フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 東京「国技館5000人の第九」2009年(第25回)開催分の関連リンク集・・・2010年(第26回)開催分リンク集を兼ねる | トップページ | 特急「サンダーバード」向け新製車両”683系4000番台”10月1日追加投入・・・捻出された485系車両の処遇は? »

東京「5000人の第九」来年開催分(第26回)受付開始・・・韓国人指揮者「張允聖 (チャン・ユンソン)」2度目のタクト

去る7月10日(金)に当方自宅に届いた『第26回国技館5000人の第九コンサート』合唱団員(会員)募集チラシ《表面。指揮者やソリスト陣などの氏名が掲載されている》 去る7月10日(金)に当方自宅に届いた『第26回国技館5000人の第九コンサート』合唱団員(会員)募集チラシ《裏面。募集要項が掲載され、下部3分の1弱の領域が参加(入会)申込書として使われている》

 今年で25年目という節目を迎える広島の「第九ひろしま」(於・広島サンプラザホール)と東京の「国技館5000人の第九コンサート」〔於・国技館(東京・両国)〕・・・尤も25回目の「5000人の第九」は今年2月下旬に既に開催済ですが。

 

 その25回目となる今冬の「第九ひろしま2009」の合唱団員募集が去る7月6日(月)から開始されたのに続き、「5000人の第九」の来年(2010年)開催分となる「第26回国技館5000人の第九コンサート」についても一昨日〔7月10日(金)〕に公式発表が行われ、合唱団員(「国技館すみだ第九を歌う会」会員)募集が開始となりました。

 

 公式発表・・・実は主催者である国技館すみだ第九を歌う会が開設するWebサイト上墨田区のWebサイト上に於いては、現時点で、未だなされていないわけでありますが、去る7月10日(金)に当方自宅にDMとして合唱団員(会員)募集チラシなど書類一式が届いたところから公式発表の事実が確認できたものです《〔090713追記〕”P.S.(2)”欄にてレッスン(練習)スケジュールについても書きました》

 

 

 主催者である国技館すみだ第九を歌う会などが発表したところによると、26回目を迎える来年(2010年)開催分は「2月28日(日)・14時」に、以下に列挙する指揮者並びに「第九」ソリスト陣により開催されることになっています。

ソプラノ:佐藤しのぶ
メゾ・ソプラノ:坂本 朱
テノール:錦織 健
バリトン:福島明也
 
指揮:張 允聖 (チャン・ユンソン)
《合唱指揮:栗山文昭(一般)、北川博夫(ジュニア)

 2年ぶりにテノール独唱を務める錦織健(今度の参加で通算11回目)を除く3人は昨年に引き続いてのソリスト出演となっています。

 そのうち、ソプラノの佐藤しのぶは第22回公演以来5年連続の通算6回目、メゾ・ソプラノの坂本朱は通算4回目、そしてこの「5000人の第九」に於いて合唱指導者を経験してソリストを務めるようになったバリトンの福島明也は第23回公演以来4年連続で通算11回目の、それぞれソリスト出演となります。

 

 また、指揮を務めることになった張允聖は第18回公演で初タクトを執って以来、今度で8年ぶり2度目のタクトとなります。

 外国人指揮者によるタクトは今年開かれた第25回公演に於けるドイツ人女性指揮者ケルスティン・ベーンケに続くものとなりますが、外国人指揮者で通算2回以上指揮台に立つのは張允聖が初めてとなります。

 

 張允聖は1963年12月、韓国ソウル生まれ。
 ソウル大学校音楽大学作曲科卒、同大学校大学院指揮科修了後にウィーンなどに留学してきているわけですが、韓国国内のプロ・オーケストラはもちろんのこと、日本でも東京交響楽団大阪フィルハーモニー交響楽団等と客演を重ねてきており、昨年(2008年)の4月からは大阪音楽大学ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団の首席指揮者に就任、日本の音楽界に於いても馴染み深い存在となっています。

 

 管弦楽を担う「国技館第九コンサート祝祭管弦楽団」の構成方については昨年までと同様”新日本フィルハーモニー交響楽団+(エキストラ奏者)”となっているとみられます《ここのところ地元フランチャイズ・オケである新日本フィルを核とした構成にてすっかり定着してしまっている感がありますね…》。

 

 

 合唱参加(入会)に際して必要な参加登録費(登録料500円込)については昨年と変わらずでありますが、団体参加についてのみ、参加団体の構成員一人一人に事務局から会員証を直接配布すること等を希望する団体のための区分(団体C)が新たに設けられています。

 

 そして、これまでは個人参加で郵便局に備え付けの振替用紙(青色)を使って参加登録費を支払う場合、通信欄に必要事項を全て記入することによって別途入会申込書の送付を不要に出来たわけですが、今度からは別途申込書の送付が必要となっています。

 ただ、その振り込みにより参加登録費を支払った場合の入会申込書の送付方法が「郵便、FAXまたはEメールで」となっているわけですが、郵便とFAXはともかくとして、Eメールというのはどういうことだろう・・・必要事項の全てをメール文面に書いてしまって送信するのか、それとも必要事項を全て記入した入会申込用紙をスキャナで画像ファイルにしてその画像ファイルをメールに添付して送るのか。

 

 仮に私が申し込むとすればFAXかEメールになりそうかな・・・尤も実際に申し込むか否かは未定ですけどね。

 

 あと、今度指揮者として迎えられることになっている張允聖について・・・今から7年前に私が会場内で合唱団の一員として相見えたときには穏やかな印象で、合唱団とのやりとりは英語を使っていたように記憶しています《勿論傍らに通訳の人がついていましたが…》。

 

 尤も8年の時を経て2度目のタクトを執ることになる今度の公演では態度を変えてくることも予想されますが・・・

 

 

 東京「5000人の第九」の来年開催分の合唱団員(会員)募集が始まったことにより、今冬から来年にかけて大阪・広島・東京で開催される3つの大規模「第九」イヴェントは本番に向けて本格的に動き出したことになります《大阪「1万人の第九」については既に合唱団員募集を終了、現在はオーケストラ楽団員の一般公募のみ》。

 

 暑くなる一方ですが、気持ちだけは年末期以降の「第九」フィーバーへと向いている状態です(爆)

 

 

P.S.(追記)
 もう一つ、「申込締切」について昨年までと異なる扱いとなっていることがわかりました。
 今年開催の「第25回5000人の第九」までは「定員になり次第締切」とあるだけでしたが、今度募集を開始した来年開催分(第26回5000人の第九)については・・・

2009年12月25日(金)
※ 但し定員に満たない場合は2010年1月15日まで

とあるのが見えました。
 「5000人の第九」合唱参加の申込締切日として具体的な日付を設定してくるのは、少なくとも私の記憶の中では、今回が初めてのような気がします。

 具体的な日付で申込締切を設定することで運営面でメリハリを持たせようとする狙いがあるのかも知れませんね。

 なお、今度発表された「第26回国技館5000人の第九コンサート」募集要項のうち、今回の記事で書ききれなかった内容については本文最初に掲載してある募集チラシ画像(裏面;「見本」のすかし文字が入っているものです)をクリックの上、ご参照頂ければ幸いです。

 

 

第26回国技館5000人の第九コンサート・練習予定表(2009年10月~12月)。今回から練習カリキュラムが「第九ひろしま」のそれに似た感じとなっている

P.S.(2)〔追記;090713〕
 年内〔9月24日(木)の「発会式」から12月18日(金)の「歌い納め」まで〕に行われるレッスン(練習)についてですが、今回から時期によって「パート練習」と「合同練習(混声練習?)」に分けられています。
 10月から11月にかけては1パートあたり1時間の「パート練習」が、12月には全パートが一堂に会して開かれる「合同練習」が組まれています《詳しくは左の画像をクリックしてご参照を》。

 このあたり、「第九ひろしま」のレッスン・カリキュラムによく似た印象を受けます《ちなみに「第九ひろしま」の本番に向けてのレッスンでは、9月~10月は「パート別練習」が、11月~12月は「混声練習」が、それぞれ組まれています》。

 なお、レッスン(練習)会場については、従前通り、年内は墨田区内のみに設定されています《国技館裏手にある江戸東京博物館ホールをメイン会場に、「発会式」などは墨田区役所内すみだリバーサイドホールで行われることになっています》。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加中。各1クリックお願いします!

 

【関連記事〔「第26回5000人の第九」(2010年開催)関連〕
【東京「5000人の第九」】公式サイト(5000dai9.com)上から問合せ、資料請求等される方へ《+Webメールのこと》
東京「5000人の第九」の今年公演分(第25回)を収録したビデオクリップを発見・・・海外大手通信社Webサイトにて
「第26回5000人の第九」公演チケット、11月19日前売開始──墨田区など発表、「ぴあ」でも《ネット配信のことも》
「第26回国技館5000人の第九コンサート」(東京・両国=国技館)の私なりの印象を──合唱参加者レポートから

 

【関連記事〔「5000人の第九」2009年以前(2011年以降)分〕
東京「国技館5000人の第九」2009年(第25回)開催分の関連リンク集・・・2010年(第26回)開催分リンク集を兼ねる
東京「国技館5000人の第九」2010年(第26回)開催分の関連リンク集・・・2011年(第27回)開催分リンク集を兼ねる

« 東京「国技館5000人の第九」2009年(第25回)開催分の関連リンク集・・・2010年(第26回)開催分リンク集を兼ねる | トップページ | 特急「サンダーバード」向け新製車両”683系4000番台”10月1日追加投入・・・捻出された485系車両の処遇は? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/45605100

この記事へのトラックバック一覧です: 東京「5000人の第九」来年開催分(第26回)受付開始・・・韓国人指揮者「張允聖 (チャン・ユンソン)」2度目のタクト:

« 東京「国技館5000人の第九」2009年(第25回)開催分の関連リンク集・・・2010年(第26回)開催分リンク集を兼ねる | トップページ | 特急「サンダーバード」向け新製車両”683系4000番台”10月1日追加投入・・・捻出された485系車両の処遇は? »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)