フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 第3セクター「北条鉄道」、社長と鉄道部長を全国公募・・・背景に社内不祥事。そして北条線廃線の危機にも? | トップページ | 名松線「家城~伊勢奥津」間、部分廃止へ・・・先月の台風18号襲来による被害甚大。収支(営業)係数「2000」 »

【「第27回1万人の第九」レッスン記;4】「第九」終楽章合唱部分、全て終了。リハーサル公開チケット発売告知も

【←3回目記事へ】

 大阪「サントリー1万人の第九(10000人の第9)」公演本番に向けての、我が「大阪5」クラスの授業も昨日分で4回目、つまり後半へと入りました。

 

 同じく昨日からは来年の年賀状発売も始まり、年の瀬が近いことをじんわりと感じさせられるところです。

 

 

 昨日もレッスン開始時刻の1時間弱前に自宅を出てJR線上の自宅最寄り駅から天王寺・新今宮を通って大阪に向かうという定番ルートでレッスン会場へ・・・

レッスン会場への往路のきっぷ。「2917」の刻印(というか印字)が見える

 

 会場到着時、受付デスクで私の担当パートであるテノールについての告知を促され、昨年と同じく高音域(テノール1)を申告。

レッスン会場(梅田東学習センター体育館)の正門前にて。この日はすぐ前の狭い道路が車の列でいっぱいの状態だった

 本番が目の前に来ていることを実感させられるひとときでもありました。

 

 場内に入ってみると体操の真っ最中で、続いて泳ぎの動作体操へと移り、私は椅子の並べられているエリアのすぐ後ろのに移動してその泳ぎ動作体操から参加しました《”クロール”や”平泳ぎ”などと共に、”犬かき”や”日本泳法”までも登場しました》。

会場入りしたときには背伸びをしていた途中だった。このあと泳ぎの動作体操があり、私自身はそこから参加した

 

 泳ぎ動作体操に続く顔の体操では、いつものように「サントリー」や「キリン」などが登場しましたが、「一番搾り」のあとには「一番星見つけた」も登場し、場内が少し沸き立ちました。

 

 これに続く発声練習では例によって「マメマメ~」や「隣のビヤガーデン」により行われたのですが、その際、弧を描きながら前のほうに一気に響かせるような感じで声を出すよう具体的なアドバイスがありました《この書き方が適当かどうかちょっと自信ありませんが…》。

 

 発声練習が終わると全員着席となり、椅子席エリアの後ろで待機していた私たちは一斉に空席を目指しました。

 

 私も前回に引き続いてバス・パート領域との境界線沿いで空席を探し〔少しの勇気を振り絞って!?〕、今回は中ほどくらいのバス領域との境界線つまり通路側に空席を見つけることが出来ましたので、そこに腰掛けてレッスンを受けることが出来ました。

 

 

 本題である「第九」レッスンは”練習番号S”の箇所から始まり、ついに曲全体の最後まで到達となりました。

 

 ”練習番号S”の箇所───歌詞でいえば「Deine Zauber Deine Zauber …」で始まる箇所なのですが、すぐ前の人が開いていた楽譜の譜面から確認できました(ぉぃ)

 

 で、ご存じのように、この後に控える「Alle Menschen Alle Menschen Alle Menschen …」の節に向かってクレッシェンドしながら歌うところから始まっていますが、このクレッシェンドの仕方について、声を出す強さを変えながら歌っていては遅れてしまう、ということで、声の出し方とブレスの仕方を組み合わせてクレッシェンドしていくやり方をアドバイスされ〔ちょっと書き方に自信なし・・・でもこんな感じでした〕、やってみると、割と楽にクレッシェンドしながら歌うことが出来て、妙に納得の私・・・

 

 そして裏拍始まりとなっている「Alle Menschen Alle Menschen …」のところについては、先生が”タンタン タンタン タンタン タンタン ダダダン”に続いて入る形(考え方?)をアドバイスされるも、これは私もちょっと苦戦でした。

 

 今まで慣れてきた形とは違うものだから、頭の中でイメージとして繋がらず、結果悪戦苦闘という有様・・・

 

 そのあと、2度目の「Deine Zauber Deine Zauber …」のあたまのところでも念入りなチェック。

 

 各パート毎にそのあたまの部分の音程を出させていたのですが、ことに私たちテノールと女声のアルトに於いては念入りにやられました《バス・パートもやっていたかな・・・よく覚えていないし》。

 

 パート内で小分けされ、その中で順次歌わせていたわけですが、私の座っているところはテノール領域の中で一番最後に順番が回ってきて、少人数なものだから、私は撃沈・・・あぁ恥ずかし。

 

 一方で、アルトでは一番最後で椅子席の後ろで一人立っていた人が果敢に声を出し、その澄み切った感じの声にクラス生の間から拍手が巻き起こっていました。

 

 

 そしていよいよ最後のプレスティッシモ、いわゆるフィナーレの部分へ。

 

 ここは、オペラや演劇でいえば出演者総出で歌い上げたりするところであり、いわば締めくくりの場所、との講義がありました。

 

 まさしく”フィナーレ”にふさわしい部分・・・物語の締めくくり。

 

 で、ここでは「über'm Sternenzelt Muß ein lieber …」のところで少し念入りにチェックが。

 

 リズムの形が大まかに2通りに分かれていて、私たちテノールとソプラノが「ターカタッカッ・ターカタッカッ」という形態であるのに対してバスとアルトが「タカタカ・タカタカ」という形態に。

 

 ここで、このリズム形態などに注目した有元先生は、ちょっとしたイタズラを───というのはちょっと適当ではないかもしれませんが、アルトには「ガミガミガミガミ…」と、バスには「オイコラオイコラ…」とそれぞれ先に歌わせ、その次に本来の歌詞を付けて歌わせるという試みをしたのですが、これには場内から笑い声も・・・

 

 「über'm Sternenzelt Muß ein lieber …」の歌詞があてがわれている箇所に於いて、上のほうで「ターカタッカッ・ターカタッカッ」と軽やかに歌っているその下で「タカタカ・タカタカ」と足踏みするが如くに歌っている───この構造を考えてみたとき、前記の有元先生の試みはなかなか面白く感じると共に、ある意味的を得ているような感じがしないでもないところですが・・・どんなものでしょう。

 

 それはさておき、その後はというと、「der ganzen Welt」という一節を繰り返しながらソプラノを除いた3パートが目まぐるしく音程を上下させるところ(902小節目くらいに至るまでの7~8小節分)で声の出し方・響かせ方のチェックが入った程度かな。

 

 そして終わり近くのマエストーソのところ(歌詞でいえば「Tochter aus Elysium」)では、「きらびやかな装飾を施した殿堂の中にいる」ような感じで歌うようにとの講義があり〔このような言い方だったように何となく記憶…〕、それに続く一番最後の「Freude, schöner Götterfunken」の箇所では恐い顔になってしまわぬよう改めて注意が飛びました。

 

 これにて「第九」終楽章に於ける合唱部分は終わりまで到達したことになり、残る約20分間を使って、お温習いをかねて、全員起立にて合唱部分を全て通しました。

 

 これまでの4回分習ったことを少しでも思い出しながら私も合唱に加わったつもりですが、なかなか思い出せぬまま曲は進むばかり・・・

 

 有元先生のバリトン・ソロ(時に他のソロも演じていた)に寄り添われながら、途中2回ダメ出しでストップをかけられたものの〔たいしたものではなかったが…〕、ひととおり通すことが出来、この日のレッスンは幕となりました。

 

 

 と、ここまで昨日のレッスンのことを一気に書いてきましたが、最後に休憩時のことを少し。

 

 休憩に入る前、スタッフの一人が壇上に上がり〔どうやらこの日のとりまとめ役らしい…〕、去る10月17日(土)に始まった公演チケットが即日完売となったことを受けて今年も本番前日の総合リハーサルを公開することとし、そのためのチケットを発売する・・・との説明がありました。

 

 そして、今年の公開リハーサルのチケットは「ローソンチケット」に於ける取り扱いとなる、と告知すると共に、そのための案内チラシを作っているが配布は次回レッスン時になってしまうので・・・というわけで、口頭にて受付電話番号が告げられると共に、後方に置かれている連絡用ホワイトボードの両面に掲示されているリハ・チケットの販売要項にも受付電話番号が筆書されているのが見えました〔勿論販売要項自体は印刷された掲示物になっていますが、受付電話番号だけが抜けていました(電話番号がわかる前に作っていたからだと思うけれど…)〕。

<会場内後方に設置されたホワイトボードの後方(玄関)側。公開リハのチケット案内と共に「5クラスのクラス生以外お断り」の旨の張り紙も初めて目にした

 

 またこの日はホワイトボードの右横にも小さな縦型ボードが設置され、そこにもリハ・チケットの販売要項などが掲示されていました。

<連絡用ホワイトボードと配布物デスクのセットの右横に縦型ボードも見える

<縦型ボードに掲示された公開リハのチケット案内とインフルエンザ感染についての注意書き

 

 リハ・チケット販売の告知と共に、玄関ホール横の場内出入口には補習授業(特別補習レッスン)の告知もなされているのが見えました《我が「大阪5」クラスにも20人の枠が割り振られているみたいですが、休憩時点では1人の申し込みもありませんでした;ちなみに日時は「12月1日(火)・18:15~」で、会場は我が「大阪5」クラスのレッスン会場でもある「梅田東学習センター体育館」となっています》。

<特別補習レッスン(補習授業、補講)の案内と申込記入欄。この時点では一人の申し込みも無かった

 

 なお、休憩時ではありませんが、この日のレッスン終了時に公演終了後の打ち上げ(有元クラス合同)の話があったみたいですが、私はそれを振り切るかのようにさっさと家に帰りましたww・・・尤も私だけでなく20~30人ほどのクラス生たちも同じようにさっさとレッスン会場をあとにしていましたが。

 

 

 というわけで、大阪からは京橋・放出経由で家路についた私なのでした───おおさか東線を経由するルートは復路の定番となってます(笑)

<レッスン会場からの復路で使ったきっぷ。「2920」の刻印(というか印字)が見える

 

 次回(5回目授業)は11月12日で、「第九」合唱部分全体のお温習いと細部のダメ出しが行われることになると思いますが、ここで有元クラス名物の”シャッフル”がいよいよ実行されるみたいです《先生から告知有り》。

 

 私自身にとってはまた一試練となりそうな予感・・・

 

 

P.S.
 本文の終わり近くで記しました、本番前日の総合リハーサルの公開に際して発売されるチケットの詳細についてはこちらからご覧下さい合唱参加者のみこのチケットの予約申込が可能です》。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加中。各1クリック願います!

 

【関連記事(「第27回1万人の第九」レッスン記)
【1】「”第1部”の終わり(練習番号M)まで」
【2】「”第2部”を越えて”二重フーガ”のところまで」
【3】「”二重フーガ”をみっちり。”佐渡練”日時も通告」
【5】第1部楽曲初練習と「第九」”シャッフル”練習
【6】「有元クラス名物”お温習い会(発表会)”〔「第九」全体お温習い〕」
【佐渡練】手をつなぎ肩を組み…ストーリーを音楽作りに反映させるため

 

【関連記事(その他「第27回1万人の第九」関連)
「第27回サントリー1万人の第九」スタッフミーティング・・・水面下レヴェルで始動か
「第27回サントリー1万人の第九」公式発表(公式サイト更改)・・・PC&携帯同時にアップ
「第27回サントリー1万人の第九」レッスンクラス一覧、PCサイト上でアップ確認《090516正式発表(募集要項含む)》
大阪「1万人の第九(10000人の第9)」、5月初め頃に募集パンフ配布か・・・モバイル版公式サイトは今朝更改確認
「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」合唱団員募集要項、新聞に掲載・・・5月29日(金)付夕刊紙上
エントリー済ませました・・・「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」、早速第1部ゲスト出演者も発表
アマチュア奏者(アマチュア・オケ団員等)にもチャンス!?・・・「第27回サントリー1万人の第九」オーケストラ団員公募
「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」オーケストラ団員公募で募集人員明らかに・・・読売新聞報道から
「1万人の第九(10000人の第9)」合唱指導者3人の動向…独自Webサイト開設者。有元氏は早速担当クラスを発表
6日経ってようやく結果開封・・・「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」抽選結果発表のこと
「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」応募者数公表・・・「13,715人」、減少傾向に歯止めか
「第九ひろしま2009」、本日チケット前売り開始・・・1週間後には「1万人の第九」も前売り開始に
「1万人の第九」ドキュメンタリーが国際エミー賞大賞ノミネート・・・前半期にも2つの映像祭で受賞(大賞級ノミネート)
「第27回サントリー1万人の第九」公演本番まで残り丁度2週間──ようやく出演者用座席券券面に視線を向けた私
国際エミー賞、「1万人の第九」ドキュメンタリーは受賞ならず──最優秀賞作品発表。コメディ部門でNHK番組が受賞
「第27回サントリー1万人の第九」開催報道のこと──昨年までとはちょっと違うその動きをつい気にしてしまう私
ベートーヴェン「第九」三昧の2日間───「N響『第9』演奏会」に「『1万人の第九』ドキュメンタリー」…
大阪「サントリー1万人の第九」ドキュメンタリー番組、石川県内でも──北陸放送。JNN基幹局5局以外では初?

 

【関連記事(「第26回1万人の第九」以前分関連)
大阪「サントリー1万人の第九」2008年開催分(第26回公演)の関連リンク集

 

【関連記事(「第28回1万人の第九」以降分関連)
大阪「サントリー1万人の第九」2009年(第27回)開催分の関連リンク集…2010年(第28回)開催分リンク集を兼ねる

« 第3セクター「北条鉄道」、社長と鉄道部長を全国公募・・・背景に社内不祥事。そして北条線廃線の危機にも? | トップページ | 名松線「家城~伊勢奥津」間、部分廃止へ・・・先月の台風18号襲来による被害甚大。収支(営業)係数「2000」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/46623882

この記事へのトラックバック一覧です: 【「第27回1万人の第九」レッスン記;4】「第九」終楽章合唱部分、全て終了。リハーサル公開チケット発売告知も:

« 第3セクター「北条鉄道」、社長と鉄道部長を全国公募・・・背景に社内不祥事。そして北条線廃線の危機にも? | トップページ | 名松線「家城~伊勢奥津」間、部分廃止へ・・・先月の台風18号襲来による被害甚大。収支(営業)係数「2000」 »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)