フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« JR西日本「ご当地カラー」下関にて塗り替え──1月20日。115系3000番台1編成が「濃黄色」に、翌日に広島駅へ | トップページ | 記事追記のお知らせ──臨時特急「まほろば」(4~6月運転)に係る特急料金に関して《適用される特急料金体系》 »

【「第九ひろしま2009」(第25回)公演記=14終】岡山で”こだまレールスター”を目撃、そして新快速にて家路に・・・

【←13回目記事へ】

 2月になってしまいましたが、ペースダウンしながらも、昨年で25回目を迎えた広島の「第九ひろしま(第九ひろしま2009)」に合唱参加した時のことを相変わらず綴り続けています(爆)

 

 とはいえ、ここのところは公演を終えた後の広島からの復路について記してきています。

 

 ちなみに前回(第13回)の記事では、2日間お世話になった広島サンプラザに別れを告げ、手持ちの「青春18きっぷ」を使ってJR線(山陽本線)に於ける公演会場最寄駅である新井口を発ち、途中広島駅のホームに一旦降り立ったところまでを記しています。

 

 それにしても、広島の地で、かつて関西圏(主に湖西線と草津線)で運用されていたであろう湘南色の元「111系(113系)5700番台」車両と出会えるなんて、思っても見ませんでした。

 

 岡山行き「通勤ライナー」入線までの僅かな一時、懐かしい気分を噛みしめていた私でした。

 

 

 広島駅で、かつて草津線などで活躍していた湘南色の111系車両と出会い、懐かしい気分に半ば浸っていた私でしたが、間もなく入線してきた広島18:54発、新井口駅基準では「18:41発」となる岡山行き「通勤ライナー」(区間快速;広島~八本松間)に乗車し、2日間お世話になった広島の街をあとにしました。

 

 「西の箱根」との異名を持つセノハチ(瀬野八)区間を越えたところに位置する八本松までノンストップで駆け抜け、その次の西条で東横インを擁しながらも何だかベッドタウンな雰囲気を感じさせるような駅前広場を目の当たりにした時には、賑やかな広島市中心部から離れていっているんだな、と実感させられる思いがしました。

 

 それにしても東横イン、こういう場所にもあるんだなぁ───いやぁ恐るべし(笑)

 

 それはさておき、八本松から先は終着駅・岡山まで各駅停車となり、一駅停まる毎に少しずつ乗客を降ろしていきました。

 

 あ、でも新幹線のりばを擁する三原で乗ってきたかな───ちなみに私はというと、広島で乗車して以来、ここまでずっと立ち続けてきていました。

 

 次の糸崎でも、ドアの開いた乗降口から、退屈しのぎ(?)に、携帯を手にしたまま列車外に携帯内蔵カメラのレンズを向けて撮影してみたり・・・

 

 それでも、次の尾道あたりでようやく座れたような───よくは覚えていないけれども、少なくとも岡山県内に入る(というか戻る)までの間に席が空いて座れたように何となく記憶しています。

 

 この後は、岡山到着まで、ボンヤリしていたのか、殆ど印象に残っていないです(汗)

 

 ただ、福山大門(広島県最東端の駅)───とやり過ごしていくうち、あぁ広島からどんどん遠ざかるなぁ、としんみりとした気持ちになっていたくらいかな・・・

 

 倉敷あたりで気が付くも、またうとうととしていたのか、岡山到着が迫っていた頃になってようやく我に返り(?)、降り支度をしていたものでした(爆)

 

 そして、終着駅・岡山に到着。

 

 

 この岡山で一旦「青春18きっぷ」使用を中断、夕飯用食糧を仕入れてから新幹線きっぷ類を買って入場し直すことにしていました。

 

 広島で事前に手持ちの携帯を使って乗り継ぎパターンを調べていた私は、岡山~姫路間で新幹線利用とすることで姫路22:56始発の野洲行き新快速を捕まえられることを情報として掴むことが出来ていました。

 

 岡山に於ける最も最短時間で乗り継ぎ可能な、姫路にも停車する新幹線上り列車は岡山21:58発の新大阪行き「ひかり584号(レールスター)」で、待ち合わせ時間にして30分足らずと、改札口すぐ横に軒を構える駅舎内コンビニ店舗で夕飯用の食糧を物色するには程よい感じであるところから、その「ひかり584号」による新幹線ワープを実行に移した次第。

 

 新幹線乗車時間を気にしながら食糧を物色していた私でしたが、弁当・握り飯関係の在庫が全般的に残り少なくなっていた中で、結局比較的安価な弁当をゲットすることに成功、レジ精算を済ませてからレジカウンターすぐ右横に備え付けられている電子レンジで弁当を温めておき、その後ほぼ真向かいに位置する自動券売機コーナーへ。

 

 そこの一番右端に見えている指定席券等も発券可能な自動券売機(みどりの券売機)で姫路までの「乗車券+新幹線自由席特急券」を手持ちのクレカで購入・・・

 

 「運賃+自由席料金」合わせて4千円ほどと思いこんでいましたが、いざ買ってみれば「3,130円」───4千円いってない(笑)

岡山駅で新幹線に乗り換えるべく、一旦出場した上で「みどりの券売機」で購入した「乗車券+新幹線自由席特急券」の一葉券。合算で「3,130円」也。それでもチト痛い…《091220撮影》

 それでも余分な出費に変わりなく、正直ちょっと痛かったかな(涙)

 

 ま、それはさておき、1枚に収まった格好の姫路までの新幹線きっぷ(乗車券+新幹線自由席特急券)を自動改札機に差し入れて再び入場、そして新幹線乗り換え口に足を運んで今度は新幹線自動改札機に差し入れて新幹線コンコースへ。

 

 まだ発車時刻まで少し時間があったので、ホームに上がって「ひかり584号」が入線してくるのを待ってもよかったけれども、すっかり夜空となってしまっているこの時間は凄く冷え込んでいたのでホーム上で列車が来るのを待つのはちょっとキツいし、せっかく温めておいた弁当が冷えてしまいかねない。

 

 かといって、新幹線コンコース内に備え付けの椅子に座って食べようとすると列車入線のことが気になってしまい、結局ラップ包装の一部を破いたままの状態でエスカレーターでホーム上へ。

 

 8両編成の一番最後尾の自由席車両(1号車)の一番後ろの乗降口の並んでいると、まもなくして「ひかり584号」入線のアナウンスが鳴り響いてきました。

 

 それにしてもえらく早いアナウンスだな、と思いながら、ふと視線を隣のホームのほうに向けてみると、一番向こう側のホームに「レールスター」車両(700系7000番台)が入ってくるのが見えました。

 

 そして、側面に見えるLED式行先表示窓のところを目を凝らして見てみると───そこには「こだま 岡山」の表示が…

隣の島式ホーム(山陽新幹線・下り方面)の奥側に入線してきた「レールスター」(700系7000番台)車両。側面に見える行先表示窓のところに「こだま 岡山」と出ているのが見え、まさしく”こだまレールスター”だった。だが、程なくして「回送」表示に…《091220撮影》

 これこそが噂の「こだまレールスター」───私も目の当たりに出来ましたよ(笑)

 

 尤もすぐに「回送」表示に変わってしまったので、あっけなかったんですけどね・・・

 

 そうこうしているうちに、まもなくホーム左手方向が、列車接近を告げるかの如く、前照灯の光で明るくなり、次いで700系ならではの前照灯パターンをした編成先頭部が姿を現し、そして私たちの待つホームへと入線してきました。

 

 久しぶりの700系7000番台車両(レールスター車両)による「ひかり」───最初2列側の窓側の席に座るも、対向線路の見える3列側も空き空きの状態だったので、すぐ3列側窓側席へと移り、そこで破りかけのままのラップ包装を破りきって夕飯としました。

夕飯の食糧。新幹線コンコース内で慌てて包装フィルムの一部を破いてしまった”のり弁当”と温ペット茶(ほうじ茶)。これに加えて自宅から持参してきたミカンの残りも全て食した《091220撮影》

 乗車時間にして20分ほどしかなかったので少々急ぎ気味で食しましたが、それでも木目調の妻面壁は眺めているだけでも落ち着きというものを与えてくれていました。

私が実際に乗り込んだ「ひかり584号」1号車の車内風景(前方に向けて撮影)。ガラガラの状態だった《091220撮影》

 そうそう、持参していたみかんの残りも全部───過ぎゆく、ホームの明かりに照らし出された夜の相生駅を眺めながら食べていました(笑)

 

 そして、姫路に到着───関西圏内への帰着。

降車駅である姫路に到着した「ひかり584号(レールスター)」。向かい側ホーム(山陽新幹線・下り方面)にはN700系車両が停まっているのが見えた《091220撮影》

 向こう側に見える下りホームにはN700系車両の姿が見えていました。

 

 姫路までの短い間ながらお世話になったレールスター車両。

岡山から姫路までの約20分間、停車駅1駅間のみお世話になった「ひかり584号(レールスター)」。最後尾から《091220撮影》

 このあと新幹線コンコースへと下りていった私───500系「こだま」らしき列車も停まっていったみたいでしたが、身体が動きませんでした(自爆)

 

 有人改札に佇む若い女性客を除いて人の姿の見えない姫路駅新幹線コンコースをあとに乗り換え改札を抜けてエスカレーターを下り、一旦中央改札から出場した私は、若いカップルの姿などを眺めつつ、「青春18きっぷ」を取り出して再び入場し、JR神戸線(山陽本線上り)のりばへ。

 

 それにしても凍える寒さ───先に発車する西明石行き普通列車を見送りつつ、ブルブル震えながら新快速の入線を待つ私。

 

 そして、これから乗る、姫路22:56始発の野洲行き新快速(223系12両だったか…)が入ってきました。

姫路から乗車した、野洲行き新快速。姫路22:56始発。以前は土休日ダイヤに於いてこの時間帯に新快速の設定は無かった《091220撮影》

 以前は土休日のこの時間帯に新快速の設定はされていなかったのですが、昨年のダイヤ改正あたりから設定されているのでしょう。

 

 最後尾車両に乗り込んだ私───大阪までの1時間ちょっとの間、闇夜の中を走り飛ばす新快速に身を任せていました。

姫路22:56始発の野洲行き新快速の車内。三ノ宮到着時までは空いていた《091220撮影》

 さすがにこの時間帯では乗ってくる人の数は多くなかったのですが、繁華街を擁する三ノ宮で多くの乗客を迎え入れ、たちまち席が埋まって満員状態に・・・

 

 恐るべし、三ノ宮。

 

 そして、若干の入れ替えなどが見られたものの、ほぼそのままの状態で大阪に到着。

 

 このあと、大阪環状線大和路線(関西本線)の両最終電車を乗り継ぎ、日付の変わりゆく深夜の闇の中を自宅へと向かったのでありました。

 

 

 ふうぅ~っ、長かったなぁ、ここまで(ぉぃ)

 

 それにしても、昨年暮れの「第九ひろしま2009」合唱参加に係る広島滞在、時間の読みの甘さ(というか下手さ加減)というものが随所で露呈してしまった───そう考えているところです。

 

 復路に於ける”新幹線ワープ”はともかくとして、公演本番当日朝のタクシー強行軍は明らかに私のミスでした。

 

 この時かかったタクシー乗車賃「2,850円」、正直痛いですが、言ってみれば私に課せられた罰金(ペナルティ)のようなものです。

 

 あとは───う~ん、孤独を愛していたかな(笑)

 

 というか、人との関わり方、距離の置き方が相変わらずわからずじまい、といった感じです。

 

 今後の課題として、自問自答しながら日々考えてみようと思います。

 

 

 途中で”鉄的”話題を急遽入れたりしてスローペースとなってしまいましたが、今回までおつきあい頂き、ありがとうございました。

 

 ちょっと気が早いですが、今冬も出来れば、大阪「1万人の第九」と共に、広島「第九ひろしま」へも合唱参加したいと思っています。

 

【完】

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加中。各1クリックご投票を!

 

【関連記事〔「第九ひろしま2009」(第25回)公演記〕】
【1】「身支度、自宅出発から大阪駅到着まで」
【2】「大阪駅にて思わぬ出会い、そして播州赤穂へ…」
【3】「ダイヤ混乱に翻弄され、一旦播州赤穂についた私」
【4】「相生に戻って改めて西へ。そして広島、公演会場最寄駅へ」
【5】「広島サンプラザホール着。そして前日リハ(オケ合わせ)へ」
【6】「前日リハーサル終わって広島駅へ、そしてビジネスホテルへ」
【7】「夕食兼ねて夜の広島市内を散策。帰りはICOCAで広電乗車」
【8】「本番当日朝、ホテルをチェック・アウトして広島駅へ」
【9】「広島駅で”遅刻確定”か…非常手段(タクシー)にて会場へ」
【10】「発声練習、そしてゲネプロ(本番直前最後の通し稽古)へ」
【11】「史上25回目の公演本番…”地産地消”、そしてハプニングも」
【12】「解団式──全回合唱参加者12人の表彰、そして乾杯!」
【13】「アルパークで見た鉄道遺物、広島駅で見た懐かしきモノ…」

 

【関連記事(「第九ひろしま2009」現地投稿分)
広島に向けて…「第九ひろしま」
「第九ひろしま2009」本番直前…
「第九ひろしま2009」無事終演…

 

【関連記事(前後年開催「第九ひろしま」関連リンク集)
第24回(2008年)以前→第25回(2009年)
第25回(2009年)→第26回(2010年)以降

« JR西日本「ご当地カラー」下関にて塗り替え──1月20日。115系3000番台1編成が「濃黄色」に、翌日に広島駅へ | トップページ | 記事追記のお知らせ──臨時特急「まほろば」(4~6月運転)に係る特急料金に関して《適用される特急料金体系》 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/47463163

この記事へのトラックバック一覧です: 【「第九ひろしま2009」(第25回)公演記=14終】岡山で”こだまレールスター”を目撃、そして新快速にて家路に・・・:

« JR西日本「ご当地カラー」下関にて塗り替え──1月20日。115系3000番台1編成が「濃黄色」に、翌日に広島駅へ | トップページ | 記事追記のお知らせ──臨時特急「まほろば」(4~6月運転)に係る特急料金に関して《適用される特急料金体系》 »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)