フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 「第九ひろしま2009」(第25回公演)公式発表・・・山下一史、4年連続のタクト。「第九」ソリストは全て外国人歌手で | トップページ | 「1万人の第九(10000人の第9)」合唱指導者3人の動向…独自Webサイト開設者。有元氏は早速担当クラスを発表 »

”チェコ語による「第九」”を聴いてみた・・・マタチッチ指揮チェコ・フィル他。1980年6月、プラハにて《廃盤CD!?》

 ちょっと間が開いてしまいました・・・ゴメンナサイ。

 

 以前、このブログで原語(ドイツ語)以外で歌われるベートーヴェン第九(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱付”)」演奏について取り上げたことがあり、その中でチェコ語に訳された「歓喜の歌」歌詞による「第九」の演奏のことを書きましたが〔→『チェコ語で歌う、日本語で歌う・・・・・・原語(ドイツ語)以外で演奏される「第九」』〕、そのチェコ語で歌われた「第九」の一つである、ロヴロ・フォン・マタチッチ指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団による「第九」演奏を収めたCDをネットを通じて購入、一聴してみました。

 

 

 この音楽CDは「PRAGA」レーベル(「ハルモニア・ムンディ」系列!?)としてリリースされて全世界に出回っていたものなのですが、既に廃盤とされてしまったみたいで、現在では日本国内外のアマゾンWebサイト内に於ける「マーケット・プレイス」で売られているのみとなっている上、プレミアが付いて日本円にして1万円を超えるものも散見されていました。

 

 今回、英国(イギリス)のアマゾン・サイト内にある「マーケット・プレイス」で新品として販売(出品)されていた1枚を注文し、一昨日(7月6日)届いたところを昨日のうちにPCに取り込んだ上で一通り聴いてみました。

 

英国(イギリス)から”小形包装物”扱いの航空便にて届いた注文CD。緩衝材(プチプチ)の内蔵された封筒に封入されていた《090707撮影》

 小形包装物(Small packet)扱いの航空便にて、緩衝材(プチプチ)内蔵の専用袋に封入された状態で到着。

 航空便扱いを指示する「BY AIR MAIL」と表示された水色のシールに「Small Packet」とのアンダーライン付き筆書の取り合わせを見て、あぁ本当に英国から来たんだな、と感慨深げになっていた私(爆)

 

届いた緩衝材内蔵封筒を裏返したところ。デカデカと小形包装物用の”税関告知書(CUSTOMS DECLARATION)CN22”が貼付されていた《090707撮影》

 小形包装物扱いとなっているにもかかわらず、税関告知用のシールが無いな、と訝しく思っていたら裏面にデカデカと貼られているのが見えました。

 英国作成の「CN22」様式による税関告知書(CUSTOMS DECLARATION)───白くてちょっと大きめな感じ(笑)

 で、右端に記されている金額表記欄を見て、一瞬「ユーロ」かと思いましたが〔書き方からして「ユーロ」の通貨記号そっくり!〕、考えてみたら英国の通貨単位はまだ「ポンド(£)」のままで、差出人(というか今回のCDの販売者サイド)では恐らく「£」のつもりで走り書きしたのかも知れないし・・・いや、やはり「ユーロ」かも(ォィ)

 

注文したCD本体(表面)。ギリシャ様式を連想させる古代建築物にキラキラ輝く球体の取り合わせは何処かシュールな感じ《090707撮影》

 いよいよ開封し、取り出したフィルムのかかった新品CDの本体・・・ジャケット(というかライナーノーツ表紙)の絵柄、古代ギリシャ建築を連想させる建造物に何やらキラキラ輝く球体が乗っているあたり、何処かシュールで面白い感じがしました。

 

注文したCD本体(裏面)。チェコ語で歌唱した旨の記載は見当たらなかった《090707撮影》

 CD本体を裏返してみたところ。

 曲名とオーケストラ名称、指揮者氏名などが記載されているだけで、何処にもチェコ語による演奏の旨の記載は無し。

CD本体の背表紙部分。ここにもチェコ語で歌唱した旨の記載は見当たらず《090707撮影》

 

 唯一、ライナーノーツ表紙をめくったところに見える曲目・演奏者一覧のところに「Sung in Czech」の表示が見えるだけ。

ライナーノーツ表紙裏面の中に見られた「Suung in Czech」の記載。これがチェコ語で歌っていることを示す唯一の文言といえる《090707撮影》

 それでいて、ライナーノーツ自体は英・仏・独の3カ国語による記載のみとなっていて、「歓喜の歌」の歌詞も含めて、チェコ語による記載は見られませんでした。

 

 そのため、チェコ語版ウィキペディアに掲載されている「歓喜の歌(Óda na radost)」項目内にある”Text”項のところに掲載されているドイツ語とチェコ語による「歓喜の歌」歌詞対訳のところを部分印刷させてライナーノーツに挟み込むという行動に・・・やはり紙に記された(というか印刷された)”ドイツ語=チェコ語”歌詞対訳を見ながら聴くことで、原語で歌われる「第九」と同様に楽しむことが出来ると感じました。

 

 

 それで、今回一聴したマタチッチ指揮による「第九」演奏は1980年6月に当時のチェコスロバキア(現在のチェコ)の首都プラハに於いて行われたもので、合唱をプラハ・フィルハーモニー合唱団が、管弦楽をチェコ・フィルハーモニー管弦楽団が受け持っていました。

 

 全般的な印象として、きらびやかに管楽器をも鳴らし、伸びやかな感じでメロディーラインを歌わせていたような感じでしたか・・・聴き始めたとたん、思わず「おぉ~っ」と歓声を上げそうになりました。

 

 何だか、生きた感じのする・・・とでもいうか、そこに人間がいるかのような「第九」になっていたような感じでしたよ。

 

 そして、いよいよ肝となる終楽章の声楽導入部分・・・印刷しておいた「歓喜の歌」の”ドイツ語=チェコ語”歌詞対訳を見ながら聴いていると、以前このブログでやはり”チェコ語で歌われた「第九」演奏”例として紹介したエーリヒ・クライバー指揮による「第九」演奏(1949年の「プラハの春音楽祭」から)と比べて、ソリスト陣については、ソプラノ・ソロの歌唱が少々くぐもった感じになっていたものの、全体として伸びやか且つ淀みの無い綺麗な歌唱となっていました。

 合唱については、音程に忠実で且つ心のひだを感じさせる見事な歌唱ぶりを見せてくれていました《一つ贅沢を言うならば、声の出し方に於いて、所々で地声っぽい響きがしていたのは私の気のせいだろうか…》。

 

 泥臭いとでもいうか、人間くさい感じのする「第九」演奏であるように感じると共に、当時はまだ「チェコスロヴァキア」という国名で、しかも東欧の共産主義諸国の一つに数えられていながら、一方でこの「第九」演奏の3年前(1977年)には当時の反体制派知識人が人権抑圧に対する抗議などを記した「憲章77」と呼ばれる文書が当時の西側諸国の一つであった西ドイツの新聞紙上に掲載されるなど、共産主義体制に対する反抗の灯火が燻っていたであろう中で行われたこの”チェコ語の「第九」”は、ある意味、遠回しに自由を求めていたのでは、とちょっと強引ながらも、想像してしまうところなのですが・・・

 

 

 とはいえ、人間くさくクリアに歌い上げた「第九」に久しぶりに接することが出来たという喜びを噛みしめている私です(笑)

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加中。各1クリックお願いします!

 

 

【関連記事(ベートーヴェン「第九」ポータル)
ベートーヴェン「第九」演奏動画&音声ファイル&楽譜類を一堂に取り揃え・・・鑑賞、練習の一助に

 

【関連記事(「第九」諸々話)
「第九」の楽譜が無料で手に入る!《オーケストラ用、合唱用とも》
大阪弁で歌う「第九」??
チェコ語で歌う、日本語で歌う・・・・・・原語(ドイツ語)以外で演奏される「第九」
”パヴァロッティのマスタークラス”とベートーヴェンの「第九」・・・・・・「第九」合唱に際しての教訓を探索!?
『”ルチアーノ・パヴァロッティのマスタークラス”と「第九」』の補足書き・・・続いてフルトヴェングラー指揮の「第九」
無料「第九」合唱スコア注意情報と首都圏等の年末「第九」情報・・・「1万人の第九」、「第九ひろしま」各情報も
宇野功芳”歌劇的「第九」”と、電子音楽的「第九」・・・ベートーヴェン「第九」、フルトヴェングラー放送局音源発見も

« 「第九ひろしま2009」(第25回公演)公式発表・・・山下一史、4年連続のタクト。「第九」ソリストは全て外国人歌手で | トップページ | 「1万人の第九(10000人の第9)」合唱指導者3人の動向…独自Webサイト開設者。有元氏は早速担当クラスを発表 »

コメント

私もこの第九は知人から借りて聴いたことがあります。とても生き生きとして人間臭い演奏だったと記憶しています。
ひょっとしたら、こういう演奏は母国チェコ語だからあり得たのかもしれませんね。

 ピースうさぎさん、こんばんは。

 私も同感ですね。
 この演奏が録音された時期に於ける社会情勢を考えれば、わざわざチェコ語(つまり自分たちの言語→母国語)に訳す等の手間をかけてまでして実現させたこの手の「第九」演奏の存在意義は十分あるように感じる次第です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/45578225

この記事へのトラックバック一覧です: ”チェコ語による「第九」”を聴いてみた・・・マタチッチ指揮チェコ・フィル他。1980年6月、プラハにて《廃盤CD!?》:

« 「第九ひろしま2009」(第25回公演)公式発表・・・山下一史、4年連続のタクト。「第九」ソリストは全て外国人歌手で | トップページ | 「1万人の第九(10000人の第9)」合唱指導者3人の動向…独自Webサイト開設者。有元氏は早速担当クラスを発表 »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)