フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« BL賞”小田急60000形「MSE」”、LR賞”京阪2代目3000系”&”豊鉄T1000形「ほっトラム」”・・・鉄道友の会発表 | トップページ | ドゥダメル、自らの故郷で”聖母”に捧ぐ「第九」を若者たちと共に・・・ベネズエラ=ララ州バルキシメトの教会にて »

アマチュア奏者(アマチュア・オケ団員等)にもチャンス!?・・・「第27回サントリー1万人の第九」オーケストラ団員公募

 大阪の「サントリー1万人の第九(10000人の第9)」の今冬開催分(第27回公演)に係る合唱団員募集の受付が今日の夕方17時(ネット上)で締め切られる中、新たな動きがありました。

 

 私もこれにはビックリでしたが・・・なんと、管弦楽を務める「1万人の第九オーケストラ」の楽団員の一部を公募することが発表されていたのです。

 

 

 昨日(6月18日)の夜遅くに「1万人の第九」公式サイトにアクセスしてみたところ、6月1日から設置されている赤色の「合唱参加応募受付中!」ボタンに加え、その右隣に橙色の「オーケストラメンバー大募集!」ボタンが新たに設置されているのが見えました。

 

 「1万人の第九」で管弦楽を受け持つ組織については、これまでは関西を本拠とするプロオーケストラ3団体の混成チーム(別の言い方では”JV”)であったり、最近では関西圏に所在する音楽大学に在籍する学生らを対象に選抜・結成したりしてきていて、一般公募されることはありませんでした。

 

 今回発表された「1万人の第九オーケストラ」楽団員公募では、11月30日(月)以降本番に至るまでの間で事務局が指定する通算数日間の練習及び公演前日と当日に出席(参加)出来る人であれば年齢を問わず応募可能としていて〔学歴のことも何も書かれていないところから、音大卒である必要はなさそうですね…〕、募集人員は弦楽器・管楽器各パートでそれぞれ”若干名”ずつとなっています。

 

 受験料は無料であるみたいで〔受験料に関する記載が見当たらない〕、応募に際しては、事務局にて用意された所定の応募用紙(音楽経歴書などを兼ねる;公式サイトからダウンロード)に必要事項を記入する他、推薦状の類の提出は求めていないものの、代わりに現在取り組んでいる楽曲の演奏をVHS又はDVDに映像録画したもの、若しくはカセットテープ又はMDに録音したものの添付を求めています。

 

 

 審査内容についてですが、送付された応募書類とそれに添付された自己の演奏を収録した音楽ソフト類を対象とした審査をまず行い〔第1次審査〕、そこを通過した受験者を対象に第2次審査として「ライヴ・オーディション」を「1万人の第九」総監督・指揮を務める佐渡裕が自ら芸術監督を務める兵庫県立芸術文化センター内の一施設にて実施することになっています《審査員として佐渡裕らが立ち会う予定だとか…》。

 この「ライブ・オーディション」について、要項には課題曲の類が一切記載されていないため、例えばプロ・オーケストラが楽団員採用オーディションを行う際に試験科目の一つとして必ず登場する”オーケストラ・スタディ”をやらせるかどうかは定かではありませんが、管弦楽を務める「1万人の第九オーケストラ」は、メイン・ディッシュにあたる「第九」演奏の他、第1部の演奏にも参加することから、恐らく「第九」以外の楽曲も課題曲として演奏させる可能性はあると思います《ひょっとしたら応募の際に提出する自己演奏録音音楽ソフトで演奏している曲を改めて演奏させるのかも・・・そのあたりはわかりませんけどね;お節介過ぎてどうもスミマセン!》。

 

 で、一通り募集要項などに目を通した限りでは、アマチュア奏者(アマチュア・オケの楽団員含む)にも応募のチャンスがあるかな・・・そんな印象を受けるところですね。

 

 ただ、要項を見ていると、交通費は自腹とされているものの、本公演出演そのものに対しては日当という形でギャランティー(出演料…ちなみに3千円)が出る旨の記載が見られますので、このことから考えると、2段階にわたる審査ははプロ・オーケストラの入団(採用)時オーディションに準ずるレヴェルであることを覚悟しなければならないところでしょう《音大卒(或いは音楽専門学校とか)でプロとして演奏活動をしている人からの応募も予想されることですし…》。

 

 とはいえ、例えばアマチュア・オーケストラでコンサートマスター(コンサートミストレス)を務めている人や一般の楽団員で演奏技量面に於いて一定以上の評価を得ている人、或いは音楽教室の講師をしている人など、我こそは、と自負出来るほどの演奏技量の持ち主であれば〔且つ佐渡裕の芸術論に共鳴している人!?〕、一度受験してみて損はないと思います。

 

 

 なお、この創始以来初めてとなる「1万人の第九オーケストラ」楽団員公募の応募書類(というか願書?)提出締切は「8月7日到着分」までとなっていますが、この日は「1万人の第九」合唱団員応募者に対する抽選結果発表の2週間後にあたります。

 

 余談ながら、この「8月7日」という時期、広島では「第九ひろしま」の初心者向け公開レッスン”ビギナーズレッスン”が始まってそうな気配〔昨年通りのパターンで推移した場合〕・・・あ、「1万人の第九」のレッスン・クラスでも早いところではこの3日後からレッスンが始まりますね《ちなみに「京都」クラスです》。

 

 

 これから暑くなる一方ですが、心はもう年末に向いてしまっているような感じです(笑)

 

 

P.S.
 応募に際して必要な自己演奏録音(録画)音楽ソフト(「デモテープ」とも?)の作成については、私が言うのも変ですが、『初心者のための聴いてもらえるデモテープの作り方』『必勝オーディション!ディレクターの耳にひっかかるデモテープの作り方』あたりが参考になるのかもしれません《いうまでもないことですが、応募用の自己演奏収録音楽ソフト(DVD・MDなど)は人に聴いてもらうことを前提に作成しなければなりませんので、その意味に於いて、これらのWebサイトは参考になるものと思っています》。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加してます。各1クリックずつお願いします!

 

【関連記事(「1万人の第九」オーケストラ団員公募)
「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」オーケストラ団員公募で募集人員明らかに・・・読売新聞報道から

 

【関連記事(「第27回1万人の第九」レッスン記)
【1】「”第1部”の終わり(練習番号M)まで」
【2】「”第2部”を越えて”二重フーガ”のところまで」
【3】「”二重フーガ”をみっちり。”佐渡練”日時も通告」
【4】「『第九』終わりまで到達。リハ公開チケット発売告知も」
【5】第1部楽曲初練習と「第九」”シャッフル”練習
【6】「有元クラス名物”お温習い会(発表会)”〔「第九」全体お温習い〕」
【佐渡練】手をつなぎ肩を組み…ストーリーを音楽作りに反映させるため

 

【関連記事(その他「第27回1万人の第九」関連)
「第27回サントリー1万人の第九」スタッフミーティング・・・水面下レヴェルで始動か
「第27回サントリー1万人の第九」公式発表(公式サイト更改)・・・PC&携帯同時にアップ
「第27回サントリー1万人の第九」レッスンクラス一覧、PCサイト上でアップ確認《090516正式発表(募集要項含む)》
大阪「1万人の第九(10000人の第9)」、5月初め頃に募集パンフ配布か・・・モバイル版公式サイトは今朝更改確認
「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」合唱団員募集要項、新聞に掲載・・・5月29日(金)付夕刊紙上
エントリー済ませました・・・「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」、早速第1部ゲスト出演者も発表
「1万人の第九(10000人の第9)」合唱指導者3人の動向…独自Webサイト開設者。有元氏は早速担当クラスを発表
6日経ってようやく結果開封・・・「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」抽選結果発表のこと
「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」応募者数公表・・・「13,715人」、減少傾向に歯止めか
「第九ひろしま2009」、本日チケット前売り開始・・・1週間後には「1万人の第九」も前売り開始に
「1万人の第九」ドキュメンタリーが国際エミー賞大賞ノミネート・・・前半期にも2つの映像祭で受賞(大賞級ノミネート)
「第27回サントリー1万人の第九」公演本番まで残り丁度2週間──ようやく出演者用座席券券面に視線を向けた私
国際エミー賞、「1万人の第九」ドキュメンタリーは受賞ならず──最優秀賞作品発表。コメディ部門でNHK番組が受賞
「第27回サントリー1万人の第九」開催報道のこと──昨年までとはちょっと違うその動きをつい気にしてしまう私
ベートーヴェン「第九」三昧の2日間───「N響『第9』演奏会」に「『1万人の第九』ドキュメンタリー」…
大阪「サントリー1万人の第九」ドキュメンタリー番組、石川県内でも──北陸放送。JNN基幹局5局以外では初?
「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」ライヴ収録DVD届かず───公演翌日にPCからFaxにて注文

 

【関連記事(「第26回1万人の第九」以前分関連)
大阪「サントリー1万人の第九」2008年開催分(第26回公演)の関連リンク集

 

【関連記事(「第28回1万人の第九」以降分関連)
大阪「サントリー1万人の第九」2009年(第27回)開催分の関連リンク集…2010年(第28回)開催分リンク集を兼ねる

« BL賞”小田急60000形「MSE」”、LR賞”京阪2代目3000系”&”豊鉄T1000形「ほっトラム」”・・・鉄道友の会発表 | トップページ | ドゥダメル、自らの故郷で”聖母”に捧ぐ「第九」を若者たちと共に・・・ベネズエラ=ララ州バルキシメトの教会にて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/45384169

この記事へのトラックバック一覧です: アマチュア奏者(アマチュア・オケ団員等)にもチャンス!?・・・「第27回サントリー1万人の第九」オーケストラ団員公募:

« BL賞”小田急60000形「MSE」”、LR賞”京阪2代目3000系”&”豊鉄T1000形「ほっトラム」”・・・鉄道友の会発表 | トップページ | ドゥダメル、自らの故郷で”聖母”に捧ぐ「第九」を若者たちと共に・・・ベネズエラ=ララ州バルキシメトの教会にて »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)