フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 「第26回サントリー1万人の第九」今日から合唱団員募集開始・・・私も今日のうちにエントリー(応募)を済ませました | トップページ | 阪神1000系電車、東花園車庫に入庫・・・入れ替わりに阪神9000系電車が近鉄奈良線内で試運転開始 »

『第27回ベートーヴェン「第九」交響曲演奏会』(於・鳴門市文化会館)のこと・・・私も聴きに行きました

 久しぶりに徳島は鳴門に行ってきました。

 

 ベートーヴェンの「第九」こと『交響曲第9番ニ短調作品125”合唱付”』日本初演の地、徳島県鳴門市・・・

公演会場(鳴門市文化会館)敷地内に立てかけられていた”第27回ベートーヴェン「第九」交響曲演奏会”の立て看板《080601終演後に撮影》 鳴門市文化会館の催し物案内ボードに掲示されていた2つの”ベートーヴェン「第九」交響曲演奏会”のポスター。左が今回私が聴きに行った”第27回ベートーヴェン「第九」交響曲演奏会”の分、そして右が翌日〔6月2日(月)〕に行われることになっていた追加公演の分(但しソリスト陣は全面的に入替)《080601終演後に撮影》

 毎年6月1日を「第九の日」と独自に制定している鳴門市ではこの「第九の日」に最も早く到来する日曜日(わかりやすく言えば”6月の第1日曜日”)に鳴門市文化会館に於いて”ベートーヴェン「第九」交響曲演奏会”を開いてきていますが、27回目となる今年は”「第九の日」即’「第九」交響曲演奏会’”という年にあたり、その上、今年は「第九」日本初演いやアジア初演90周年にもあたるという節目の年にもあたるためなのか、主催者サイドでも例年にも増して力を入れているみたいで、今回の公演では初めて公演期間を2日間〔6月1日(日)・2日(月)〕としている他、指揮者として今や”旬の人”としてしばしばテレビ等で紹介されている西本智実を迎え入れ、管弦楽についても、私が聴きに行った6月1日公演分に於いては、従前から管弦楽を務めてきている地元アマオケ・徳島交響楽団をメインとして、そこに在京プロオーケストラの一つで神奈川県川崎市にあるミューザ川崎シンフォニーホールをホームグラウンドとしている東京交響楽団の楽団員10人を加える形で、行われていました《ちなみに6月2日公演分については東京交響楽団が単独で管弦楽を務めた他、ソリスト陣も6月1日公演分とは総入れ替えとなっていました》。

 

 

 それで、最初のところで”久しぶりに”と記したのは、実は私自身も、4~5年くらい前まで(もう少し遡るかも知れないが…恥ずかしながら記憶があやふやになってしまってます)、この鳴門の”ベートーヴェン「第九」交響曲演奏会”に都合5~6回ほど一個人として合唱参加させて貰ったことがあるためで、地元で少なくとも半年程度練習を積み重ねてきているか既に各地で何度も「第九」合唱を経験されている方々ばかりの集団の中に入る格好だったので、参加していた当時、合唱に加わりながら聞こえてくる歌声を聴いていた私はそこで合唱団全体のレヴェルの高さというものを実感していたものでした。

 ところが、主催者サイドの組織変更等に伴う参加資格の変更が行われたために徳島県外から一個人として参加することが事実上不可能となってしまってからは鳴門行きを取りやめていたのですが、先月下旬くらいに今年の演奏会の陣容を見た私は急に行く気が起こり、既にチケットが完売になっていたところにヤフオクで運良く1枚出品されているのを発見、往復の交通費等で躊躇しながらも結局落札(購入)し、久しぶりの鳴門行きとなった次第。

 

 

鳴門市文化会館の正面玄関《080601撮影》 鳴門市文化会館の正面玄関から伸びる長蛇の列《080601撮影》

 公演当日、会場である鳴門市文化会館に着いた私は、そこで会場入口から既に伸びていた長蛇の列に遭遇・・・一時は長さにして100m近くまで伸びていたようでした。

 そして中に入ってみてまたビックリ・・・既設の客席だけでは到底足りずに急遽折りたたみイスが運び込まれていたみたいでしたが、それでも全然足りず、ついには客席間通路(ステージから直角に伸びている通路)の後ろ半分が立ち見客で埋まってしまうという有様でした《開演後も演奏の合間で聴衆が次々と入ってきていました》。

 さしずめ列車に例えると、この日の聴衆の入りは「乗車率120~130%」といった感じかな・・・

 ちなみに、この日の鳴門市”ベートーヴェン「第九」交響曲演奏会”の入場者数について、公演を後援した読売新聞による報道では「立ち見客も含め約1600人」と伝えている他、地元紙・徳島新聞による報道では「1630人の聴衆から惜しみない拍手が贈られた」と伝えています《→『「第九」90年、徳島の誇り』・『心打つ歓喜の歌声 鳴門「第九」90年記念演奏会初日』》。

 

 合唱団員をステージ上にスタンバイさせた状態で開演となり、最初に現・鳴門市長による挨拶が約5分間続き(その間に客席前方にいた徳島県知事を紹介する一幕もありました)、そのあと管弦楽を務める徳島交響楽団と東京交響楽団の各楽団員たちがステージ上に姿を現し、次いでチューニングに移ったわけですが、この日のコンサートマスター〔つまりオーケストラ内に於ける”現場監督”或いは”主将(キャプテン)”といった位置づけでしょうか…〕は、私自身の過去の記憶から、どうやら徳島交響楽団のコンサートマスターが務めていたみたいでした。

 

 やがてこの日の指揮を務める西本智実が颯爽と姿を現し、客席に一礼等した後、「第九」演奏の前座に据えられたワーグナーの『「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲』の演奏へ・・・

 この『「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲』に於いては、最初のうちこそ弦楽器セクションの鳴らし方に少し物足りなさが感じられたものの(立ち上がりが少し鈍かったかな…)、次第にヴォリュームを増していき、管楽器セクションとほぼ対等に掛け合えるところにまで鳴らせるようになっていたみたいで、本来ならば実質4時間以上に及ぶ全3幕分のいわば”あらすじ”ともいうべきこの前奏曲の性格というものをしっかり捉えていた様子でした。

 ダイナミックでビシッとした感じのする西本の指揮っぷりは、この後メインで演奏された「第九」でもそうでしたが、全てのパートから発する音に気を配り、全体としてダイナミックに歌わせているかのような印象を受けると共に、楽団員たちは彼女の棒振りの下で、大した技術的破綻も見せず、また各パート間の連携も見事でした。

 特に『「マイスタージンガー」前奏曲』の中の再現部に於けるチューバによるライトモティーフ演奏は秀逸でした。

 

 『「マイスタージンガー」前奏曲』演奏の後は、休憩を挟まず、そのままメインディッシュである「第九」演奏へと移ったわけでありますが、今回は新ベーレンライター版による楽譜を使っていた模様で、中庸程度のテンポで推移していた様子でした。

 ここでも随分厚みを感じさせるような響きを繰り出していた西本指揮だったわけでありますが、第2楽章の中間部(ニ長調部分)に於けるホルン・ソロの箇所ではちょっと苦闘気味だったかな・・・

 4人のソリスト陣を迎え入れての第3楽章の演奏が終わった後、棒が振り下ろされずに5秒間ほどじっとしていたところからそのまま入った終楽章に於いて演奏に加わった合唱陣もパワーを感じさせる響きを出してくれていて、特に後半の”二重フーガ”箇所の締めの部分にあるソプラノによる高い「A」音〔2点A(イ)音〕が連続するところの歌唱は秀逸でした。

 あと、同じ男として・・・というわけではありませんが、合唱団全体の約3分の1の人数である男声合唱のパワーというものも十分堪能出来たように感じています。

 

 ダイナミックでいて端正な西本のタクトの下、「第九」日本初演(且つアジア初演)の地に於いて、今年も見事に一つの芸術として昇華させていたような印象を受けました。

 

 

 それにしても、ステージから直角に伸びる客席間通路の半分ほどを立ち見客が埋め尽くすほど大量の聴衆が押しかけた鳴門市に於ける”ベートーヴェン「第九」交響曲演奏会”は、正直なところ、初めての経験でしたが、久しぶりに「第九」日本(アジア)初演の地・鳴門で聴けたこと自体はいい思い出となりそうです。

 

 

P.S.
 今回、地元アマオケである徳島交響楽団と在京プロオーケストラの一つ・東京交響楽団とのジョイントという格好で実現した”ベートーヴェン「第九」交響曲演奏会”でありましたが、実はこの両者の間には、2005年以来、パートナーシップ協定が結ばれていて、東響が徳響に対して技術指導を行ったり、或いはジョイントコンサートを行ったり等してきている模様。
 これに加えて、昨年秋に徳島市内で行われた国民文化祭オープニング・フェスティバルでは東響の楽団長が総合プロディーサーを務める等もしていたそうで、これらのことが徳島県内に於ける音楽文化の発展に貢献したと評価され、今年3月下旬、徳島県はその東響の楽団長に対して「県イメージアップ大賞」を授与したとか《→『山下氏(東京交響楽団長)に贈呈へ 県イメージアップ大賞』》。

 両楽団の3年来のお付き合い・・・そして今回私自身が耳にした演奏はまさしく東響による”教育(トレーニング)の成果”とも捉えられますね。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます <(_ _)>
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ

 

【関連記事(鳴門「第九」関連)
ワインガルトナー指揮の「第九」レコードコンサート!?・・・「第九ひろしま」&鳴門市「第九」最新情報も
トスカニーニ指揮の「第九」・・・2度開かれた鳴門「第九」の話も
広島「第九ひろしま2007」結団式開催・・・鳴門は「ベートーヴェン」の”引退”!?
『第27回ベートーヴェン「第九」交響曲演奏会』(於・鳴門市文化会館)のこと・・・公演会場までの”足”の話を

« 「第26回サントリー1万人の第九」今日から合唱団員募集開始・・・私も今日のうちにエントリー(応募)を済ませました | トップページ | 阪神1000系電車、東花園車庫に入庫・・・入れ替わりに阪神9000系電車が近鉄奈良線内で試運転開始 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/41413240

この記事へのトラックバック一覧です: 『第27回ベートーヴェン「第九」交響曲演奏会』(於・鳴門市文化会館)のこと・・・私も聴きに行きました:

« 「第26回サントリー1万人の第九」今日から合唱団員募集開始・・・私も今日のうちにエントリー(応募)を済ませました | トップページ | 阪神1000系電車、東花園車庫に入庫・・・入れ替わりに阪神9000系電車が近鉄奈良線内で試運転開始 »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)