フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 「第九ひろしま2009」、本日チケット前売り開始・・・1週間後には「1万人の第九」も前売り開始に | トップページ | 【広島から離れた地での「第九ひろしま」のこと;7終】公演会場に於けるスケジュールのこと、そして「あの事」も… »

「1万人の第九」ドキュメンタリーが国際エミー賞大賞ノミネート・・・前半期にも2つの映像祭で受賞(大賞級ノミネート)

 今年で27回目を迎える大阪「サントリー1万人の第九(10000人の第9)」。

 

 この一般公募型大規模「第九」イヴェント(または”巨大な視聴者参加型番組”)の成り立ちについては、このイヴェントに関して詳細に綴った書籍『響け!歓喜の歌声―ドキュメント「一万人の第九」』〔大谷幸三著;TBSブリタニカ(現・阪急コミュニケーションズ)〕が詳しく紹介しているのですが、その中で、イヴェント創始時点に於ける規模からギネスブックへの登記申請を行ったことも記されているものの、現在に至るまで、実際にギネスブックに載ったとの話は聞かれません。

 

 「1万人の第九」を上回る大規模「第九」イヴェントが世界中の何処かで開催されていたとでもいうのだろうか・・・

 

 

 その「1万人の第九」のギネスブックへの登載の知らせが未だに無い中で・・・・・・

 

 

 今年に入ってから、その「万九」に対して国際的な映像メディア関連の賞を幾つか受賞していることが明らかになりました。

 

 正確には「1万人の第九」ドキュメンタリー番組に対してのことなのですが・・・まぁ「1万人の第九」自体が元々テレビ制作を前提とした「第九」イヴェントともいわれていることですから。

 

 だから民間放送事業者(毎日放送、MBS)の主催になっているんだ、ということになってくるわけですが、民間放送事業者の主催と言えば広島「第九ひろしま」も同じであり〔ちなみに中国放送(RCC)主催───それもMBSと同じTBS系列〕、だから「第九ひろしま」も「万九」に続けとばかりに・・・という論法へとつながってしまいそうなところですが〔えっ、違うってか…〕、まぁ賞を狙うことにこだわる必要は無いにせよ、最低限文化の灯火だけは絶やしてほしくないところです《というか、何らかの賞の受賞云々は、進歩させるべく絶えず努力且つ工夫することで、自然と結果としてついてくるものですから》。

 

 

 それはさておき、毎年「1万人の第九」の公演終了後、例年12月下旬の天皇誕生日(12月23日)あたりにJNN系列基幹局(TBS、MBS等5局)限定ネットで放映されてきている「万九」ドキュメンタリー番組とは別に、昨年(2008年)開催分の第26回公演に於いては今年初めにも改めて「万九」ドキュメンタリー番組が放映されていたわけでありますが、その際に英語版も同時制作されていたのだそうで〔それにしても、いったい何処で放映されていたんだろう・・・〕、その英語版ドキュメンタリー「ODE TO JOY: 10.000 VOICES RESOUND!」が、今年前半期(1~6月)の間に・・・

 

ワールドメディア・フェスティバル2009
 《WorldMediaFestival2009》  →金賞

US国際映像祭
 《US International Film & Video Festival 》
             →大賞ノミネート(金賞)

 

という成果を上げていたことが判明、こうした国際的な評価を得たことは、少なくとも私自身が初めて「万九」に合唱参加した1990年から今日に至るまでの間、一度も無かったように記憶しています《尤も”受賞”という形態に限定しなければ、第1回公演(1983年、イヴェント創始年)終了後、その第1回公演の模様がアメリカ、当時の西ドイツ、そしてオーストリアに於いても報じられたというケースはありますが…》。

 

 そして、去る10月7日には国際テレビ芸術科学アカデミー(本部…アメリカ=ニューヨーク市)が主催する国際エミー賞の芸術番組(Arts Programming)部門で国際エミー賞ノミネートを受けていることが報じられました《→『毎日放送「1万人の第九」が国際エミー賞に入賞』;日本国内の報道では「国際エミー賞に入賞」となっているが、主催する国際テレビ芸術科学アカデミーの公式Webサイトを見ると「2009 INTERNATIONAL EMMY AWARD NOMINEES」(国際エミー賞候補作)という表記になってるのが見える》。

 

 今年の国際エミー賞芸術番組部門には、日本の「1万人の第九」英語版ドキュメンタリー「ODE TO JOY: 10.000 VOICES RESOUND!」の他、ブラジル、英国、ポーランドの各放送局から出品された番組作品もノミネートされていて、11月23日に受賞作が発表されるとのこと。

 

 この国際エミー賞に関しては、日本の放送局が出品した番組作品では1999年(第29回)に同じく毎日放送が制作したドキュメンタリー番組『映像90 ~ふつうのままで』がドキュメンタリー部門で大賞を受賞しているものの、その後は日本から大賞受賞作は出てきていません。

 

 ただ、この賞の傾向として、受賞作の多くをイギリスの放送局が制作した番組作品で占めているともいわれていて、今回「1万人の第九」英語版ドキュメンタリーがノミネートされた芸術番組部門にもイギリスで制作された番組作品(→作品名『The Mona Lisa Curse』。どうやら名画『モナ・リザ』をメイン素材として取り上げたドキュメンタリーのようです)がしっかりノミネートされているあたり、11月23日に発表される大賞受賞作で果たして日の目を見ることが出来るのか、気になるところです。

 

 参考までに、年の前半に受賞が判明した前記2つのフェスティバルの類についても、実はそれぞれのフェスティバルの類に於ける大賞級へのノミネートも兼ねていたわけですが、何れも大賞級の受賞はなりませんでした。

 

 

 果たして「1万人の第九」は、番組作品として、世界中からの注目を集めるのか否か・・・約1ヶ月半後に注目しましょう。

 

 

P.S.
 年の前半に「1万人の第九」英語版ドキュメンタリー「ODE TO JOY: 10.000 VOICES RESOUND!」が大賞受賞作にノミネートされた2つのフェスティバルのうちの一つ、ワールドメディア・フェスティバル2009に関しては『ユニ通信 2009年5月21日(木)No.5424』にその全結果(但し日本からの出品作品中心の紹介となっていますが…)が発表されていて、日本からはNHK制作の「NHKスペシャル 激流中国 病人大行列 ~13億人の医療~」を初め3作品が部門別大賞(グランド・アワード)を獲得した他、「ODE TO JOY: 10.000 VOICES RESOUND!」と共に大賞にノミネート(金賞受賞)されながら惜しくも受賞を逃したドキュメンタリー部門の作品には、他にNHKが制作した「特集 心に響け いのちの授業」(ジャンル「Human Relations and Values」)と「NHKスペシャル ミラクルボディー 第1回 アサファ・パウエル 史上最速の男」(ジャンル「Sports and Activities」)の2番組作品などが入っていました。

 公共放送の制作した作品と対等に渡り合えるくらいのレヴェルにあったということでしょうか、「1万人の第九」というイヴェントそしてドキュメンタリー番組というのは。

 そうだとすれば、この「1万人の第九」で「第九」合唱キャリアをスタートさせたものの一人として、誇り高く感じるところですね。

 まぁ実際のところはどうなのか、定かでありませんが(爆)

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加中。各1クリック願います!

 

【関連記事(「1万人の第九」ドキュメンタリー番組)
国際エミー賞、「1万人の第九」ドキュメンタリーは受賞ならず──最優秀賞作品発表。コメディ部門でNHK番組が受賞
ベートーヴェン「第九」三昧の2日間───「N響『第9』演奏会」に「『1万人の第九』ドキュメンタリー」…
大阪「サントリー1万人の第九」ドキュメンタリー番組、石川県内でも──北陸放送。JNN基幹局5局以外では初?
「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」ライヴ収録DVD届かず───公演翌日にPCからFaxにて注文

 

【関連記事(「第27回1万人の第九」レッスン記)
【1】「”第1部”の終わり(練習番号M)まで」
【2】「”第2部”を越えて”二重フーガ”のところまで」
【3】「”二重フーガ”をみっちり。”佐渡練”日時も通告」
【4】「『第九』終わりまで到達。リハ公開チケット発売告知も」
【5】第1部楽曲初練習と「第九」”シャッフル”練習
【6】「有元クラス名物”お温習い会(発表会)”〔「第九」全体お温習い〕」
【佐渡練】手をつなぎ肩を組み…ストーリーを音楽作りに反映させるため

 

【関連記事(その他「第27回1万人の第九」関連)
「第27回サントリー1万人の第九」スタッフミーティング・・・水面下レヴェルで始動か
「第27回サントリー1万人の第九」公式発表(公式サイト更改)・・・PC&携帯同時にアップ
「第27回サントリー1万人の第九」レッスンクラス一覧、PCサイト上でアップ確認《090516正式発表(募集要項含む)》
大阪「1万人の第九(10000人の第9)」、5月初め頃に募集パンフ配布か・・・モバイル版公式サイトは今朝更改確認
「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」合唱団員募集要項、新聞に掲載・・・5月29日(金)付夕刊紙上
エントリー済ませました・・・「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」、早速第1部ゲスト出演者も発表
アマチュア奏者(アマチュア・オケ団員等)にもチャンス!?・・・「第27回サントリー1万人の第九」オーケストラ団員公募
「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」オーケストラ団員公募で募集人員明らかに・・・読売新聞報道から
「1万人の第九(10000人の第9)」合唱指導者3人の動向…独自Webサイト開設者。有元氏は早速担当クラスを発表
6日経ってようやく結果開封・・・「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」抽選結果発表のこと
「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」応募者数公表・・・「13,715人」、減少傾向に歯止めか
「第九ひろしま2009」、本日チケット前売り開始・・・1週間後には「1万人の第九」も前売り開始に
「第27回サントリー1万人の第九」公演本番まで残り丁度2週間──ようやく出演者用座席券券面に視線を向けた私
「第27回サントリー1万人の第九」開催報道のこと──昨年までとはちょっと違うその動きをつい気にしてしまう私

 

【関連記事(「第26回1万人の第九」以前分関連)
大阪「サントリー1万人の第九」2008年開催分(第26回公演)の関連リンク集

 

【関連記事(「第28回1万人の第九」以降分関連)
大阪「サントリー1万人の第九」2009年(第27回)開催分の関連リンク集…2010年(第28回)開催分リンク集を兼ねる

« 「第九ひろしま2009」、本日チケット前売り開始・・・1週間後には「1万人の第九」も前売り開始に | トップページ | 【広島から離れた地での「第九ひろしま」のこと;7終】公演会場に於けるスケジュールのこと、そして「あの事」も… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/46454978

この記事へのトラックバック一覧です: 「1万人の第九」ドキュメンタリーが国際エミー賞大賞ノミネート・・・前半期にも2つの映像祭で受賞(大賞級ノミネート):

« 「第九ひろしま2009」、本日チケット前売り開始・・・1週間後には「1万人の第九」も前売り開始に | トップページ | 【広島から離れた地での「第九ひろしま」のこと;7終】公演会場に於けるスケジュールのこと、そして「あの事」も… »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)