フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」オーケストラ団員公募で募集人員明らかに・・・読売新聞報道から | トップページ | ベートーヴェン『エリーゼのために』の”エリーゼ”はウィーンに移住したドイツ人ソプラノ歌手・・・無料楽譜入手リンクも »

新幹線700系車両、加速度向上。最大「2.0km/h/s」・・・N700系導入進展に伴う全体的時間短縮なども背景に!?

 今や東海道・山陽新幹線に於ける新幹線車両のスタンダード的存在と目されているであろう「700系車両」。

 この700系車両がデビューしたのはJR西日本が新幹線車両で史上初めて300km/hの速度の出せる500系車両をデビューさせてからそう時が経っていなかった頃のように覚えていますが〔実際には500系車両デビューの3年後にあたる1999年にデビュー〕、乗り心地を重視した設計のため、最高時速が285km/hと500系車両より若干抑えられる格好で世に送り出されたことから、私も一度だけ体験したことですが、500系車両で運用予定の下り「のぞみ」(だったように記憶…)に乗ろうとしたところ、車両不具合か何かの理由で700系車両が代走することになり、入線時に到着時刻が少々遅れる旨のアナウンスが流れていたことを覚えています《ちなみにその時私は広島に向おうとしていたような…》。

 その後、700系並みの乗り心地を実現させながら300km/h走行を実現し、加えて鉄道車両用トイレとしては史上初となるオストメイト対応の多目的トイレを導入するなどバリアフリー面で大きく進化させた「N700系」がデビューし、前例のない奇抜な外観で注目を集めた「500系車両」が東海道新幹線区間から徐々に姿を消すこととなったことは記憶に新しいところですね。

 

 ところで、その東海道・山陽新幹線車両の現行スタンダード「700系車両」の加速度については、正直なところ、殆ど(全く?)意識していませんでした。

 

 恥ずかしながら・・・

 

 

 この「700系車両」の加速度に関する新たな動きが最近見られました。

 

 JR東海が去る6月26日付けで発出したニュースリリース『700系の加速度向上について』に於いて明らかにしたところによると、2006年3月の新ATC導入(デジタルATCの一種「ATC-NS」東海道新幹線区間のみ)に伴って、これまで、”元祖のぞみ”300系車両と同じ「1.6km/h/s」だった700系新幹線車両の加速度を最大「2.0km/h/s」にするための改良工事を昨年(2008年)10月から順次着手、このほど完了しました。

 

 改良工事の対象となった車両の中には700系新幹線車両をベースにした試験・検測車両923形(通称「ドクターイエロー」)も含まれています。

 

 前記のデジタルATC「ATC-NS」の導入では終端駅部等とそれ以外の箇所を車上側で判別することが出来るようになっていて、これに伴う今回の改良工事により、終端駅部等以外の箇所に於いては加速度を「2.0km/h/s」に向上させ〔終端駅部等に於いては従前からの加速度「1.6km/h/s」のまま〕、これによって発車してから東海道新幹線区間に於ける最高速度270km/hに到達するまでの時間がそれまでの300秒(5分)から285秒(4分45秒)に縮まることになり、列車遅延時に於ける回復力の向上や、安定輸送の確保などにつながるとしています。

 

 

 ところで、ここでいうところの「加速度」とは、ご存じの方もおられると思いますが、発車時に於ける加速度(もう少し詳しく言えば「発車時などの低速域での加速度」)のことを指し、正しくは「起動加速度」という言い方をしますが、この「1.6km/h/s」という起動加速度がどの程度のものなのか、現在営業運転に入っている他の新幹線車両の例をとってみると・・・

東北・上越・長野新幹線系統(JR東日本)
E4系 … 1.65km/h/s
200系400系E1系E2系E3系 … 1.6km/h/s
 
東海道・山陽新幹線系統(JR東海・JR西日本)
N700系 … 2.6km/h/s
100系300系・500系 … 1.6km/h/s
 
九州新幹線系統(JR九州)
800系 … 2.5km/h/s

 

 そして、新幹線以外の特急型車両(勿論現役車両)では、抜粋になりますが・・・

【JR】
281系285系681系683系 … 1.8km/h/s
371系E653系E751系 … 2.0km/h/s
373系383系 … 2.1km/h/s
883系885系 … 2.2km/h/s
253系 … 2.5km/h/s
 
【私鉄】
東武100系「スペーシア」 … 2.0km/h/s
京成AE100形 … 3.5km/h/s
京成AE形(2代目) … 2.0km/h/s
小田急20000形「RSE」 … 2.0km/h/s
小田急60000形「MSE」 (2009年ブルーリボン賞受賞車両)
     小田急線内2.0km/h/s・それ以外2.4km/h/s
名鉄2000系2200系・2300系 … 2.3km/h/s
近鉄21000系21020系22600系23000系 … 2.5km/h/s

 

 上表から、今回JR東海が発表した加速度向上のための改良工事の実施によって700系新幹線車両はほぼJR在来線特急車両並みの加速度性能を手に入れたことになり、私鉄車両でいうところの東武100系「スペーシア」と京成「2代目AE形車両」と肩を並べる格好となります。

 

 しかし、こうしてみていると、N700系と共に九州新幹線の800系車両もまた加速度性能で優れていることを改めて認識させられるところですね。

 

 そして、これは余談で新幹線から離れてしまいますが、私鉄の特急型車両のほうがJRのそれと比べて加速度性能が優れているような印象をも受けます(笑)

 

 

 ところで、700系新幹線車両の加速度向上のための工事が行われたその陰で、N700系の追加投入に伴って、加速度性能で100系車両と変わりない”元祖のぞみ”300系車両の廃車が進行中とのことで、JR東海・JR西日本双方で合わせて16両編成70本製造された300系車両のうち、今年4月現在で、JR東海所属編成(J編成)で量産先行試作車(J1号編成)を含む20本編成が姿を消していて、JR西日本所属編成(F編成)については今のところ動静不明の状態。

 

 その上、2011年度末までに定期運転の「のぞみ」をより加速度性能の高いN700系車両に全て置き換えるとの計画があり、これに伴って現在のスタンダード的存在である700系は「ひかり」や「こだま」に順次回されることになる他、西に目を向ければ、2011年春予定の九州新幹線・鹿児島ルート(博多鹿児島中央)全線開業に合わせて開始となる山陽新幹線と九州新幹線との相互直通乗り入れでN700系ベースの新型車両(列車名「さくら」)が直通乗り入れ用に新規投入されることに伴って、既に山陽新幹線区間の「こだま」運用に回され始めている500系車両に続き、現在「ひかりレールスター」として運用されている700系7000番台もまた山陽新幹線区間の「こだま」に回されることが既に発表済みで、これにより、押し出されるかの如く300系車両の廃車が更に進む(そして最後には”全て無くなる”!?)ことが予想される他、山陽新幹線で残留している最古参100系車両も近い将来姿を消すことになるでしょう。

 

 思うに、700系新幹線車両の加速度(起動加速度)工場のための改良工事の実施は、勿論デジタルATC導入に伴ってのこともあるかもしれませんが、2011年度末までに完了予定の定期「のぞみ」のN700系車両への総入れ替え計画の進展に伴っての、全体的な速度嵩上げ並びに所要時間短縮の必要性に迫られているところから実施したものと解釈出来なくもないところですね。

 

 

 とはいえ、進化を続ける東海道・山陽新幹線、そして九州新幹線の今後に引き続き注目していきたいと思います。

 

 

◎ 参照記事
700系の加速度を向上 東海道新幹線
JR東海 700系新幹線、加速度向上で最速度到達時間を短縮
時速270kmまでの到達時間が約15秒短縮 - 700系新幹線車両の加速度改良完了

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 鉄道ブログへ 人気ブログランキング「くつろぐ」 ←ランキング参加してます

« 「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」オーケストラ団員公募で募集人員明らかに・・・読売新聞報道から | トップページ | ベートーヴェン『エリーゼのために』の”エリーゼ”はウィーンに移住したドイツ人ソプラノ歌手・・・無料楽譜入手リンクも »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/45499964

この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線700系車両、加速度向上。最大「2.0km/h/s」・・・N700系導入進展に伴う全体的時間短縮なども背景に!?:

» JR東海、700系とドクターイエローの加速度向上 [kqtrain.net(blog)]
 700系の加速度向上について|ニュースリリース - JR東海 Central Japan Railway Company  定例社長会見(平成21年6月・東京)|ニュースリリース - JR東海 Central Japan Railway Company [続きを読む]

« 「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」オーケストラ団員公募で募集人員明らかに・・・読売新聞報道から | トップページ | ベートーヴェン『エリーゼのために』の”エリーゼ”はウィーンに移住したドイツ人ソプラノ歌手・・・無料楽譜入手リンクも »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)