フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 「第九ひろしま2008」顛末記(1)・・・自宅を出てから「青春18きっぷ」を使って広島入りするまで | トップページ | 2009年明けまして…日本橋にも »

公演会場まで必死に自転車漕ぐこと約1時間・・・佐渡裕=大阪センチュリー響「佐渡裕21世紀の第九」

ホール改札口で配布された、今年のザ・シンフォニーホール(朝日放送)主催によるベートーヴェン「第九」演奏会共通パンフレット《081228自宅にて撮影》

 ザ・シンフォニーホール(朝日放送)主催による「佐渡裕21世紀の第九」(佐渡裕指揮大阪センチュリー交響楽団)に、久しぶりに聴きに出かけました。

 

 それも自宅から自転車で・・・自宅出発時点では曇り空で降雨の有無で悩んでいたものでしたが、幸いにも雨に降られることはありませんでした。

 

 

ザ・シンフォニーホール正面玄関に通ずるプロムナード。開演間近なのか、人はまばら《081228撮影》

 自宅を出たのは昼の14時ちょっと前・・・つまり開演(15時)の約1時間前でした。

 

 ザ・シンフォニーホールが所在する場所は、自宅から見て、大阪駅から少し奥に入る形になっていて、ここのところ自宅から大阪駅までは自転車で片道1時間強かかったりしていましたから、今回の自転車行で開演に間に合うかどうか、微妙な状勢でした。

 

私の自転車。ザ・シンフォニーホール正面玄関からほど近いところに停めて撮影しました《081228終演後に撮影》

 それでも、帰りに何処か立ち寄るのならば自転車のほうが都合良かろう(電車で行くと交通費が嵩む)、ということで、半ばダメもとで自転車行とした私・・・漕ぐリズムと呼吸する間隔を意識したりして必死になって漕ぎました(苦笑)

 

 大阪城公園の北東縁や天満橋・北浜界隈を通り、去る10月19日に開業したばかりの京阪中之島駅から朝日放送新社屋(”ほたるまち”エリア)前をも通過し、福島駅前を通って会場のザ・シンフォニーホールに到着したのは開演時刻ギリギリのこと。

ザ・シンフォニーホール正面玄関。開演時刻になっているためか、人気はなかった《081228撮影》

 急いで改札をくぐって指定された3階右側奥手バルコニー内の後列席に辿り着いた時、ステージ上では合唱団員の入場中でした・・・あぁ、演奏開始には何とか間に合ったぁ!

 

 合唱団の入場が終わると、次いでオーケストラのメンバーの入場となり、それも終わってコンサートマスター画伯手に迎えられて入場してチューニングが行われた後、いよいよ指揮を務める佐渡裕の登場となり、彼の手にした指揮棒が振り下ろされると、私にとっては12月7日(日)に大阪城ホールで行われた「第26回サントリー1万人の第九」以来3週間ぶりとなる、佐渡裕指揮による「第九」演奏が幕を開けました。

 

 音楽に投身する点に於いては、去る12月23日に神戸国際会館で行われた「第九」演奏会で指揮を務めた小林研一郎(コバケン)も同様なのですが、今回3階右側一番奥(ステージ側)にあるバルコニーの後列席から眺めてみて〔ステージ上の手前半分が見えなかったのですが、指揮者の顔とかはよく見えましたよ〕、佐渡裕の場合は感情をむき出しにしている面が強いような気がしました《ちなみにコバケンの場合は、どちらかというと、全身のアクションで”音楽に投身して”いる印象でした》。

 

 大阪城ホールという巨大な空間の中で繰り広げられた「1万人の第九」後半に於ける「第九」づくりが、この”残響2秒”が自慢のザ・シンフォニーホールに於いても遺憾なく発揮していました。

 あたかも水が満杯入っているヤカンの底で勢いよく沸騰しているかのように・・・

 尤も水を湧かすための「火」となったのは佐渡裕の指揮ということになるわけですが、佐渡氏もオーケストラ楽団員も、そして合唱団員も同じフィールドに立っているわけですから、「火」というよりは「IH」(というか電磁誘導)ということになるのだろうか・・・

 ま、それはともかくとして、このザ・シンフォニーホールというコンサートに適した空間に於いても、明瞭なメロディーラインの構築と共に、音自体も分厚さというものを感じました。

 そして声楽が入る終楽章(第4楽章)・・・バリトン独唱を受け持っていたキュウ・ウォン・ハンの出だしの声、そしてそれに続く歌唱、適度に抑制の加わった(とくにで出だしの「O Freude, ~」のところの発声は美しかった)、澄み切ったものでしたし、他の3人のソリストたちもまずまずの歌いっぷり。
 コーラスもなかなかの声量で、男女互いに拮抗し合うほどの素晴らしい歌いっぷりでした。

 

 

 で、大阪センチュリー響といえば、かの橋下徹知事からキツイお灸を据えられていることで話題になっているところですが、そのためか、終演後の玄関ロビーでは、年明けの主催演奏会のチケット販売と共に、募金箱や入会申込書の束を手にしたセンチュリー響の関係者たちが居合わせていた聴衆たちに向けて支援を呼び掛けているのが見えました。

玄関ロビーにて楽団への支援を呼び掛ける大阪センチュリー交響楽団の関係者たち(1)。青四角に「セ」の黄色字で顔を隠しているのがセンチュリー響の関係者たち《081228終演後に撮影》
 
玄関ロビーにて楽団への支援を呼び掛ける大阪センチュリー交響楽団の関係者たち(2)。青四角に「セ」の黄色字で顔を隠しているのがセンチュリー響の関係者たち《081228終演後に撮影》

 ネット上では大阪センチュリー交響楽団の存廃を巡って賛否両論が出されているところなのですが、今の私としては、今回の演奏を聴く限りでは、日本国内で活動するプロ・オーケストラとしてそこそこの能力は備わっているみたいだから、演奏能力(技術)の維持・発展と共に、生き残りのため、聴衆の目線に立った運営というものを今後益々心掛けていくべきではないかと思っているところです《例えば土休日にも主催演奏会を開くとか》。

 

 

 余韻を噛みしめながら、大阪駅前、御堂筋、難波・・・を経由し、途中日本橋の某PC量販店に少し立ち寄ったりもしながら自宅まで自転車を走らせた私でありましたが、センチュリー響についてはこれからも冷静に見守っていくつもりでいます。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加してます

« 「第九ひろしま2008」顛末記(1)・・・自宅を出てから「青春18きっぷ」を使って広島入りするまで | トップページ | 2009年明けまして…日本橋にも »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/43558048

この記事へのトラックバック一覧です: 公演会場まで必死に自転車漕ぐこと約1時間・・・佐渡裕=大阪センチュリー響「佐渡裕21世紀の第九」:

« 「第九ひろしま2008」顛末記(1)・・・自宅を出てから「青春18きっぷ」を使って広島入りするまで | トップページ | 2009年明けまして…日本橋にも »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)