フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« JR西日本の事業用車両「キヤ141系」とご対面・・・「青春18きっぷ」通用期間最終日の乗り歩き(3) | トップページ | 久しぶりのエアチェック済み音楽ファイルの編集・・・「spwave」を使って »

テーマは”自然”?・・・ブルックナーの『交響曲第4番”ロマンティック”』

 1月初めに着手した自宅のデスクトップPC(自作機)の更改作業、始まってからほぼ1ヶ月が経過。

 ハード面の構築については一通り終わったのですが、ソフト面の構築がなかなか・・・でも2月に入り、ようやくケリが付きそうなところです。

 尤も、このあと恐怖(?)の”Windows-XP電話ライセンス認証”が待っているのですが《既にネット認証を立て続けに2回終えてしまっているので》・・・電話口で何を言われるのやら、心中ビクビクしてしまう私。

 

 それはさておき、ここのところブルックナー(アントン・ブルックナー)の作品(というか交響曲)をほぼ毎日のように聴いている私自身なのですが・・・

 

 

 そんな中で、ここのところ繰り返し聴き込んでいるものの一つに、『N響アワー』で放映された、昨年(2008年)の11月5日に東京・赤坂のサントリーホールで行われたNHK交響楽団定期演奏会(イルジー・コウト指揮)に於けるブルックナーの『交響曲第4番変ホ長調”ロマンティック”(ノヴァーク版)』の演奏があります。

 1時間という『N響アワー』の番組枠内に収めるため、第2楽章を除く3つの楽章のみの放映となっているわけですが〔後日NHK-FMで放送された際には勿論全4楽章分が届けられましたが…〕、演奏の放映に先立って、指揮を務めたイルジー・コウト自身がこのブルックナーの名作に対する想い(というか考え)を語っているのです。

 ちなみに、今更言うほどのことでもないのですが、「ロマンティック」という表題は作曲家自身が付けたものです。

 

 ここで、今まで私はこの曲に対して、「ロマンティック」という表題から、何となくウキウキした感じの音楽のように考えてきていました。

 ウキウキ・・・というのはちょっと語弊がありそうなところですが、まぁ明るい感じの音楽、といったところでしょうか。

 

 ところがコウト自身はというと、このブルックナーの名作に対しては・・・

 

   交響詩でもない
   標題音楽でもない
   テーマは「自然の美しさと壮大さ」なんだ

 

と語ると共に、ブルックナー自身は信仰心厚く、自然を愛する人だった、としていました。

 

 う~ん、ブルックナーが信心深い人物だったことについては彼の伝記である程度知っていたのですが、”大自然”を意識しながら「ロマンティック」と銘打たれたこの『交響曲第4番』を聴いたことは今まで無かったなぁ(苦笑)

 コウトのこの言葉に接した私自身、正直一瞬「へっ」と疑ってしまったものの、ネット上に存在する資料を漁っているうちに、彼の発した言葉に少しずつ納得の私・・・

 

 言われてみれば、普段の生活の薫りというものを漂わせているような感じがしないでも無いところですね《う~ん、この言い方ちょっと苦しいかなぁ》。

 

 

 今後は”自然”というものを意識しながら、名作『交響曲第4番”ロマンティック”』の演奏に接していきたいと思っています《出来るかなぁ…》。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます <(_ _)>
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加してます

« JR西日本の事業用車両「キヤ141系」とご対面・・・「青春18きっぷ」通用期間最終日の乗り歩き(3) | トップページ | 久しぶりのエアチェック済み音楽ファイルの編集・・・「spwave」を使って »

コメント

なんせ小生の頭には「Bruckner, Mahlerの交響曲=長ったらしい」という図式ができてて、そのためほとんど聴きません。
それでお一応CDが一枚だけあります、Celibidache指揮の6番です。

 ポケット保持さん、こんにちは。

 私も少し前まではブルックナーの交響曲は長く取っつきにくい存在と捉えていたものでしたが〔交響曲第4番「ロマンティック」は例外〕、ひょんなことから聴く機会が増えましたよ。

 それにしても唯一所有されているのがチェリビダッケが指揮した6番とは・・・
 ちなみに6番といえば、私の場合、昔エアチェックして現在PCに取り込んでいるコリン・デーヴィス指揮バイエルン放送響の演奏にはまってしまっているところですが、チェリビダッケから見れば”平凡”かも(爆)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/43930863

この記事へのトラックバック一覧です: テーマは”自然”?・・・ブルックナーの『交響曲第4番”ロマンティック”』:

« JR西日本の事業用車両「キヤ141系」とご対面・・・「青春18きっぷ」通用期間最終日の乗り歩き(3) | トップページ | 久しぶりのエアチェック済み音楽ファイルの編集・・・「spwave」を使って »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)