フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の記事

『JR時刻表』2008年7月号、ようやく購入・・・

 明日からの「青春18きっぷ」発売を前に、ようやく夏の臨時列車が盛り込まれた『JR時刻表』(交通新聞社)の購入に走った私・・・・・・

 

続きを読む "『JR時刻表』2008年7月号、ようやく購入・・・" »

京阪「2代目3000系」と既存車両(7200系・8000系)新塗装編成、ついに報道公開へ・・・

 京阪電気鉄道の新車両「2代目3000系」電車と既存車両の塗装パターンを変更した新塗装編成が報道公開されましたね・・・

 

続きを読む "京阪「2代目3000系」と既存車両(7200系・8000系)新塗装編成、ついに報道公開へ・・・" »

常備券式「青春18きっぷ」(赤い「青春18」、あかはる)、初めて通信販売にて購入を決意・・・

 今朝早く(5時半頃)、自宅最寄りの集配郵便局から現金書留郵便物を差し出しました。

 う~ん、何年ぶりだろうか、現金を郵送するなんて・・・

 

 で、今回現金を郵送したのは、来る7月1日から発売となる「青春18きっぷ」のうち、枚数限定で印刷所で印刷されて駅に納入される赤地の常備券式「青春18きっぷ」(いわゆる”赤い「青春18きっぷ」”或いは”あかはる”)の購入のためであり、私にとっては初めての”赤い「青春18」”通信販売利用であります。

 

続きを読む "常備券式「青春18きっぷ」(赤い「青春18」、あかはる)、初めて通信販売にて購入を決意・・・" »

「第九ひろしま2008」(広島)合唱団員募集チラシ届きました・・・7月7日(月)募集開始《今年も「山下一史指揮」》

 今、スイスが生んだ往年の名指揮者エルネスト・アンセルメNHK交響楽団を指揮して1964年(昭和39年)5月に東京文化会館で行ったブラームス『交響曲第3番ヘ長調』の演奏にちょっとハマリ加減です・・・

 この演奏は数年前にNHK教育テレビで放映された『N響アワー』の中でモノクロ映像として取り上げられているもので、番組構成の関係から終楽章(第4楽章)のみの放映となっているわけですが、凛とした演奏もさることながら、演奏を耳にしながら当時の楽団員たちの演奏の仕草やアンセルメの指揮っぷりを眺めているうちに、どんどん引き込まれていってしまって・・・

 既に編集の上でPCに取り込んでいるのでいつでも聴ける格好になっているわけですが、思わずアンセルメ=N響のブラームス3番の箇所だけ繰り返し聴いてしまう私なのでした・・・

 

 

 さて、一昨日、中国放送(RCC)事業センターから、広島に於ける今冬開催分の第九ひろしま2008」(第24回公演)の合唱団員募集チラシが届きました。

 

続きを読む "「第九ひろしま2008」(広島)合唱団員募集チラシ届きました・・・7月7日(月)募集開始《今年も「山下一史指揮」》" »

フェスティバルホール(大阪)、今年いっぱい頑張る!?・・・建て替えに伴う一時閉鎖は年末に

 昨日の朝、我が家で購読している朝日新聞の朝刊に、フェスティバルホール主催公演案内の広告が大々的に掲載されているのが見えました。

 

 そしてその広告には、以前からいわれているフェスティバルホールを包含する新朝日ビルの建て替えに伴う同ホール一時閉鎖の時期についても具体的に言及がなされていました。

 

続きを読む "フェスティバルホール(大阪)、今年いっぱい頑張る!?・・・建て替えに伴う一時閉鎖は年末に" »

「トンネルウォーク」、「スーパーはくとリニューアル~」に応募・・・久方ぶりです

 昨日〔6月22日(日)〕の朝、久方ぶりに鉄道関連イヴェントへの参加申込を行いました。

 

 私にとっての鉄道関連イヴェントへの参加申込と言えば、3~4年くらい前に山梨県内にあるリニア実験線に於ける試乗会への応募をして以来のことかな。

 尤もリニア試乗会のほうは結局1度も当選されることなく、終わってしまいましたが・・・

 

続きを読む "「トンネルウォーク」、「スーパーはくとリニューアル~」に応募・・・久方ぶりです" »

東京メトロ(東京地下鉄)副都心線の雰囲気を動画共有サイトにより自宅でも・・・〔3〕『タモリ倶楽部』から

 前々回、そして前回と、去る6月14日に開業した東京メトロ(東京地下鉄)副都心線に纏わる映像を各動画共有サイトからピックアップすることで、全国の何処にいてもその雰囲気だけでも味わえるようにしようと思い立ち、記事を起こしてきているわけですが(ごく単細胞な発想デス・・・)、今回が最終回となります。

 

 今回はテレビ番組からの映像となります。

 タイトルからもうお判りかと思いますが、知っている人は知っている(?)、テレビ朝日系列で放映されている深夜番組『タモリ倶楽部』からの映像です。

 

続きを読む "東京メトロ(東京地下鉄)副都心線の雰囲気を動画共有サイトにより自宅でも・・・〔3〕『タモリ倶楽部』から" »

東京メトロ(東京地下鉄)副都心線の雰囲気を動画共有サイトにより自宅でも・・・〔2〕開業前の様子を楽しむ

 開業当初から何かと御難続きの東京メトロ(東京地下鉄)副都心線でありますが、この路線、ご存知の方も多いと思いますが(特に首都圏在住の方)、有楽町線内に於いて枝線(支線)の如く既に営業運行されていた「有楽町新線(或いは単に”新線”)」を活用し〔同時に躯体のまま晒されていた要町千川両”駅”施設も活用〕、その上当時その「有楽町新線」の終点だった「新線池袋」駅から新宿(新宿三丁目)を通って渋谷にかけて新たに延伸工事を行うことにより、実現した新路線であると言えるわけですね。

 

 それで、前回からこのブログでは、各動画共有サイトに寄せられている投稿動画たちを使って、自宅等に居ながらでも副都心線の雰囲気というものを少しでも味わってもらえれば・・・と考えて記事を起こしてきているところですが、前回(第1回)は開業後に於ける車窓風景(前面展望と側面展望)をとらえた動画を使って構成してみました。

 2回目となる今回は、副都心線開業前の、まだ「有楽町新線」と呼ばれていた頃の動画等を幾つかピックアップし、少しでも副都心線開業前の雰囲気を味わってもらえるよう一つの記事として組んでみました。

 

続きを読む "東京メトロ(東京地下鉄)副都心線の雰囲気を動画共有サイトにより自宅でも・・・〔2〕開業前の様子を楽しむ" »

東京メトロ(東京地下鉄)副都心線の雰囲気を動画共有サイトにより自宅でも・・・〔1〕走行中の車窓風景を楽しむ

 去る6月14日(土)、東京地下鉄(東京メトロ)副都心線が、各種メディアからの注目を浴びる中、華々しく開業しましたね。

 でも、開業直後から、分岐器(ポイント)切り替えミスによる通過線(東新宿駅)への普通電車の誤進入・誤通過や、他社車両の副都心線進入の際の保安装置切り替えで手間取ったことによるダイヤの乱れ等、御難続きでもあったみたいで・・・

 いったい、何のための試運転だったのか・・・思わず勘ぐりたくなってしまう今日この頃だったりします。

 

 ところで、関西圏に暮らしている私にとっては、この副都心線開業はいわば「向こう岸の話」に映りそうなものですが(少なくとも物理的にはその通りですね)、約2ヶ月前に東京メトロを利用している鉄道好きの身からすれば、この「向こう岸の話」的な出来事にも一定の関心を抱いていました。

 とはいえ、私の暮らしている街から550km以上彼方にある地に於ける出来事、しかも今は「青春18きっぷ」のシーズン外・・・コスト面等からそう気軽に乗りに行けないのが現実なのです。

 

続きを読む "東京メトロ(東京地下鉄)副都心線の雰囲気を動画共有サイトにより自宅でも・・・〔1〕走行中の車窓風景を楽しむ" »

夏の「青春18きっぷ」発売まで半月足らず・・・”赤い「青春18きっぷ」”今夏から大阪、天王寺等では発売無し

 何だかんだ言っているうちに、あと半月もしないうちに7月ですね。

 私自身、ここのところ「アトピー」(?)に苦しんでいるところです。

 

 それはさておき、7月に入れば、そう、あの乗り鉄派御用達の「青春18きっぷ」が発売となるわけですが・・・

 

続きを読む "夏の「青春18きっぷ」発売まで半月足らず・・・”赤い「青春18きっぷ」”今夏から大阪、天王寺等では発売無し" »

東京「国技館5000人の第九」、来年開催分(第25回)の指揮者・ソリスト陣発表・・・初の外国人女性指揮者迎える

 例年2月下旬に東京・両国の国技館で開かれている「国技館5000人の第九コンサート」の来年開催分〔第25回公演;公演期日「2009年2月22日(日)」〕の指揮者及びソリスト陣が発表となっています。

 

続きを読む "東京「国技館5000人の第九」、来年開催分(第25回)の指揮者・ソリスト陣発表・・・初の外国人女性指揮者迎える" »

近鉄の高安北車庫で見た「アーバンライナーnext」・・・第UL22番編成(21122F)

 先月中旬に阪神9000系電車・相直対応施工済み車両6両編成が阪神尼崎車庫から順次近鉄の高安検修センターに陸送されたとのニュースを聞きつけてから、29日未明にその阪神9000系電車が高安を旅立つまで、不定期ながら、雨の降らない早朝時間帯に幾度か高安車庫に覗きに行っていた私でしたが(近鉄さん、ゴメンナサイ…)、しかし「高安から阪神車両が旅立っていったから、ハイさよなら」ではあんまりだなぁ、とも思っている私は、ここのところ、概ね週1回の割合で(但し全くの不定期ですが)、やはり雨の降らない早朝時間帯に、高安車庫に覗きに行っている次第。

 

 出来るだけ長く継続したいところですが(但し気楽な気持ちで…)、精神面に問題を抱える私が故、何処まで続けられるのか、正直不安なところもあります《迷惑の掛からぬよう気をつけて行動しているつもりですが、怒られてしまったらそれで終わってしまいそうなので…》。

 

続きを読む "近鉄の高安北車庫で見た「アーバンライナーnext」・・・第UL22番編成(21122F)" »

東京「国技館5000人の第九」2008年(第24回)開催分の関連リンク集・・・2009年(第25回)開催分リンク集を兼ねる

 こちらの記事は今年(2008年)に開催された東京・両国の国技館に於ける「第24回国技館5000人の第九コンサート」関連のリンク集となっています。

 この記事以降に掲載する来年(2009年)開催分の「第25回国技館5000人の第九コンサート」関連記事については、今年(2008年)に開催した分の「第24回5000人の第九」関連記事へのアクセスは全てこの記事ページを通じて行うものとします。

 その逆(2008年開催分の「第24回5000人の第九」関連記事から2009年開催分関連記事へのアクセス)についても同様にここを一旦通過する形となります《2009年開催分「第25回5000人の第九」関連記事へのリンク集はこちらへ》。

 

 なお、本記事は単なる中継地点という位置づけとなっているため、コメント及びトラックバック欄については、勝手ながら、閉鎖扱いとさせて頂きます。

 何卒ご了承下さい。

 

続きを読む "東京「国技館5000人の第九」2008年(第24回)開催分の関連リンク集・・・2009年(第25回)開催分リンク集を兼ねる" »

リッカルド・シャイー=ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団による「第九」・・・う~ん、惜しい!

 朝から各種メディアでさんざん報じられてきていますが、東北地方が大変なことになっているみたいですね。

 私自身も、約3ヶ月前、3つの寝台特急「あかつき」・「富士」・「日本海4号」を介しての乗り繋ぎ旅の過程で、東北新幹線や「日本海4号」等によりその東北地方を通過していました。

 私にとっては久方ぶりの東北路でした。

 そこを襲ったM7.2、最大震度「6強」の強い地震・・・正直、次の言葉が出なかったです。

 

 被災地域にお住まいの方々には、心からお見舞い申し上げます。

 

 

 さて、今回は『Google Video』に寄せられているベートーヴェン第九(交響曲第9番ニ短調”合唱付”)」演奏動画の中の一つを紹介していきたいと思います。

 

続きを読む "リッカルド・シャイー=ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団による「第九」・・・う~ん、惜しい!" »

『第27回ベートーヴェン「第九」交響曲演奏会』(於・鳴門市文化会館)のこと・・・公演会場までの”足”の話を

 去る6月1日(日)に徳島県鳴門市で開かれた”第27回ベートーヴェン第九」交響曲演奏会”に私も聴きに出かけたことについては、先般、本ブログに掲載の『『第27回ベートーヴェン「第九」交響曲演奏会』(於・鳴門市文化会館)のこと・・・私も聴きに行きました』という記事の中でもお話ししていますが、その時には演奏会の模様を中心にお話ししていました。

 

 今回は公演会場である鳴門市文化会館までの”足”のことについて話してみたいと思います《もう少し早めにお話しすべきところだったのですが、事情があって遅くなりました。お詫びいたします…》。

 

続きを読む "『第27回ベートーヴェン「第九」交響曲演奏会』(於・鳴門市文化会館)のこと・・・公演会場までの”足”の話を" »

カリフォルニア大学デービス校交響楽団他による「第九」(2007年3月11日)・・・ヘンデル『オルガン協奏曲』と共に

 ここのところ、”ライヴ演奏に於けるカラヤン”つまりコンサートに於けるカラヤン指揮による演奏にちょっとハマリ気味なところがありますね。

 カラヤン(ヘルベルト・フォン・カラヤン)指揮の演奏といえば、特に晩年のスタジオ録音CDで聴いていると、何処か純粋でクールな感じ(というかドライな感じ!?)を抱いてしまうところなのですが、例えばカラヤンがベルリン・フィル等を率いて1979年に東京の普門館で行ったコンサートに於けるベートーヴェン第九」演奏のライヴ録音CDを聴いていると、クールな感じのスタジオ録音とは打って変わって、何だか情熱的に(というかホットに)聞こえてくるような印象を受け、そのミスマッチさからこの普門館「第九」ライヴを愛聴するようになり、更に数日前には某動画共有サイトに於いて見つけた、普門館「第九」ライヴの2年後(1981年)にカラヤンが同じくベルリン・フィルを率いて来日公演を行った際に東京文化会館に於いて演奏されたブラームスの『交響曲第1番ハ短調』も視聴してみたのですが、こちらもまた、カラヤン自身の指揮の流儀はそのままに(そりゃそうか…)、けれども生き生きと歌い上げていたような(というか何処か血の通っているような感じのする)演奏をしていたような印象を受け、益々引き込まれる思いでした。

 まぁバーンスタインのようにアゴーギク(緩急法)を存分に効かせているというのではないにせよ、コンサートに於けるカラヤンもまた1個の生身の人間としてホットに指揮していたんだ、と考えてしまったりする・・・そんなところですね。

 

 

 そんなところで、本題へと入りますが、前回に引き続き、今回も動画共有サイトで見つけたベートーヴェン「第九」演奏動画1本を紹介したいと思います。

 

続きを読む "カリフォルニア大学デービス校交響楽団他による「第九」(2007年3月11日)・・・ヘンデル『オルガン協奏曲』と共に" »

東京・歌舞伎座に於ける70年ぶりの「第九」公演、『YouTube』にて一部公開・・・全国どこでも視聴可能

 去る4月27日(日)に行われた東京・東銀座の歌舞伎座に於ける70年ぶりのベートーヴェン第九」演奏会の模様の一部が動画共有サイト『YouTube』に寄せられていることが、今月になって、わかりました。

 

続きを読む "東京・歌舞伎座に於ける70年ぶりの「第九」公演、『YouTube』にて一部公開・・・全国どこでも視聴可能" »

クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィルによる「第九」(2000年5月開催のBPO「ヨーロッパ・コンサート」にて)

 ここのところ、深夜1時台に寝て4時台に起きることが多くなってきている(というか半ば日課になっている感じ?)ところですが、その割にはやるべきことがなかなかやれてないんですね。

 気が散ってしまうとでもいいますか、何かやっていて壁にぶち当たった時に疲れを覚えて横になった途端、そのまま寝てしまったりとか(←蹴)・・・・・・

 

 何とかせねば、と常々思いながらもなかなか前に進まないというもどかしさを感じますね。

 

 

 ま、それはさておいて、本題へと入ります。

 

続きを読む "クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィルによる「第九」(2000年5月開催のBPO「ヨーロッパ・コンサート」にて)" »

「ラン・ラン(郎朗;P)+小澤征爾」の合唱幻想曲…中国に於ける「北京新年音楽会(ニューイヤーコンサート)」にて

 指揮者の小澤征爾が先月の16・17両日に東京で行われた新日本フィル主催公演に出演したものの、その東京に於ける公演の終了後に体調不良を訴えたため、この後に予定されていた同フィルによる大阪市(5月19日)と津市(5月20日)の2都市に於ける地方公演が中止となり、さらにその体調不良の原因は「椎間板ヘルニア」と判明してからは約1ヶ月間治療に専念することを発表、これに伴って自らが音楽顧問兼指揮者を務めている水戸室内管弦楽団の5月28日(水)から30日(金)にかけて開かれていた定期演奏会への出演をキャンセルした他、その後行われている同楽団のヨーロッパ公演への同行出演もキャンセル・・・

 現在なされている報道によれば、7月21日から8月2日にかけて横浜を初めとする全国5カ所で開かれる予定の「小澤征爾音楽塾」には予定通り指導者として参加することにしているそうで、よってその後に開かれる長野県松本市に於ける「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」にも予定通り参加するものとみられますが、ここまで精力的に動いてきていることですし、加えて年齢に伴う体力の衰え等も出てきているみたいですので、しっかり治療を受け、1日も早く元気な姿をファンの前に見せてほしいところです。

 

 

 その小澤征爾、実は昨年の大晦日から今年の正月にかけては中国の首都・北京に滞在していて、北京市内で開かれた「北京新年音楽会」(北京ニューイヤーコンサート)に出演していました。

 

続きを読む "「ラン・ラン(郎朗;P)+小澤征爾」の合唱幻想曲…中国に於ける「北京新年音楽会(ニューイヤーコンサート)」にて" »

ヴァーツラフ・ノイマン指揮NHK交響楽団の”N響「第9」演奏会”から(1984年12月)…過去紹介「第九」動画の追記も

 私自身、ここのところ、過去にダウンロード取得したピアノの演奏を、何かをしながらであることが多いのですが、聴くことが増えてきています。

 尤も私自身、小・中学生の時分にピアノを触っていたことも多少影響しているのかもしれませんが《技量面は別にして(うぅぅ)》・・・・・・

 それはさておき、大勢の人数から成るオーケストラの演奏に馴染んでいる耳からすると、ピアノ演奏は狭い空間の中でしんみりと語りかけてくれているようなイメージを抱いてしまうところがあるのですが、そこがかえって気に入っているわけでもあり、心の疲れた時とかに聴けば何となく疲れを癒やしてくれるような気がしてきます。

 

 ちなみに、今はショパンの『バラード第4番ヘ短調作品52』等にちょっとハマリ気味かな・・・

 

 

 さて、今回は動画共有サイトに寄せられているベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調”合唱付”)演奏動画のうち最近寄せられたものの一つを紹介していきますが、その前に過去に本ブログにて紹介した、動画共有サイトに寄せられた「第九」演奏動画に対する追記を先にしておきたいと思います。

 

続きを読む "ヴァーツラフ・ノイマン指揮NHK交響楽団の”N響「第9」演奏会”から(1984年12月)…過去紹介「第九」動画の追記も" »

阪神1000系電車、東花園車庫に入庫・・・入れ替わりに阪神9000系電車が近鉄奈良線内で試運転開始

 近鉄奈良線内を試運転していた阪神1000系電車が、去る6月3日の夜、東花園車庫(東花園検車区)に回送・入庫していったみたいですね・・・

 

続きを読む "阪神1000系電車、東花園車庫に入庫・・・入れ替わりに阪神9000系電車が近鉄奈良線内で試運転開始" »

『第27回ベートーヴェン「第九」交響曲演奏会』(於・鳴門市文化会館)のこと・・・私も聴きに行きました

 久しぶりに徳島は鳴門に行ってきました。

 

 ベートーヴェンの「第九」こと『交響曲第9番ニ短調作品125”合唱付”』日本初演の地、徳島県鳴門市・・・

公演会場(鳴門市文化会館)敷地内に立てかけられていた”第27回ベートーヴェン「第九」交響曲演奏会”の立て看板《080601終演後に撮影》 鳴門市文化会館の催し物案内ボードに掲示されていた2つの”ベートーヴェン「第九」交響曲演奏会”のポスター。左が今回私が聴きに行った”第27回ベートーヴェン「第九」交響曲演奏会”の分、そして右が翌日〔6月2日(月)〕に行われることになっていた追加公演の分(但しソリスト陣は全面的に入替)《080601終演後に撮影》

 毎年6月1日を「第九の日」と独自に制定している鳴門市ではこの「第九の日」に最も早く到来する日曜日(わかりやすく言えば”6月の第1日曜日”)に鳴門市文化会館に於いて”ベートーヴェン「第九」交響曲演奏会”を開いてきていますが、27回目となる今年は”「第九の日」即’「第九」交響曲演奏会’”という年にあたり、その上、今年は「第九」日本初演いやアジア初演90周年にもあたるという節目の年にもあたるためなのか、主催者サイドでも例年にも増して力を入れているみたいで、今回の公演では初めて公演期間を2日間〔6月1日(日)・2日(月)〕としている他、指揮者として今や”旬の人”としてしばしばテレビ等で紹介されている西本智実を迎え入れ、管弦楽についても、私が聴きに行った6月1日公演分に於いては、従前から管弦楽を務めてきている地元アマオケ・徳島交響楽団をメインとして、そこに在京プロオーケストラの一つで神奈川県川崎市にあるミューザ川崎シンフォニーホールをホームグラウンドとしている東京交響楽団の楽団員10人を加える形で、行われていました《ちなみに6月2日公演分については東京交響楽団が単独で管弦楽を務めた他、ソリスト陣も6月1日公演分とは総入れ替えとなっていました》。

 

続きを読む "『第27回ベートーヴェン「第九」交響曲演奏会』(於・鳴門市文化会館)のこと・・・私も聴きに行きました" »

「第26回サントリー1万人の第九」今日から合唱団員募集開始・・・私も今日のうちにエントリー(応募)を済ませました

 本日6月2日、大阪「サントリー1万人の第九」の今冬開催分〔第26回公演;公演期日「12月7日(日)」〕に係る合唱団員募集がいよいよ開始となりましたね。

 

 私も、昨年に引き続き、募集開始当日つまり今日のうちにネット上から合唱参加申込を済ませました。

 

続きを読む "「第26回サントリー1万人の第九」今日から合唱団員募集開始・・・私も今日のうちにエントリー(応募)を済ませました" »

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(サイモン・ラトル指揮)、11月に来日決定・・・「”ブラームス・チクルス”+α」にて

 今秋、リッカルド・ムーティ率いるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(VPO)が来日公演を行うことは既に多くの方がご存知のことかと思いますが、VPOと並ぶ世界のオーケストラの雄として知られているベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(BPO)も今年11月下旬から12月上旬にかけて来日公演を行うことが明らかとなりました。

 

続きを読む "ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(サイモン・ラトル指揮)、11月に来日決定・・・「”ブラームス・チクルス”+α」にて" »

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)