手出来る確率は2割程度かな、と半ば悲観的に考えながらもなんばへと向かったものでしたが、幸いにも南海難波駅前の駅から出て右手方向にあるチケットショップで「青春18きっぷ」の端数残余券(2回分残)が5,400円で売られているのを発見、速攻でゲットし、嬉々とした気持ちで帰路につきました。

 そして帰宅後、改めてどんな手段で現地に向かうか、一瞬考え込みましたが、結局JR線を使って加古川経由で乗りに行くこととなり、準備に取りかかったのでした。

 

 3月29日当日、まだ未明の午前4時半をちょっと回ったくらいに自宅を出発、自動車の殆ど走っていない中を一生懸命ペダルを漕いで飛ばし、10分少しでJR線の自宅最寄り駅に到着、自転車を置いてから早足で駅に向かった私は用意してきた残余2回の「青春18きっぷ」を取り出して4回目の欄に日付を入れてもらって天王寺方面のプラットホームへ。

 新今宮で大阪環状線の電車に乗り継いで大阪まで出た私は、05:40発の西明石行き各駅停車の電車へ・・・最近デビューした321系電車による編成で、終点まで最前部で「かぶりつき」をしていました。

 途中、最近出来たさくら夙川駅須磨海浜公園駅の各ホームを撮影したり、博多からの臨時夜行快速列車「ムーンライト九州」とのすれ違いを眺めたりしながら過ごしているうちに、終着駅・西明石に到着。

 西明石では到着ホームの反対側に停車中の姫路行き普通列車に乗り継ぐことが出来ましたが、この普通列車は後続の大阪06:00発の快速電車の前を行く列車のようで(ちなみに大阪06:00発の快速電車は12両編成であるのに対し、西明石で乗り継いだ姫路行き普通列車は「223系4両+221系6両」の10両編成でした)、どうやらこの各駅停車を選んだのが正解のように思え、ここでも嬉々としていた私。

 西明石からの姫路行き普通列車に乗り継いだ私は加古川線の分岐する加古川で下車。

 

 勿論、ここで加古川線に乗り継ぐために降りたわけですが、実はもう一つ、この駅で降りた理由がありました。

 この駅でこの日発売されることになっていた「Suica・toica・ICOCA相互利用記念ICOCA」を購入するためでした。

 この日開始となる本州内JR旅客3社それぞれのICカード型乗車券「Suica」(JR東日本)・「toica」(JR東海)・「ICOCA」(JR西日本)の「三つ巴」による相互利用を記念して、JR西日本管内の「ICOCA」取り扱いエリア内主要駅に於いても記念のICOCAカードが発売となり、今までICカード型乗車券なるものを持たずにきていた私も今回発売の記念ICOCAには興味を抱き、これを機に実際に使ってみたい気にもなり、それで記念に置いておく分1枚と実際に使っていく分1枚の計2枚の購入を思い立ち、ネットで発売駅を調べたところ、加古川駅も発売駅の一つにリストアップされているのを発見、乗り継ぎついでに買っておこうとなった次第。

 

 というわけで加古川で普通列車を降りた私でしたが、この加古川駅の改札内コンコースにて、あの姫路駅名物の「えきそば」の支店(スタンド)を発見、これは予想もしていなかったことでしたが、これで朝食の目途がついたわけで、助けられたような気持ちになっていた私は「天ぷらえきそば」を注文、ちょっとした喜びを噛みしめるような感じで食べ、「えきそば」スタンドの門構えをデジカメに収めると一旦改札外へ・・・

 改札を出て左側にある「みどりの窓口」の前には既に列が出来ているのが見えましたが、その数14~15人ほど・・・発売開始時刻である朝8時まではまだ時間的な余裕があったので、一旦駅の外に出て加古川駅の外観を撮影、駅両側の外観の撮影が終わったところで発売まで残り15分ほどになっていたので、先ほどの「みどりの窓口」前へと向かいました。

 向かってみると列は少し伸びていたようでしたが、それでもさほど長くなっていない感じで、私はその列の後ろにすぐつきました。

 それから約10分・・・発売開始が告げられ、私たちは「みどりの窓口」の中へと誘導されていきました。

 記念のICカード型乗車券(ICOCA)の購入に並ぶのは今回が初めてだったのですが、それにしてもまぁ時間のかかること・・・どうやら目の前で生カード1枚1枚にマルス端末を使って新規チャージ(入金)を行ってから出されるみたいで、このあたり従来からのプリペイドカードの類(オレンジカード)の販売とは違うことを実感、開始から14~15分が経過してようやく私の番となったわけですが、それでも2枚購入することに成功。

 その加古川駅の「みどりの窓口」の内部に三木鉄道との連絡定期券発売終了を告げる張り紙が貼り出されているのを発見、側にはなぜかセサミストリートのマスコット・キャラクターのぬいぐるみ3体が置かれていて、カードを用意して貰っている間、その貼り紙とぬいぐるみをデジカメに収めていました。

 購入を終えた私は改札を挟んで反対側にある駅構内コンビニで温かいお茶ペットを仕入れて食後のお茶を楽しみ、その後再び改札をくぐって加古川線ホームへ・・・と、その加古川線ホームに向かう途中に中間改札がありましたが、右端にある有人改札口に「青春18きっぷ」を見せて無事通過。

 ホーム上に出ると5番のりばに沿線風景にちなんだと思われる全面ラッピングの施された08:33発の厄神行き加古川線用103系電車2両編成が停まっているのが見え、時間が迫っていたことから、前面部分のみをサッと撮影し、すぐさま車内へ。

 程なくして加古川を発車、左にカーブして山陽本線と別れるとすぐ下りにかかり、高架を降りて地上へ。

 途中、日岡・神野の2つの駅をやり過ごし、終着駅で今回のメインである三木鉄道の分岐する厄神に08:46到着、すぐさま跨線橋へと上がりました。

 

 今度の三木鉄道・三木行きの発車時刻は09:31発ということでまだ余裕があったので、三木鉄道に纏わるモノの撮影に励みました。

 三木鉄道の時刻表、「三木鉄道」の文字の入った案内表示、駅名標・・・

 一通り撮影を終えたところで一旦跨線橋を上がり、跨線橋上に置かれているベンチに座った私・・・そこで手持ちの携帯でブログの記事の続きを書いたりしていると、目の前を三木鉄道ホームに向かう人が続々と通り過ぎていきました。

 で、持参してきた『時刻表』ダイヤ改正号で調べてみると、09:27に三木からの列車が到着し、09:33発の三木行きとなって折り返すことが判明、到着してくる少し前にホームに降りて来る姿を撮っておこうと、再びホームに降り立ってみると、前方に何やら見覚えのある人物が私の視界に飛び込んできました。

 

 もしや、あれは横見浩彦(→『乗り鉄派、切符等収集派の鉄道ファン(鉄道マニア、鉄道オタク)たち・・・・・・私家版鉄道ファン人物一覧(2)』被登載者の一人)ではないか・・・

 

 一瞬我が目を疑ったものでしたが、今は入ってくる三木鉄道のディーゼルカーをとらえるのが先、とその人物の横をすり抜ける格好でホーム先端へと向かった私・・・空いているポジションを何とか見つけ、柵の隙間にデジカメのレンズを突っ込む等して到着を待っていました。

 到着時刻の約1分前、前方に三木鉄道ディーゼルカーのものと思われる前照灯の光が見え、早速デジカメのムービー機能を働かせた私は、その後ホームに接近し、入線してくるディーゼルカーを何とか収録することに成功、振り返っては停車したそのディーゼルカーを写した後、乗車のためで来ていた長蛇の列の後ろにつき、先ほど見かけたその横見浩彦らしき人物も乗り込んだであろうそのディーゼルカーに私も乗り込みました。

 そして厄神駅を発車・・・左にカーブして分岐していく加古川線の線路を見ながら直進していく三木鉄道ディーゼルカーの車内で、私は今度は車窓風景をデジカメにムービーの形で収めていました《尤も厄神を出てしばらくは録音状態にせぬままデジカメを車窓に向けてかざすというポカをやらかしてしまいましたが…》。

 すし詰めに近い状態の車内・・・途中駅で若干の乗り降りがあったりして、また三木鉄道線の話題等であちらこちらで花を咲かせたりして賑やかな雰囲気の中を10分少し走っているともう終点の三木に到着。
 こう書くと何だかあっけないものととられるかも知れませんが、すし詰め状態のため乗り降りに手間が掛かったりして、あっけない感じというものは無かったですね。

 三木駅到着後、乗ってきたディーゼルカーは勿論のこと、反対側のホームに留置されていた別のディーゼルカーや車庫近くに停められていた更に別のディーゼルカー等を撮ったりしてしばしの時を過ごした私・・・

 暫くして駅前に出た私でしたが、駅舎に向かって左手あたりに先ほどの横見浩彦らしき人物も見えていましたが、内気な私はそれを遠巻きに眺めるのが精一杯・・・そして暫く眺めていると、ファンと思われる人のノート(?)にサインをしたりとか、ファンらしき人の何人かと二言三言喋ったりしているのが見え、どうやらこの人物こそ横見浩彦その人なんだな、と悟るようになりました。

 先ほど乗ってきたディーゼルカーの折り返しに彼は乗り込んでいったみたいですが、私は乗らずに見送り、出ていった後は暫く駅舎前をぶらぶらと歩き回りながら、グッズ類を眺めるなどしつつ過ごしていましたが、やがて駅舎前を離れ、駅の裏手を走る道路などを伝って駅に一番近い踏切へと向かい、そこで先に出ていったディーゼルカーが折り返しで三木に戻ってくるのを待ち構えていました。

 やがて、レールにジョイント音の微かな響きが伝わってくるのが聞こえ来ると、程なくして一つ向こうの踏切の警報音が鳴りだし、次いで私の佇む踏切も警報音を鳴らして遮断機を下ろしてきました。

 暫くして厄神方からディーゼルカーが姿を現し、デジカメのムービー機能を使って構えていた私の体は徐々に緊張していきましたが、そんな中をディーゼルカーは私の佇む踏切を通過、そして三木駅ホームにゆっくり入線して停まったと思われるところまでを何とか収め、その場をあとにして、来た道とは異なるルートで再び三木駅へと戻りました。

 同業者と思われる人の後についていく形で何とか駅前に戻った私は、暫く駅前の光景を眺めていましたが、そろそろ去り際というものを意識するようになり、少々慌て気味で持参の『時刻表』を繰ってみたところ、次の11:37発厄神行きに乗れば厄神から加古川線、山陽本線、そして播但線とうまいことつながり、和田山まで好接続にて行けることがわかり、慌てて『時刻表』をカバンの中にしまうと急ぎ足で停車中の厄神行きディーゼルカーのもとへと向かい、乗り込んで間もなくしてドアが閉まって発車となりました。

 三木からの三木鉄道ディーゼルカー車内では、今度は最後尾から見える後ろ向きに流れていく風景をデジカメのムービー機能で撮ろうと構えていましたが、既に先客が後方のかぶり付きを占拠している格好になっているため、一応は録っていたのですが、列車の動揺等でなかなかうまく録れず、しかもその間にも「車掌」(本来ワンマン運転ですが、混み合っているので急遽「車掌」として運転士とは別に制服姿の職員が乗り込んでいました;厄神からの往路も同様)の行き来等もあったりして、惨憺たるムービー撮影となってしまいました《まぁ自己責任ですけれどもね…とはいえ、それなりに楽しめたとも言えそう》。

 終点の厄神に到着し、運賃を支払った私は、一瞬「もう一度」と思いかけましたが、振り切る形で同一ホームの反対側に停車していた加古川線の加古川行き電車(125系電車1両)に乗り込み、厄神をあとにして加古川へと戻りました。

 

 加古川からは姫路行き新快速に乗って姫路に向かい、姫路ではまだ地上ホームに発着する播但線の電車(播但線用103系電車)に乗り継いで、途中電化区間と非電化区間との境界駅である寺前で更に和田山行き(キハ41形ディーゼルカー)に乗り継ぐ形で、和田山へと抜けました。

 この間、時刻表の読み違いから、昼過ぎに余部鉄橋の付け根に位置する餘部まで行けると思い込んでみたりとか、姫路で「えきそば」が食べられるとも思い込んでいた私・・・やはり慌てるといけませんね。

 和田山では14:10発の特急「北近畿14号」に乗り継ぎ、次の停車駅である福知山に”チョン行ワープ”・・・和田山駅の自動券売機で購入した「乗車券+自由席特急券」の合計額、1,200円也。

 4両編成のうちの2両を占める自由席車はほぼ満席の状況だったため先頭車両(4号車)のデッキで過ごしているうち、やがて左手に北近畿タンゴ鉄道の線路が現れ、そして福知山に到着。

 福知山では一旦改札を出て向かい側にある駅構内コンビニへと入り、遅めの昼食用として握り飯3つと温かいお茶ペットを仕入れ、再び改札をくぐって乗り継ぎ先となる14:56発篠山口行普通列車の停まっている5番のりばへ。

 

 和田山からは他に特急「北近畿14号」の10分後に発車する福知山行き普通列車に乗るという方法もあるのですが、これだと福知山にて先の篠山口行普通列車を僅か2分の差で逃してしまうため(福知山14:58着)、次の15:54発篠山口行普通列車まで約1時間待たざるを得なくなります。

 しかも、14:56発の篠山口行きに乗り、終着駅の篠山口で大阪行き「丹波路快速」に乗り継げば尼崎に17時ちょうどに着くわけですが、この時間帯には先月開業したおおさか東線を通る「直通快速」奈良行が運行される時間帯にもなっていて、1日上下4本ずつしか運行されないこのレアな「直通快速」に乗ることが出来る、そしてJR東西線を223系電車で通過出来る・・・とあって大いに食指を動かされ、今回、1,200円別途支払ってのワープとなったわけです《ちなみに15:54発の篠山口で行くと、終着の篠山口で大阪行き快速列車に乗り継いで尼崎には18:00着となりますが、この頃には奈良行き「直通快速」の運転は既に終わっています》。

 

 唯一島式ではない5番ホームに停車していた113系2両編成の篠山口行ワンマン電車は既に座席が殆ど埋まっていて、私は昼食用に仕入れた握り飯等の入った袋をぶら下げた状態で先頭車両の左側かぶりつきの位置に立ちました。

 広々とした運転室に座る運転士の操作を見守る中、14:56に福知山を出発した篠山口行きは、山陰本線と右にカーブして別れ、単線の福知山線の線路を大阪方向へと走り出しました。

 途中、柏原まで立ちん坊の状態だった私はたまらず後ろの車両へと移り、最後尾部分に座れそうな出っ張りを発見、そこに腰掛けてようやく持参の握り飯での昼食にありつけることが出来ました《半ばジベタリアン!?》。

 やがて終着の篠山口に到着、到着ホームの前方に停まっていた221系4両編成の「丹波路快速」大阪行へ・・・後ろの車両は既に席が埋まっていましたが、先頭車両はまだ空いていたため、難なく窓側の席を確保出来、発車が間近に迫る中、慌てて「丹波路快速」先頭部を写真に収めていました。

 篠山口からは複線の「JR宝塚線」区間に入り、三田、宝塚・・・と停車していきながら次々と乗客を拾い、家族連れ等で満員状態となったところで17:00尼崎到着。

 

 ここでいよいよJR東西線・おおさか東線経由の奈良行き「直通快速」に乗り継ぐことになるわけですが、今度の「直通快速」は17:26分発で、尼崎まで乗ってきた「丹波路快速」の到着した同じホームからの発車であることを一旦エスカレーターで上がって跨線橋内にある電光式行先案内板を見ていて判明、再び同じ島式ホームへと降り立ち、時間が少しあったことからホームの大阪方先端へと移動、左端の線路上に停車していた貨物列車(コンテナ列車)の先頭部にある牽引機関車(EF210形「桃太郎」ロゴ入り電気機関車)とそのすぐ前にある出発信号機を眺めていました。

 やがて、特急「スーパーはくと」が高速で通過していってから暫くすると左端の線路に停まっていたコンテナ列車のブレーキ緩解の音が聞こえ、それから2~3分後、貨物列車の停まっている線路の出発信号機が「黄色」(注意現示)に変わり、そして「青色(というか青緑色!?)」(進行現示)に変わったところでカシャンと音を立てながらコンテナ列車は大阪方面に向けて動き出し、やがて神崎川鉄橋の彼方へと消えていきました。

 暫くすると私の佇む7番のりばに奈良行き「直通快速」が入るとのアナウンスが流れ、真新しい223系電車車両が入線、地下線であるJR東西線に入るため両パンを上げていたのですが、両パンを上げた223系電車というのもどこか新鮮に映りました。

 先頭車両に乗り込んだ私でしたが、車内はガラガラ・・・ゆったりした気分で尼崎を発車した「直通快速」は東西線へと入り、京橋までの各駅に一つ一つ停まっていったわけですが、少なくとも先頭車両に関しては、大阪駅最寄りの北新地を除いて、乗ってきたような記憶が無い・・・

 JR東西線の終端駅である京橋に着くと空気コンプレッサーの音と共にパンタグラフ1個が下ろされました・・・この京橋から先は快速運転となり次の停車駅はおおさか東線の分岐する放出

 放出では乗務員交代があり、いよいよ新線へと入るんだな、と感慨深げに眺めていた私・・・放出を出ると暫く学研都市線(片町線)と並行して走った後に右へとカーブして学研都市線と別れ、直線基調の新しい高架線を南へと走っていきました。

 途中、放出の次の駅である高井田中央で比較的多くの待ち客(若干の鉄道ファンも見られた)を見かけた他はどの駅のプラットホーム上にも人の姿は殆ど無く、そのうえ電車が前後に詰まっているわけでもないのにそれほどスピードを出さず(平均時速60km/h程度)・・・ちょっとじれったい感じがしないでもなかったのですが、それでも、4~5人の鉄道ファン等と共に、223系電車の前面窓から見えるおおさか東線の高架線の眺望を楽しんでいました。

 そして久宝寺2番のりばに到着・・・降り立った私は、同じく降りた鉄道ファンらと共に奈良方面へと走り去っていく223系電車「直通快速」を、感慨深げに、見送っていました。

 

 

 三木鉄道お別れ乗車にとどまらず、先月のダイヤ改正に合わせて開業したおおさか東線を走る数少ない223系「直通快速」電車にも乗れて、意義深い1日となりました。

 

 

<(_ _)> お読み下さってありがとうございます <(_ _)>
にほんブログ村 鉄道ブログへ 人気ブログランキング「くつろぐ」

 

【関連記事(三木鉄道関連)
ひとりの元機関士が支えてきた小さな第3セクター鉄道の終焉・・・・・・2008年春廃止予定の三木鉄道
第3セクター鉄道「三木鉄道」お別れ乗車(2)・・・3月31日編《神戸電鉄粟生線からアプローチ》

« ICカード型乗車券(JR西日本「ICOCA」)、私も初めて使ってみました《自宅最寄り駅~三木駅との往復》 | トップページ | 第3セクター鉄道「三木鉄道」お別れ乗車(2)・・・3月31日編《神戸電鉄粟生線からアプローチ》 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/40719017

この記事へのトラックバック一覧です: 第3セクター鉄道「三木鉄道」お別れ乗車(1)・・・3月29日編《JR加古川線からアプローチ》:

« ICカード型乗車券(JR西日本「ICOCA」)、私も初めて使ってみました《自宅最寄り駅~三木駅との往復》 | トップページ | 第3セクター鉄道「三木鉄道」お別れ乗車(2)・・・3月31日編《神戸電鉄粟生線からアプローチ》 »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)