フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 海外ネットラジオのこと──”ネット・エアチェック”で複数個の音声ファイルが生成された際に役立つソフトウェア | トップページ | 「ふるさと行きの乗車券」年末年始に向けて発売──JR東日本、旧国鉄制定「特定都区市内」制度の仕組みを応用? »

「第九ひろしま2009」合唱団員証等、手元に届く──締切日ギリギリにFAX送信にて申込《「MLながら」のことも》

一昨日私の自宅に届いた中国放送(RCC)からの郵便物(表面)。申込合唱パートと団員番号がラベル下部に記載されている《091108撮影》 一昨日私の自宅に届いた中国放送(RCC)からの郵便物(裏面)。「第九ひろしま」企画・運営を担う部署である事業部のゴム印入り《091108撮影》

 先日掲載の『バーンスタイン=VPOによるベートーヴェン「第九」・・・1979年。ジョーンズ、コロらを従えての極上の”人間臭さ”』という記事の前置きのところで、大阪「1万人の第九」の2週間後に開催予定の広島「第九ひろしま」今冬開催分(第25回…第九ひろしま2009;公演期日「12月20日」)への合唱参加を、締切日(11月1日)当日の夜間にFAX送信(+インターネット経由の参加費払込)により申し込んだことをお話ししましたが、それに対する返事が一昨日届きました。

 

 

中国放送(RCC)から届いた郵便物の中身。「合唱団員証」のほか公演チラシ、レッスン会場一覧など書類一式が封入されていた《091108撮影》

 昨年に引き続き、本当にギリギリの申し込みだったにもかかわらず受理してくれたみたいで、折り返し「合唱団員証」(首掛け式)を初めとする資料一式が無事送られてきました《中国放送さん、いつもスミマセン・・・》。

 

 その中の「合唱団員証」についてですが、そこに刷り込まれている団員番号は1200番台を付けていました。

 

 昨年(2008年)同じく締切日ギリギリに申し込んだ際には1000番台を付けていましたので、もしかすると今冬の合唱団規模は昨年を上回る可能性有りですね《ちなみに昨年開催分(第24回、第九ひろしま2008)では合唱団員数1300人余りと報じられていました》。

 

 

 それと、先般このブログで全7回構成の『広島から離れた地での「第九ひろしま」のこと』を書いてきており、そのうちの第4回記事『首都圏から合唱参加する際の広島までの”足”(続;”18”のことも)』のところで首都圏からの合唱参加を「青春18きっぷ」を使って出来るのかどうかを検証したわけですが、その際に前提条件として”公演2日前(12月18日)に東京駅を発車する臨時夜行快速「ムーンライトながら(MLながら)」が運転されること”を提示しました。

 

 この「ムーンライトながら」運転日について、去る10月16日付けでJRグループ旅客6社から一斉に発表された今冬季〔12月1日(火)~2010年2月28日(日);90日間〕の臨時列車運行計画のうちのJR東日本JR東海から発出されたリリース文の中で、今夏に引き続いて今冬も以下記載の日程で夜行快速「ムーンライトながら」を運転することが発表されています《下記運転日は何れも始発駅基準にて表記》。

 

【下り(東京→大垣)】
12月11日~2010年1月17日

【上り(大垣→東京)】
12月12日~2010年1月18日

 

 今冬季に於ける「青春18きっぷ」の通用(利用)期間が「12月10日~2010年1月20日」となっていることから、若干短めの設定となっているわけですが、「第九ひろしま2009」公演2日前から公演当日にかけての3日間は運転されることになっていますので、前記の「青春18きっぷ」を使っての首都圏からの合唱参加の前提条件はこれでクリアしたことになります。

 

 その一方で、首都圏に限らず中京圏(名古屋圏)・関西圏など広島県外からの合唱参加者については、公演終了後に於いて主催者の一つである中国放送(RCC)により放送される「第九ひろしま」関連番組を視聴(聴取)するのは事実上不可能であるという問題が存在するわけであり、これについては、今やインターネットのブロードバンド接続が普及していることを踏まえて、合唱参加者や聴衆を対象とした期間限定の番組ネット配信(ストリーミング)を実施することで解決できるように思うところですが〔配信場所としては年毎に都度作成されてきている「第九ひろしま」公式サイトを利用すればよろしいわけで〕・・・これは主催者の出方次第といえますね。

 

 何も、売れ行き不振で在庫を抱えてしまうというリスクを伴ったDVD等音楽ソフト販売とする必要は無いわけです《余談ながら、初のDVDリリースとなった「第九ひろしま2007」のDVD、今もRCCのWebサイト内で販売されています》。

 

 そして、当日公演会場(広島サンプラザホール)にて販売されるであろう公演プログラム冊子と完全連携させることで、公演当日の合唱参加者と聴衆に配信対象を絞り込むことは可能なはず《”公演プログラム冊子と完全連携”→例えばプログラム冊子の表紙裏などに配信動画閲覧に必要なIDとパスワードを刷り込んでおき〔或いはIDとパスワードを印刷した紙片を公演プログラム冊子に綴じ込む〕、「第九ひろしま」公式サイト内に於いてそれらを入力することで初めて配信動画を閲覧出来るようにするとか》。

 

 更に、この「第九ひろしま」関連番組ネット配信は、PCだけでなく、携帯端末(携帯電話とか)にも対応させたほうが断然よろしいでしょう《というか、是非そうさせるべきだと思います;今や携帯電話からのネット接続利用者のほうがPCのそれを上回っているとの話があるぐらいなので…》。

 

 公演時の感動を後日に再現できる機会を、現住地に関係なく、全ての参加者(合唱参加者と聴衆)に対して与える意味から、是非ともやってほしいところです。

 

 

 ぐだぐだ書き並べてしまいましたが、大阪「1万人の第九」公演本番までついに1ヶ月を切ってしまい、そして「第九ひろしま」もまた公演本番まで残り1ヶ月余りに迫ってきている今日この頃。

 

 「万九」本番に向けてのレッスンもいよいよ佳境に入りつつありますので、ここらで気持ちを引き締めて取り組んでいきたいと思います。

 

 出演者用座席券の交付も控えていることですし・・・選に漏れた人たちの分まで頑張ります。

 

 そして「万九」公演2週間後の「第九ひろしま」公演本番へもつなげていきたいと考えています。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加中。各1クリック願います!

 

【関連記事〔「第九ひろしま2009」(第25回公演)関連〕
「第九ひろしま」今冬開催分(第25回)と「5000人の第九」来年開催分(第26回)の指揮者を予想(?)してみた…
「第九ひろしま2009」(今冬開催分、第25回)、12月20日(日)開催か・・・他サイト公開情報から
「第九ひろしま2009」(第25回公演)公式発表・・・山下一史、4年連続のタクト。「第九」ソリストは全て外国人歌手で
広島「第九ひろしま2009」、第3回”ビギナーレッスン”に約100人・・・RCCイヴェント担当セクション新ブログ初掲載
「第九ひろしま2009」発会式、出席者昨年比で約100人増・・・「ビギナーレッスン」出席者からの証言、ネット上に
「第九ひろしま2009」、本日チケット前売り開始・・・1週間後には「1万人の第九」も前売り開始に
「第九ひろしま」関連番組の事──関西圏在住の私が初視聴してみての率直な印象など《テレビ向け番組2本を視聴》
「第九ひろしま」2010年冬開催分(第26回)の公演指揮者を予想(推測)──山下以外では大植英次ら3人が候補?

 

【関連記事(広島から離れた地での「第九ひろしま」のこと)
〔1〕今年の広島県外向け合唱団員募集のこと
〔2〕関西圏から合唱参加する際の”足”と宿の確保のこと
〔3〕首都圏から合唱参加する際の”足”のこと
〔4〕首都圏から合唱参加する際の”足”のこと(続編;”18”のことも)
〔5〕PCで合唱参加申込完結《前編…Fax送信のこと》
〔6〕PCで合唱参加申込完結《後編…参加料送金》
〔7終〕公演会場に於けるスケジュールと「あの事」

 

【関連記事(前後年開催「第九ひろしま」関連リンク集)
第24回(2008年)以前→第25回(2009年)
第25回(2009年)→第26回(2010年)以降

« 海外ネットラジオのこと──”ネット・エアチェック”で複数個の音声ファイルが生成された際に役立つソフトウェア | トップページ | 「ふるさと行きの乗車券」年末年始に向けて発売──JR東日本、旧国鉄制定「特定都区市内」制度の仕組みを応用? »

コメント

このところ急に寒くなり、空気も乾燥しがちで、のどの調子を崩しやすい時期ではありますが、お変わりありませんか?

こちら広島でも混声練習が始まり、次回はマエストロ山下先生を迎えたレッスンになります。
本番まで1ヶ月あまり、緊張感はまだほどほどですが、合唱団のできはいい方だと思います。(あくまで私の主観ですが。。。)

さて、RCCの関係者から聞いたのですが、今年の第九はDVDになるそうです。
ということは、ネット配信は今年はなさそうですね。。。非常に残念です。
RCCでは広島カープの春のキャンプなどをネット配信しているので、設備などの問題はなさそうなのですが、権利の問題が難しいのかもしれませんね。

それにしても、よくわからないのですが、チケットよりも、DVDの値段が安かったらあまりチケット売れないような気がするのですが。。。
”運営カツカツなんでチケット売ってくださいね!”とプレッシャーをかけてくるんですが、なんだか不思議です(笑)
参加者を増やす方策も特にこれといって何かやっているようにも感じないし。。。
商売っ気があるんだかないんだかよくわからない運営ですね。

 とまこまゐさん、おはようございます。
 実は時々お邪魔しているのですが、なかなかコメントできぬまま今日に至ってしまってます。
 ごめんなさいね。

 「第九ひろしま」DVDにまつわる情報をありがとうございます。
 今年の「第九ひろしま」は2年ぶりのDVD化に踏み切るとの由ですが、2年前の制作分が未だにRCCの通販コーナーで売られている(つまり在庫を抱えている)現状を考えると、無理しないで、と言いたくなってしまう心境です。

 もしDVDにして売り出すというのであれば、”「1万人の第九」方式”とでもいいますか、公演会場のみの完全予約制(受注生産)とすることで、少なくとも在庫を抱えるというリスクは回避できると思います。
 まずDVD発売の告知だけしておいて、本番前日と当日の2日間にわたって公演会場で予約受付を行い〔合唱参加者だけでなく公演当日来てくれた聴衆にも売り込む〕、集まった予約申込数量分だけDVD生産を行って後日郵送する、代金決済は予約受付時点で行うか、或いは予約時には受付だけ行って後日郵送は「代金引換」扱いで発送する───この流れで行うわけです。
 ここで一つ注意しなければならないのは、DVD向け映像とテレビ放映用映像とは内容面で差別すること〔異なる内容で制作(編集)する→それも互いに全く異なる視点で制作すること(内容を少しだけいじくる程度では無意味)〕───そうしなければわざわざDVDを別途制作する意味がありませんので。

 あと運営の問題についてですが、もし本気で合唱参加者を増やしたいというのであれば、やはり広島以外の中国地方各県にもレッスン会場を最低1カ所設置するなりして「第九ひろしま」を広島県内だけに限定しない”中国地方最大の「第九」イヴェント”に育て上げる必要があるように考えています。
 そのためには、広島を初めとする中国地方の各民放局が放送ネットを組むなりして互いに手を取り合う必要が出てくるように思いますが、昨今のインターネット普及で従前からのマスコミ各社が軒並み厳しい経営を迫られている中で、中国放送を初めとする中国地方に於ける各民放局にそれを実行するだけの気力を持ち合わせているのかどうか、まずはそれ次第ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/46705252

この記事へのトラックバック一覧です: 「第九ひろしま2009」合唱団員証等、手元に届く──締切日ギリギリにFAX送信にて申込《「MLながら」のことも》:

« 海外ネットラジオのこと──”ネット・エアチェック”で複数個の音声ファイルが生成された際に役立つソフトウェア | トップページ | 「ふるさと行きの乗車券」年末年始に向けて発売──JR東日本、旧国鉄制定「特定都区市内」制度の仕組みを応用? »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)