フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 【「第27回サントリー1万人の第九」公演記=3】ゲネプロ直前の小休止に於ける話《館内レストラン、昼食用弁当…》 | トップページ | 【「第27回サントリー1万人の第九」公演記=4】本番直前のゲネプロ・第2部~「第九」他《楽譜の”版”のこととか…》 »

英国高速新線HS1(CTRL)本格営業開始──12月13日。日立が車両に保守に貢献、英国内他路線にも?《”+α”有》

 このブログでは、量的には国内ものと比べて圧倒的に少ないのですが、海外の”鉄的”話題も扱ってきています。

 

 そうした中の一つに、英仏間国際特急列車「ユーロスター」のため、イギリス国内に於いて建設が進められてきた高速新線HS1(CTRL)の話があります。

 

 鉄道発祥の国に於けるこの高速新線建設を巡っては、初めて日本製の高速鉄道車両(クラス395)が乗り込んだことで日本国内でも大きな話題となったわけですが・・・

 

 

私の自宅で購読している朝日新聞の昨日(12月15日)付け朝刊・経済面に掲載された、イギリスの高速新線HS1(CTRL)の「正式開業」のニュース記事。日本の日立が開発・製造した「クラス395」車両の並びを写した写真入りで掲載されていた

 私の自宅で購読している朝日新聞の昨日(12月15日)付朝刊の経済面に、そのイギリス高速新線HS1が「正式開業」したとの記事が、あの日本製高速鉄道車両の写真入りで掲載され、私も思わずハッとさせられました。

 

 「正式開業」───正確には、高速新線HS1を介した英国の鉄道事業者による、日本製高速鉄道車両(クラス395)を使っての本格的営業運転、つまりは通常の営業運転が本格的に開始したというものですが。

 

 

 英仏間国際特急列車「ユーロスター」のため、イギリス国内に於いて高速新線HS1(CTRL)の建設が始まったのは1998年10月のこと。

 

 それまでは英仏間に横たわるドーバー海峡を鉄路で渡るべく掘削されたユーロトンネル(英仏海峡トンネル、Channel Tunnel)を潜ってイギリス側に出ると、いきなりイギリス側在来線に入る格好となっていたみたいでしたが、なんと日本の地下鉄(東京メトロ丸ノ内線、大阪市営地下鉄御堂筋線など)と同じ第3軌条方式電化区間となっていて、最高速度が160km/hに制限されていた上に、速度の遅いイギリス国内限定の在来線列車も混在していたことから、所要時間短縮の妨げとなっていました。

 

 このような状況を目の当たりにしたイギリス政府は重い腰を上げ、1996年にイギリス議会で「Channel Tunnel Rail Link Act」(CTRL法?───つまりCTRL建設を進めるための法律のことか)を成立させると、これを基にして高速新線建設のための第3セクター会社「London & Continental Railways Limited」が設立され、ここに路線全長109kmを2つに分けて格好での建設工事が始まりました。

 

 そして、「ユーロスター」運転開始からちょうど9年後にあたる2007年11月14日に全線開通、これに伴ってそれまでのウォータールー(または”ワーテルロー”)駅からセント・パンクラス駅にロンドン側国際ターミナルの機能が全面的に移されたわけですが、この全線開通の約3ヶ月前にあたる同年8月23日、日本の日立製作所が高速新線HS1向けに開発・製造した高速鉄道車両「クラス395」が初めてイギリス本土に陸揚げされました。

 

 このことについては、日本の鉄道車両メーカーの手による初の欧州向け高速鉄道車両の納入ということで日本国内でも話題となったものです《このブログでも『日本の新幹線技術、次は鉄道発祥の地へ・・・・・・英国の高速新線CTRL向け「新幹線ベース」車両の陸揚げ』という記事タイトルで書いていました》。

 

 それから約2年の歳月をかけて続々とイギリスに陸揚げ(というか納入)されていき、今年8月17日の陸揚げ分を以て受注分全ての納入(陸揚げ)を完了させたのです。

 

 これら納入された「クラス395」車両は、車両保有会社であるHSBCレール社が保有し、高速新線HS1を鉄道路線として運営する鉄道事業者サウスイースタン(London & South Eastern Railway Limited)にリースする形が採られ、ケント州アシュフォード区に所在するアシュフォード車両基地に配属される格好となっています《尤もこの車両基地がアシュフォード国際駅の付近に造られるか否かはわかりませんが…;地図参照→「ロンドン~アシュフォード」・「アシュフォード国際駅とその周辺」〔アシュフォード国際駅はケント州アシュフォード区アシュフォードの中心部から約1マイル(1.6km)離れたところに位置→アシュフォード国際駅のWebサイト(英文サイト。トップページに駅位置に関する記述有;同国際駅の住所など・・・英国国内に於ける住居表示)〕》。

 

 

 ここまでの話について、仮に日本の鉄道の仕組みに準えるとすれば、高速新線HS1(CTRL)は「London & Continental Railways Limited」が第3種鉄道事業者として、そして「サウスイースタン(London & South Eastern Railway Limited)」が第2種鉄道事業者として、それぞれ携わる格好になるわけで、このあたりの関係は阪神なんば線に於ける「西大阪高速鉄道(第3種)=阪神電気鉄道(第2種)」、京阪中之島線に於ける「中之島高速鉄道(第3種)=京阪電気鉄道(第2種)」、JRおおさか東線に於ける「大阪外環状鉄道(第3種)=西日本旅客鉄道(JR西日本、第2種)」などと相通ずるものがあるように思えるわけです。

 

 そして日本の日立が開発・製造した「クラス395」車両を別途設立された「HSBCレール社」が保有して「サウスイースタン」にリース(貸与)するというこの両者の関係については、初めのうち私はJR発足直後に於ける新幹線運営形態(新幹線保有機構が施設全般を保有して新幹線各線を運営するJR各社にリース)を連想していたのですが、これは間違いであり、JR東日本に於けるミニ新幹線区間(山形新幹線と秋田新幹線)で使われる新幹線車両の各保有会社とJR東日本との関係を連想すべきところなのです《山形新幹線に於ける「山形ジェイアール直行特急保有」(400系車両のみ)と秋田新幹線に於ける「秋田新幹線車両保有」》。

 

 

 で、日本からの「クラス395」車両全編成が納入完了となる約2ヶ月前にあたる6月18日からその「クラス395」を使った試運転が始まり、同29日から高速新線HS1内限定(ロンドン・セントパンクラス駅からケント州のエブスフリート国際駅及びアシュフォード国際駅までの間)で試験営業運転を開始、2ヶ月あまり後の9月7日からはHS1を経由してのケント州内在来線への直通運転(ロンドンからドーバー・プライオリー(Dover Priory)駅及びラムスゲート(Ramsgate)駅までの間)も開始し、試験営業運転の範囲を広げていきました。

 

 そして去る12月14日、サウスイースタンは、これまでの試験営業運転の実績を基に、ロンドン・セントパンクラスとケント州内21駅とを結ぶ、高速新線HS1を介した「クラス395」を使っての高速鉄道輸送サービスを本格的にスタートさせました《通常営業運転のスタート;日本国内ではこれを「正式開通」と報じています》。

 

 この日のロンドン・セントパンクラス発1番列車(ロンドン06:25発ロチェスター行)にはイギリスのアンドリュー・アドニス運輸大臣を初め運営会社サウスイースタン、車両製造元の日立などの関係者たちが乗り込んでいましたが、アドニス運輸相はこの車内で「時速140マイル(約225キロ)で走る列車の営業運行は国内初。これを機に高速鉄道網を全国に広げていきたい」と意気込みを語ると共に、ゴードン・ブラウン首相も、この日の午前に開かれた開通式典の席上、「英国鉄道の長い歴史に於いて記念すべき日となった」と誇らしげに語っていたそうな。

 

 で、ここで一つ疑問に感じたのは、報道では”12月14日に開通”となっていますが、高速新線HS1を路線として運営するサウスイースタンの公式Webサイトに、以下のくだりが見えます。

 

Full high speed services begin on 13 December from St Pancras International to 21 stations.

 

 つまり12月13日から本営業を開始する旨の記載になっているわけですが、にもかかわらず”12月14日に開通”となったのは何故なんだろうか。

 

 何らかの原因で準備に手間取ってしまい、開業が1日遅れたということなのだろうか。

 

 そのあたり、ネット上で探ってみたのですが、残念ながらその理由はわからないままです。

 

 とはいえ、1日遅れながら、鉄道発祥の国に乗り込んだ日本の高速鉄車両技術が本格的に花開いた瞬間でもあったわけで、歴史的出来事といってもよいでしょう。

 

 あ、一つ忘れそうになるところだった───高速新線HS1の、ロンドン(セント・パンクラス)の次駅として据えられているストラトフォード国際駅について、付近に位置する貨物操車場跡地の再開発地域「ストラトフォードシティ(Westfield Stratford City)」一帯の整備と、2012年開催のロンドン・オリンピックに関連する諸施設の整備に合わせての開業を目指してきた関係で、駅施設自体はHS1(CTRL)2期工事区間完成前の2006年4月に完成しているものの、今日まで正式開業が見送られてきていました。

 

 今回のHS1正式開業(通常営業運転開始)に合わせて、そのストラトフォード国際駅も営業開始となった模様───但し、少なくともLRT路線である「ドックランズ・ライト・レイルウェイ」が同国際駅まで延伸開業する予定となっている2010年頃までは、同国際駅に於ける「ユーロスター」の客扱い停車は無いとの話です。

 

 

 さて、開業記念式典の席上、ブラウン首相は「来年3月までに次世代の鉄道網整備に関する策定案を発表する」とも表明していますが、この中で、イギリス国内に於けるロンドンとスコットランドを結ぶ”高速新線HS2”計画に関して説明するのでは、との一部メディアによる憶測も流れています。

 

 今回本格的に営業運転を始めたケント州(英仏海峡トンネル)方面とを結ぶ高速新線HS1に続く、スコットランド(当初はバーミンガムで伝えられているみたいだが…)とを結ぶ高速新線HR2は、イギリス政府内に於いて必要性は示しながらも予算不足などを理由に事実上頓挫している格好となっていました。

 

 今回のブラウン首相の発言はこうした頓挫状態からの打開に一定の道筋をつけるのかどうかという点で注目されるところといえるでしょう。

 

 1994年から1997年にかけて実施されたイギリス国鉄の細々とした分割民営化で施設がすっかり疲弊し、結果重大事故の多発という事態を招いたイギリスの鉄道網───高速新線HS1向けに高速鉄道車両を納入した日本の日立製作所は併せて路線保守関連なども受注していて、更にこれとは別にイギリス国内に於ける都市間高速鉄道車両置き換え計画(IEP=Intercity Express Programme、インターシティ・エクスプレス・プログラム)に基づく車両製造及び保守事業についての優先交渉権をも今年2月に獲得し、来年3月末までの交渉期間中に於ける正式契約締結を目指しているとのことで、日立のこうした一連の行動がイギリス鉄道界にどのような影響を与えるものなのか、日本の鉄道好きの一人として、期待を以て注目していこうと思います。

 

 

P.S.
 本文中でも少し紹介しました、高速新線HS1を鉄道路線として運営する鉄道事業者サウスイースタンの公式Webサイトについてですが、昨日アクセスした時点では以下に示すように表示されていました。

英国の鉄道事業者サウスイースタンの公式Webサイトのトップページ。右側に日本の日立が作り上げた「クラス395」車両の”顔”写真を織り込んだバナー(「Full speed ahead」の文字入り)が見える。ちなみに左上に見える「View journey Map」バナーをクリックするとPDF形式の路線図が閲覧出来、PDF形式のより詳しい路線図(運行系統図)も取り寄せられる

 ページ右側に日立が開発・製造した「クラス395」車両の”顔”写真入りバナー(「Full speed ahead」の文字も入っている)が添えられていて、このあたりのさり気なさが何ともいえぬ雰囲気を醸し出しているかのようです。
 余談ながら、ページ右上に見える「View journey Map」バナーをクリックするとサウスイースタン営業路線の路線図が表示されますが、そこから更により詳しいPDF形式の路線図(運行系統図)を取り出すことも出来ます《ちなみにその「詳しいPDF形式の路線図(運行系統図)」がこちらです》。

 ここで右側に見える、日立が製造した「クラス395」車両の”顔”写真入りバナーをクリックすると・・・

英国の鉄道事業者サウスイースタンの公式Webサイト内に設置されている高速新線HS1の案内ページ。上に見える「クラス395」車両の”顔”が何とも可愛らしい

 何とも可愛らしい「クラス395」車両の”顔”がページ上部に現れますが、要するにここは高速新線HS1の営業案内ページになっていて、ここに「12月13日営業開始」の旨の記載が見えていました。

 今回鉄道発祥の国イギリスへの乗り込みに成功した日立ですが、更なる野望を抱いている様子で、なんと日本の新幹線にとって最大のライヴァルであるフランスTGV(というかそのTGVが主として走行する高速軌道LGV)を運営しているフランス国鉄SNCFが来年にも行う見通しであるという車両受注入札にも挑む姿勢を見せているほか、果てはドイツICEの車両更新に伴う受注獲得をも目指しているとも報じられていて、イギリスに於ける鉄道車両等の大型受注という成果を上げた日立の今後の動向が益々興味深いものとなってきたように感じるところです。

 

 

◎ 参照記事(本文中紹介分を除く)
日立の高速列車、英国で発車 日本の車両、初の運行
《→『日立の高速列車、英国で発車 日本の車両、初の運行』》
日立の新型高速列車、フル運行開始
ロンドン~ケント州高速鉄道が正式開通
英で日本製の高速列車快走 通勤と五輪の足に期待
日立が英で初の鉄道工場建設へ 海外で初、世界的な受注増で
日立、英で鉄道大型受注 総事業費1兆円、川重は米向け路面電車
サウスイースタン、日立製車両高速鉄道の区間延長
日立製の高速鉄道デビュー=時速225キロを達成
新幹線鉄道保有機構の成立と沿革
日立:仏独高速鉄道で新幹線の受注獲得目指す-TGVなどに対抗

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 鉄道ブログへ 人気ブログランキング「くつろぐ」 ←ランキング参加中。各1クリック願います!

 

【関連記事(イギリスの鉄道事情)
日本の新幹線技術、次は鉄道発祥の地へ・・・・・・英国の高速新線CTRL向け「新幹線ベース」車両の陸揚げ
イギリス(英国)の鉄道駅に於ける空港並みの荷物検査、実施へ・・・
イギリスの高速新線CTRL(HS1)、全線開業・・・・・・「ユーロスター」運転全区間高速新線走行へ
イギリス高速新線「CTRL」向け新型車両「クラス395」計174両、陸揚げ完結・・・日立製作所、新幹線アイディア採用

 

【関連記事(「新幹線技術売り込み」関連)
新幹線シンポジウムと試乗会(兼330km/h走行試験)、好評博す──JR東海。最高速度アップも《+米国ウソ電!?》
東海道新幹線一部区間、330km/hにアップ検討か──JR東海、2011年後半目処、九州新幹線全線開業予定の年

 

【関連記事(新幹線誕生を振り返る)】
〔1〕「終戦後~”こだま形特急電車”高速度試験」
〔2〕「交流電化の採用、そしてモデル線での試運転」
〔3〕「2人の国鉄総裁の人となり、そして開業」

 

【関連記事(新幹線技術の海外への輸出)
「台湾新幹線」に想う・・・
嗚呼”中国新幹線”・・・それに比べて台湾はイイ!?
ブラジル高速鉄道プロジェクト、入札条件公示迫る・・・新幹線携えて”参戦”する「日本連合」。2014年開業は困難か
ブラジル高速鉄道(TAV)プロジェクトに暗雲──融資プラン変更で更なる遅延。2014年サッカーW杯に間に合わず
ブラジル高速鉄道(TAV)プロジェクト、2月中に入札実施か…昨年暮れから入札プロセス入り。コスト面のみで審査?
オバマ肝煎り「米国高速鉄道網整備計画」始動・・・フロリダ州、カリフォルニア州等に予算配分。JR東海も販売先選定
ボルティモアに心血注ぐJR東海、カリフォルニアに参入するJR東日本──米国高速鉄道プロジェクトに絡む受注合戦

« 【「第27回サントリー1万人の第九」公演記=3】ゲネプロ直前の小休止に於ける話《館内レストラン、昼食用弁当…》 | トップページ | 【「第27回サントリー1万人の第九」公演記=4】本番直前のゲネプロ・第2部~「第九」他《楽譜の”版”のこととか…》 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/47032570

この記事へのトラックバック一覧です: 英国高速新線HS1(CTRL)本格営業開始──12月13日。日立が車両に保守に貢献、英国内他路線にも?《”+α”有》:

« 【「第27回サントリー1万人の第九」公演記=3】ゲネプロ直前の小休止に於ける話《館内レストラン、昼食用弁当…》 | トップページ | 【「第27回サントリー1万人の第九」公演記=4】本番直前のゲネプロ・第2部~「第九」他《楽譜の”版”のこととか…》 »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)