フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 新幹線シンポジウムと試乗会(兼330km/h走行試験)、好評博す──JR東海。最高速度アップも《+米国ウソ電!?》 | トップページ | 時刻表検定試験、第15回試験にて幕閉じる──受験者数減少。背景にはインターネット上の路線検索サイトの充実か »

イェフィム・ブロンフマン、新型インフルエンザ罹患で来日公演キャンセル・・・来日予定アーティストで初のケースか?

 このところ日本国内では新型インフルエンザの予防接種が順次進められているところですが、その新型インフルエンザの魔の手が、ついにクラシック音楽方面のアーティストたちにまで伸びてきました。

 

 ウズベキスタン旧ソ連)の首都タシケント出身のユダヤ人ピアニスト、イェフィム・ブロンフマン(Yefim Bronfman)が、新型インフルエンザに罹患したことから来日不可能になったと、招聘元であるジャパン・アーツ(JA)から去る11月19日付で発表がありました《ちなみに『キャンセル! ピアニスト:イェフィム・ブロンフマン来日中止のお知らせ!』という記事から今回の事実を知るところとなりました》。

 

 

 具体的な罹患時期や容態などについては一切報じられていないためわかりませんが〔来日直前に罹患が判明したとの一部情報有り〕、これにより11月下旬に東京・大阪・福岡の3都市で予定されていた計6回にわたる来日公演等は全て中止(キャンセル)となっています《→『公演中止のお知らせとお詫び[イェフィム・ブロンフマン]』》。

 

 

 ・・・ということなのですが、恐らく、今回がクラシック音楽のアーティスト(個人・団体問わず)で新型インフルエンザに罹患したことを理由に来日公演をキャンセルした初めてのケースではないかと思うところです《他にも同様のケースがあればスミマセン──その場合は私自身が世間知らずなだけであったということで、何卒ご容赦のほどを》。

 

 ところで、イェフィム・ブロンフマンといえば、過去にNHK交響楽団(N響)定期演奏会でもソリストとしてちょいちょい出演したりするなど、私にとっても馴染みのある名前でもあります《尤もN響主催公演へのソリストとしての具体的な出演頻度までは知る由もありませんが…》。

 

 そのブロンフマンが出演しているものの中で最近私が繰り返し聴いた曲として、去る1998年11月11日に行われたN響第1365回定期演奏会の中で取り上げられた「シューマン『ピアノ協奏曲イ短調作品54』」がありますが、他のピアニストがスタッカート気味に演奏するところを彼はレガート気味に演奏したりするなど、半ば引きずるような感じにして人の内面で沸々と沸き立つものを表面だった形で表現させているような印象を受けるところです。

 

 今頃は地元病院の隔離病棟に収容されていることと思いますが、ブロンフマンの1日も早い快復を願うばかりです。

 

 

 なお、そのピアニスト=ブロンフマンの足元には到底及びませんが、実は私も一応来月に2度の「第九」合唱参加を予定しているため〔ちなみに「1万人の第九」と「第九ひろしま」・・・どちらも一般公募型大規模「第九」イヴェント。あらまぁ~悲し〕、少なくとも今回と同様の事態にならぬよう〔というかいかなる病気に罹患してせっかくの合唱参加がフイになることの無きよう〕、普段から手洗いやうがいを徹底するなどして、本番に備えたいと考えています。

 

 不特定多数の人々に迷惑をかけないためにも・・・

 

 

P.S.
 ピアニスト、イェフィム・ブロンフマンには自身開設の公式Webサイトが存在するのですが〔→『Yefim Bronfman, the official website』〕、今日(11月24日)の夕方現在で、彼の新型インフルエンザ罹患に関することは一切そこには掲載されていませんでした。

 改めて、彼の現在の容態を心配すると共に、1日も早い快復を祈っています。

 

 

◎ 参照記事
ピアニスト、ブロンフマンさんの公演が中止に 新型インフル感染で
《→『ピアニスト、ブロンフマンさんの公演が中止に 新型インフル感染で』》

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加中。各1クリック願います!

« 新幹線シンポジウムと試乗会(兼330km/h走行試験)、好評博す──JR東海。最高速度アップも《+米国ウソ電!?》 | トップページ | 時刻表検定試験、第15回試験にて幕閉じる──受験者数減少。背景にはインターネット上の路線検索サイトの充実か »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/46848873

この記事へのトラックバック一覧です: イェフィム・ブロンフマン、新型インフルエンザ罹患で来日公演キャンセル・・・来日予定アーティストで初のケースか?:

« 新幹線シンポジウムと試乗会(兼330km/h走行試験)、好評博す──JR東海。最高速度アップも《+米国ウソ電!?》 | トップページ | 時刻表検定試験、第15回試験にて幕閉じる──受験者数減少。背景にはインターネット上の路線検索サイトの充実か »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)