フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 0系新幹線車両を追いかけていました・・・10月11・12両日、普通列車乗り継ぎで | トップページ | ベートーヴェン「第九」総譜(オーケストラ・スコア)無料公開の再開・・・ »

【「第26回1万人の第九」レッスン(3)】”二重フーガ”箇所の掘り下げ(対位法的観点から!?)・・・佐渡練の日時も発表

【←2008年・2回目レッスンの話へ】

レッスン会場(梅田東学習センター体育館)内受付右横に設けられた「大阪5」クラス生名簿確認用デスク。その左端に見えるのは会場内で販売されている各種レッスン用CDの山《081009撮影》

 今冬開催分の「第26回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」に係る「大阪5」クラス=第3回レッスンが行われた去る10月9日、まさにその日にその26回目を迎える「万九」の第1部ゲスト出演者やソリスト陣を含めた詳細な公演要項の発表が行われたことに加え、1日おいて訪れた3連休のうちの最初の2日間(10月11・12両日)には間もなく引退を迎える新幹線0系車両を追いかける旅に出ていたこと等から、5日遅れの報告となってしまいました。

 大変申し訳ないです・・・

 

 その「大阪5」クラスに於ける第3回レッスンでありますが、またも時間の読みの甘さから、開始時刻の5~6分程度の遅れでレッスン会場に到着・・・会場玄関を入ったとき、扉越しに見える会場内では既に「隣の人の肩たたき」が始まっていました。

 尤も、私の会場到着時に於いて、同じく早足で会場入りした人が他に2人ほどいるのが見えましたが・・・正直、心の中でホッとした私(ぉぃ)

 

 

 急いで備え付けのスリッパに履き替え、参加証を取り出して受付デスクへ・・・出席印をもらったところで受付スタッフから1枚のうぐいす色の書面を手渡された私。

 手渡されたのは今冬開催分に係る「佐渡裕特別レッスン」(いわゆる”佐渡練”)の案内文書で、その書面によると、私の所属している「大阪5」クラスは、同じく大阪市内に設置されている「大阪B」・「大阪3」・「大阪4」の3クラスと共に、公演本番の5日前にあたる12月2日(火)の「夜19時~20時半」のグループに入ることになっていました。

 そしてその佐渡練の会場として記されていたのは、豊中市内の阪急曽根駅にほど近いところにある豊中市民会館
 昨年の佐渡練のときも、私の場合、豊中市民会館だったのですが、昼間の時間帯で指定されていました。

 今回は夜間時間帯での豊中に於ける佐渡練ということで、大阪駅を挟んで会場の豊中市民会館とは反対側に住んでいる私自身、これは帰りがちょっと遅くなりそうかな・・・・・・

 

 ま、それはさておき、受付を済ませて会場内へと入りかけたその時、にわかに「ウワァ~」と湧き立つような声が聞こえてきました。

レッスン会場受付から場内に入ったところに設置されているホワイトボード。右下に第1部ゲスト出演者が「CHEMISTRY」に決まったことを告げる貼り紙が貼られているのが見える《081009撮影》

 その時点ではちらっと耳にした程度だったので状況把握が覚束なかったのですが、どうやら前半の第1部に登場するゲスト出演者の名前が発表されていたみたいで、実際、場内に入ったところにある連絡事項などを掲出するためのホワイトボードの右下に「第1部ゲストはCHEMISTRYに決定いたしました」との張り紙が貼られているのが見えていました。

 

 また一つ、本番のステージが見えてきたな・・・そんな印象を抱く私自身。

 

 そしてレッスンを終えて帰宅した私は、風呂に入ったあと、インターネットで「1万人の第九」公式サイトを覗いてみたわけですが、果たして、それまでサイトトップを飾っていたPR動画は公式サイトの”後ろのほうに”追いやられ、サイト・トップは本番モード一色に塗り替えられた格好となっていました。

 そのあたりのことについては先日アップした記事の中で記していますので省かせていただきますが、改めて本番が近くなってきていることを実感させられる思いでした。

 

 

 さて、「隣の人の肩たたき」を終えたばかりの場面で場内入りした私は、イスが並ぶゾーンの後ろのほうで、この後に続く隣同士の人との「笑顔づくり」を一通り眺め、更にその次に続く発声練習から本格的に加わりました。

 「1度(1音単独;マ)→3度音階(3音連続;マ)→5度音階(5音連続;”マ”→”隣のビアガーデン”)」の順で発声練習が進み、いよいよ本題となる「第九」練習へと移ったわけですが、3回目となる今回は”二重フーガ”の終わりまで進みました。

 で、通常の練習では、まず各パート毎に分唱をさせた後、全員で合わせてみる、という順番で行うのが基本的なパターンなわけで、時には全員で合わせてみる前に任意の2パートを合唱させることもあったりします。

 

 しかし今回の”二重フーガ”の練習では、当該箇所への本質的なアプローチを図る狙いがあったかどうか定かではありませんが、通常行われる各パート毎の分唱に加えて、男女(「S+A」・「T+B」)別、内声・外声(「S+B」・「A+T」)別、高低(「S+T」・「A+B」)別の各2声間合わせ練習が、指名された2つのパート相互間の譜面上に於ける音型進行とそれが意味することの講義(まるで対位法の講義!?→しかしそこは有元流、全然堅苦しくない!)付きで、進められていきました。

 私が属するテノールの場合だと、アルトとは相性がいい(途中まで)、ソプラノとはいまいち・・・というようなことを言われました。
 これまで受けてきた「第九」レッスンの類(といっても「1万人の第九」に係るレッスンがその殆どを占めていますが…)の中で、今回のようなかなり本質的なアプローチに基づく練習(というか講義)というのはちょっと無かったかな・・・・・・そんな気がしてきます。

 このあたりの詳しいことについては有元先生のWebサイト内に掲載されている『10月9日 大阪5クラス-3回目』にて既に記載されていますので、併せてご覧になるとよろしいかと思います。

 

 

「大阪5」クラス=第3回レッスンの後半。今年初めての”シャッフル練習”となった《081009場内最後方から撮影》

 休憩を挟み、後半では今年初めての”シャッフル練習”となり、一匹狼(?)の私はおとなしく(??)レッスン会場内最後方へと移動、その場所から声を張り上げていました。

 

 有元先生のWebサイトに於いても記されていますが、”練習番号M”部分の混声合唱が終わった直後にあたる595小節目から今回扱った”二重フーガ”部分の終わりまでの通しで今回の”シャッフル練習”は行われました。
 で、ひとり会場最後方にいた私はというと、声の出し始めこそ、周囲の反応を気にするあまり、心の中で躊躇するところがあったものの、次第に開き直ってきて声が出せるようになってきたのですが、今度は、指揮をする有元先生との距離が離れていた悲しさでしょうか、”棒振り”動作を見ながら歌っているつもりが、聞こえてくる周囲の歌声とタイミングが合わなくなるようなことがありました。

 

 他のクラス生や有元先生に、ちょっと迷惑がかかったかな・・・恥ずかしいし、申し訳ないです。

 

 

 次の”シャッフル練習”の際には、会場最後方に一人ポツンと立つのではなく、出来るだけ群衆の中に入って練習に参加しようと考えています。

 

 精神的にちょっとしんどいかも知れないけれども・・・ま、頑張ります《と言っておきながら、またもや会場最後方で一匹狼になっていたりして…》。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加してます

 

【関連記事(「第26回1万人の第九」レッスン)】
(1)「”練習番号M”まで」(2)「写真撮影(”二重フーガ”の予習も)」
(4)「『第九』曲終に到達」
(5)「全体おさらい&出演者座席券交付開始」
(6終)「第1部合唱参加曲の練習と”ステージ演習”」
(佐渡練)「”兄弟(Brueder)”を強調して」

 

【関連記事(「第26回1万人の第九」リハと本番)】
〔リハ〕ゲスト「CHEMISTRY」の2人も迎えて
〔本番直後〕無事終了。ちょっと厳しいかなCDとDVD
〔本番後記1〕門限ギリギリで滑り込み、ゲネプロへ
〔本番後記1〕いよいよ本番、そしてフィナーレ

 

【関連記事(2008年開催分「1万人の第九」関連)
「1万人の第九」公式サイト、今冬開催分ヴァージョンに更改…大音量につき夜間・深夜の閲覧の際は十分ご注意を
【速報】「第26回サントリー1万人の第九」(今冬開催分)合唱団員募集要項、公開さる《MBS社屋内配布チラシ》
「第26回サントリー1万人の第九」公式サイト上でも応募要領等公開開始・・・携帯サイトも今冬分に更改《しかし…》
「第26回サントリー1万人の第九」合唱団員募集要項、新聞紙上に掲載さる(新聞広告)…掲載領域は”史上最小”!?
「第26回サントリー1万人の第九」今日から合唱団員募集開始・・・私も今日のうちにエントリー(応募)を済ませました
第26回「サントリー1万人の第九」抽選結果発表・・・私も1日遅れで見ました
「第26回1万人の第九」公式サイト、本番ヴァージョンに更改(?)・・・デュオ・ユニット「CHEMISTRY」が第1部ゲストに

 

【関連記事(”ベートーヴェン雑記2008”の「1万人の第九」関連)
8月6日号《8月15日より順次レッスン開講へ》
8月26日号《『10000人の交換絵日記』2008年版の開設》
9月11日号《『10000人の交換絵日記』にアップされた「巻き舌」見本動画》

 

【関連記事(「1万人の第九」2007(2009)年開催分)
大阪「サントリー1万人の第九」2007年(第25回)開催分の関連リンク集…2008年開催分リンク集を兼ねる
大阪「サントリー1万人の第九」2008年開催分(第26回公演)の関連リンク集…2009年開催分リンク集を兼ねる

« 0系新幹線車両を追いかけていました・・・10月11・12両日、普通列車乗り継ぎで | トップページ | ベートーヴェン「第九」総譜(オーケストラ・スコア)無料公開の再開・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/42739847

この記事へのトラックバック一覧です: 【「第26回1万人の第九」レッスン(3)】”二重フーガ”箇所の掘り下げ(対位法的観点から!?)・・・佐渡練の日時も発表:

« 0系新幹線車両を追いかけていました・・・10月11・12両日、普通列車乗り継ぎで | トップページ | ベートーヴェン「第九」総譜(オーケストラ・スコア)無料公開の再開・・・ »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)