フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« バーンスタイン=VPOによるベートーヴェン「第九」・・・1979年。ジョーンズ、コロらを従えての極上の”人間臭さ” | トップページ | 大阪市営地下鉄66系電車、嵐山線に初入線──相互直通運転40周年記念臨時列車。5月に阪急車で既に運転済 »

合唱が主人公───水戸の「300人の《第九》」。電子オルガン・ピアノ・打楽器の小アンサンブルと声楽陣の掛け合い

 今冬も大阪「1万人の第九」の2週間後に開催される広島「第九ひろしま2009」は、去る11月1日に「第九」経験者が合流しての”結団式”が挙行され、いよいよ本番に向けての第2段階に入った模様ですが、そんな中、その”結団式”出席者数が主催者・中国放送(RCC)のWebサイト内2つのソースから発表されました。

 

 一つは『RCCニュース ~広島のニュース』に去る「2009/11/1=18:02」付けで掲載された『「第九ひろしま」結団式』という記事で「広島市中区であった結団式には、市民およそ600人が参加…」と報じています。

 

 そしてもう一つはRCC社内ブログの一つ『アラカン+ブログ 』に結団式翌日(11月2日)の日付で掲載された『第九ひろしま結団式』という記事で、こちらは「結団式には約700人の合唱団員が参加され…」と報じています。

 

 えっ、600と700、どっちが正しいの───プチ・パニック状態の私。

 

 数え方の違い、という可能性も否定できないけれども、恐らくは後者の記事のほうが真である可能性が高いでしょう《『アラカン+ブログ 』自体が「第九ひろしま」の企画・運営を実際に担当する部署(事業部)が開設しているものなので》。

 

 そんな「第九ひろしま」の今冬開催分の公園期日まであと約1ヶ月半・・・師走はすぐそこまで来ているんですね。

 

 

 さて、今回は各種動画共有サイトに最近寄せられてきているベートーヴェン第九(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱付”)」の中から一つを新たに紹介しようと思います。

 

 今回は、この手のシリーズとしては初となる、編曲版演奏の紹介となります。

 

 

 ご紹介しますのは、昨年(2008年)の12月14日に茨城県水戸市に所在する水戸芸術館コンサートホールATMにて行われた『水戸の街に響け!300人の《第九》2008』に於ける「第九」演奏を収めた動画。

 

 『YouTube』に何れも2分程度の抜粋動画4本が投稿・公開されています。

 

 実はこの『水戸の街に響け!300人の《第九》』については当ブログでも過去に紹介記事を2~3書いてきていることもあり、今回『YouTube』に公演の模様の一部が演奏動画となって複数本アップされているのを発見した私自身、公演内容を紹介したからにはその結果も紹介しなければ、と思い立って今回の記事を起こした次第。

 

 この『水戸の街に響け!300人の《第九》』は概ね毎年12月第2日曜日に水戸市内にある水戸芸術館広場で行われている、いわば”野外の「第九」”であり、その内容は「第九」第4楽章(終楽章)のみを電子オルガン・ピアノ・パーカッションのコンパクトなアンサンブルと共に合唱するという格好となっています《ちなみに今年も開催されることが予定として決まっています→『水戸の街に響け!300人の《第九》2009 コーラス参加者 応募要項』》。

 

 地元では新聞紙上にも掲載されるなど年末の風物詩と化した感のあるこの「第九」イヴェントなのですが、昨年はあいにくの雨模様だったみたいで、雨天時会場であるコンサートホールATMを使って行われていました。

 

 

 その昨年開催された公演分の出演者一覧を以下に示します。

 

【独唱】
ソプラノ:結城滋子
アルト:大木円
テノール:倉石真
バリトン:清水良一

【合唱】
一般公募による参加者、茨城県合唱連盟、水戸市合唱連盟

【管弦楽相当】
電子オルガン:小林由佳、久保田彩子
          《ヤマハ「エレクトーン」使用》
ピアノ:中村真由美、中村佳代
     《ヴァーグナー編曲によるピアノ版を演奏》
ティンパニ:尾花章子

【指揮】
鈴木良朝 《茨城県合唱連盟》

 

 

 で、私も一通り4本の動画を視聴してみました。

 

 テンポ運びはほどよい感じで、構築の仕方も至極真っ当、ピアノと電子オルガンとティンパニという小規模なアンサンブルだけあって、音がズレる等といったことはほぼ無かったかな。

 

 ソリスト陣はというと、響かせ方もさることながら、音高(ピッチ)もきちんと掴みながら流暢に歌い上げているような感じで〔きれいな発音(歌詞)の仕方もしていたかな…〕、安心して聴けるレヴェルって感じ。

 

 合唱については、声の響かせ方についてはまずまずな感じだったのですが、やはり高音域を中心にピッチ下げが目立ってしまっているのがちょっと残念なところ・・・ピッチ下げとでもいうか、記譜されている音列についていき辛そうにしているような感じ、と言った方がいいのかな。

 

 けれどもこれは、いま「1万人の第九」公演本番に向けてレッスンを受けている私たちも含めて、永遠の課題とも思えるところですね。

 

 

 では、以下の演奏動画4本を順次再生してお聴き下さい。

 


300人の第九@水戸芸術館2008(#0)
《声楽導入部分冒頭から「… diesem Bund!」まで》


300人の第九@水戸芸術館2008(#1)
《「練習番号M」の箇所》


300人の第九@水戸芸術館2008(#2)
《763~842小節目あたり(混声合唱で言えば「練習番号S」の箇所)》


300人の第九@水戸芸術館2008(#3)
《最後の「Prestissimo」(フィナーレ)部分》

 

 

 そして、実は『YouTube』には一昨年開催の『水戸の街に響け!300人の《第九》2007』の模様を収めた演奏動画も1本だけ寄せられているのですが、こちらは晴天の野外広場(水戸芸術館広場)で行われているのが映っています。

 

 併せて再生してみて下さい《「練習番号M」の箇所のみ収録された1分足らずのごく短い動画になりますが…》。

 

 

 これが水戸の『300人の《第九》』本来のスタイルというわけですね。

 

 ここで、茨城県民ではない私が言うのも変ですが、公演会場として使用されている水戸芸術館(広場またはコンサートホールATM)には小規模ながら専属のプロ・オーケストラが控えている一方、水戸市を初めとする茨城県内には大学オケも含めて10程度のアマチュア・オーケストラが活動していて、特にその中の一つである茨城交響楽団は国内有名指揮者を招聘するなどレヴェルは高い模様で、オーケストラと組んで原曲そのままの「第九」を演奏する環境は整っているはずなのに〔スケジュール上の問題は別にして〕、何故オーケストラと組むようなことをしないのか。

 

 まぁ、これもまた一つのこだわりというものなんでしょう《スケジュール面もさることながら費用面の問題も考えられるところですが…;一方で、交響曲は本来オケが主人公だが水戸の「第九」は合唱が主人公だ、との地元民の声も聞こえてきています》。

 

 これからも水戸市いや茨城県に於ける文化発信源として頑張っていってほしいところです。

 

 

P.S.
 電子オルガン等と共に奏でる「第九」といえば、本文中で紹介した『水戸の街に響け!300人の《第九》』以外にも、昨年催された洗足学園大学短大の冬季音楽祭「FUYUON!2008」会期中の12月1日に行われた「電子オルガン&パイプオルガン演奏会II ~幼児教育保育科・第九コンサート」に於いても見られました。

 以下に示す演奏動画はそのときの模様の一部を収めているものです───何だかプロモーション・ヴィデオっぽい作りになっていますが。

 

 

 こちらはピアノ無しで、電子オルガン4台(「ステージア」・・・水戸「第九」と同様ヤマハ「エレクトーン」の一機種が使われている模様)と「第九」で登場する打楽器4種全部(ティンパニ・バスドラム・シンバル・トライアングル)というアンサンブル陣容に声楽陣の組み合わせにより行われ、タクトを執ったのはテレビ(『たけしの誰でもピカソ』など)やラジオへの出演歴数多のマルチタレント青島広志でした。

 この洗足学園内の音楽祭に於ける第九、淀みなく流れる大河を挟んで繰り広げられる生命の息吹というものをイメージするかのような演奏であり歌いっぷりと感じました。

 

 

【おことわり】
 動画共有サイト(『Google Video』、『YouTube』等)に投稿・公開されている動画については、今後、投稿者或いは運営サイドの判断等により削除される可能性がありますことを予めご承知おき下さい。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加中。各1クリック願います!

 

【関連記事(水戸「300人の”第九”」関連)
屋外、そして芝居小屋に於けるベートーヴェン「第九」公演・・・水戸芸術館(茨城・水戸市)と嘉穂劇場(福岡・飯塚市)
「第九ひろしま2007」の”水回り”話と「水戸の街に響け! 300人の『第九』」の公演レポート(新聞記事等)

 

【関連記事(変わり種「第九」演奏関連)
チェコ語で歌う、日本語で歌う・・・・・・原語(ドイツ語)以外で演奏される「第九」
”愛”を基調とした日本語訳詞によるベートーヴェン「第九」──なかにし礼訳詞、現田茂夫指揮《2007年、鎌倉芸術館》
ピアノ独奏で聴くベートーヴェン「第九」──フランス出身の”アラカン”ピアニスト、シプリアン・カツァリス。終楽章のみ

 

【関連記事(「第九」演奏・全曲)
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮の「第九」・・・『YouTube』より
なが~い「第九」、所要時間2時間近く!・・・・・・コブラが指揮する「第九」演奏動画
南仏の世界遺産・オランジュ古代劇場に於けるマズア指揮の「第九」・・・・・・『YouTube』より
まだ”清水市”だった6年前に行われた「第九」・・・・・・静岡市東部本拠の清水フィル演奏
「ギネス級!?」のアマチュア・オーケストラ、横浜交響楽団による「第九」~その1
富士山河口湖音楽祭2007に於ける「第九」公演 & 横浜交響楽団による「第九」・その2」《大阪情報も関連》
今年の『21世紀の第九』(佐渡裕指揮)前売開始へ & 横浜交響楽団による「第九」・その3(終)」《大阪情報も関連》
米国CUNY・アーロン・コープランド音楽学校所蔵(!?)の「第九」・・・「1万人の第九」・「第九ひろしま」の話題も少々」《大阪・広島情報も関連》
トスカニーニ指揮の「第九」・・・2度開かれた鳴門「第九」の話も
カリフォルニア大学デービス校交響楽団他による「第九」(2007年3月11日)・・・ヘンデル『オルガン協奏曲』と共に
リッカルド・シャイー=ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団による「第九」・・・う~ん、惜しい!
オットー・クレンペラー指揮のベートーヴェン「第九」…1964年、英国ロイヤルアルバートホール《+Proms2008情報》
ギュンター・ヴァント指揮による「第九」…【全4楽章フル収録】演奏音声と”ベートーヴェンの肖像画”だけですが
小澤征爾=サイトウ・キネン・オーケストラ(SKO)による「第九」演奏・・・2002年夏のSKFにて?
チョン・ミュンフン=ソウル・フィル(ソウル市交響楽団)による「第九」・・・故郷ソウルでの公演から
ヤンソンス=バイエルン放送響による「第九」・・・2007年、ローマ・カトリック総本山の地にて
ハンガリー生まれの名指揮者フェレンツ・フリッチャイ指揮による「第九」・・・1958年頃録音。カラヤンらを凌ぐ活躍ぶり
「南米のパリ」ブエノスアイレス(アルゼンチン)に響く「第九」・・・トルカチール指揮。会場は過去に「NHKのど自慢」も
譜面上のメトロノーム指示に従った独自解釈の「第九」?・・・レイボヴィッツ=ロイヤル・フィル。1960年代演奏・収録

« バーンスタイン=VPOによるベートーヴェン「第九」・・・1979年。ジョーンズ、コロらを従えての極上の”人間臭さ” | トップページ | 大阪市営地下鉄66系電車、嵐山線に初入線──相互直通運転40周年記念臨時列車。5月に阪急車で既に運転済 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/46661880

この記事へのトラックバック一覧です: 合唱が主人公───水戸の「300人の《第九》」。電子オルガン・ピアノ・打楽器の小アンサンブルと声楽陣の掛け合い:

« バーンスタイン=VPOによるベートーヴェン「第九」・・・1979年。ジョーンズ、コロらを従えての極上の”人間臭さ” | トップページ | 大阪市営地下鉄66系電車、嵐山線に初入線──相互直通運転40周年記念臨時列車。5月に阪急車で既に運転済 »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)