フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 列車名「さくら」・・・山陽・九州両新幹線直通列車名称のこと | トップページ | 2009年春季発売分「青春18きっぷ」、買いました・・・某金券ショップ店頭にて »

今秋来日予定のメータ=ウィーン・フィル(VPO)のこと・・・ラン・ランとはショパンの2番を演奏か?

 昨年(2008年)、私も2カ所で愉しませてもらいましたウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(VPO)の来日公演《うっ、まだ顛末を書いていなかった(自爆)》・・・・・・

 

 そのウィーン・フィル、今更私が書くまでもないことなのですが、今年も昨年の来日時と同様の時期に来日公演を行うことが発表されています。

 

 

  『ウィーン・フィル 2009年 東京公演速報 今年は9月に来日

  『ズービン・メータ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

 

 上記2つのWebサイトが伝えるところによると、現在のところ東京開催分4公演のみが発表となっていて、9月15・17・20・25各日にサントリーホールに於いて行われることになっています。

 

 それで今年は、インド=ムンバイ(ボンベイ)出身の指揮者で第20回高松宮殿下記念世界文化賞(2008年)の音楽部門で受賞しているズビン・メータ(ズービン・メータ)が同行することになっている他、ソリストとして1982年中国=瀋陽生まれ(指揮者・小澤征爾と同じ…尤も小澤出生時には「満州国・奉天」と呼ばれていたが)のピアニストのラン・ラン(郎朗)も同行する予定だとか。

 そして、現時点で判明している予定演奏曲目としてはドイツ物(R.シュトラウス他)を中心としたラインナップとなっていて、ラン・ランがソリストとして加わる演奏曲目については未定となっています。

 

 

 と、ここまで書いたところで、ふとウィーン・フィルの公式サイトを覗いてみた私・・・すると、メータとウィーン・フィルは今の時期にも世界ツアーを展開中であることがわかりました。

 

 そのウィーン・フィル公式サイトに掲載の『ズービン・メータとの世界ツアー』が発表しているところによると、この世界ツアー、先月19日(つまり25回目を迎えた今年の「国技館5000人の第九コンサート」の3日前)から英国のロンドンを皮切りにアメリカ、中国、中東(アラブ首長国連邦)とを巡るスケジュールとなっているわけですが、ソリストとして、今秋の来日公演でも登場予定のピアニストのラン・ランと1956年アメリカ=ニューヨーク生まれのイタリア系アメリカ人ソプラノ歌手のアンジェラ・マリア・ブラシ(Angela Maria Blasi)の2人が同行しているみたいですね《尤もソプラノ歌手のブラシが登場するのはアメリカ国内に於ける2公演のみのようですが(2月28日のニューヨーク公演と3月3日のロサンジェルス公演)…》。

 

 そして、その世界ツアーに於いてラン・ランがソリストを務めることになっている曲というのがショパンの『ピアノ協奏曲第2番ヘ短調作品21』となっていることから、ちょっと突飛な考えかもしれませんが、恐らく今秋予定の来日公演に於いてもこのショパンの2番が取り上げられる可能性が高いところですね《『ウィーン・フィル2009来日公演』というブログ内記事に於いてもショパンの協奏曲(但し番号の特定無し)を予想しているみたいだし…》。

 

 とはいえ、その現在進行中の世界ツアーで引っ提げている曲目を見てみると、昨年のムーティ=ウィーン・フィルの来日公演の中で唯一新潟公演のみので演奏されたシューベルトの『交響曲第8(9)番「ザ・グレイト」』も入っている・・・今秋のメータ指揮による対日公演でも是非聴きたい、と願うのは私のわがままなのでしょうか。

 

 

 ま、今は期待して待っていましょう。

 

 

P.S.
 昨年のウィーン・フィル来日公演でタクトを執ったリッカルド・ムーティでありますが、『ザルツブルク音楽祭2009 ウィーン・フィル』というブログ内記事が伝えるところによると、今夏開催分のザルツブルク音楽祭に登場してリストの『ファウスト交響曲』を演奏することになっているそうで、更に当該記事を通じてザルツブルク音楽祭公式サイトで確認したところ、この『ファウスト交響曲』と共に、前座にはエドガー・ヴァレーズが書いた『アルカナ(Arcana、奥義)』が据えられているのが見えました《→『Vienna Philharmonic 3』》。
 で、そのリスト作品の前座に据えられているヴァレーズ『アルカナ』に関しては、この作品を実際に聴いたという人からの短いレポートがネット上に寄せられているわけですが〔→『ブーレーズのヴァレーズ「アルカナ」』〕、そのレポートを読んでいて、まぁ指揮者の解釈次第なのかもしれませんが、「シュールな反面、熱気ある音の羅列」とあるあたり、何だか興味深い内容の作品に思えて、一度接してみたい気分にさせてくれるところですね《尤も私自身、普段は現代音楽を殆ど聴きませんが(自爆)・・・でも決して嫌いなわけでは無いですよ》。

 それにしてもロマン派音楽のリスト作品に現代音楽のヴァレーズ作品の取り合わせときますか・・・ムーティ、相変わらず意欲的!

 

 

<(_ _)> ありがとうございます <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加してます

 

【関連記事(”メータ=VPO”関連)
今秋開催予定のメータ=VPO来日公演のこと・・・【最新情報】ドイツ物中心か。一部「のだめ」も意識?
今秋予定のメータ=VPO来日公演のこと…地方開催2公演も詳細発表、川崎公演は高額券売れ残りか《+α》

« 列車名「さくら」・・・山陽・九州両新幹線直通列車名称のこと | トップページ | 2009年春季発売分「青春18きっぷ」、買いました・・・某金券ショップ店頭にて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/44219332

この記事へのトラックバック一覧です: 今秋来日予定のメータ=ウィーン・フィル(VPO)のこと・・・ラン・ランとはショパンの2番を演奏か?:

« 列車名「さくら」・・・山陽・九州両新幹線直通列車名称のこと | トップページ | 2009年春季発売分「青春18きっぷ」、買いました・・・某金券ショップ店頭にて »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)