フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 受理かボツか・・・「第九ひろしま2008」合唱参加申込 | トップページ | 「第九ひろしま2008」関連書類一式、無事到着・・・合唱団員数のことも »

「Seoul Philharmonic Orchestra」=「ソウル市立交響楽団」?…チョン・ミョンフン指揮ソウル・フィルの公演チケット

 ここのところ、自宅デスクトップPCの更改などで、このブログを留守がちにしてしまってます。

 

 留守がちな昨今にもかかわらずご訪問される方々には申し訳ない限りです・・・

 

 

 で、今日の夕方、外から帰ってみると郵便受けに「チケット在中」と書かれた郵便物が・・・

 

 自室にて開封してみたところ、このあいだ新聞広告として掲載されていたソウル・フィルハーモニー管弦楽団=大阪公演のチケット懸賞に当選した旨の通知と当該公演のチケット2枚(ペア1組分)が封入されているのが見えました。

 

 オーケストラ物が大好きな私自身、嬉しい限りです!

 

 しかも今回タクトを執るのは、このソウル・フィルの地元である韓国のソウル(当たり前か…)に生まれ、7歳の頃に成し遂げた同フィルとの共演から音楽キャリアをスタートさせたともいわれているチョン・ミュンフン(チョン・ミョンフン、鄭明勳)で、現在は同フィルの音楽監督を務めると同時に、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者、及び東京フィルハーモニー交響楽団の”スペシャル・アーティスティック・アドバイザー”をも務めるなど、私自身にとっても気になる指揮者の一人として目している存在です。

 

 そのソウル・フィル、英語表記では「Seoul Philharmonic Orchestra」となっていて、この表記を見ただけだと、どう考えたって、日本語では「ソウル・フィルハーモニー管弦楽団」(或いは英語表記の発音そのままに「ソウル・フィルハーモニック・オーケストラ」)となりそうなものなのですが、公演チラシを見ると「ソウル市立交響楽団」と表記されている。

 

 えぇっ、どうして・・・思わず戸惑ってしまう私。

 

 しかし、ネットで調べていくうちに、このソウル・フィル、どうやらソウル特別市が運営するいわば”自治体オーケストラ”だそうで、このためなのか、今回のチラシ上表記と同じく、”ソウル市立交響楽団”と表記するサイトをちらほらと見かけることが出来ました《ちなみにチケット取扱所の一つである「イープラス」では英語表記に沿った「ソウル・フィルハーモニー管弦楽団」という表記が使われていました》。

 

 そういえば、日本国内に現存するプロ・オーケストラの中にも類例を見ることが出来ましたね《「京都市交響楽団」→”Kyoto Symphony Orchestra”》。

 

 

 まぁ自閉症のケがある私ならでは・・・というのも変ですが、またもこうした表記モノに対してツッコミを入れてしまいました。

 

 とはいえ、チョン・ミョンフン指揮ということで、どのような演奏が繰り広げられるのか、楽しみにしています。

 

 

 ちなみに公演日時は11月12日(水)の夜19時・・・これは「第26回1万人の第九」公演本番に向けてのレッスン5回目(「大阪5」クラス)の前日にあたります。

 

 演奏予定曲目はチャイコフスキーの『ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品35』とドヴォルザークの『交響曲第9番ホ短調作品95”新世界から”』の2曲となっています。

 このうち、最初に置かれているチャイコフスキーのコンチェルトでは同じく韓国生まれ(1986年生まれ;ただ韓国の何処出身なのかについては未公開なため不明)の若手女性ヴァイオリニスト、ハン・ソージンがソリストを務めることになっていますが、実はこのハン・ソージンとチョン・ミョンフンについては昨年(2007年)11月に行われた東京フィル定期に於いても顔合わせしていて、この時にはブルッフの『ヴァイオリン協奏曲第1番』が演奏されたそうですが、この当時の演奏に接したという人たちの間からは、あっさりとした演奏、未熟で凡演・・・といった声が聞こえてきています《勿論ネット上に於いてですが…》。

 

 これらの評判を聞いている限り、彼女はアクの少ないヴァイオリニストと想像出来るところなのですが、果たして実際のステージではどうなのか・・・来週水曜日の夜開演の公演を楽しみにしたいと思っています。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加してます

« 受理かボツか・・・「第九ひろしま2008」合唱参加申込 | トップページ | 「第九ひろしま2008」関連書類一式、無事到着・・・合唱団員数のことも »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/43032489

この記事へのトラックバック一覧です: 「Seoul Philharmonic Orchestra」=「ソウル市立交響楽団」?…チョン・ミョンフン指揮ソウル・フィルの公演チケット:

« 受理かボツか・・・「第九ひろしま2008」合唱参加申込 | トップページ | 「第九ひろしま2008」関連書類一式、無事到着・・・合唱団員数のことも »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)