フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« ホノルル交響楽団、事実上倒産へ──109年の歴史に幕、過去には朝比奈隆らも客演。来年前半を目標に再建か? | トップページ | 新幹線シンポジウムと試乗会(兼330km/h走行試験)、好評博す──JR東海。最高速度アップも《+米国ウソ電!?》 »

「第27回サントリー1万人の第九」公演本番まで残り丁度2週間──ようやく出演者用座席券券面に視線を向けた私

 今冬の大阪「サントリー1万人の第九(10000人の第9)」〔第27回公演〕公演本番まで残り丁度2週間となってしまいました。

 

 そして、今年私が所属している「大阪5」クラスの最終回授業が、今週の木曜日に控えています。

 

 

 我が「大阪5」クラス担任の有元先生が同じく担当している他の3クラス(何れも経験者向け”6回クラス”)は何れも所定回数のレッスンを既に終えていて、先生自ら開設している『有元正人のホームページ』には、その3クラスの最終回授業の模様が豊富な写真入りで紹介されているのが見えます《→『'27th「一万人の第九」2009年』からアクセス出来ます》。

 

 で、その最終回授業の模様を伝えるページの下のほうに先生からの連絡事項──「今年の目標」と「本日のレッスン内容」の2項目──が書かれていて、その中に”母音だけ歌う”という小項目が見えます。

 

 実を言うと、だいぶ前に「第九」以外のオーケストラ付き合唱曲(実は某オラトリオ作品)への合唱参加のためレッスン通いしたことがあり、その時に先生から母音だけで歌うということを教わりました。

 

 早速やってみると・・・これがなかなかうまくいかない。

 

 どうしても唇や舌が動いてしまって子音が出てしまいそうになるわけです。

 

 けれども回数を重ねていくうちにどうにか子音抜きでも口を動かせるようになり、それと共に先生がこの練習をさせる意図というものが私なりに理解出来るようになってきました《「それを言葉で表せ」と言われるとちょっと困りますが…》。

 

 結構、これは合唱練習に際しての口の運動になる感じでした。

 

 今度の最終回授業の中で久しぶりに、周囲に気づかれない形で試してみようかな、と思っています。

 

 

 話は変わりますが、以前にもこのブログでお話ししたことでありますが、夏の暑い盛り、まだレッスンが始まる前のことになりますが、今冬の「1万人の第九」合唱団員募集に応募して、それに対する抽選結果の発表で私は発表から6日間、不安のあまり開封出来ませんでした。

 

 発表6日後にしてようやく”勢い”を借りて開封し、何とか「当選」を確認出来たわけですが、同じようなことが、去る11月12日の第5回授業への出席の際に手にした出演者用座席券に於いても出てきてしまっています。

 

 昨年までは、他のクラス生たちと同じように、出席受付で交付される座席券券面を眺めつつ受け取っていたものでしたが、その際、券面に表示されている座席箇所により、その日のレッスンを受講する際の心情に違いが出てきてしまうのが悩みの種でした。

 

 私自身、心に感じたことや思ったことをすぐ表に出してしまうようなところがあり、その上、その時の心情が後々にまで尾を引いてしまうようなところもあり、それがレッスン受講に際しての一種の妨げになっているように思っています。

 

 それを恐れるあまり、今年は座席券という実体が自分の手に渡るのを”遠目に”に見ることで自分の手に渡ったことを確認したのみで、座席番号などが記載されている券面を眺めることはしませんでしたし、またデスク上に積まれていた出演者用座席券の山を眺めることもしませんでした。

 

 勿論、再発行無しとの決まりなので、持ち帰りには気を付けていましたけどね(笑)

 

 

 けれども、いつまでも座席位置を知らないままでいるわけにはいきません。

 

 座席位置を知らないまま、公演会場である大阪城ホールの場内の何処かでただ突っ立っているだけというのは基本的に許されていません《障害持ちで車いすで参加する合唱団員は別ですが…》。

 

 場内係員が目を光らせていますので、休憩でもないのに座席に着いていないと呼び止められてしまいます。

 

 

 ちなみに、昨年(2008年)の「第26回1万人の第九」の際には下(舞台アリーナ)に降りての合唱参加だったように記憶しています。

 

 ここ最近は回毎に上(スタンド)に行ったり下に行ったり───というふうに、ほぼ”代わり番こ”になってきているように思っていますので、今年は恐らく上じゃないかな、と必死に想像する私(苦笑)

 

 『10000人の交換絵日記2009』に最近アップされたとあるメッセージを何度も繰り返し見ながら出演者用座席券に手をかけ、更に『ゲシュタルト9原則』なるものを何度も読み返しながら、視線を表返りしたチケット券面にやりました。

 

 

 結果、目に飛び込んできたのは・・・・・・

 

 

     下 (舞台アリーナ席)

 

 

でした。

 

去る11月12日の「大阪5」クラス第5回授業の際に手渡された「第27回1万人の第九」出演者用座席券《一部分》

 ここまで、チケットに手を掛けてから約1時間半(ぉぃ)

 

 そして、レッスン会場で交付を受けてから実に9日間・・・・・・

 

 内面(というか精神面)に問題を抱える私が故の、何とも情けなき瞬間でした。

 

 

 

 何も言うことはないです…

 

 

 

 今はただ「佐渡裕、そして聴衆に歌声をしっかり届くように」頑張って歌う───これを心がけるのみと考えています。

 

 そのためにも、今週木曜に控える最終回授業、そして公演3日前に組まれている「佐渡裕特別レッスン(佐渡練)」と、最後まで一つ一つのレッスンを大切にしようと思います。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加中。各1クリック願います!

 

【関連記事(「第27回1万人の第九」レッスン記)
【1】「”第1部”の終わり(練習番号M)まで」
【2】「”第2部”を越えて”二重フーガ”のところまで」
【3】「”二重フーガ”をみっちり。”佐渡練”日時も通告」
【4】「『第九』終わりまで到達。リハ公開チケット発売告知も」
【5】第1部楽曲初練習と「第九」”シャッフル”練習
【6】「有元クラス名物”お温習い会(発表会)”〔「第九」全体お温習い〕」
【佐渡練】手をつなぎ肩を組み…ストーリーを音楽作りに反映させるため

 

【関連記事(その他「第27回1万人の第九」関連)
「第27回サントリー1万人の第九」スタッフミーティング・・・水面下レヴェルで始動か
「第27回サントリー1万人の第九」公式発表(公式サイト更改)・・・PC&携帯同時にアップ
「第27回サントリー1万人の第九」レッスンクラス一覧、PCサイト上でアップ確認《090516正式発表(募集要項含む)》
大阪「1万人の第九(10000人の第9)」、5月初め頃に募集パンフ配布か・・・モバイル版公式サイトは今朝更改確認
「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」合唱団員募集要項、新聞に掲載・・・5月29日(金)付夕刊紙上
エントリー済ませました・・・「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」、早速第1部ゲスト出演者も発表
アマチュア奏者(アマチュア・オケ団員等)にもチャンス!?・・・「第27回サントリー1万人の第九」オーケストラ団員公募
「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」オーケストラ団員公募で募集人員明らかに・・・読売新聞報道から
「1万人の第九(10000人の第9)」合唱指導者3人の動向…独自Webサイト開設者。有元氏は早速担当クラスを発表
6日経ってようやく結果開封・・・「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」抽選結果発表のこと
「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」応募者数公表・・・「13,715人」、減少傾向に歯止めか
「第九ひろしま2009」、本日チケット前売り開始・・・1週間後には「1万人の第九」も前売り開始に
「1万人の第九」ドキュメンタリーが国際エミー賞大賞ノミネート・・・前半期にも2つの映像祭で受賞(大賞級ノミネート)
国際エミー賞、「1万人の第九」ドキュメンタリーは受賞ならず──最優秀賞作品発表。コメディ部門でNHK番組が受賞
「第27回サントリー1万人の第九」開催報道のこと──昨年までとはちょっと違うその動きをつい気にしてしまう私
ベートーヴェン「第九」三昧の2日間───「N響『第9』演奏会」に「『1万人の第九』ドキュメンタリー」…
大阪「サントリー1万人の第九」ドキュメンタリー番組、石川県内でも──北陸放送。JNN基幹局5局以外では初?
「第27回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」ライヴ収録DVD届かず───公演翌日にPCからFaxにて注文

 

【関連記事(「第26回1万人の第九」以前分関連)
大阪「サントリー1万人の第九」2008年開催分(第26回公演)の関連リンク集

 

【関連記事(「第28回1万人の第九」以降分関連)
大阪「サントリー1万人の第九」2009年(第27回)開催分の関連リンク集…2010年(第28回)開催分リンク集を兼ねる

« ホノルル交響楽団、事実上倒産へ──109年の歴史に幕、過去には朝比奈隆らも客演。来年前半を目標に再建か? | トップページ | 新幹線シンポジウムと試乗会(兼330km/h走行試験)、好評博す──JR東海。最高速度アップも《+米国ウソ電!?》 »

コメント

はじめまして、「山とカヌーの休日」のコメントを寄せて頂いてありがとうございました。私の第九経験回数は今年で2回目から連続で26回です。

アリーナにも何度か入ったことがありますが、席はスタンド席のほうが疲れないし、通路も歩きやすいと思っています。

昨日は早朝から六甲全山縦走に初参加して来ました、1年間のトレーニングのお陰で完走出来ました。第九本番も感動を受けられるようにがんばりましょう!

 ころぼっくるさん、こんにちは。
 先日はありがとうございました───あのとき以来、自分のことで手が混んでいたのと、精神的なことなどで、なかなか再度のご挨拶にあがれませんでした《どうもスミマセン》。

 「万九」は第2回公演以来連続26回ですか───第2回公演といえば、その当時OBPを構成するビル群が着工してまだ間もなかったみたいで、ころぼっくるさんはその頃から大阪城公園北部界隈を見続けてきた、まさしく生き証人ですね。

 大先輩として仰がせていただきます(笑)
 ちなみに私自身は『サントリーオールド1万人の「第九」コンサート』と銘打たれた最後の公演(第8回公演)からの参加です。

 それとアリーナ席のことについてですが、私も同様の考えです。
 確かにステータス面ではいいのかもしれませんが、館内の至る所を巡るのを楽しみにする向きには正直ちょっと窮屈なところがあるように感じます。
 蛇足ながら、私自身は昨年もアリーナに降りていたように記憶しているので、来年もし「万九」に引き続き参加するようなことがあれば、間違いなくスタンド席でしょう(笑)

 あと、六甲全山縦走、初参加にして完走されたとの由・・・おめでとうございます。
 景色もさることながら、さぞ過酷だったことと察するところです。


 こちらも、「万九」本番に向けてお互いがんばりましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/46829405

この記事へのトラックバック一覧です: 「第27回サントリー1万人の第九」公演本番まで残り丁度2週間──ようやく出演者用座席券券面に視線を向けた私:

« ホノルル交響楽団、事実上倒産へ──109年の歴史に幕、過去には朝比奈隆らも客演。来年前半を目標に再建か? | トップページ | 新幹線シンポジウムと試乗会(兼330km/h走行試験)、好評博す──JR東海。最高速度アップも《+米国ウソ電!?》 »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)