フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 姫路市営モノレールの車両、35年ぶりに日の目──当時の世論と市長交代などに翻弄された実質8年の短い”生涯” | トップページ | ホノルル交響楽団、事実上倒産へ──109年の歴史に幕、過去には朝比奈隆らも客演。来年前半を目標に再建か? »

日向市駅、第50回BCS賞を受賞──2006年高架駅としてリニューアル。県産材(スギ)を多用、地産地消の好例

 今日、ぶらり『鉄道コム』に立ち寄ってみると、新着記事として日豊本線日向市駅に関する記事(→『日向市駅が建築業協会賞を受賞』)が目に飛び込んできたものだから、その記事を覗いてみると・・・

 

 ビックリしました───いつの間にこんな立派な木材をふんだんに使った高架駅に化けていたのか!

 

 

 調べてみたところ、2006年12月に高架駅として使用を開始し、翌年(2007年)の7月から8月上旬にかけて旧駅舎の撤去が行われたとのこと。

 

 私自身にとっては、2005年9月末日限りで廃止となってしまった、「関西~九州」間ブルートレインの一つ「彗星」に廃止の約1週間前に南宮崎から乗ったのを最後に、今日に至るまでの約4年間、宮崎県内に踏み入れること無く推移してきてしまっているだけに、この日向市駅の変わりぶりには思わず目を丸くするほどでした。

 

 

 その日向市駅、地上駅だった頃には日向市東端部の海沿いに位置する細島港に向けて1993年までJR貨物の細島線が分岐したこともあったわけですが〔但し細島線自体は1989年から全線運行休止〕、今回高架駅として生まれ変わった姿を眺めてみますと、斬新なデザインにして開放感あふれた構造、そして県産材(地元・耳川流域からの産出材)であるスギ(杉)を駅舎内やホーム上屋などに多用していることによるぬくもり感・・・これらが一度に織り込まれているような印象を受けました。

 

 実際、高架駅として生まれ変わった日向市駅に対する評価は高く、完成翌年(2007年)には第52回鉄道建築協会賞の最高賞にあたる「国土交通省鉄道局長賞」に輝いた他、その翌年にあたる2008年には同じく九州島内で活躍している883系(”ソニック”向け特急型車両)885系(”白いかもめ”・”白いソニック”)も受賞したブルネル賞の最優秀賞に鉄道駅舎としては初めて受賞、更に今年の8月下旬には「(新しい日向市駅の)駅前広場を含めた駅舎空間が一体化している」として第50回BCS賞(建築業協会賞)にも輝き、去る11月19日に東京の帝国ホテルにて表彰式が開かれたところです《余談ですが、九州島内では他に大分市にある大分県運転免許センターと大分県日田市にある日田市民文化会館(パトリア日田)の2カ所もまた第50回BCS賞受賞の栄誉に浴しています》。

 

 その高架化された新しい日向市駅の外観などについては『日向市駅(日豊本線)』にて一通りご覧いただける他、高架駅としてオープンしたときの模様については『新日向市駅開業!』にてご覧いただけますが、ガラス張りならではの開放感に近代的な建築様式とはひと味違う温もり感の取り合わせとでもいうか・・・コンクリート主体の構造物ではとても味わえない何処かアットホームな感じがここにはある、そんな印象を受けました。

 

 尤もホーム上に備え付けの行灯式駅名標を支えている外枠だけは金属製のようですが・・・ただ、これに対しては苦言も聞こえてきているみたいで〔→『旅が楽しくなる駅~「日向市駅」がブルネル賞を受賞』〕、私としては、例えば土佐くろしお鉄道中村線の各駅に見られるような、屋外部分に設置されている木製の大判駅名標みたいな感じで地元産のスギを使って製作出来なかったものなのか、そう思うところですね《ただ行灯式駅名標の外枠としてスギ材を使うには火災予防上の問題などがありそうなところなので、そのままではちょっと使いづらいのかも…》。

 

 それにしても地元・耳川流域産出のスギ材をふんだんに使うなりして生まれ変わった日向市駅、これこそまさしく地産地消の良き実践例の一つといえそうなところですね。

 

 

 宮崎県内では、旧国鉄時代の1979年に高架化された西都城駅、JR発足後の1993年に高架化された宮崎駅とその3年後の1996年に高架駅として開業した宮崎空港駅に次ぐ4番目の高架駅となった日向市駅───思わず「白いソニック」こと885系車両がこの駅に乗り入れてくる光景を想像してしまう私なのでした《現状、特急列車では485系車両783系「ハイパーサルーン」が乗り入れて来るのみ〔過去には787系”つばめ型車両”も定期運用として乗り入れてきたことがあるが現在は運用消滅)》。

 

 

◎ 参照記事(本文中紹介分を除く)
日向市駅BCS賞 建築業協会、独自構造評価

 

 

P.S.
 この2006年12月に高架駅としてリニューアル・オープンした日向市駅について、この高架駅建設に関わった関係者たちの奮闘ぶりが一冊の書籍『新・日向市駅』にまとめられている他〔→PDFチラシ(フライヤー)アマゾン内案内ページ〕、オープン直前にあたる2006年年11月26日に地元民らを招待して行われたウォーキング・イヴェント「日向市駅高架ウォーク」の模様もネット上で公開されています《→『「H18日向市駅高架ウォーキング」レポート(その1)』・『「H18日向市駅高架ウォーキング」レポート(その2)』》。

 このうち「日向市駅高架ウォーク」には約950人が参加していたとのことで、この新しい高架駅に対する地元の関心の高さというものが窺い知れるところですね。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
にほんブログ村 鉄道ブログへ 人気ブログランキング「くつろぐ」 ←ランキング参加中。各1クリック願います!

 

【関連記事〔九州島内鉄道の話題(新幹線除く)〕
引退していた九州のSL、2年後に復活か!?
吉と出るか凶と出るか・・・肥薩おれんじ鉄道鹿児島・熊本へ乗り入れ
鹿児島・熊本両県の中心駅への直通乗り入れ、ついに実現へ・・・・・・肥薩おれんじ鉄道
”「さくら」&「あかつき」”リバイバル列車運行のこと・・・阪神なんば線開業当日に《他の類似リバイバル列車話有り》
JR東日本の引退車両、JR九州にも・・・元勝田車両セ所属の415系電車計12両。昨年暮れの話ですが
車内泊出来るブルトレ車両によるリバイバル列車、夏休みに運行・・・日豊本線全線走破。「富士」ヘッドマーク掲出
特急「海幸山幸」、10月10日日南線に登場・・・高千穂鉄道TR400形の”復活”、JRと沿線自治体との連携がカギに

« 姫路市営モノレールの車両、35年ぶりに日の目──当時の世論と市長交代などに翻弄された実質8年の短い”生涯” | トップページ | ホノルル交響楽団、事実上倒産へ──109年の歴史に幕、過去には朝比奈隆らも客演。来年前半を目標に再建か? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/46812999

この記事へのトラックバック一覧です: 日向市駅、第50回BCS賞を受賞──2006年高架駅としてリニューアル。県産材(スギ)を多用、地産地消の好例:

« 姫路市営モノレールの車両、35年ぶりに日の目──当時の世論と市長交代などに翻弄された実質8年の短い”生涯” | トップページ | ホノルル交響楽団、事実上倒産へ──109年の歴史に幕、過去には朝比奈隆らも客演。来年前半を目標に再建か? »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)