フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« ベートーヴェン「第九」雑記・・・8月30日《大阪フィル「第9シンフォニーの夕べ」、佐渡裕「21世紀の第九」》 | トップページ | 「ムーンライトながら」定期運行廃止で季節(臨時)列車に格下げか・・・来年のJRグループ定例ダイヤ改正くらいに? »

山陰本線に於ける往年の名列車「山陰」・「さんべ」復活へ・・・山陰本線「安来~松江」間開業100周年記念事業

 旧国鉄時代に山陰本線を駆け抜けていった寝台車連結の夜行普通列車「山陰」・・・残念なことに私自身はその存在を鉄道関連書籍で知るのみで実物を目にしたり乗ったりすることなく終わってしまったわけですが(「山陰」以外の寝台車付き普通列車であった「はやたま」や「からまつ」等も同様に体験無しデス)、その「山陰」と、やはり山陰本線の主に西側区間を駆け抜けていった急行「さんべ」が、この秋、復活します。

 

 とはいっても「山陰」については往時の”普通”ではなく”急行”での復活となりますが・・・

 

 

 実は昨日になって『鉄道コム』で紹介されていた鉄道関連新聞記事一覧を通じて知るところとなったことなのですが、山陰本線・島根県内区間のうちの「安来松江」間が今年11月8日で開業から100年目を迎えるとのことで、地元では開業100周年を祝う各種記念行事が企画されている他〔→『山陰本線・安来~松江間、開業100周年記念事業について』〕、JR西日本米子支社でも、それに呼応する形で、かつて山陰本線を駆け抜けていた夜行普通列車「山陰」と急行「さんべ」のリバイバル列車の運転を打ち出しています。

 

 このうち、JR西日本米子支社が打ち出している記念事業について、『「山陰本線・安来~松江間開業100周年」にあわせた記念列車の運転について』によると、記念事業の実施期間〔11月8日(土)~11月24日(月・祝)〕内に於いて、以下の記念臨時列車3本を運転することにしていますが、うち2列車についてはかつて山陰本線を走っていた名列車のリバイバルトレインとなっています。

◇ 急行「だんだん山陰」
 ◆ 運転区間 … 京都~松江
 ◆ 運転日(始発駅基準)
  京都発11月7日、松江発11月9日
 ◆ 編成
  14系客車4両編成(全車普通車)
 ◆その他記事
  全車普通車指定席《片道あたり定員256名》
  DD51ディーゼル機関車により牽引
  京都発下りは夜行、松江発上りは昼行
  夜行普通列車「山陰」のリバイバル
  《但し今回は急行列車として運転》
◇ 急行「だんだんさんべ」
 ◆ 運転区間 … 米子~大田市
 ◆ 運転日(始発駅基準) … 11月15日・16日
 ◆ 編成
  国鉄色の「キハ28&58」2両編成
 ◆ その他記事
  往復とも昼行運転
  全車普通車指定席《片道あたり定員160名》
  急行「さんべ」のリバイバル
◇ 快速「だんだんお座敷」
 ◆ 運転区間 … 米子~大田市
 ◆ 運転日(始発駅基準) … 11月22日~24日
 ◆ 編成
  お座敷列車「ほのぼのSUN-IN」2両編成
 ◆ その他記事
  全車グリーン車指定席《片道あたり定員64名》
  車内備え付けの冷蔵庫、カラオケ装置使用不可

 先に紹介したJR西日本米子支社のリリース文章によると、今回の臨時列車運転の目的について「鉄道の発展と時の移ろいともに、昔乗った鉄道は姿を変えている。そんな昔の思い出を思い起こさせること」とした上で、開業100周年に感謝の意を込めるべく「だんだん」という冠名称を付けることにした、としています。

 

 改めて言うほどのことではないかも知れませんが、感謝の意を込める、という意図もさることながら、やはり時代と共に変遷していった山陰本線の姿・・・つまり”時代と共にだんだん(段々)と変化していった山陰本線”というものを広く一般に訴求したかったことでしょうね。

 

 

 ところで、JR西日本米子支社のリリース文章では記念臨時列車3本それぞれの運転時刻も合わせて発表されていますが、これによると、昼間走ることになっている急行「だんだんさんべ」と快速「だんだんお座敷」の2本は同一区間・同一ダイヤでの運転となっています。

 これら2本列車について、下り列車(大田市行)として運行する際は大田市まで4時間以上かけて走り(米子08:55発→大田市13:18着)、途中の松江にて1時間近く停車することになっているのですが、島根県の県庁所在地に位置する駅ということで、何やらイヴェントの類を用意するつもりなのだろうか・・・

 ちなみに上り(米子行)は3時間もかからない快速ぶりで(大田市13:47発→米子16:06着)、出雲市で7分停まる以外は松江を含めた途中停車駅に於ける停車時間「1分」。

 祭りはさっさと終わらせたい、という意図なのだろうか(勿論違うでしょうけれども)・・・

 

 一方、夜行普通列車「山陰」のリバイバルとして運転されることになっている急行「だんだん山陰」について、下り(松江行)は11時間32分(京都23:10発→松江10:42着)かけて、上り(京都行)は12時間19分(松江09:36発→京都21:55着)かけて、それぞれ走ることになっているわけですが、臨時列車とはいえ片道で半日前後かかるあたり、わざわざ料金別途徴収を伴う”急行”に格上げする必要はあったのか、かつての「山陰」と同じく普通列車(”快速”含む)として運転するほうがよかったのでは、と正直思うところがあります《”全車指定席”とすること自体は構いませんが…》。

 そして、”急行”に格上げすることで本来の意味でのリバイバルトレインからはちょっと外れるような気もするのですが・・・

 それはともかくとして、これは臨時列車ゆえの宿命とでもいいますか、下りの「鳥取~米子」間と上りの「鳥取~京都」間では相当な数(時間)の待避があるものと覚悟(?)する必要有りですね《上りの安来のように長時間停車(勿論客扱いを伴う停車)する分には、一旦車外に出て撮影したりすることが出来るので、構わないのですが…》。

 あと、「だんだん山陰」で充当されることになる14系客車(座席車タイプ)4両、勿論波動輸送用としてでしょうが、よくぞ今まで残してくれていたなぁ、と感心する私自身ですが、同時に、これは「ムーンライト高知松山」で普通車指定席車として貸し出されるあの14系客車か、とも一瞬思ったものでした。

 しかし「ムーンライト高知&松山」は2本列車合計で3両の貸し出しだから、この4両編成ではないかもしれないなぁ・・・いったい何なんだろうか、これは。

 

 以上、私自身思ったことなどを書き並べてみましたが、わたし的には、やはり山陰本線を走る久々の夜行列車ということで急行「だんだん山陰」(下り)が一番気になるところですね。

 

 出来れば乗りたい気分なのですが、いつものぼやきで申し訳ないけれども、経済的事情が許してくれない…

 

 ちょっともどかしいです。

 

 

 ちなみに、京都から幡生に至る山陰本線の中で今年で「開業100周年」を迎える区間というのは、今回の島根県内に於ける「安来~松江」間の他、兵庫県内の「和田山八鹿」間も該当していて、こちらは7月1日に開業100年目を迎えており、八鹿駅前等で記念のイヴェントが開かれていたそうです。

 

 区間によっては道路整備が進んでマイカーとの競争に晒されたりもしてきている山陰本線、これまでは瀬戸内海側を走る東海道山陽本線にどうしても取り残されがちでしたが、最近になって電車に引けを取らない性能を持つ新型気動車(キハ187系とか)の投入や高速化の着手(部分的ながら…)等、明るい材料もぽつぽつ見られるようになってきていることも事実であり、沿線地域に欠かせない足としてこれからも長く愛される存在であってほしいと願うところです。

 

 

◎ 参照記事
山陰本線安来―松江間 開業100周年記念列車
山陰線100周年 懐かしの列車11月に記念運行
JR山陰線:安来-松江開業100周年 懐かしの列車が帰ってくる--11月 /島根
さんべ号や山陰号再現 安来-松江間100周年記念
JR山陰線開業100周年で記念列車運行へ
懐かしの制服、プレート展示 JR和田山-八鹿100年

 

 

<(_ _)> ありがとうございます <(_ _)>

にほんブログ村 鉄道ブログへ 人気ブログランキング「くつろぐ」

« ベートーヴェン「第九」雑記・・・8月30日《大阪フィル「第9シンフォニーの夕べ」、佐渡裕「21世紀の第九」》 | トップページ | 「ムーンライトながら」定期運行廃止で季節(臨時)列車に格下げか・・・来年のJRグループ定例ダイヤ改正くらいに? »

コメント

鈍行でこんなに長い距離の運行。 しかも一部寝台付。 時刻表見ながらユニークな列車だなあと子供心に思いました。あと似たよう列車で(ながさき)と いうのがあったような。 あと、さんべ3号の うるさいディーゼル音と汚い車両はインパクトあったなあ~。

 きたじ~にさん、おはようございます。

 私自身、昔の旧国鉄時代を羨ましく思ってしまうことがあるのです。
 仰っている「ながさき」(「http://www.dango.ne.jp/~tyajima/nagasak.html」にその「ながさき」号の寝台券画像の展示有り)の他、「はやたま」・「からまつ」…といった寝台車をつなげた夜行普通列車が活躍しているのを、子どもの頃、時刻表誌上でダイヤ情報として目にしたことはあるものの、全て乗らず終いとなってしまいました。
 尤も「はやたま」に関しては、のちに区間短縮&片道運転・電車化された”新宮夜行”で何度かお世話になっていますが・・・早朝の新宮駅ホームで湯気を立てていたうどん・そばスタンドの光景が今でも目に浮かびます。

 急行「さんべ」もやはり小中学生の時分に目にした鉄道関連書籍に掲載の写真などで知るのみです・・・

南八尾電車区さん こんにちは 私もこれらの優等?鈍行列車については、時刻表の中の夢物語であります。でも寝台車を引っ張りながらのろのろと一生懸命走る姿を想像するだけで、なんだかかわいらしいですね。夜行列車の早朝の風景 蕎麦やうどんの湯気なんて、実に風情があっていい。大垣夜行が早朝静岡駅に着いた時の駅弁売りのかけ声も、なんかホットしました。その発展版 ムーンライトながらも廃止されるとか? 旧国鉄の面影がまたひとつ消えていくと思うと、寂しいかぎりです。

 きたじ~にさん、こんにちは。

 それにしてもムーンライトながらの廃止(正確には臨時列車への格下げ→「”ムーンライトながら”臨時化へ」と報じられている)には私も驚きましたね。

 しかしながら、言うまでもないことですが、昨今の公共交通手段の多様化と宿泊施設の充実等により、料金の割に施設面で貧弱といわれる夜行列車が敬遠されているのも事実で、ここはユーザに選ばれる(受け入れて貰える)よう料金面・施設面などで改善を図っていくことが求められているように感じています。
 「ムーンライトながら」を例にとると、「青春18きっぷ」シーズン外に於いて、トクトクきっぷの設定で個室寝台を中心に堅調に推移している寝台特急「北陸」に倣って、閑散期(ここでは指定席特急料金に於ける”閑散期”と同一で考える)限定で割安に「ながら」指定席などが利用出来るトクトクきっぷ(名古屋又は大阪と東京とを往復出来る割引切符とか)を設定する・・・といった具合ですね。

 寂しい気持ちは私も同じですが、いつまでもノスタルジーに浸ってばかりではいられないのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/42327299

この記事へのトラックバック一覧です: 山陰本線に於ける往年の名列車「山陰」・「さんべ」復活へ・・・山陰本線「安来~松江」間開業100周年記念事業:

» 夜行列車「山陰」復活? [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 今日も昨日に引き続いて、秋の臨時列車の話。今日は、JR西日本です。  先日、「 [続きを読む]

« ベートーヴェン「第九」雑記・・・8月30日《大阪フィル「第9シンフォニーの夕べ」、佐渡裕「21世紀の第九」》 | トップページ | 「ムーンライトながら」定期運行廃止で季節(臨時)列車に格下げか・・・来年のJRグループ定例ダイヤ改正くらいに? »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)