フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« ヤンソンス=バイエルン放送響による「第九」・・・2007年、ローマ・カトリック総本山の地にて | トップページ | ベートーヴェン「第九」演奏動画&音声ファイル&楽譜類を一堂に取り揃え・・・鑑賞、練習の一助に »

今秋予定のメータ=VPO来日公演のこと…地方開催2公演も詳細発表、川崎公演は高額券売れ残りか《+α》

 先日、今秋来日が予定されているウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ズビン・メータ(ズービン・メータ)指揮;ウィーン・フィルハーモニー・ウィーク・イン・ジャパン2009のことをこのブログでも書きましたが〔→『今秋開催予定のメータ=VPO来日公演のこと・・・【最新情報】ドイツ物中心か。一部「のだめ」も意識?』〕、その後、首都圏外で行われる2公演(関西公演九州公演)についても各々の主催者から詳細が発表されていますので、まとめて書くことにします。

 

 それと、今日はその今秋予定のウィーン・フィル日本ツアーに係るチケット前売の先頭を切って、川崎公演分のチケット前売が始まりましたので、それの途中経過も併せて・・・

 

 

 各公演の演奏曲目、座席料金については先日掲載の記事を参照願います。

 

 ここではその先日掲載記事ではお伝えしていなかった、具体的な前売取扱事項について記します。

◇ チケット前売開始日時
 ◆ 関西(西宮)公演…《会員》5月20日(木)・朝10時
               《一般》5月24日(日)・朝10時
 ◆ 九州(福岡)公演…《友の会》6月14日(日)・朝10時
               《一般》6月23日(火)・朝10時
 
◇ チケット前売取扱箇所
 ◆ 関西(西宮)公演
  兵庫県立芸術文化センターチケットオフィス
  《0798-68-0255(10時~17時;月曜休。例外有)》
  《チケット販売委託業者窓口での取扱は無しの模様》
 ◆ 九州(福岡)公演
  「ぴあ」特電 … 0570-02-9902
 
◇ 特記事項
 ◆ 2公演共通
  会員(友の会会員)向け先行受付分、一般受付分共、
 前売開始日当日は電話のみの受付(窓口販売無し)
 ◆ 関西(西宮)公演
  窓口販売は5月26日(火)・朝10時から、インターネッ
 ト販売は5月31日(日)・朝10時から《何れも残席ある場
 合のみ》
 ◆ 九州(福岡)公演
  前売開始当日は上記「ぴあ」特電による電話予約のみ
 《主催者側(アクロス福岡チケットセンター)に於ける前
 売取扱無し》
  前売開始の翌日以降も残席がある場合のチケット取
 扱については現時点ではネット上に於ける発表無し

 

 上記からおわかりかと思いますが、この手の公演には付きものといえる、前売開始当日に於ける受付枚数制限(”1回の受付につきお一人様最大○枚まで”という告知ですね)が地方2公演に関しては一切告知されていません

 

 他の海外主要オーケストラの来日公演と比べて格段に高く設定された座席料金に加え、このところ続く経済不況なども重なっていること等もあり、主催者側として一昔前ほどには売れないだろうとの思惑が働いているように思えてしまうところです《本当のところはどうなのか定かではないけれども…》。

 

 実際、ウィーン・フィル来日公演チケット前売の先頭を切って、今日、川崎公演分のチケット一般前売が始まりましたが、20時55分現在のデータとして、「ローソン」が最高額ランクの「S席」券(35,000円)のみ残している他は、「ぴあ」・「イープラス」・「CN」の3カ所ともに「S席」券と「A席」券(30,000円)の高額2ランクに残席を抱えている状態となっています。

 

 一つの公演聴くだけで3万円以上の大金を費やすなんて、今のこの不況下ではちょっとサイフに厳しすぎる。

 

 「芸術はお金では計れない」等と仰るクラシック通も現れるところなのかもしれないけれども、それにしても一般の音楽好きには正直ちょっと高い・・・

 

 まぁウィーン・フィル来日公演のチケットの高さは今に始まったことではないわけですが、やはり世界経済の実情などにも目を向けて欲しい、と願うのは私だけなのでしょうか。

 

 

 それはともかく、ウィーン・フィル関西公演の一般向け前売開始の6日後(5月30日)にはサイトウ・キネン・フェスティバル松本の今夏開催分のチケット前売も始まることから、音楽好きの一人として、この時期は忙しなく、それでいて気分的にウキウキといったところです。

 

 尤も経済的事情(わかりやすくいえば”貧乏”)という避けがたいバックボーンも抱えていますが・・・

 

 

P.S.
 本文でチケット代の高いことをちょっとボヤいてみたわけですが、そうしているうちに韓国の『中央日報』日本語版Webに2年前(2007年)に掲載された『<韓国高すぎるもの>7.ウィーンフィル公演料金 ~ソウル40万ウォン香港21万ウォン』という記事に行きあたりました。
 この記事では3年前(2006年)にソウルで行われたウィーン・フィルのチケット代が40万ウォン(記事掲載当時のレートで約5万円。現在のレートでは約31,660円)で当該年の韓国国内で行われた公演チケットでは最高額を記録したものの、そのソウル公演の2日後に香港で行われた同じウィーン・フィル公演のチケット代最高額は1,800香港ドル(記事掲載当時のレートで約29,000円。現在のレートでは約22,860円)だったそうですが、日本円ベースで見た場合、一つのオーケストラの海外巡業中に行う同じアジア地域での公演でも格差があるものなんですね《国毎のプロモーター事情も影響していることでしょうけれども…》。

 ちなみにそのソウルや香港などを巡っていた2006年のウィーン・フィル海外巡業では勿論日本に於いても行われていて〔ちなみに当時の同行指揮者はニコラウス・アーノンクール〕、その時の来日公演チケットの最高額は31,000円〔東京・神奈川・関西(兵庫)各公演〕でした《その2006年公演当時の特設サイトが今も「イープラス」Webサイト内に残存しています→『e+(イープラス)チケット情報 ニコラウス・アーノンクール』》。
 ウィーン・フィルの海外ツアーで日本よりチケット代の高い国があったんですね・・・記事を見ていて正直ビックリでした。

 で、一般に日本の場合は、よほどのことがない限り、安い金額の券から売れていくものなのですが、先の『中央日報』記事によると、お隣の韓国では、2004年にソウル「芸術の殿堂」(英語表記「Seoul Arts Center」)のトップに就任した韓国の芸大教授の話として、「公演の資質を正確に判断することができない消費者たちは価格が高いほど良い公演だと思うところがある」と指摘、実際40万ウォンした先のウィーン・フィル韓国ソウル公演のチケットは公演1週間前までに売り切れた他、このウィーン・フィル来韓公演の更に前の年(2005年)に行われたベルリン・フィル来韓公演では、最高額ランクのチケットに45万ウォン(記事掲載当時のレートで約6万円。現在のレートでは約35,610円)の値が付いたにもかかわらず、高額ランクのチケットから順に売り切れていったのだそうです。

 更に当該『中央日報』記事は韓国に於けるコンサート事情にも触れていて、全座席の2割売れただけでもペイ出来るよう料金設定していることや、コンサートに対する企業協賛の形態としてチケット買い取り方式がとられていること等を挙げているわけですが、これらを見ていると、何だか日本と似通っているような気がしてならないところがあります。

 とはいえ、この『中央日報』記事を通じて、韓国は、コンサート市場が小さいことを背景に、日本以上に金額の大小でコンサートの価値判断するところがあるように感じました・・・だとすると、最近日本国内では千円で聴けるオーケストラ公演やいわゆる「ワンコインコンサート」〔殆どが「500円」・・・まさか「百円」とか「10円」というのは無いだろうなぁ(当たり前か…)〕をちらほら見かけるのですが、韓国国内ではこれらのような廉価で聴けるコンサートの類というのは存在しない(というか興行として成立しない)ということなんだろうか。

 けれども、昨今の世界規模の経済不況に加え、韓国国内に於いてはウォン安が進行した影響で主だった企業(サムスン電子とか)が軒並み業績を落としているとの話で、こうした状況下では、金額の大小ではなくコンサートの中身で善し悪しを判断するように流れとしてなってくるのでは、とつい思ってしまうところなのですが・・・う~ん、どうなんだろう。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加してます

 

【関連記事(”メータ=VPO”関連)
今秋来日予定のメータ=ウィーン・フィル(VPO)のこと・・・ラン・ランとはショパンの2番を演奏か?
今秋開催予定のメータ=VPO来日公演のこと・・・【最新情報】ドイツ物中心か。一部「のだめ」も意識?

« ヤンソンス=バイエルン放送響による「第九」・・・2007年、ローマ・カトリック総本山の地にて | トップページ | ベートーヴェン「第九」演奏動画&音声ファイル&楽譜類を一堂に取り揃え・・・鑑賞、練習の一助に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/44967141

この記事へのトラックバック一覧です: 今秋予定のメータ=VPO来日公演のこと…地方開催2公演も詳細発表、川崎公演は高額券売れ残りか《+α》:

« ヤンソンス=バイエルン放送響による「第九」・・・2007年、ローマ・カトリック総本山の地にて | トップページ | ベートーヴェン「第九」演奏動画&音声ファイル&楽譜類を一堂に取り揃え・・・鑑賞、練習の一助に »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)