フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« JR東日本「成田エクスプレス」次世代車両”E259系”に纏わること(2)・・・車両諸元で他に気になったこと | トップページ | シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ演奏による「第九」・・・1995年2月、ベネズエラ「エル・システマ」の一成果 »

展望列車「天空」で弘法大師(空海)縁の地、高野山へ・・・南海高野線・橋本~極楽橋間で7月3日(金)運行開始

 和歌山の霊峰・高野山といえば、私の場合は高校が仏教系だったので学校行事がらみで高野山に行ったりとかしましたが、最近はホント行かなくなりました。

 でも、あの金剛峰寺や奥の院を初めとするお寺などが並ぶ界隈は一種独特の雰囲気があるように思いますし、何処か”落ち着き”というものを感じさせてもくれますね《ゴマ豆腐もおいしいし・・・なんのこっちゃ》。

 

 

 そんな霊峰・高野山に通ずる唯一の鉄路、南海高野線鋼索線(高野山ケーブル)のうち、高野線の橋本以南の区間(橋本~極楽橋間)で7月3日より展望デッキ付き観光列車が走り出します。

 

 

 その観光列車の名前は、「空海」、「弘法大師」・・・じゃなくて、

 

  天空 (「言われなくても知ってる」ってか・・・・・・ゴメン)

 

 う~ん、「天空」といえば羽田空港に通ずる京浜急行東京モノレール「天空橋」という駅があったなぁ・・・あ、全然違うか(ぉぃ)。

 

 それはさておき、この展望デッキ付き観光列車「天空」、基本的に土休日に運行されますが〔除外日有り〕、3月から11月にかけてはそれに加えて水・木を除く平日にも運行され〔水・木であっても休日となる場合は運行される〕、1日2往復されることになっています《平日ダイヤと土休日ダイヤの2通り有り》。

 

 「天空」で運用される車両については、元ズームカー22000系だったのを改造して「2200系」にされた3編成6両のうち、多奈川線などの支線で運用されていた2203F(2203-2253)を種車としている模様で、改造にあたり、一旦は取り外されていた「ズームカー」機能が再度装備された格好となったわけですね《尤も車体塗装は大分変わっていますが…》。

 

 それで、南海電鉄の発表では、「天空」は全車座席指定で指定席料金は500円(小児は250円)均一、乗車日の10日前から前日まで予約を受け付ける(個人での利用)他、10人以上45人以下の団体での予約も乗車日の14日前まで受け付けることになっています《→『「天空」(てんくう)定期運行(7/3~)について』・『「天空」の定期運行ダイヤを発表 南海』》。

 

 ここで目を引いたのが予約受付方法・・・個人での乗車について、受付手段が「電話のみ」となっているのには正直ちょっと驚きました《ちなみに団体乗車の場合は「Faxのみ」の受付で、こちらのページで詳しく説明されています(四半期毎に予約受付開始日が定められているみたいですね)》。

 

 この「天空」予約受付方法を目にした私自身、ふと電話で予約を受け付ける路線バス(但し予約制を敷いている便…ネット上予約等も可能な高速バス等は除く)や送迎バスの類を連想してしまい、何だか昔に戻ったような気分にさせられました。

 

 まぁ1列車あたりの座席数が少ないからネット上からの予約では対応しきれないのは容易に想像つくところなのですが〔或いはネット接続環境を持たない人が不利になるということもあるか…〕、だったらなぜ駅の窓口などで直接扱わずに「電話予約」だけとしたのか。

 

 仮に予約受付箇所を南海の駅の窓口に限定してしまうと仕事などで営業時間内に窓口に来れない人や南海沿線に居住していない人にとっては不利になってしまいますし、南海の駅窓口だけに限定せず全国の主要旅行会社(代理店)の店頭でも予約受付出来るようにした場合、利用者側にとっては便利になる一方で、今度は南海サイドが予約とりまとめなどで四苦八苦してしまう・・・

 

 よって南海(実際は新たに設置された「天空予約センター」)が直接且つ集中的に電話或いはFaxで予約を受け付けることで効率的運用を図った・・・ということなのかもしれませんね。

 

 

 で、「天空」車両の内部については『南海高野線“天空”プレ運行開始。』という記事にて写真入りで紹介されているのですが、木の床を連想させる濃い木目調の床面に明るい木目調の車体側面壁(連結妻面を除く)という取り合わせで、座席は一部を除いて西側に向けてセットされているほか、運転席後方には前面展望を楽しむための展望座席もあったりして、何だか”木(自然)の温もり”というものを感じさせてくれるところがありますね。

 

 ここで車体側面壁の木目調も床面と同様の色彩(”濃い飴色”ぐらいの色彩か…)をしていたら”落ち着き”というものも感じさせてくれそうなところですが・・・まぁ写真に写っている明るめの色彩の木目調であっても、木の実体とほぼ同じ色彩をしているということで、落ち着き感はありますけどもね。

 

 

 運転開始からしばらくの間は、話題性もあって、土休日を中心に混み合うかもしれないですが、人の流れが落ち着いてくるあたりで、一度は乗ってみたいと思う列車ではありますね《電話が少し苦手な私にとってはちょっと敷居が高いかな…》。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 鉄道ブログへ 人気ブログランキング「くつろぐ」 ←ランキング参加してます

 

【関連記事(南海電気鉄道に纏わる話題)
「勝手踏切」でついに衝突事故発生・・・・・・但し和歌山市内・南海電鉄加太線に於ける話ですが
「パイオニアⅢ台車」(Pioneer III)引退へ・・・南海6100系最後の生き残り「6107F編成」が運行終了、「6300系」へ
「パイオニアⅢ(Pioneer III)台車」を履いた南海6100系電車の雄姿を動画などで・・・7月5日、営業運転終了
本線特急「サザン」向け新型車両「12000系」新規投入へ・・・南海、26年ぶりに。「プラズマクラスター」等新技術を採用
南海12000系特急形電車、出場そして甲種輸送──2月8日、東急車輌製造より。今年秋登場の「サザン」次世代車両

« JR東日本「成田エクスプレス」次世代車両”E259系”に纏わること(2)・・・車両諸元で他に気になったこと | トップページ | シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ演奏による「第九」・・・1995年2月、ベネズエラ「エル・システマ」の一成果 »

コメント

 職場が高野線沿いにありますので、天空の広告はみております。高野山に行ったことがないので、いつか天空に乗って高野山を歩いてみたいものです。

 noriさん、こんにちは。
 ご無沙汰しております。

 「天空」は乗っていながらにして車窓から高野山の山並みをじっくり眺めることが出来るよう最適化された構造になっていますので、蒸し暑くなってくるこれからの時季、「天空」とケーブルカー(索道線)を乗り継いで高野山に登り、爽やかに過ごしてみるのも悪くないかもしれませんね。

 私も、情勢が落ち着いてきたところを見計らって、この「天空」に予約を入れて乗ってみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/45136746

この記事へのトラックバック一覧です: 展望列車「天空」で弘法大師(空海)縁の地、高野山へ・・・南海高野線・橋本~極楽橋間で7月3日(金)運行開始:

« JR東日本「成田エクスプレス」次世代車両”E259系”に纏わること(2)・・・車両諸元で他に気になったこと | トップページ | シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ演奏による「第九」・・・1995年2月、ベネズエラ「エル・システマ」の一成果 »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)