フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 【「第九ひろしま2009」(第25回)公演記=12】解団式──全回合唱参加者12人の表彰、そして出演者全員で乾杯! | トップページ | JR西日本「ご当地カラー」下関にて塗り替え──1月20日。115系3000番台1編成が「濃黄色」に、翌日に広島駅へ »

【「第九ひろしま2009」(第25回)公演記=13】アルパークで見た鉄道遺物、広島駅で見た懐かしきモノ、そしてお別れ

【←12回目記事へ】

 今日で1月が終わってしまいますが、昨年で25回目を迎えた広島の「第九ひろしま(第九ひろしま2009)」に合唱参加した時のことを綴るというシリーズはまだ続いています(爆)

 

 進行途中に急遽”鉄的”話題(ニュース)が入ってきたりして、ペースダウンしてしまっていますが、それでも何とか強引に続けています(笑)

 

 なおこのシリーズ、公演自体のことは既に書き終えていまして、前回(第12回)からは公演を終えて広島からの戻り(というか復路)にさしかかっています。

 

 尤も前回の場合はホールを後にするところで終わっていますが・・・

 

 

 本番前日(12月19日)からの2日間、公演会場としてお世話になった広島サンプラザに別れを告げて、JR線最寄り駅である新井口駅へと歩を進めた私でしたが・・・

 

 すぐ目の前に見えるアルパーク西棟の根元部分に視線を向けてみると・・・

広島サンプラザの道路を挟んで反対側に位置する商業施設「アルパーク」西棟の根元に見える”枕木アート”。アルパーク側から新井口駅側に向けての眺め。表面の感じなどから鉄道の枕木ではないかと直感していた《091220撮影》

 これって、もしかして鉄道の軌道路盤にレールと共に敷設されている枕木の使い古しか?

広島サンプラザの道路を挟んで反対側に位置する商業施設「アルパーク」西棟の根元に見える”枕木アート”。一つ一つをまじまじと見続けていくうち、改めてこれは鉄道の枕木のリサイクルであると確信。これが正解かどうか否かは別にして…《091220撮影》

 今まで気が付かなかったんですが、打ち込まれた犬釘のつくったとみられる穴、独特の表面形状、そして所々に見られる白墨(?)書き・・・

広島サンプラザの道路を挟んで反対側に位置する商業施設「アルパーク」西棟の根元に見える”枕木アート”。新井口駅側からアルパーク側に向けての眺め。模様としてはよく出来上がっているような印象だった《091220撮影》

 どうやら本当に鉄道の枕木の使い古しっぽいですね(笑)

 

 全体として眺めていると、一つのまとまった模様(というかデザイン)として映るわけですが、それにしても、このような形で鉄道の枕木が鉄道遺物の一つとしてリサイクルされているとは・・・

 

 鉄道好きとして思わず嬉しい気分になった一コマでした。

 

 枕木による”根元アート”をしばらく眺めたあと、少し急ぎ足で改めて新井口へと歩を進めた私、やがて階段で歩道橋上へと上がり、そのまま新井口駅舎の中へ。

 

 そして、改札口前に足を運んでみると───改札口のすぐ上に備え付けられている駅の発車標に、次に来る列車として呉線に入る普通列車が表示されているのが見えました。

 

 半ば納得、半ば諦めの心境になっていた私・・・

 

 実はこの新井口駅に向かう前──確か解団式を終えてサブ・アリーナで着替えをしている最中だったか、手持ちの携帯を使って、間に合わないことが確定してしまった新井口18:00発岡山行き「通勤ライナー」の次に来る山陽本線上り列車を調べていました。

 

 すると、なんと18:41発の岡山行き「シティライナー」(区間快速の類)まで無いとの検索結果が───思わず愕然とする私。

 

 その一方で、もしかすると広島駅始発の山陽本線上り列車があるのではないか、との希望的観測(というか単なる願望!?)も同時に頭の中でムクムクと沸き立ってきて、とりあえず新井口を発車する広島方面の電車に乗ってみよう、という思いを抱くようになり、とりあえず新井口の駅へと向かった私なのでした。

 

 だが、実際に改札口前の駅の発車標の見える位置に足を運んでみると、18:41発の列車の前に2本の列車が入っているのが見えるものの、何れも広島から先で呉線に入っていってしまう列車となっていて、特に18:41発の一つ前の列車にあたる18:31発の糸崎行きは、一見して山陽本線上りと思ってしまうも、実際目にした車両の側面に見える行先方向幕等から「呉線回り」と知り、何だか不意打ちに遭ったような気分に・・・

 

 そんな現実を目の当たりにして、半ばフリーズ状態となってしまっていた私。

 

 そうこうしているうちに1本目の18:13発呉線・広行き普通列車が行ってしまい、次の18:31発糸崎行き(呉線回り)まで20分近く間が空いてしまいました。

 

 ありゃぁぁぁ、と半ば唖然となりながらも、20分近くの間合いが出来てしまったことで、ここで広島土産を買い求めてしまおう、と思うようになった私は、一旦改札口前を離れ、駅舎の縁に構える駅のキヨスクへと足を向けました。

 

 実は一昨年(2008年)の「第九ひろしま2008」への合唱参加の際にもこの新井口駅のキヨスクで広島土産を買い求め、そのまま岡山まで普通列車で乗り通しましたので、結果的に、2年連続で新井口駅のキヨスクで広島土産を買い求める、ということになりました。

 

 で、キヨスク店頭に置かれている、土産物などが積まれているワゴンを見た私は、その一番上に広島土産の菓子類の見本が4種類並べられているのが見えましたが、同時に、見本と共に商品在庫が積まれているのは広島名物としてポピュラーな存在となっている「もみじまんじゅう」8個入り(だったような…)1種類しかないことも判明。

 

 売店員に訪ねてみるも、商品見本と共に積まれている分しか在庫が無いとのことで、仕方なくその唯一商品在庫が積まれていた「もみじまんじゅう」一つを購入。

 

 尤もこの新井口駅キヨスクで昨年買い求めた「もみじまんじゅう」、後日に自宅で開けてみたところ、普段よく目にする製造元とは違うところとなっていて、実際おやつの時間に食してみていい感じでしたが・・・

 

 

 広島土産を何とか確保出来たところで、鞄から使いかけの「青春18きっぷ」を取り出し、遅まきながら「12月20日」付の日付記入を受けた私は、上り列車発着ホームへと階段を下りていき、後方(岩国方)にて列車の入線を待っていました。

 

 目の前には自動車ショールーム店舗の明かり、そして少し遠方には「アルパーク」のネオンサインなど・・・これらの街並みとは暫しのお別れ。

 

 まもなく岩国方向から列車が見えてきて、やがて入線し停車。

 

 新井口18:31発の呉線回り・三原方面糸崎行き「通勤ライナー」(区間快速)───とりあえず広島まで出てみよう、広島で何かあるかもしれない、という微かな希望を抱きながら乗車。

 

 暗闇の中を東の方向へとひた走る列車・・・車窓から見える、高台に建つ家々などの明かりを見上げていたっけ。

 

 西広島、横川、とやりすごし、広島に到着。

 

 ホームに降り立ち、新幹線乗り換え口にも通ずる跨線橋に上がってみた私は、その跨線橋に設備されている方面別の発車標を探し回っていました。

 

 そして見つけた、山陽本線上り方面の発車標───見ると、次に発車する列車として18:54発、つまり新井口18:41発の岡山行きが表示されていました。

 

 やはりダメだったか・・・見事希望を裏切られてしまった私。

 

 半ばガッカリした気分になっていましたが、とりあえずその岡山行きの発着ホーム(5番のりば→4・5番島式ホーム)へと下り立ちました。

 

 そこで目にした、隣のホームに停まっていた湘南色の車両───その車体側面に、思わず目を丸くしていました。

広島駅3番のりばに停車していた、湘南色の車両。車体側面に表示されていた車番表示から、元は京阪神地区の湖西線や草津線で運用されている「113系(111系)5700番台」だったと確信。広島に移ってきた際に製造番号表示部分の頭の「5」が塗りつぶされたみたい《091220撮影》

 その湘南色の車体側面の下部をよく見てみると、乗務員室横に見える車両所属先表示のところがクリーム色で塗りつぶされて黒で「広ヒロ」と記されているのが見え、更に車両中央部下に表示されている車番表示のところを見ると、車両型式番号表示の横に続く製造番号表示のところの頭に1桁分の空白が───眺めていて、何とも不自然な印象だし(笑)

広島駅3番のりばに停車していた、湘南色の車両の車体側面下部の様子。乗務員室(運転台)すぐ横に見える所属先表示のところはクリーム色に塗りつぶされて「広ヒロ」と描かれ、中央部分に見える車番表示の製造番号表示部の頭の部分に1桁分の不自然な空白が…《091220撮影》

 そして乗降口ドアのところに視線を向けると、手で開け閉めするための取っ手が取り付けられているのが見えていたし・・・

 

 ひょっとするとこの車両、ここに来る前には京阪神地区、とりわけ草津線や湖西線あたりで見かける「113系(111系)5700番台」(同700番台の高速化改造車)と名乗っていたものではなかろうか。

 

 この「113系(111系)5700番台」に関しては、私も学生の頃に大阪駅で当時草津線から直通してきたであろう大阪止まりの快速列車として朝方にしばしば見かけたし───113系でありながら115系で見られるようなドアの造りと開閉方をしているのが見えていたので、何だか「115系もどき」のように感じていたものでした。

 

 それだけに、広島駅であのような不自然な格好でお目にかかったときには、何だか懐かしさがこみ上げてきていました。

 

 で、その元「113系(111系)5700番台」車であろう113系が停まっている同一ホーム上の反対側には瀬戸内色の車両が・・・

広島駅2・3番島式ホームに並ぶ湘南色の111系車両(手前)と瀬戸内色の車両(奥)。奥に見える瀬戸内色の車両は恐らく115系車両と思われる《091220撮影》

 車番部分が隠れてしまっているのでわからないけれども、瀬戸内色塗装に加えてドアに取っ手が付いているところから考えると、恐らく115系車両なのでしょう。

 

 そうこうしているうちに、私の立っているホームに、これから乗ろうとしている広島18:54発岡山行き「シティライナー」(新井口18:41発の上り列車;広島からは「通勤ライナー」に化けていたかな…)が入ってきました。

広島駅5番のりばに入線してきた、18:54発岡山行き「通勤ライナー」(区間快速)。新井口18:41発の山陽本線上り列車でもあり、これに乗って広島をあとにした《091220撮影》

 うわぁ、結構な数の人が乗り込むなぁ───しばらくの間乗り降りの様子を眺めていた私でしたが、少し落ち着いたところで後方へ移動し、後ろのほうの車両(後ろから2両目の車両だったか…よく覚えていないし)に乗り込みました。

 

 間もなく発車する旨の構内アナウンスが鳴り響き、次いでドアが閉まると、2日間お世話になった広島の街をあとにして走り出しました。

 

 混み合う車内で大きな鞄2つを床に立ちん坊状態の私でしたが、進行方向右手の車窓に見える、移りゆく広島の街の灯を眺めながら、滞在していた2日間のことを、走馬燈の如く、頭の中で振り返っていました。

 

 

 このあと、列車は「西の箱根」との異名を持つセノハチ(瀬野八)を擁する八本松までの区間をノンストップで駆け抜け、八本松から先は各駅に停車していくわけですが、ここまで分量的に長くなってしまっていますので、次回以降の記事にて引き続き喋っていこうと思います───ゴメンナサイ。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加中。各1クリックご投票を!

 

【関連記事〔「第九ひろしま2009」(第25回)公演記〕】
【1】「身支度、自宅出発から大阪駅到着まで」
【2】「大阪駅にて思わぬ出会い、そして播州赤穂へ…」
【3】「ダイヤ混乱に翻弄され、一旦播州赤穂についた私」
【4】「相生に戻って改めて西へ。そして広島、公演会場最寄駅へ」
【5】「広島サンプラザホール着。そして前日リハ(オケ合わせ)へ」
【6】「前日リハーサル終わって広島駅へ、そしてビジネスホテルへ」
【7】「夕食兼ねて夜の広島市内を散策。帰りはICOCAで広電乗車」
【8】「本番当日朝、ホテルをチェック・アウトして広島駅へ」
【9】「広島駅で”遅刻確定”か…非常手段(タクシー)にて会場へ」
【10】「発声練習、そしてゲネプロ(本番直前最後の通し稽古)へ」
【11】「史上25回目の公演本番…”地産地消”、そしてハプニングも」
【12】「解団式──全回合唱参加者12人の表彰、そして乾杯!」
【14終】「岡山で”こだまレールスター”を目撃、そして家路に・・・」

 

【関連記事(「第九ひろしま2009」現地投稿分)
広島に向けて…「第九ひろしま」
「第九ひろしま2009」本番直前…
「第九ひろしま2009」無事終演…

 

【関連記事(前後年開催「第九ひろしま」関連リンク集)
第24回(2008年)以前→第25回(2009年)
第25回(2009年)→第26回(2010年)以降

« 【「第九ひろしま2009」(第25回)公演記=12】解団式──全回合唱参加者12人の表彰、そして出演者全員で乾杯! | トップページ | JR西日本「ご当地カラー」下関にて塗り替え──1月20日。115系3000番台1編成が「濃黄色」に、翌日に広島駅へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/47439285

この記事へのトラックバック一覧です: 【「第九ひろしま2009」(第25回)公演記=13】アルパークで見た鉄道遺物、広島駅で見た懐かしきモノ、そしてお別れ:

« 【「第九ひろしま2009」(第25回)公演記=12】解団式──全回合唱参加者12人の表彰、そして出演者全員で乾杯! | トップページ | JR西日本「ご当地カラー」下関にて塗り替え──1月20日。115系3000番台1編成が「濃黄色」に、翌日に広島駅へ »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)