フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 海外ネットラジオのこと・・・最近になってまたハマりつつある私 | トップページ | 「第九ひろしま2009」合唱団員証等、手元に届く──締切日ギリギリにFAX送信にて申込《「MLながら」のことも》 »

海外ネットラジオのこと──”ネット・エアチェック”で複数個の音声ファイルが生成された際に役立つソフトウェア

 先日、海外ネットラジオからのエアチェックのことについて記しましたが、今回の記事はその延長線上に位置するものになると思っています。

 

 

 2~3年ぶりに海外ネットラジオ(正確には海外ラジオ局のインターネット配信)で放送されているクラシック音楽館連番組の”ネット・エアチェック”を再開してしまった私自身・・・一部のラジオ放送局Webサイトで以前”ネット・エアチェック”していた頃とストリーミング配信アドレスが変わっていたりして少しあたふたしたものでしたが、今は極力最新のストリーミング・アドレスを捕まえる等して何とか落ち着きを取り戻しています《海外ラジオ局のネット配信でクラシック音楽を聴くことについては『番組表wiki - 海外ネットラジオのクラシック音楽番組』が詳しいです・・・私もお世話になっています》。

 

 そんな中で、先日は比較的安定して配信できている(というか回線状況に左右されることの少ない)ラジオ局を幾つか紹介しましたが、今回は逆に配信が比較的不安定な状態にあるラジオ局を紹介したいと思います。

 

 現に幾つか存在するのですが、スペースの都合上、その中から2つピックアップして紹介していきます。

 

 

 一つはイベリア半島南西部に領土を持つポルトガルの公共放送局、ポルトガル国立放送(RTP)のラジオ局。

 

 ここはポルトガル国内向けに第1~第3放送の3つのラジオ放送が設定されており、このうちのラジオ第2放送(Antena 2)に於いてクラシックやジャズなどの音楽番組を取り扱っています。

 

 10月初旬に久方ぶりに”ネット・エアチェック”を再開した際には、その「Antena 2」Webサイトがバグの影響からか全く表示されなかったのですが、今月に入ってからぐらいに正常に表示されるようになりました。

 

 この「Antena 2」に於けるライヴ・ストリーミングはウィンドウズ・メディア(WM)系統のみで、ビットレートは64kbps。

 

 この「Antena 2」で私自身”ネット・エアチェック”対象としているのは、現地時間平日夜21時(現在の日本時間でいえば翌日早朝6時)から放送されている『GRANDE AUDITÓRIO』という2時間番組で、主にクラシック音楽のコンサート・ライヴが放送されています。

 

 今朝方のエアチェック分で3度目となるのですが、先月の”ネット・エアチェック”活動再開以来今日に至るまでのに無事エアチェックを終えられたのは今朝方の分のみで、あとは、途中で配信が途切れたり等して、3~4コのファイルを生成してしまっていました。

 

 セットした予約録音終了時刻が過ぎてから指定しておいた格納フォルダを覗いてみて、3~4コのファイルが出来てしまっているのを見る度にゲンナリしたものなのですが、これもポルトガルのラジオ局のサーバが比較的不安定であること証左なのかもしれませんね。

 

 

 もう一つはドイツの公共放送の一つであるバイエルン放送協会(Bayerischer Rundfunk、BR)のクラシック音楽専門のラジオ放送「BR-Klassik」。

 

 こちらのライヴ・ストリーミングはWM系統とMP3系統(Flash配信)の2種類あり、それぞれに高低2つのビットレートが用意されています《都合4種類;WM系統は48kbpsと128kbpsの2種類、MP3系統は56kbpsと128kbpsの2種類》。

 

 ここのラジオ局では現地時間で平日夜19時過ぎ(現地のゴールデンタイム!?;現在の日本時間では翌日未明3時過ぎ)から放送されている2時間弱のコンサート・ライヴ番組を”ネット・エアチェック”の主な対象としているわけですが、前記のポルトガルのラジオ局と同様、回線状態に凄く左右されているような印象です。

 

 つまり、回線状態が比較的安定しているときには一つのファイルに無事収まってくれているのですが、回線状態如何では時に10コ近くのファイルを作ってくれたりしてゲンナリしてしまうこともありました。

 

 ちょっと極端なところのある「BR-Klassik」のライヴ・ストリーミング───ただ、これまでここのラジオ局で”ネット・エアチェック”させてもらっている限りに於いては、MP3系統のストリーミングのほうが比較的安定しているような印象ですので〔それでも回線状況により2~3程度のファイルが作成されてしまったりするけれど…〕、今後はMP3ストリーミングをメイン・ターゲットにしようかな、と思っているところです。

 

 

 と、配信状態に於いて比較的不安定なネットラジオ局も現に存在するわけで・・・ただ今回の記事でメインとしていることは、これから記す内容になります。

 

 回線状態などにより複数のオーディオ(音声)ファイルが生成されてしまった場合に於いて一つのオーディオファイルにまとめたい向きに適しているフリー(無料)のソフトウェアは幾つかあるみたいですが、先日私自身が使ってみて、その簡便な操作性で気に入ってしまったフリーのファイル結合ソフトウェアを一つ挙げたいと思います。

 

 

 そのソフトウェアとは・・・UniteMovie

 

 

 このソフトウェアの存在についてはかなり以前から私の知るところとなってきていたわけですが、今回初めて、複数生成されてしまったエアチェック済みオーディオファイルに対してこのソフトウェアを使ってみました。

 

 尤も、その結合・生成された新オーディオファイルをまだ全部聴いていないので、このソフトウェアの評価のほどについては何ともいえませんが、それでもドラッグ&ドロップで簡単にファイル指定ができたり、結合処理もボタン一つで出来るという手軽さに、今までこのソフトウェアに見向きもしなかったことに対して悔やんでしまうほどでした。

 

 「UniteMovie」の基本的な操作手順については『メディアファイルを簡単に結合することができるソフト「UniteMovie」』或いは『UniteMovieの使い方』に画像入りで説明されていますので、そちらのほうをまず参照されるとよろしいでしょう。

 

 そして、今回の場合は結合対象となったファイルの中に拡張子が「.asf」となっているものも含まれていましたので、別途「asfbin.exe」を取り寄せる必要がありました《取り寄せ方などについては『UniteMovie AsfBinの入手方法』にて説明されています;なお、当該Webページで説明されている「AsfBin」については、現在、説明時点でのヴァージョンより新しいヴァージョンがリリースされていますが、導入手順そのものについては変わり無い模様》。

 

 取り寄せた「asfbin.exe」を、「UniteMovie」のインストール後、「unitemovie.exe」の入っているフォルダ内(一般的にはOSがインストールされているドライブの「Program Files」内に生成されている「unitemovie」フォルダの中に入っています)に放り込んだ上で「UniteMovie」を起動させます。

 

 

 以下は実際に私が行った操作の手順を示したものです。

 

 「UniteMovie」を起動させます。

Aircheck_00

 

 結合させたいファイル群(4つ)を選択します。

Aircheck_01

 

 その選択したファイルをまとめて、起動中の「UniteMovie」にドラッグ&ドロップにて移動させることにより、以下にて示すように「UniteMovie」にセッティングされます。

Aircheck_02

 なお、ファイル名の一部が表示されない(隠れている)時には「UniteMovie」の横幅を広げてやることで表示させることが出来るようになります。

Aircheck_02b

 

 この4つのファイルの場合、ファイル名の後半に見える数字から録音日時がわかるようになっていますので、右上に見える三角矢印ボタンを使って録音日時順に並べてやります《選択反転したファイルについて三角矢印ボタンを押すことで上下移動させられます》。

Aircheck_03

 

 ファイル名だけでは録音日時がわからないものについては、対象ファイルにマウスクリックを重ねた上で右クリックメニューからプロパティを選択し、出てきたプロパティ・ダイアログボックスの中にある「作成日時」欄に注目します。

Aircheck_03b

 この「作成日時」欄で表示されている日時表示の早い順に並べればよろしいでしょう。

 

 次に、左下に見える「保存先」(見えにくいですがボタンになっています)をクリックしますとメニューが表示されますので、その中の「ファイルを指定」を選択クリックします。

Aircheck_04

 

 すると保存先とファイル名を訊ねるダイアログボックスが表示されますので、保存したい場所を指定し、適当なファイル名を入力し、「保存」ボタンをクリックします。

Aircheck_05

 例えば、以下に示すように保存場所とファイル名称を指定してみます。

Aircheck_05b

Aircheck_06

 「保存先」欄のところに先ほど指定した保存場所とファイル名称の一部が表示されているのが見えますね。

 

 あとは、右下に見える「結合」ボタンをクリックすると「結合してもよろしいですか?」と訊ねるダイアログボックスが表示されますので、「OK」ボタンをクリックすることでファイル結合処理が始まります。

Aircheck_07

 

 通常時には広告表示される部分(「UniteMovie」の一番下の部分)が、結合処理中には処理状況表示に切り替わります。

 

 結合処理が終わると、以下に示すように「結合が完了しました」とのダイアログボックスが表示されます。

Aircheck_08

 

 そして指定されたフォルダ内に新しく結合・生成されたファイルが出来上がっているのが見えます。

Aircheck_09

 けれども、何の拡張子を持たない単なるファイルの形で生成されてしまっているため、このままではオーディオ(音声)ファイルとして機能しません。

 

 実は最初のところで結合させようと指定したファイル群は元々WM系統の拡張子の一つ「.asf」の付いたオーディオファイルでしたので、今度新たに生成されたファイルにもこの「.asf」拡張子を付けたいと思います。

 

 そのためにはエクスプローラ側で設定をいじる必要がありますが〔やり方は簡単です…〕、それについてこれから説明していきます。

 

 まずエクスプローラのメニューバーの中にあるツールをクリックし、出てきたメニューの中から「フォルダ オプション」を選択します。

Aircheck_10

 

 するとフォルダオプションのダイアログボックスが表示されますので、その中の「表示」タブを選択した上、「詳細設定」項目の中の「登録されている拡張子は表示しない」のチェックボックスを確認し、チェックされている場合はそのチェックを外し〔チェックが外れてあればそのまま〕、「OK」ボタンを押します。

Aircheck_11

 

 次に生成された結合済みファイルを選択した上で、キーボード上にある「F2」キーを押下しますと、ファイル名が訂正できる状態になります。

Aircheck_12

 

 ここでファイル名の末尾のところにマウスカーソルを持って行ってクリックし、そこに半角で「.asf」と入力します。

Aircheck_13

 

 入力が終われば「Enter」キーを叩くことでファイル名が確定すると共に、ここで初めてファイル自体が「.asf」という拡張子を持ったオーディオファイルとして機能するようになります《ファイル名確定と共にアイコンが対応アプリケーション(ここではWMP9・・・古っ)を示すものに変化するのが見えると思います》。

Aircheck_14

 

 以上で基本的な操作手順の流れは終わりになります。

 なお「UniteMovie」のオプションメニュー表示と設定については、「UniteMovie」起動中の左上に見えるミニアイコンをクリックすることで表示させることが出来、選択クリックすることで設定可能です《設定された項目にはその左横にチェック印が付きます》。

Aircheck_20

 この画像では「MP3の結合後に演奏時間の修正を行う」にもチェックが入っていますが、このコマンドについては、結合対象のMP3ファイルが可変ビットレート(VBR)のものである場合に、結合した結果、合計時間の表示がおかしくなるようなケースについて有効なコマンドとのことで、そうでなければこのコマンドは使わないほうがいいとの話も聞かれます《理由として「誤差が生じる可能性がある」とのこと》。

 

 

 ”ネット・エアチェック”で受信が順調にいかなかった際には、さすがに収録内容まではどうしようもないけれども、少なくとも体裁上一つのファイルにまとめてしまいたい向きには、「UniteMovie」はフリーのファイル結合ソフトの一つとして検討に値するものと考えています。

 

 そして、私もこれまでに「UniteMovie」を使って幾つか結合させてきていますので、それらを実際聴いてみて、いつかこのソフトウェアに対する総合的な評価をしてみたいと思います。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加中。各1クリック願います!

 

【関連記事(海外ネットラジオ聴取)
海外ネットラジオのこと・・・最近になってまたハマりつつある私

« 海外ネットラジオのこと・・・最近になってまたハマりつつある私 | トップページ | 「第九ひろしま2009」合唱団員証等、手元に届く──締切日ギリギリにFAX送信にて申込《「MLながら」のことも》 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/46701479

この記事へのトラックバック一覧です: 海外ネットラジオのこと──”ネット・エアチェック”で複数個の音声ファイルが生成された際に役立つソフトウェア:

« 海外ネットラジオのこと・・・最近になってまたハマりつつある私 | トップページ | 「第九ひろしま2009」合唱団員証等、手元に届く──締切日ギリギリにFAX送信にて申込《「MLながら」のことも》 »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)