フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 【「第27回1万人の第九」レッスン記;1】「第九」終楽章の”第1部”全部をレッスン《「練習番号M」の終わりまで》 | トップページ | 山陰本線余部鉄橋の裏側・・・保線区員命がけの活躍、国鉄終焉直前の「みやび」転落事故《「鉄道の日」1ヶ月前に寄せて》 »

ドホナーニ=クリーヴランド管によるベートーヴェン「第九」・・・テラーク、1985年録音。カラヤンを連想させるクリアさ

 今朝方、ネットサーフィンしていると、九州は福岡県飯塚市にある嘉穂劇場でここのところ毎年開かれてきている「嘉穂劇場第九」の今冬開催分”嘉穂劇場第九 其ノ六”公演案内(兼合唱団員募集案内)が掲載されているのが見えました。

 で、その公演期日をみると「12月5日(土)」とあり、しかも17時開場で18時開演・・・見事「1万人の第九」総合リハーサルと時間帯も含めてバッティング。

 

 う~ん、どこかのテレビかラジオでこの公演の模様を伝えてくれないものか・・・・・・芝居小屋での「第九」を一度体験(聴衆の一人として→昨年4月末に東京の歌舞伎座にて)しているだけに、比較の意味で興味を抱いている私です。

 

 

 というわけで、今回はベートーヴェン第九(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱付”)」演奏を収めた映像(動画)の紹介といきましょう。

 

 

 今回は久しぶりにCDからとみられる”動画”の紹介となります《正確にはCD音声と画像スライドショーの組み合わせ》。

 

 取り上げますのは、1985年にアメリカ=オハイオ州クリーヴランドで録音され、同地発祥の「テラーク(Telarc)」レーベルによってCD化された、クリストフ・フォン・ドホナーニ指揮クリーヴランド管弦楽団及び合唱団によるベートーヴェン「第九」演奏です。

 

 収録・公開範囲は第4楽章(終楽章)全部で、3つの”動画”に分割される形で『YouTube』に投稿&公開されています。

 

 そして、映し出されているのは、この演奏を収めたテラークCDのジャケット(というかケースに封入されているライナーノーツ表紙)の表と裏、CD本体〔レーベル面〕、「第九」の歌詞(ドイツ語と英語の対訳形式とみられる)の3つの静止画像(画像枚数にしたら5~6枚)なのですが、このうちの「第九」歌詞のみ3本の”動画”全てに収められていて、ジャケット表裏は1本目・2本目各”動画”に、そして中に入っているCD本体は1本目”動画”のみに収められています。

 

 指揮者を含めた出演者は以下の通りとなっています。

ソプラノ:キャロル・ヴァネス
メゾ・ソプラノ:ジャニス・テイラー
テノール:ジークフリート・イェルザレム
バリトン:ロバート・ロイド

合唱:クリーヴランド合唱団
管弦楽:クリーヴランド管弦楽団
指揮:クリストフ・フォン・ドホナーニ

 

 クリーヴランド管弦楽団といえば、あのジョージ・セルが徹底的に鍛え上げたことで知られているところですが、ユニヴァーサル・クラシックWebサイト内に掲載されているテラーク・レーベル25周年記念特設ページによると、この演奏で指揮をしたドホナーニの時代にクリーヴランド管弦楽団はセルの時代を凌ぐ第2期黄金時代の到来と評価されることもあったそうな。

 

 訳あって、私自身、一時期アメリカのオーケストラを殆ど聴かなかったこともあり、正直このコピーにはピンとこないものがあるのですが〔”訳”というのは私自身の内面の問題であり、なにもCDや音楽に原因があるわけではないのですが…〕、今回の「第九」演奏をつまみ食い的に聴く限りでは、カラヤンのごとく透き通った感じで、それでいてノンレガート調のドライな印象、けれどもここぞというところはアタックをかけるなどツボを押さえた演奏・・・そんなところでしょうか。

 

 出だしを聴いたところで、カラヤンを連想させるクリアな歌い出しに思わずビックリでした。

 

 そして、4人のソリスト陣、さすがは名手揃いとでもいいますか、各人それぞれの役割をきちんと果たしているとでもいうか、きちんと音程を捕まえ、そこに想いを込めて歌い上げているような感じでした。

 

 コーラスはというと、若干荒削りな感じもしないでもなかったのですが、エネルギッシュな感じで、それなりに音の粒はそろっていたような印象でした。

 

 

 それでは、以下列挙の3本の”動画”(というか「演奏音声+画像スライドショー」)を順次再生してみてください。


Beethoven: Symphony No. 9 ('choral') Op. 125: 4th Mvt, part 2
《2度目のレチタティーヴォから》


Beethoven: Symphony No. 9 ('choral') Op. 125: 4th Mvt, part 3
《”練習番号M”終了直後の「Seid umschlungen,~」から》

 

 今回のドホナーニ=クリーヴランド管の「第九」、安心して聴けるほどのクオリティの高さを備えていますし、テンポの取り方など至極真っ当な感じがして、合唱練習用としても安心して使えそうな印象ですね。

 

 

【おことわり】
 動画共有サイト(『Google Video』、『YouTube』等)に投稿・公開されている動画については、今後、投稿者或いは運営サイドの判断等により削除される可能性がありますことを予めご承知おき下さい。

 

 

P.S.
 別の音楽作品の演奏を評論しているWebページになりますが、『大作曲家7人の交響曲第7番を聴く ドヴォルザーク篇ドホナーニ指揮クリーヴランド管』というページの後半部分にクリストフ・フォン・ドホナーニのことがまとめられている項目があり、これによると、ドホナーニが奏でる音楽は”理知的”である一方で内側に秘めた情熱をも感じられるとのこと。

 このWebページに記述されている文章を一通り読んでみた後、今回のベートーヴェン「第九」演奏もまさしくその通りの構築法になっているな、と私自身納得したものです。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加してます

 

【関連記事(ベートーヴェン「第九」ポータル)
ベートーヴェン「第九」演奏動画&音声ファイル&楽譜類を一堂に取り揃え・・・鑑賞、練習の一助に

 

【関連記事(「第九」演奏・終楽章のみ)
バーンスタイン指揮によるベルリンの壁崩壊「第九」ライヴ・・・『YouTube』より
南米・ボリビアのオーケストラによる「第九」・・・・・・『Google Video』より
2006年大晦日、東京駅前丸の内ビル(丸ビル)に於ける年越し「第九」ライヴから・・・
1970年「ベートーヴェン・イヤー」に於けるバーンスタイン=VPOによる「第九」・・・・・・『YouTube』より
アニハーノフ=レニングラード国立歌劇場管の「第九」 in オーチャードホール(2003年12月)・・・『YouTube』より
『”ルチアーノ・パヴァロッティのマスタークラス”と「第九」』の補足書き・・・続いてフルトヴェングラー指揮の「第九」
アシュケナージ=N響の「第九」(2005年)・・・・・・「1万人の第九」最新情報及び「第九ひろしま」注意情報も
ワインガルトナー指揮の「第九」レコードコンサート!?・・・「第九ひろしま」&鳴門市「第九」最新情報も
「第九ひろしま2008」早くも第1部ゲストに言及か・・・泰日友好コンサートに於ける「第九」《タイ=バンコクにて》
ヴァーツラフ・ノイマン指揮NHK交響楽団の”N響「第9」演奏会”から(1984年12月)…過去紹介「第九」動画の追記も
東京・歌舞伎座に於ける70年ぶりの「第九」公演、『YouTube』にて一部公開・・・全国どこでも視聴可能
アメリカ・ワシントン州タコマ本拠の「Northwest Sinfonietta」による「第九」・・・終楽章後半のみ
米国UCLA学内オケ&合唱団による「第九」…著名指揮者を輩出した名匠に師事した指揮者の下でストレートに力演
シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ演奏による「第九」・・・1995年2月、ベネズエラ「エル・システマ」の一成果
シモン・ボリバル公園の花火の”「第九」演奏”?…2008年12月、コロンビア=ボゴタに於ける「Monarca shows」にて
ドゥダメル、自らの故郷で”聖母”に捧ぐ「第九」を若者たちと共に・・・ベネズエラ=ララ州バルキシメトの教会にて
「第九」は2国間の和解の証!?・・・2008年12月、ホンジュラス=テグシガルパ市。エルサルバドルの合唱団も迎えて
ベネズエラ音楽界の巨匠エドゥアルド・チバスが指揮してのベートーヴェン「第九」・・・ベネズエラ交響楽団ほか
南米ペルーの首都リマにある大聖堂に響く歓喜の調べ・・・2007年、リマ大聖堂に於けるベートーヴェン「第九」演奏
ヘスス・ロペス=コボス指揮の「第九」、スペインで平和主義と人道主義の響き・・・2005年5月8日、首都マドリードにて
治安悪化の街で平穏な生活を切望する「第九」の響き・・・メキシコ北部、ファレス市立大学(UACJ)学内オケと合唱団
ヴォルケル・アルトゥング指揮による「第九」…2008年4月、シンガポールの芸術系専門学校NAFA創立記念行事にて
クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィルによる「第九」(2000年5月開催の「ヨーロッパ・コンサート」にて)
イタリア生まれの名指揮者ジュリーニがLSOと組んで作り上げた「第九」・・・1972年11月、ロンドン。EMI録音か
香港在住の日本人と中国人のジョイントによる「第九」・・・1995年1月25日、香港大會堂。ブラジル人指揮者の下で
バーンスタイン=VPOによるベートーヴェン「第九」・・・1979年。ジョーンズ、コロらを従えての極上の”人間臭さ”
マンハッタンの東、クイーンズ校の杜の「第九」・・・2008年。CUNYアーロン・コープランド音楽学校教授ペレスの指揮
インマゼール=アニマ・エテルナによるベートーヴェン「第九」──古楽アンサンブルにしてモダンな感じ《兼現況確認》
小澤征爾が長野と世界5大陸の各合唱団を指揮する地球規模の「第九」・・・1998年長野冬季五輪開会式の終わりに

 

【関連記事(「第九」演奏・全曲)
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮の「第九」・・・『YouTube』より
なが~い「第九」、所要時間2時間近く!・・・・・・コブラが指揮する「第九」演奏動画
南仏の世界遺産・オランジュ古代劇場に於けるマズア指揮の「第九」・・・・・・『YouTube』より
まだ”清水市”だった6年前に行われた「第九」・・・・・・静岡市東部本拠の清水フィル演奏
「ギネス級!?」のアマチュア・オーケストラ、横浜交響楽団による「第九」~その1
富士山河口湖音楽祭2007に於ける「第九」公演 & 横浜交響楽団による「第九」・その2」《大阪情報も関連》
今年の『21世紀の第九』(佐渡裕指揮)前売開始へ & 横浜交響楽団による「第九」・その3(終)」《大阪情報も関連》
米国CUNY・アーロン・コープランド音楽学校所蔵(!?)の「第九」・・・「1万人の第九」・「第九ひろしま」の話題も少々」《大阪・広島情報も関連》
トスカニーニ指揮の「第九」・・・2度開かれた鳴門「第九」の話も
カリフォルニア大学デービス校交響楽団他による「第九」(2007年3月11日)・・・ヘンデル『オルガン協奏曲』と共に
リッカルド・シャイー=ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団による「第九」・・・う~ん、惜しい!
オットー・クレンペラー指揮のベートーヴェン「第九」…1964年、英国ロイヤルアルバートホール《+Proms2008情報》
ギュンター・ヴァント指揮による「第九」…【全4楽章フル収録】演奏音声と”ベートーヴェンの肖像画”だけですが
小澤征爾=サイトウ・キネン・オーケストラ(SKO)による「第九」演奏・・・2002年夏のSKFにて?
チョン・ミュンフン=ソウル・フィル(ソウル市交響楽団)による「第九」・・・故郷ソウルでの公演から
ヤンソンス=バイエルン放送響による「第九」・・・2007年、ローマ・カトリック総本山の地にて
ハンガリー生まれの名指揮者フェレンツ・フリッチャイ指揮による「第九」・・・1958年頃録音。カラヤンらを凌ぐ活躍ぶり
「南米のパリ」ブエノスアイレス(アルゼンチン)に響く「第九」・・・トルカチール指揮。会場は過去に「NHKのど自慢」も
譜面上のメトロノーム指示に従った独自解釈の「第九」?・・・レイボヴィッツ=ロイヤル・フィル。1960年代演奏・収録

« 【「第27回1万人の第九」レッスン記;1】「第九」終楽章の”第1部”全部をレッスン《「練習番号M」の終わりまで》 | トップページ | 山陰本線余部鉄橋の裏側・・・保線区員命がけの活躍、国鉄終焉直前の「みやび」転落事故《「鉄道の日」1ヶ月前に寄せて》 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/45072802

この記事へのトラックバック一覧です: ドホナーニ=クリーヴランド管によるベートーヴェン「第九」・・・テラーク、1985年録音。カラヤンを連想させるクリアさ:

« 【「第27回1万人の第九」レッスン記;1】「第九」終楽章の”第1部”全部をレッスン《「練習番号M」の終わりまで》 | トップページ | 山陰本線余部鉄橋の裏側・・・保線区員命がけの活躍、国鉄終焉直前の「みやび」転落事故《「鉄道の日」1ヶ月前に寄せて》 »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)