フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 米国UCLA学内オケ&合唱団による「第九」…著名指揮者を輩出した名匠に師事した指揮者の下でストレートに力演 | トップページ | 今秋予定のメータ=VPO来日公演のこと…地方開催2公演も詳細発表、川崎公演は高額券売れ残りか《+α》 »

ヤンソンス=バイエルン放送響による「第九」・・・2007年、ローマ・カトリック総本山の地にて

 マリス・ヤンソンスといえば、私自身、すぐさまオスロ・フィルハーモニー管弦楽団との組み合わせを連想してしまうところがあります。

 これもラジオ(FM・・・勿論NHK-FMのことですが)や音楽雑誌などの影響をモロに受けた結果と考えているところなのですが、実際ヤンソンスはオスロ・フィルの音楽監督を20年以上にわたって務めていて、それだけ両者の関係は良好だったということなのでしょう。

 私の手元には過去にエアチェックしてPCに取り込んだ、1997年にヤンソンスが当時の手兵オスロ・フィルと組んで演奏したドヴォルザーク作品(何れも交響曲)の演奏2つがあるわけですが、何度か繰り返し聴いているうちに、ヤンソンスが打ち出す音楽的解釈にオケがよく応えていて、結果両者が見事溶け合い一体となって音楽を完成させているような印象を受けるようになったものでした。

 

 その後、ヤンソンスは21世紀への変わり目と前後してオスロ・フィルを離れていくことになるわけですが、それまでの間にオスロ・フィルと組んで残してきた録音の数々は今も音楽ファンの間で語りぐさとなっているみたいで、ヤンソンスとともに過ごしてきた20年以上もの長い時間はオスロ・フィルにとっては大きな財産となっていたことでしょう。

 

 ヤンソンス、今も客演という形で時折オスロ・フィルを振ったりしているのだろうか・・・

 

 

 で、前回に引き続き、動画共有サイトに寄せられているベートーヴェン第九」演奏動画を今回も取り上げるわけですが、今回はそのマリス・ヤンソンスが指揮しての「第九」演奏を収めたものを紹介したいと思います。

 

 

 但し、今回紹介する「第九」演奏動画で管弦楽を務めているのは、オスロ・フィルではなく、ヤンソンス自身2003年以降首席指揮者を務めてきているドイツのオーケストラ、バイエルン放送交響楽団となります。

 

 収録範囲は全4楽章で、全部で9本の動画に分割される形で『YouTube』に寄せられています。

 

 9本の動画と楽章ごとの関係を以下にて示します。

◇ 第1楽章
 →第1分割・第2分割
◇ 第2楽章
 →第3分割・第4分割
◇ 第3楽章
 →第5分割・第6分割
◇ 第4楽章
 →第7分割・第8分割・第9分割

 これまでの「第九」演奏動画の紹介で、複数の動画に分割して公開されているものについては動画ごとにどこで分割しているのかを小節単位で示してきましたが、どうやら楽譜出版元により表記法に違いがあるみたいで、必ずしもこちらが示した動画分割点と一致しないケースが考えられることから〔気づくのが遅いっ!〕、今後は上記のような分け方で示すこととします。

 動画ごとに具体的に何処で分かれるかについては、ご面倒でも、お手持ちのスコア等で確かめてもらえれば、と思います《もしスコアの類をお持ちでなければ、そのまま聴いてくださいね》。

 

 

 それで、今回紹介している「第九」演奏動画は2007年にヴァチカン市国の教皇パウロ6世オーディエンス・ホールに於いて行われたもので、出演者は以下に示すとおり。

ソプラノ:クラッシミラ ストヤノヴァ
       (Krassimira Stoyanova)
アルト:リオバ・ブラウン
      (Lioba Braun)
テノール:ミヒャエル・シャーデ
       (Michael Schade)
バリトン:ミヒャエル・ヴォレ
       (Michael Volle)
合唱:バイエルン放送合唱団
     (Chor des Bayerischen Rundfunks)
合唱指揮:ミヒャエル・グレーザー
        (Michael Gläser)
管弦楽:バイエルン放送交響楽団
(Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks)
指揮:マリス・ヤンソンス
     (Mariss Jansons)

 ちょっと余談になりますが、この2007年、ヤンソンスは上記と同じ布陣にてイギリスで行われたBBCプロムス(PROMS)にも参加、同年8月30日に開かれた「Prom62(”第62公演”或いは”第62プロムナード”)」でオネゲル『交響曲第3番「典礼風」』とベートーヴェン「第九」の2曲を演奏していました《→『「第九」を2度演奏!?・・・・・・今年のBBCプロムス(Proms)』》。

 

 今回紹介の「第九」演奏動画では、添付テキストデータに演奏年のみ記載されていてその年のいつ頃行われたかの記載がありませんが、恐らく夏か秋口に行われたものと推測でき、またこの時期くらいにヤンソンスとバイエルン放送響他出演メンバーたちはヨーロッパ諸国などを巡業していたのかもしれませんね《勝手に想像する私…》。

 

 

 それはさておき、では以下に示す9本の動画を順次お聴き頂きましょうか・・・

 

 どちらかといえばノン・レガート基調で構築しているような印象で、管・弦共々、楽譜にかかれている音符に忠実に(音程をよく保ちながら)歌い上げ、声楽(独唱&コーラス)も適度に抑制をきかせながらもここぞというところはしっかり歌い上げている・・・まぁそんなところですね。

 何処かサバサバした感触の、しかしながら見事高らかに歌い上げた、聴き応え十分な「第九」となっています。

 

 なお、このヴァチカンでの「第九」公演にはローマ教皇ベネディクト16世も臨席していて、一連の動画では演奏の終わりあたりを中心にローマ教皇の姿が時折映し出されています《演奏が終わった直後にも拍手を送るローマ教皇の姿が映し出されていました》。

 

 

 「歓喜の歌」の歌詞を眺めていて思うのですが、今更ながら、これ、キリストの思想とよく合いそうな感じがする。

 

 ヤンソンスのノン・レガート基調の「第九」メロディー、イエス様のお耳にはどう聞こえているのだろう・・・

 

 

【おことわり】
 動画共有サイト(『Google Video』、『YouTube』等)に投稿・公開されている動画については、今後、投稿者或いは運営サイドの判断等により削除される可能性がありますことを予めご承知おき下さい。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加してます

 

【関連記事(ベートーヴェン「第九」ポータル)
ベートーヴェン「第九」演奏動画&音声ファイル&楽譜類を一堂に取り揃え・・・鑑賞、練習の一助に

 

【関連記事(「第九」全曲収録動画)
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮の「第九」・・・『YouTube』より
なが~い「第九」、所要時間2時間近く!・・・・・・コブラが指揮する「第九」演奏動画
南仏の世界遺産・オランジュ古代劇場に於けるマズア指揮の「第九」・・・・・・『YouTube』より
まだ”清水市”だった6年前に行われた「第九」・・・・・・静岡市東部本拠の清水フィル演奏
「ギネス級!?」のアマチュア・オーケストラ、横浜交響楽団による「第九」~その1
富士山河口湖音楽祭2007に於ける「第九」公演 & 横浜交響楽団による「第九」・その2」《大阪情報も関連》
今年の『21世紀の第九』(佐渡裕指揮)前売開始へ & 横浜交響楽団による「第九」・その3(終)
米国CUNY・アーロン・コープランド音楽学校所蔵(!?)の「第九」・・・「1万人の第九」・「第九ひろしま」の話題も少々
トスカニーニ指揮の「第九」・・・2度開かれた鳴門「第九」の話も
カリフォルニア大学デービス校交響楽団他による「第九」(2007年3月11日)・・・ヘンデル『オルガン協奏曲』と共に
リッカルド・シャイー=ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団による「第九」・・・う~ん、惜しい!
オットー・クレンペラー指揮のベートーヴェン「第九」…1964年、英国ロイヤルアルバートホール《+Proms2008情報》
ギュンター・ヴァント指揮による「第九」…【全4楽章フル収録】演奏音声と”ベートーヴェンの肖像画”だけですが
小澤征爾=サイトウ・キネン・オーケストラ(SKO)による「第九」演奏・・・2002年夏のSKFにて?
チョン・ミョンフン(鄭明勳)=ソウル・フィル(ソウル市交響楽団)による「第九」・・・故郷ソウルでの公演から
ハンガリー生まれの名指揮者フェレンツ・フリッチャイ指揮による「第九」・・・1958年頃録音。カラヤンらを凌ぐ活躍ぶり
「南米のパリ」ブエノスアイレス(アルゼンチン)に響く「第九」・・・トルカチール指揮。会場は過去に「NHKのど自慢」も
譜面上のメトロノーム指示に従った独自解釈の「第九」?・・・レイボヴィッツ=ロイヤル・フィル。1960年代演奏・収録

« 米国UCLA学内オケ&合唱団による「第九」…著名指揮者を輩出した名匠に師事した指揮者の下でストレートに力演 | トップページ | 今秋予定のメータ=VPO来日公演のこと…地方開催2公演も詳細発表、川崎公演は高額券売れ残りか《+α》 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/44880743

この記事へのトラックバック一覧です: ヤンソンス=バイエルン放送響による「第九」・・・2007年、ローマ・カトリック総本山の地にて:

« 米国UCLA学内オケ&合唱団による「第九」…著名指揮者を輩出した名匠に師事した指揮者の下でストレートに力演 | トップページ | 今秋予定のメータ=VPO来日公演のこと…地方開催2公演も詳細発表、川崎公演は高額券売れ残りか《+α》 »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)