フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« アマチュア奏者(アマチュア・オケ団員等)にもチャンス!?・・・「第27回サントリー1万人の第九」オーケストラ団員公募 | トップページ | グループ旅行客に優しく、一人旅・学生などに厳しい西日本地域のJR・・・「ムーンライト九州」など事実上”廃止”へ »

ドゥダメル、自らの故郷で”聖母”に捧ぐ「第九」を若者たちと共に・・・ベネズエラ=ララ州バルキシメトの教会にて

 ご存じの通り、一昨日(6月19日)を以て大阪「1万人の第九」の今冬開催分に係る合唱団員募集は終了となりました。

 私のブログに於いても、今冬開催分の「万九」公式サイトが立ち上がってから今日に至るまで、動きがある度に記事として書かせてもらってきていますが、募集期間(6月1日~19日)の終わりが近づくにつれてアクセス数が総じて上がってきていました。

 

 今回合唱団員募集に応募された皆様に於かれては、約1ヶ月後〔7月24日(金)〕に晴れて当選の報に接せられることを祈念いたします。

 

 また、今冬開催分の「万九」では、創始以来初めて、管弦楽を務める「1万人の第九オーケストラ」の楽団員の一部も公募しています。

 募集要項の中に学歴に関する規定は特に見当たりませんので、我こそは・・・と自負する方は、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

 こちらの応募締め切りは、合唱団員応募者への抽選結果発表の2週間後、即ち8月7日(金)の到着分までとなっていますが、オーディション(2段階)がありますので、それなりの覚悟は必要です。

 

 

 さて、今回は久しぶりに各種動画共有サイトにて最近見つかったベートーヴェン第九(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱付”)」演奏動画を一つ、ご紹介しようと思います。

 

 

 今回ご紹介するのは中南米諸国の一つであるベネズエラの北西部にあるララ州の州都バルキシメトにある古風な教会に於いて開かれたベートーヴェン「第九」演奏会に於ける演奏動画で〔教会名称は「聖フランシスコ教会」又は「聖フランチェスコ教会」の何れかと思いますが・・・ハッキリとは判らないです〕、自ら撮影して投稿したものとみられます。

 

 収録されている範囲は、「第九」終楽章のうち、低弦(チェロとコントラバス)による初めての”歓喜のメロディ”提示箇所から曲の終わりまでで、3本の動画に分割される形で投稿・公開されています。

 

 投稿動画に添付されているテキストデータに演奏年月日に関する記述は見当たりませんが、今年1月下旬の日付で投稿されているところから考えると、昨年暮れくらいから今年初めにかけて行われたものと推測出来ます《勿論そうではない可能性も否定出来ませんが…》。

 

 先に「古風な教会」と記しましたが、演奏動画には教会外観が映っているわけでもなく、専ら実際の演奏が行われた教会内部が映っているだけとなっていますが、その教会内部は満員の聴衆(しかもオール・スタンディング!?)で賑わい、しかも大半の聴衆がカメラ付き携帯などを片手にステージに向けて高々と上げて撮影しているのが見えます《ステージに向かってストロボ撮影していた聴衆も見受けられますし…》。

 

 今回の演奏動画の投稿者も恐らく周囲の聴衆たちと同じくカメラ付き携帯などで、周囲の聴衆と押し合いへし合いになりながらも、録っていたものと推察出来ます。

 実際、映像がかなり揺れていて、ステージ上で演奏中の合唱団の一部や指揮者らしき姿が見えたかと思えば、すぐ近くにいる聴衆の背中が映っていたり・・・まぁ大変な思いをして録っていたことでしょうね《日本ではとても考えられない光景ですが(演奏中の撮影や録音・録画自体を禁じているのが一般的ですし)…》。

 

 それで、ベネズエラといえば世界の音楽界でも高く評価されている独自の音楽教育システム「エル・システマ」発祥の地として知られていて、それの象徴的存在としてシモン・ボリバル・ユース・オーケストラと指揮者グスターボ・ドゥダメルが挙げられるところでしょう。

 

 このうち、シモン・ボリバル・ユース・オーケストラについては先月下旬にベネズエラの首都カラカスのリベルタドール市(首都地区)にあるテレサ・カレーニョ劇場(TTC)に於いて1995年2月に行われた公演に於けるベートーヴェン「第九」演奏(グレゴリー・カレーニョ指揮)を収めた動画を既に紹介していますが〔→『シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ演奏による「第九」・・・1995年2月、ベネズエラ「エル・システマ」の一成果』〕、今回取り上げる「第九」演奏動画では、そのTTCに於ける「第九」演奏の翌年(1996年)にシモン・ボリバル・ユース・オーケストラの音楽監督に就任したとされるグスターボ・ドゥダメルのタクトの下で演奏された「第九」となっています。

 そして今回の演奏の場であるララ州バルキシメントは、まさにドゥダメルの生まれ故郷でもあるのです。

 

 そのドゥダメルにとってはまさしく”里帰り公演”となる今回の「第九」演奏を収めた投稿動画に添付されたテキストデータ(ちなみにスペイン語表記)には、4人のソリスト陣の陣容が記されているものの、オーケストラ名称と合唱団名称については具体的な形で記されていません。

 

 ちなみに添付テキストデータに記されている4人のソリスト陣は以下に示すとおりです。

ソプラノ:ドリアン・ルフェーブル(Dorian Lefebre)
アルト:イザベル・パラシオス(Isabel Palacios)
テノール:イドベル・アルバレス(Idwer Alvarez)
バス:ガスパル・コロン(Gaspar Colon)

 合唱団と管弦楽については、添付テキストデータから、恐らく演奏会が行われた地元ララ州に於いて結成されて活動している青少年オーケストラと合唱団が担っていたものとみられます《常設の団体か臨時結成の団体かは不明》。

 

 つまり、この「第九」演奏会はいわば「エル・システマ」の成果の一端を披露すべく開かれたものと解釈出来なくもないところですね。

 

 ただ、動画添付のテキストデータの最初のところで、ララ州の象徴である”聖母”に捧げる旨とみられる記載が見え〔スペイン語のわからない私故、これで正しいかどうか自信が持てませんが…〕、この「第九」演奏会がいわば奉納演奏会的な性格を帯びたものであるとも推察出来るところです。

 

 

 そして、実は今回動画ファイルとして紹介している「第九」演奏の1年前にも同じララ州バルキシメト市内にある別の会場(野外の会場だったみたいで…)で今回と同様の趣旨の下で演奏会が行われていて、この時の模様についても収録されて動画ファイルとして『YouTube』等に寄せられてきています《後ほど紹介します》。

 

 その1年前に行われた演奏会でも「第九」終楽章の一部が演奏されていました。

 

 ただ、この1年前に行われた演奏会の模様を収めた動画については、今回紹介の「第九」演奏動画のように聴衆の一人が撮影したものではなく、地元テレビ局による放送番組(しかも生中継)からのキャプチャによるものとみられ、演奏が繰り広げられているステージ風景を中心に、オール・スタンディング(?)状態の聴衆たち、更には奉納先とされるララ州の象徴”聖母(聖母子)”像や聴衆席を挟んでステージと向かい合うようにしつらえている祭壇ステージ(聖職者らが見えていました)も映っていました。

 

 この中で、ララ州の象徴として崇められているとされる”聖母”像は聴衆席の中央後方に鎮座されているのが見え、その周囲には警官隊と思しき一団が警備にあたっている姿が見えるあたり、この”聖母”の存在がララ州ではいかに重要かを示しているように思えるところです。

 

 演奏が繰り広げられているステージに目を向けますと、オーケストラの後ろに控える合唱団の中のほぼ中央あたりの一区画で、周囲が合唱しているのに合わせて何やら身振り手振りする一団が見えます《手には白手袋をはめていました》。

 

 そしてこの合唱団の一部による”身振り手振り”の動作、今回紹介している「第九」演奏動画の中に於いても、ステージに向かって右手(即ち上手)側で、チラリと見ることが出来ます《何しろ終始揺れている画面ですので常に見えるわけではありませんが・・・》。

 

 しかし、その”身振り手振り”の動作、私が見ている限りでは、どうやら「第九」歌詞の手話訳をしているわけではなく、進行する歌詞のイメージに合わせて動作しているだけ、という印象を受けているところです。

 

 この”身振り手振り”をする理由そして意図については残念ながら判りませんが、私自身は、会場内に鎮座しているララ州の象徴”聖母”像に対するものなのか、等と思っていました《実は今回紹介の「第九」演奏動画の中でも、聴衆側から向かって左手あたりに何やら像らしきものが鎮座されているのがチラリと見えました(それが”聖母”像なのか否かは判りませんが…)》。

 

 

 ここまで説明が大分長くなってしまいましたが〔諄くてスミマセン(汗)〕、そんな”奉納演奏会”的性格を帯びているであろう、バルキシメト市内の古風な教会の内部にて繰り広げられたベートーヴェン「第九」演奏を収めた以下の3本の動画、ある意味動きの激しい映像(う~ん…)にはなっていますが、順次再生の上、お楽しみ下さい《会場の熱気も伝わってくることと思います…》。


Gustavo Dudamel en Barquisimeto
Inicio de la "Oda a la Alegria" de Beethoven

《低弦による”歓喜の主題(モチーフ)”提示箇所から》


Gustavo Dudamel en Barquisimeto
Continuación "Oda a la Alegria" de Beethoven

《男声合唱のみによる”マーチ”への導入部分から》

 

 映像自体は揺れまくりですが、実際一通り視聴してみると、演奏自体は至極真っ当で、ドゥダメルのタクトの下、オーケストラもよくまとまっていましたし、コーラスも綺麗に歌い上げていたように感じました。

 

 聴衆のざわめきなどがちょっと気になるところかもしれませんが、「エル・システマ」の成果が確実に出てきているように実感出来る良き演奏であるように思うところです。

 

 それにしても、「… vor Gott.」とコーラスが高らかに歌い終わってから男声合唱のみによる”マーチ”への導入部分に移るまでの間合いのところで拍手するというのは、「ここは静寂でなければならない」と合唱指導の先生にさんざん叩き込まれた身にしてみれば、何だか一連の楽曲の流れをそこで断ち切ってしまうような気がしてならないところですが・・・まぁ現地の人々にしてみればそこまで深くは考えていないということになるんでしょうかね《このあたりよくわからないけど…》。

 

 

 所変われば価値観変わる・・・その典型をこのグスターボ・ドゥダメルの生まれ故郷バルキシメトに於ける「第九」演奏(彼にとっての”里帰り公演”)に見た気がする私なのでありました。

 

 

【おことわり】
 動画共有サイト(『Google Video』、『YouTube』等)に投稿・公開されている動画については、今後、投稿者或いは運営サイドの判断等により削除される可能性がありますことを予めご承知おき下さい《追記(P.S.)欄に於いて紹介されている動画についても同様です》。

 

 

P.S.
 本文中でも触れましたが、今回紹介の「第九」演奏が行われる約1年前に開催された、同じくララ州バルキシメト市内にある野外特設会場に於ける演奏会の模様を収めた動画を以下にて示します《「第九」演奏部分全てが収まっているものが『Google Video』に、「第九」演奏部分からの抜粋もの2本が何れも『YouTube』に、それぞれ寄せられているのが見えました》。

 なお、以下の3本の動画とも、添付されているテキストデータに公演会場等の記述は見当たりませんが、映像に映っているレイアウト具合や音の響き具合などから、野外特設ステージにて行われたものと判断しました《間違っていれば遠慮無くツッコミ入れてもらえれば助かります…》。


Gustavo Dudamel dirige concierto a la Divina Pastora (full)
《”「第九」演奏部分全部とハレルヤ・コーラス+α”を収録》


Gustavo Dudamel tributo a la Divina Pastora
《”歓喜の主題”初回提示箇所~「… vor Gott.」あたり》


Gustavo Dudamel dirige concierto a la Divina Pastora
《763小節目あたりから曲終まで;”ハレルヤ”も》

 放送収録の際のマイク配置に問題があったのかどうか定かではありませんが、演奏の所々で音の聞こえ方のバランスが悪くなっているのがおわかりになるかと思います。

 前座にバロック作品か古典派作品が何曲か演奏された後に指揮を務めるドゥダメル自身がこの演奏が行われた催しに寄せたメッセージを読み上げ〔映像自体が公演全体の途中からの収録となっているため全体のプログラムについては不明〕、その後に「第九」演奏(演奏範囲は今回紹介分と同じ”低弦による初回’歓喜のメロディ’提示箇所~曲終”)が行われ、最後にヘンデル『メサイア』からの”ハレルヤ・コーラス”でしめくくられる格好となっているわけですが、ここでも「… vor Gott.」と高らかに歌い終わってから”マーチ”への導入部分に移るまでの間合いに於いて口笛を伴った喝采が聞こえくる他、なんと放送ナレーションも挿入される有様・・・

 文化の違いとでもいうか、「第九」という楽曲に対するとらえ方の違いとでもいうか・・・まぁ何れにしても価値観の違いというものを実感させられるところですね。

 

 余談ながら、もう1本、こんな動画も寄せられていました。

 先の3本と同じく野外会場で行われた「第九」演奏の一部が収まっているもので、やはりテレビ番組からのキャプチャものと思われますが、先に紹介した3本の動画とは、収録されている「第九」演奏部分で照らし合わせてみて、キャプチャ対象となった番組が違うようです。

 とはいえこの動画、その「第九」演奏を放映した放送番組を映し出した、自宅か何処かに備え付けられたテレビにカメラを向けて録画したもののようで、どういう構え方をしていたのか定かではありませんが、かなり揺れています《すごく見辛い・・・》。

 見ているうちに、何だか東南アジアあたりで映画館にビデオカメラの類を持ち込んでスクリーンにカメラレンズを向けて録る輩がいるという話を連想してしまいます・・・これ以上はコメントのしようがないです(爆)

 

 

【おことわり】
 動画共有サイト(『Google Video』、『YouTube』等)に投稿・公開されている動画については、今後、投稿者或いは運営サイドの判断等により削除される可能性がありますことを予めご承知おき下さい。

 

 

P.S.(2)
 記事本文中程のところで「動画添付のテキストデータの最初のところで、ララ州の象徴である”聖母”に捧げる旨とみられる記載が見え…」と記しましたが、それは添付テキストデータの最初のところに見える「Gustavo Dudamel rinde tributo a la Divina Pastora …」というくだりを指します。

 このくだりをWeb翻訳サービス(スペイン語)にかけてみたところ「グスターボ・ドゥダメルは、賛辞を神Shepherdessに引き渡します」(一部当方にて修正)と出ました。

 そして”la Divina Pastora”について、グーグルの画像検索を使ったところ、ずらーっと聖母(と思う)が描かれた聖像画(イコン)の類がヒットしてきた他、”la Divina Pastora”自体をキーワードとして検索したところ、ベネズエラ関連で『La Divina Pastora - Venezuela Tuya』・『Divina Pastora - Patrona del Estado Lara Santa Rosa, Estado Lara, Venezuela』がヒットしているのが見え、これらをWeb翻訳サービスにかけてみたところ、”la Divina Pastora”の日本語訳として”神の羊飼いの女”とか”神Shepherdess(「Shepherdess」=羊飼い)”が出てくるのが見えました。

 以上のことから”la Divina Pastora”とは「ベネズエラ=ララ州を象徴する”聖母(聖母子像)”」と推測出来、そこから今回紹介した動画に収められているベートーヴェン「第九」演奏の目的を「ララ州の象徴である”聖母”に捧げる」とした次第です。

 余談ながら、”la Divina Pastora”はスペイン語版ウィキペディアに於いて一項目として挙がっており、結構な解説文章量となっているあたり、スペイン語圏では比較的メジャーな扱いとされているような印象を受けました。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加してます。各1クリックお願いします!

 

【関連記事(ベートーヴェン「第九」ポータル)
ベートーヴェン「第九」演奏動画&音声ファイル&楽譜類を一堂に取り揃え・・・鑑賞、練習の一助に

 

【関連記事(「第九」演奏・終楽章のみ)
バーンスタイン指揮によるベルリンの壁崩壊「第九」ライヴ・・・『YouTube』より
南米・ボリビアのオーケストラによる「第九」・・・・・・『Google Video』より
2006年大晦日、東京駅前丸の内ビル(丸ビル)に於ける年越し「第九」ライヴから・・・
1970年「ベートーヴェン・イヤー」に於けるバーンスタイン=VPOによる「第九」・・・・・・『YouTube』より
アニハーノフ=レニングラード国立歌劇場管の「第九」 in オーチャードホール(2003年12月)・・・『YouTube』より
『”ルチアーノ・パヴァロッティのマスタークラス”と「第九」』の補足書き・・・続いてフルトヴェングラー指揮の「第九」
アシュケナージ=N響の「第九」(2005年)・・・・・・「1万人の第九」最新情報及び「第九ひろしま」注意情報も
ワインガルトナー指揮の「第九」レコードコンサート!?・・・「第九ひろしま」&鳴門市「第九」最新情報も
「第九ひろしま2008」早くも第1部ゲストに言及か・・・泰日友好コンサートに於ける「第九」《タイ=バンコクにて》
ヴァーツラフ・ノイマン指揮NHK交響楽団の”N響「第9」演奏会”から(1984年12月)…過去紹介「第九」動画の追記も
東京・歌舞伎座に於ける70年ぶりの「第九」公演、『YouTube』にて一部公開・・・全国どこでも視聴可能
アメリカ・ワシントン州タコマ本拠の「Northwest Sinfonietta」による「第九」・・・終楽章後半のみ
米国UCLA学内オケ&合唱団による「第九」…著名指揮者を輩出した名匠に師事した指揮者の下でストレートに力演
シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ演奏による「第九」・・・1995年2月、ベネズエラ「エル・システマ」の一成果
シモン・ボリバル公園の花火の”「第九」演奏”?…2008年12月、コロンビア=ボゴタに於ける「Monarca shows」にて
「第九」は2国間の和解の証!?・・・2008年12月、ホンジュラス=テグシガルパ市。エルサルバトルの合唱団も迎えて
ベネズエラ音楽界の巨匠エドゥアルド・チバスが指揮してのベートーヴェン「第九」・・・ベネズエラ交響楽団ほか
南米ペルーの首都リマにある大聖堂に響く歓喜の調べ・・・2007年、リマ大聖堂に於けるベートーヴェン「第九」演奏
ヘスス・ロペス=コボス指揮の「第九」、スペインで平和主義と人道主義の響き・・・2005年5月8日、首都マドリードにて
治安悪化の街で平穏な生活を切望する「第九」の響き・・・メキシコ北部、ファレス市立大学(UACJ)学内オケと合唱団
ドホナーニ=クリーヴランド管によるベートーヴェン「第九」・・・テラーク、1985年録音。カラヤンを連想させるクリアさ
ヴォルケル・アルトゥング指揮による「第九」…2008年4月、シンガポールの芸術系専門学校NAFA創立記念行事にて
クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィルによる「第九」(2000年5月開催の「ヨーロッパ・コンサート」にて)
イタリア生まれの名指揮者ジュリーニがLSOと組んで作り上げた「第九」・・・1972年11月、ロンドン。EMI録音か
香港在住の日本人と中国人のジョイントによる「第九」・・・1995年1月25日、香港大會堂。ブラジル人指揮者の下で
バーンスタイン=VPOによるベートーヴェン「第九」・・・1979年。ジョーンズ、コロらを従えての極上の”人間臭さ”
マンハッタンの東、クイーンズ校の杜の「第九」・・・2008年。CUNYアーロン・コープランド音楽学校教授ペレスの指揮
インマゼール=アニマ・エテルナによるベートーヴェン「第九」──古楽アンサンブルにしてモダンな感じ《兼現況確認》
小澤征爾が長野と世界5大陸の各合唱団を指揮する地球規模の「第九」・・・1998年長野冬季五輪開会式の終わりに

 

【関連記事(「第九」演奏・全曲)
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮の「第九」・・・『YouTube』より
なが~い「第九」、所要時間2時間近く!・・・・・・コブラが指揮する「第九」演奏動画
南仏の世界遺産・オランジュ古代劇場に於けるマズア指揮の「第九」・・・・・・『YouTube』より
まだ”清水市”だった6年前に行われた「第九」・・・・・・静岡市東部本拠の清水フィル演奏
「ギネス級!?」のアマチュア・オーケストラ、横浜交響楽団による「第九」~その1
富士山河口湖音楽祭2007に於ける「第九」公演 & 横浜交響楽団による「第九」・その2」《大阪情報も関連》
今年の『21世紀の第九』(佐渡裕指揮)前売開始へ & 横浜交響楽団による「第九」・その3(終)」《大阪情報も関連》
米国CUNY・アーロン・コープランド音楽学校所蔵(!?)の「第九」・・・「1万人の第九」・「第九ひろしま」の話題も少々」《大阪・広島情報も関連》
トスカニーニ指揮の「第九」・・・2度開かれた鳴門「第九」の話も
カリフォルニア大学デービス校交響楽団他による「第九」(2007年3月11日)・・・ヘンデル『オルガン協奏曲』と共に
リッカルド・シャイー=ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団による「第九」・・・う~ん、惜しい!
オットー・クレンペラー指揮のベートーヴェン「第九」…1964年、英国ロイヤルアルバートホール《+Proms2008情報》
ギュンター・ヴァント指揮による「第九」…【全4楽章フル収録】演奏音声と”ベートーヴェンの肖像画”だけですが
小澤征爾=サイトウ・キネン・オーケストラ(SKO)による「第九」演奏・・・2002年夏のSKFにて?
チョン・ミュンフン=ソウル・フィル(ソウル市交響楽団)による「第九」・・・故郷ソウルでの公演から
ヤンソンス=バイエルン放送響による「第九」・・・2007年、ローマ・カトリック総本山の地にて
ハンガリー生まれの名指揮者フェレンツ・フリッチャイ指揮による「第九」・・・1958年頃録音。カラヤンらを凌ぐ活躍ぶり
「南米のパリ」ブエノスアイレス(アルゼンチン)に響く「第九」・・・トルカチール指揮。会場は過去に「NHKのど自慢」も
譜面上のメトロノーム指示に従った独自解釈の「第九」?・・・レイボヴィッツ=ロイヤル・フィル。1960年代演奏・収録

« アマチュア奏者(アマチュア・オケ団員等)にもチャンス!?・・・「第27回サントリー1万人の第九」オーケストラ団員公募 | トップページ | グループ旅行客に優しく、一人旅・学生などに厳しい西日本地域のJR・・・「ムーンライト九州」など事実上”廃止”へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/45071973

この記事へのトラックバック一覧です: ドゥダメル、自らの故郷で”聖母”に捧ぐ「第九」を若者たちと共に・・・ベネズエラ=ララ州バルキシメトの教会にて:

« アマチュア奏者(アマチュア・オケ団員等)にもチャンス!?・・・「第27回サントリー1万人の第九」オーケストラ団員公募 | トップページ | グループ旅行客に優しく、一人旅・学生などに厳しい西日本地域のJR・・・「ムーンライト九州」など事実上”廃止”へ »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)