フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 臨時特急「まほろば」運転へ──4~6月。平日運転の「やまとじライナー」を思わず連想《+快速としての運転前例有》 | トップページ | 【「第九ひろしま2009」(第25回)公演記=11】史上25回目を数える公演本番へ──”地産地消”、そしてハプニングも »

ブラジル高速鉄道(TAV)プロジェクト、2月中に入札実施か…昨年暮れから入札プロセス入り。コスト面のみで審査?

 昨年(2009年)10月にブラジル政府による融資プランの変更のため工程がまたも先延ばしにされ、2014年にブラジルで開催予定のサッカー・ワールドカップ(W杯)までに完成が間に合わないことが確実視されてしまっている感のあるブラジル高速鉄道(TAV)プロジェクト───新幹線技術を持つ日本を初め、TGVのフランス、ICEのドイツ等の高速鉄道技術保有国の他、最近では韓国や中国、イタリアなどの国々も”参戦”する意向を表明するなど、ますます熱を帯びてきている感のあるこの国家プロジェクト、昨年暮れになってようやく具体的な動きを見せてきている様子ですね。

 

 正直言って、ちょっとじれったい印象を抱いているところですが・・・

 

 

 共同通信などによると、昨年暮れ、12月18日にブラジル政府は高速鉄道(TAV)プロジェクトへの参画事業者(建設・運営事業者)を選定するための入札に至るプロセス(手続き)に入ったことを明らかにすると同時に、その入札に際しての審査(評価)基準の原案を公表しました。

 

 現時点で見込まれている総事業費は346億レアル(約1兆7300億円)で、ブラジル政府がこのうちの6割にあたる209億レアルを上限に融資することになっていますが、今回発表された審査基準の原案では、このブラジル政府からの融資を以下に低く抑えられるか、そして完成後に於いてどれだけ安価に運賃設定が出来るのか・・・を競わせるものになっているのだとか。

 

 一方技術面では、高速鉄道開発技術の移転については必須項目とされているものの、審査基準原案の中に技術的な項目は一つも入っていないとの話。

 

 NHKによる報道では、この基準を巡り、フランスTGVをベースにした車両での入札を目指している韓国が低価格で入札する可能性が指摘されているとのことですが、韓国といえば、実は過去に韓国の車両メーカー(ロテム→現代ロテム)が台湾国鉄在来線向けに鉄道車両を納入した際、納入後に故障が相次いだにもかかわらずアフターケアが十分ではない等として台湾の鉄道当局にあたる台湾鉄路管理局がブラックリスト入りを決めたという前例があり、このことを察してのことなのかどうかは定かではありませんが、日本側がブラジル政府に対して技術面をより重視すべきだと働きかけていく方針にしているのだとか。

 

 尤も、そのNHK報道によると、今回発表された入札審査基準原案については、入札が行われるまで、必要に応じて修正する用意があるとも表明していますが・・・

 

 

 その入札審査基準原案を携えて開かれたであろう〔定かではないけれども…〕、去る11日にリオデジャネイロで開催された公聴会には企業関係者ら100人以上が出席。

 

 この席上で中国側の関係者がブラジル高速鉄道プロジェクトへの応札を表明した一方で、地元ブラジルの出席者からは「日本から最新のリニアモーターカーJRマグレブ?)技術の導入も検討すべき」との声も上がっていたとか。

 

 この公聴会の場で、ブラジル政府は2月にも入札を実施する可能性を明らかにしたのだそうですが、日本側の関係者も出席して入札審査基準の原案に対する意見をきちんと述べてきたのだろうか。

 

 ただ、公聴会自体は今月29日までブラジル国内各地で開かれるみたいなので〔13日にサンパウロ市にて開催済、その後15日にカンピーナス市で、19日に首都ブラジリアでも開催済の模様〕、その中できちんと日本側の主張が出来れば───と期待しているところです。

 

 

 ところで、コストパフォーマンスを意識することは事業を経営する上で確かに欠かせないことなのかも知れないのだけれども、このブラジルが打ち出している高速鉄道プロジェクトは、まさしく利用者の人命を預かる公共交通機関、それも都市部を走る地下鉄の類と比べて遙かに速いスピードで走行する高速鉄道を対象としているもの。

 

 高速云々以前に、公共交通機関に求められている最大の要素が「安全第一」であることは、これは日本国内に於けるアンケート調査の類になりますが、2006年に日経BPコンサルティングが行ったアンケート『公共交通機関への不安』の調査結果からも明らかと言えるでしょう《→『連続調査No.36「公共交通機関への不安」』》。

 

 ブラジル人といえども、バスや鉄道、航空といった公共交通機関に安全を求めるのは変わらないと思います《ましてブラジルは、地球上では日本の丁度裏側に位置するにもかかわらず、居住している日系人の数が最も多い国としても知られているし…》。

 

 鉄道ではありませんが、3年前(2007年)にサンパウロのコンゴニャス国際空港で発生したブラジルTAM航空3045便エアバス機の着陸失敗・炎上事故───あの大惨事のことを、まさかブラジル政府が既に忘れてしまっているようなことは無いでしょうけれども・・・

 

 最大800mにも及ぶ高低差も存在する等の厳しい地理的条件を予定ルート上に抱えているとされるブラジル高速鉄道プロジェクト、安全運行を担保するために必要なあらゆる地上設備(トンネルなどの構造物や信号保安設備とか)に費やされる、いわば公共交通機関に於ける”命の金”ともいわれるべき部分が安易に削られることの無きよう、日本側は、現地の協力者も交えつつ、ブラジル政府側に筋道立てて前のめりに説得なりして欲しいところですし、ブラジル政府側もまた、コストパフォーマンス面と同時に技術面にもしっかりと目を向けることで、ブラジル国民から信頼される、基礎部分から確実に高速鉄道を造り上げるよう努めてほしいところです。

 

 

P.S.
 ブラジル政府による高速鉄道プロジェクトの総工費見積もりに絡んで、昨年10月末にひとつ問題が発覚しました。

 去る10月30日付けでブラジルの現地紙が報じたところによると、高速鉄道建設に於けるトンネル掘削などに係る費用見積もりで、今回進行中のプロジェクトで入札業務を受け持つ国家陸運庁(ANTT)がイギリスのコンサルタント会社・ハルクロウ社に依頼して得られた見積もり結果に不正確な箇所があると、トンネル工事委員会(CBT)が報告、明るみに出ました。

 何でもトンネル内径と見積価格との関係が相場と逆になっていたり、掘削対象の地盤の状態とその費用の関係に問題があったり───等の矛盾点を指摘、ANTTの次官も計算違いの可能性を認めているとのこと。

 

 2月にも行われる見通しと報じられている入札に影響が及ばなければいいのですが───今は静かに見守っていましょう。

 

 

◎ 参照記事(本文中紹介分を除く)
ブラジル、高速鉄道の入札原案 日本勢含め資金調達力カギ
ブラジル、高速鉄道入札へ 日本、新幹線輸出目指す
《→『ブラジル高速鉄道入札へ 日本、新幹線輸出目指す』》
ブラジル高速鉄道2月にも入札へ 中国も参加に意欲
《→『ブラジルの高速鉄道、2月にも入札へ』》
ブラジル高速鉄道入札 コスト面を重視
高速鉄道の杜撰見積り=国家陸運庁が誤算を指摘=どうなるC・マルテ駅?
高速鉄道の環境ライセンス認可は来年中頃か
インフラ/PACとブラジル高速鉄道プロジェクト
ブラジル初の高速鉄道、遅れる準備 W杯前の完成、地形と地価が壁
TAM3045便事故の原因(現地報道より)
台湾鐵路局、自強号とEMU500で詐欺行為のロテムを入札から追放事件詳細 2004-2005

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 鉄道ブログへ 人気ブログランキング「くつろぐ」 ←ランキング参加中。各1クリックご投票を!

 

【関連記事(”新幹線技術→南米(ブラジル)”関連)
ブラジル高速鉄道プロジェクト、入札条件公示迫る・・・新幹線携えて”参戦”する「日本連合」。2014年開業は困難か
ブラジル高速鉄道(TAV)プロジェクトに暗雲──融資プラン変更で更なる遅延。2014年サッカーW杯に間に合わず
7月中に入札公示か…ブラジル高速鉄道プロジェクト。11月末入札、その前に大統領選挙《新空港建設も懸念材料に》
ブラジル高速鉄道プロジェクト、ついに入札公示・・・11月29日迄受付、12月16日落札先決定。日、仏など7カ国応札か
アメリカに積極的、ブラジルには慎重姿勢──南北アメリカ大陸に於ける高速鉄道プロジェクト。日本の新幹線売り込み
事業入札「来年4月11日」に延期──ブラジル高速鉄道プロジェクト、複数入札呼び込み狙い。各方面から批判相次ぐ

 

【関連記事(”新幹線技術→北米(アメリカ)”関連)
新幹線シンポジウムと試乗会(兼330km/h走行試験)、好評博す──JR東海。最高速度アップも《+米国ウソ電!?》
オバマ肝煎り「米国高速鉄道網整備計画」始動・・・フロリダ州、カリフォルニア州等に予算配分。JR東海も販売先選定
ボルティモアに心血注ぐJR東海、カリフォルニアに参入するJR東日本──米国高速鉄道プロジェクトに絡む受注合戦
アメリカに積極的、ブラジルには慎重姿勢──南北アメリカ大陸に於ける高速鉄道プロジェクト。日本の新幹線売り込み

 

【関連記事(新幹線誕生を振り返る)】
〔1〕「終戦後~”こだま形特急電車”高速度試験」
〔2〕「交流電化の採用、そしてモデル線での試運転」
〔3〕「2人の国鉄総裁の人となり、そして開業」

 

【関連記事(その他「新幹線技術売り込み」関連)
日本の新幹線、官民挙げての売り込みへ・・・国土交通省、「鉄道国際戦略室」設置。国際標準規格への認定目指す
東海道新幹線一部区間、330km/hにアップ検討か──JR東海、2011年後半目処、九州新幹線全線開業予定の年

 

【関連記事(新幹線技術の海外への輸出)
「台湾新幹線」に想う・・・
嗚呼”中国新幹線”・・・それに比べて台湾はイイ!?
日本の新幹線技術、次は鉄道発祥の地へ・・・・・・英国の高速新線CTRL向け「新幹線ベース」車両の陸揚げ
イギリス高速新線「CTRL」向け新型車両「クラス395」計174両、陸揚げ完結・・・日立製作所、新幹線アイディア採用
英国高速新線HS1(CTRL)本格営業開始──12月13日。日立が車両に保守に貢献、英国内他路線にも?《”+α”有》

« 臨時特急「まほろば」運転へ──4~6月。平日運転の「やまとじライナー」を思わず連想《+快速としての運転前例有》 | トップページ | 【「第九ひろしま2009」(第25回)公演記=11】史上25回目を数える公演本番へ──”地産地消”、そしてハプニングも »

コメント

はじめまして。
ブラジルの高速鉄道プロジェクトに大いに関心を持っています。
日本に落札してもらいたいもんです。
最新の情報は何かお持ちでしょうか?
延び延びになっている入札は本当にいつ実施されるのでしょう。

 gachopinさん、こんばんは、こちらこそ初めまして。

 ブラジル高速鉄道(TAV)プロジェクト、どうやら入札実施時期がまた延び延び(というか先送り)になっていそうな気配です。

 私としても是非日本の新幹線技術が選ばれて(というか落札されて)ほしいと願っているところですが───依然として予断の許さぬ状況が続いているみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/47387945

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル高速鉄道(TAV)プロジェクト、2月中に入札実施か…昨年暮れから入札プロセス入り。コスト面のみで審査?:

« 臨時特急「まほろば」運転へ──4~6月。平日運転の「やまとじライナー」を思わず連想《+快速としての運転前例有》 | トップページ | 【「第九ひろしま2009」(第25回)公演記=11】史上25回目を数える公演本番へ──”地産地消”、そしてハプニングも »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)