フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 2代目「成田エクスプレス」向けE259系車両、ついに姿現す・・・車両工場屋外敷地内にて | トップページ | 2代目「成田エクスプレス」用車両”E259系電車”、いよいよ出場そして試運転へ・・・東京を経て津田沼まで »

近未来的ベートーヴェン「第九」公演2本について・・・ちょっと気が早いですが

 何だか変なタイトルとなってしまいましたが、要は私自身が気になっている、今後開催予定のベートーヴェン第九」公演2つについて書いたものとなっています。

 

 ゴールデンウィークはもう目の前に・・・あっという間に時間が過ぎてしまっている、という感のする今日この頃ですが、「ゴールデンウィーク目前」というのは同時に、こちら私の地元・大阪において、毎年12月の最初の日曜日に開かれている「サントリー1万人の第九」の今冬開催分(27回目を迎えます…)に係る合唱団員募集の時期が近いことをも意味しているわけです《例年6月初旬から合唱団員募集を始めてきていますので、募集開始まで残り1ヶ月半を切っています》。

 

 尤も今冬開催分の「1万人の第九」合唱団員募集要項はまだアップされていませんが・・・

 

 

 さて私自身が気になっている、今後開催が予定されている2つのベートーヴェン「第九」公演・・・そのうちの一つはといいますと、毎年夏に開かれているイギリスの「BBCプロムス(PROMS)」に於ける「第九」。

 もはや音楽界に於ける夏の風物詩と化した感のあるこのプロムスでは、ここのところ毎年、ベートーヴェン「第九」が演奏されてきているわけですが、今年も昨年に引き続き「第九」等がプログラミングされた公演が用意されています。

 

 今年のプロムスで「第九」が演奏されるのは、現地時間で来る8月15日(土)の19時半開演となる「第40公演(Prom 40)」《日本時間では8月16日(日)の午前3時半から》。

 

 「第40公演」と便宜的に(というか私が勝手に)言ってはみるものの、「プロムス」が「プロムナード・コンサート」の略称で使われていることから考えると、本来は”Prom 40=「第40プロムナード」”としたほうが自然なのだろうか・・・

 

 ま、それはさておき、この「Prom 40」はBBC自前のオーケストラ団体の一つであるBBCスコティッシュ交響楽団の演奏会となっていて、予定演奏曲目は以下の通り。

ストラヴィンスキー:バレエ音楽『オルフェウス』(1947)
 
   《 休 憩 》
 
ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調作品125「合唱付」

 

 そして、出演アーティストは・・・

ソプラノ:レベッカ・エヴァンス(Rebecca Evans)
メゾ・ソプラノ:ケイトリン・ハルカップ(Caitlin Hulcup)
テノール:アンソニー・ディーン・グリフィ
      (Anthony Dean Griffey)
バリトン:ジェイムズ・ラザフォード(James Rutherford)
合唱:バーミンガム市交響合唱団
    (City of Birmingham Symphony Chorus)
管弦楽:BBCスコティッシュ交響楽団
     (BBC Scottish Symphony Orchestra)
指揮:イラン・ヴォルコフ(Ilan Volkov)
    《BBCスコティッシュ交響楽団首席指揮者》

となっているわけですが、このうち今回指揮を務めるイラン・ヴォルコフは1976年イスラエルの生まれで、まだ20代前半だった1999年にボストン交響楽団副指揮者に就任し、その4年後の2003年には現職であるBBCスコティッシュ交響楽団の首席指揮者に史上最年少で就任したという、まさしく新進気鋭の指揮者というべき存在なのですが、実際目の当たりにした人からの話によると、長髪に口髭顎髭有りの山男を想わせるようなワイルドな出で立ちだったとのこと《「建築家みたい」だとか「英会話の先生みたい」などといった声も聞かれます;容姿については現在では変化している可能性有》。

 昨年のBBCプロムスでも手兵であるBBCスコティッシュ響と共に出演していた他、日本でも昨年10月14日〔まさしく「鉄道の日(旧・鉄道記念日)」当日!〕に行われた東京都交響楽団第668回定期演奏会に指揮者として迎えられ、ピアニスト児玉桃とオンドマルトノ奏者原田節と共にドビュッシーとメシアンの両作品を演奏、この都響定期に実際に聴きに出かけたという人の話によると、特にメシアン作品(実は「トゥランガリラ交響曲」〕では、所々テンポの速さにヒヤヒヤさせられるも、明快なリードの仕方にしてグラフィカル(色彩的?)な構築法で見事まとめ上げていたのだそうです。

 

 「第九」の前座にストラヴィンスキーのバレエ音楽(それも日本での演奏機会があまり無さそうな作品)を据えること自体も特徴的といえるところなのですが、果たしてどのような音楽構築で聴かせてくれるのか、興味あるところです。

 

 なお、この「Prom 40」の模様は「BBC Radio 3」Webサイト上に於いてネット生中継され、公演終了後も同サイトに於いて1週間オンデマンドで聴けることになっています。

 

 

 もう一つは“「第九」繁忙期”ともいわれるべき毎年暮れに開催されているNHK交響楽団による「N響“第9”」。

 NHK交響楽団Webサイト上では既に今冬開催分の「N響“第9”」の公演日程などが発表となっていて、それによると、以下の通り行われる予定となっています。

◇ 公演日程
 12月22日(火)23日(水・祝)25日(金)26日(土)
  《12月25日公演分のみ「NHK厚生文化事業団主催」》
 
◇ 出演アーティスト
ソプラノ:安藤赴美子
メゾ・ソプラノ:手嶋眞佐子
テノール:福井 敬
バリトン:福島明也
合唱:国立音楽大学、東京少年少女合唱隊
指揮:クルト・マズア
    (フランス国立管弦楽団名誉音楽監督)

 

 この陣容を一目見た私自身、クルト・マズアとN響の組み合わせなんて今まで聞いたことがないなぁ、と思っていたのですが、よくよく考えてみると、確かにN響と組んだことは無いのかもしれないのですが〔私が知らないだけという可能性もあるが…〕、もう一つのマスコミ絡みのオーケストラである読売日本交響楽団とは一時期(1979年~1988年)毎年のようにコンビを組んでいたみたいで、現在は読売日響名誉指揮者という称号も持っています。

 ちなみに今年度の定期演奏会の類にマズアの名前は出てきません《もう読売日響に顔を出すことは無いのだろうか…そのあたり定かでないけれど》。

 

 また、合唱のところで、いつもの「国立音楽大学」に、今冬は児童合唱(東京少年少女合唱隊)も加わる格好となっているわけですが、このあたり、どのようなサウンドとなって届くのか、ちょっと興味をそそられるところですね《ちなみに今冬のプログラムで「第九」以外に演奏が予定されている作品はありません》。

 

 マズア指揮による「第九」といえば、ネット上では約4年前の2005年8月にオランジュ古代劇場(ローマ劇場)に於いて行われたであろうフランス国立管弦楽団を指揮しての「第九」公演の模様を収めた映像が動画共有サイト『YouTube』に寄せられていて、今もしっかりと公開されていますし〔→『南仏の世界遺産・オランジュ古代劇場に於けるマズア指揮の「第九」・・・・・・『YouTube』より』〕、それより前にはマズアが長らくコンビを組んでいたライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団を指揮しての「第九」演奏を収めたCDを、私自身、一時期よく耳にしていたものでしたが〔今もCD自体は自宅に保有〕、その中でゲヴァントハウス管を指揮しての演奏については、古典派音楽ならではの襟を正しているかのようなきちんとしてテンポ運行、硬めな感じでいて何処か情緒的な匂いをも漂わせてくれているような演奏にうっとりしていたものでした。

 

 恐らく初顔合わせとなるであろう、マズアとN響の組み合わせによるベートーヴェン「第九」がどのようなカタチとなって我々の前に示されるのか、楽しみなところです。

 

 

 というわけで、今私自身が気になっている、今夏プロムス期間中に於ける「第九」公演と今冬の「N響”第9”」の2本公演について書いてきました。

 

 う~ん、書いているうちに、気分はすっかり年末モード・・・じゃなくて「第九」モードになってしまっていた《「第九」自体、あたりまえの話ですが、なにも年末期で無くたって世界の何処かで演奏されていますからね(例えば鳴門市とか)》。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加してます

« 2代目「成田エクスプレス」向けE259系車両、ついに姿現す・・・車両工場屋外敷地内にて | トップページ | 2代目「成田エクスプレス」用車両”E259系電車”、いよいよ出場そして試運転へ・・・東京を経て津田沼まで »

コメント

こんばんは。お久しぶりです。
マズアの第九の録音ではなぜか児童合唱を入れています。私も以前聴いたことがあるのですが、彼のこだわりなのでしょうね。ちょっと面白そうです。

 ピースうさぎさん、こんばんは。
 こちらこそご無沙汰しております。

 そう言われてみると・・・そうですね。
 私の手元にある1981年10月録音のドイツ・シャルプラッテン盤でも、合唱に「ライプツィヒ・ゲヴァントハウス少年少女合唱団」と「ライプツィヒ・トーマス教会合唱団(ライプツィヒ聖トーマス教会合唱団)」という2つの青少年合唱団体が加わっていることが記載されていますし、このブログで紹介したことのあるオランジュ古代劇場に於けるフランス国立管弦楽団を指揮しての「第九」でも地元の青少年合唱団体をも合唱として入れていたり・・・していますね。

 恐らく、成人のみならず青少年の声をも採り入れることによって、世代間を越えた歓喜というものを音楽として具現化させたい彼自身の意図があるように思えるところですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/44771739

この記事へのトラックバック一覧です: 近未来的ベートーヴェン「第九」公演2本について・・・ちょっと気が早いですが:

« 2代目「成田エクスプレス」向けE259系車両、ついに姿現す・・・車両工場屋外敷地内にて | トップページ | 2代目「成田エクスプレス」用車両”E259系電車”、いよいよ出場そして試運転へ・・・東京を経て津田沼まで »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)