フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 広島「第九ひろしま2009」(第25回公演分)の関連リンク集…2010年(第26回)開催分リンク集を兼ねる | トップページ | 「E6系」量産先行車概要発表…秋田新幹線向け、「E5系」併結相手。2012年度末デビュー《→山陽新幹線の現実?》 »

「第九ひろしま」2010年冬開催分(第26回)の公演指揮者を予想(推測)──山下以外では大植英次ら3人が候補?

 昨日、昨年(2009年)暮れに開催された「第九ひろしま2009」(第25回第九ひろしま)の、後日に広島県内のみで放送される関連番組のことについてつらつらと記しました。

 

 広島県民でもない私が、地元・広島からの一合唱参加者の方からのご厚意により、「第九ひろしま」関連番組の視聴の機会を与えられ、そして実際に視聴しての印象などを記すことが出来ました。

 

 改めて感謝します。

 

 

 さて、そのことを昨日のうちに書いている中で、ついあることにも筆が進みそうになっていました。

 

 ちょっと気が早いかも知れませんが、26回目を迎えるであろう今冬の「第九ひろしま」に於ける公演指揮者のことです。

 

 

 ご存じのように、昨年の「第九ひろしま2009」では、一昨年(2008年)に続き、地元・広島県出身の指揮者である山下一史がタクトを執っていました。

 

 これにより、彼は「第九ひろしま」創始以来3人目となる連続4回客演指揮(客演回数としても最多)を果たしたことになります。

 

 

 で、ちょっと気の早い話になりますが、一つの節目を越えた直後となる、26回目を迎える今冬の「第九ひろしま」では誰が指揮台に立つのか、音楽好きの一人であり「第九ひろしま」合唱参加者の一人に過ぎない私が、今回、独自に予想してみようと思います。

 

 このようなこと、本来は地元・広島から全25回合唱参加されている方、或いは「第九ひろしま」合唱指導者あたりがすべきことであり、広島県民でもない単なる音楽好きがこのようなことをするのはとても烏滸がましいところではありますが、ここは”勝手なつぶやき”としておつきあい頂ければ幸いです・・・

 

 

 先にも記しましたが、昨年の「第九ひろしま2009」では広島出身の指揮者・山下一史がタクトを執り、史上3人目となる連続4回客演指揮を達成しました。

 

 「第九ひろしま」では、1985年の創始以来、これまで指揮台に立ってきた指揮者たちの中で、一人の指揮者が立ってきた回数の最多記録は「4回」で、これまでに以下の3人の指揮者が達成してきています《通算回数で》。

 

◎ 田中良和 《第6回(1990年)~第9回(1993年)》
◎ 下野竜也 《第17回(2001年)~第20回(2004年)》
◎ 山下一史 《第22回(2006年)~第25回(2009年)》

 

 仮に今冬も山下がタクトを執るようなことになれば、「第九ひろしま」に於ける史上最多客演指揮回数を記録することになります。

 

 ただ、これはあくまで私自身の憶測になりますが、昨年で一つの節目を越しているところから、主催者側が新たな指揮者を探し求めていることも考えられなくも無いところですね。

 

 そこで、仮に、一つの節目を越えたということで、主催者側が公演指揮者を交代させるということになった場合の、新たに公演指揮者として迎えられることが予想される指揮者を2~3挙げてみようと思います。

 

 

 山下一史に代わる「第九ひろしま」公演指揮者として私自身の頭の中でいの一番に思い浮かんだのは、山下と同じく地元・広島県(広島市佐伯区)出身の指揮者で現在大阪フィルハーモニー交響楽団の音楽監督を務めている大植英次

 

 勿論オーケストラについては、中国地方唯一のプロ・オーケストラとして広島の地で生き続けてきているということで、これまで通り広島交響楽団(広響)のままとするのが、主催者にとって、そして地元・広島県内から合唱参加される人たちにとって、一番望ましいところでありますが、ここで一つ問題が…

 

 ウィキペディア解説「大植英次」によると、大植自身、日本国内のオーケストラについては、現在、自身が音楽監督を務めている大阪フィル1本に絞っているとのことなのです。

 

 尤も彼自身もまた過去に広響などを指揮した経験はあるとのことなのですが、2006/2007シーズンからスペイン=バルセロナ交響楽団の音楽監督をも務めていることに加えて現在でも海外の主要オケへの客演指揮を意欲的に続けてきているという状況の中で、今は亡き大阪フィルの創設者であり音楽総監督だった朝比奈隆の後を継ぐ際に「朝比奈の魂共々音楽を作る」と強調しており、朝比奈からも「今後ともよろしく頼む」という旨の言葉(というか”遺言”?)を受けているという彼が、言葉は悪いですが、今更手兵ではない広響を指揮すること自体を受け入れてくれるのかどうか───正直微妙な感じがしてきます。

 

 そして、仮に主催者側が大植を「第九ひろしま」の指揮者として迎えるとした場合、彼が手兵としている大阪フィル共々広島入りさせる(というか「第九ひろしま」に出演する)ことを条件の一つとして挙げてくることも予想されます。

 

 確かに大植自身は地域の音楽普及活動にも力を注いでいることもあってカリスマ性は十分備えているといえるわけですが〔国内でも大植自身のプロデュースによる「大阪クラシック」や「星空コンサート(大阪フィル)」を成功に導いてきていますし…〕、その一方で、指揮者として、千人を超える大人数の、それも一般公募により結成された合唱団を相手にベートーヴェン第九」を指揮した経験を話として今まで聞いたことがないこと、上記想定される条件に絡んで地元・広島県内からの合唱参加者や公演主催者(中国放送と中国新聞社)が広響以外のプロ・オーケストラを地元として受け入れてくれるのか否か不透明なこと、そして何より出演料(ギャラ)の支払総額の主催者サイドの経営に与える影響がどの程度なのか未知数な部分が多々あろうこと・・・このあたりが、正直なところ、不安要素として挙げられるところです。

 

 尤も、音楽普及活動にも尽力していることとそれによって兼ね備えるカリスマ性を以てすれば、千人を超える大所帯を束ねることは十分可能であるようにも思えるところですが・・・

 

 私としては、「1万人の第九」に佐渡裕(京都府出身)あらば「第九ひろしま」に大植英次ありというふうに、広島県出身者として広島県の音楽界全体の底上げに一役買ってほしいところですし〔2009年に広島市民賞を受賞している〕、そのためにも「第九ひろしま」の指揮台に一度でもいいから立ってほしい、と願ってやまないところなのですが───あたりまえのことかもしれませんが、要は地元・広島在住の「第九」愛好家や音楽愛好家、そして公演主催者が受け入れてくれるのかどうか、これにかかっているように考えるところです《勿論大植自身のスケジュール上の都合もありますが…》。

 

 出来れば、里帰り公演を兼ねてでも、「第九ひろしま」という場で「大植英次=広島交響楽団」のコンビが実現出来れば、と願うところです。

 

 

 大植英次のことで長くなってしまいましたが、大植以外で山下一史に代わる「第九ひろしま」公演指揮者として想定される指揮者たちを挙げるならば、同じく広島県出身のフリーランス指揮者で、九州交響楽団を創設した石丸寛や、米国クリーヴランド管弦楽団を長年鍛え上げたことで知られるジョージ・セルに師事し、東京の「国技館5000人の第九コンサート」の指揮台に過去3度立った経験をも持つ荒谷俊治(日本指揮者協会第4代会長)や、小澤征爾や前記の大植と同じく斎藤秀雄に師事し、現在広島交響楽団の音楽監督兼常任指揮者などを務めている秋山和慶あたりが思い浮かぶところです。

 

 なお、当ブログでは過去に指揮者・秋山和慶を”鉄道ファン(マニア)の音楽家”の一人として紹介していますが、勿論この”鉄道ファン”というもう一つの肩書きについては横に置いておくとして───それにしても、彼が現在音楽監督兼常任指揮者を務めている広島交響楽団のWebサイト内に掲載されている本人プロフィールを改めて眺めていますと、最近では日本国内ではあまり知られていないような音楽作品にも積極的に着手するなど、常に挑戦する心を持ち続けてきているような印象を受けるところですね。

 

 その”常に挑戦する心”を持ち続けていることを目に見える形で示すための一つの手段として、「第九ひろしま」という場を利用して、一般公募により結成された千人を超える規模の大合唱団を相手にしたベートーヴェン「第九」に取り組むことも有りかな、と思っている私です。

 

 

 以上、昨年までの山下一史に代わる「第九ひろしま」公演指揮者として現時点で想定される指揮者たちを挙げてきましたが、言うまでもなく、これらはあくまで私自身による勝手な指揮者予想であり、実際にどうなるかは主催者側の腹一つにかかっています《あたりまえですが…》。

 

 6月中(遅くとも合唱団員募集が始まる7月に入る直前くらい)には26回目を数える今冬の「第九ひろしま」の合唱団員募集要項が公式発表され、その中でタクトを執ることになる指揮者も発表されることと思いますので、その時まで首を長くして待っていようと思います。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加中。各1クリックご投票を!

 

【関連記事〔「第九ひろしま2010」(第26回公演)関連〕
指揮に円光寺雅彦、ソプラノ独唱に佐藤しのぶを招請か…「第九ひろしま」第26回公演。広島で募集告知CM放映開始
昨年(2009年)の応募者数「3名」・・・「第九ひろしま」広島県外向け合唱団員募集。専用チラシ等を検証《+通常募集》
「1万人の第九」と同時に合唱団員募集を開始。第1部ゲスト無しか…「第九ひろしま2010」正式発表《+ココロのこと》
「第九」公演本番への出演要件についての考察──「第九ひろしま」中心に「1万人の第九」や「5000人の第九」にも
ベートーヴェン「第九」の歌詞で語尾に”-er(-r)”が来る単語の発音の事…「第九ひろしま」と「1万人の第九」を中心に
「第九ひろしま2010」公演チケット前売、本日開始・・・「第28回1万人の第九」に先立って。第1部はオペラアリア4曲
フリーソフトが威力発揮──「第九ひろしま2010」合唱参加申込。「青春18きっぷ」今冬分発売決定などを受けて
約1500人が参加、「満員御礼」か──「第九ひろしま2010」。混声練習1日目の様子を伝えたローカルニュースから
合唱団員証、無事手許に届きました──「第九ひろしま2010」、「万九」の2週間後。次は「青春18きっぷ」と宿の確保へ
昨年放映「第九ひろしま2010」関連番組2本立てを視聴…終戦直後の広島の音楽喫茶から流れた「第九」旋律に焦点

 

【関連記事(「第28回1万人の第九」との連動記事)
合唱団員&オケ楽団員受付開始…「第28回1万人の第九」。同時に「第九ひろしま2010」合唱団員も《私も「万九」に》
「10000人の交換絵日記」に初心者向けサポートコーナー …「1万人の第九」公式。「第九ひろしま」自主練教材にも?

 

【関連記事(「第九ひろしま2009」(第25回公演)以前分)
広島「第九ひろしま2009」(第25回公演分)の関連リンク集…2010年(第26回)開催分リンク集を兼ねる

« 広島「第九ひろしま2009」(第25回公演分)の関連リンク集…2010年(第26回)開催分リンク集を兼ねる | トップページ | 「E6系」量産先行車概要発表…秋田新幹線向け、「E5系」併結相手。2012年度末デビュー《→山陽新幹線の現実?》 »

コメント

暦の上では春になりましたが、まだまだ寒いですね。
お変わりないですか?

さて、次回の指揮者予想、なかなか興味深く読ませていただきました。

秋山先生は可能性高めですが、ギャラも高そうですね・・・。このところ、広響と一緒に神楽とのコラボレーションを初演したりと精力的に活動されているように見えますが、台所事情が苦しい、ということになっている第九ひろしまなので(実際のところどうなのかはさっぱりわかりませんが)、ギャラが高そうな指揮者は敬遠してしまいそうですね。

大植英次さんなら、実力・知名度十分、しかも広島出身で言うことなしですが、大フィル以外で振らないと言っているのならちょっと難しいかもしれませんね。
さすがに、オケごと連れてくるのは予算的にも難しいでしょう。

そういやあ、この間コバケンが広響とやってましたが、さすがにないだろうなあ(笑)

個人的には、山下先生再登板で、そのまま定着しそうな気がしますが、はたしてどうなりますやら?
 

 とまこまゐさん、おはようございます。
 つい調子に乗ってしまって───本来ならば広島県民の合唱参加者の方々に書いて頂くべきものだったのですが、そうでない私が書いてしまいました(自爆)

 それはさておき、秋山和慶───ギャラ高めの模様ということだと、RCCにとってはちょっと苦しそうなところですね。
 実は「第九ひろしま」、RCCの財務状況などから一時消えかけた時があったものの、長老格の合唱参加者(ちなみに昨年全25回合唱参加者として表彰されたうちの一人です・・・名前は伏せておきますが)からの説得などもあって辛うじて継続してきているとの話があるくらいなので、高額のギャラを要求するような指揮者などは敬遠することになるでしょう。

 尤も、指揮者本人が「第九ひろしま」というイヴェントの趣旨をよく理解し、ギャラは低くて結構だよ、などと自ら申し出るようなことがあれば話は別ですが…


 コバケンの名前は、今回、想定外でした───でも、面白いとは思いますね。
 ただ、コバケンを呼ぶとなると、ギャラの問題もあるかも知れませんが、合唱参加申込者に対するオーディションが課されるのかも知れませんね───私が受けると落とされたりして(笑)

ごぶさたしています。
お変わりありませんか?

さて、今年もどうにかこうにか第九ひろしま開催されることになりそうです。

団員募集のテレビCMが始まったのですが、詳細はまだネット上に上がってないため、断片的な情報ですがお知らせしておきます。

指揮者は山下一史だったような。。。
(一瞬だったので見逃しました。。。)

ソリストはネットに情報がありました。
ソプラノ佐藤しのぶ
アルト坂本朱
テノール水口聡
バリトン河野克典

だそうです。

近日中に団員募集の詳細があがると思いますので、気が向いたらチェックしてみてください。

私は今年はいろいろと忙しくて、まだ参加できるかどうかめどが立っておりません。。。
 

すみません、連投で。

ちょうど、ブログ書いてる途中にCMが流れまして、指揮は円光寺雅彦でした。すみません。

と書いてみたものの、初めて見る名前で、正直どんな方なのかさっぱりわかりません。。。(笑)
 

 とまこまゐさん、こんにちは。
 こちらこそご無沙汰です・・・
 今回は2本にわたるコメントをありがとうございます───勝手ながらひとまとめにレスしますね。

 「第九ひろしま」のテレビCM、もう地元・広島で流されていますか───何だか、ある種の危機感というものを主催者(中国放送)として抱いているような印象を受けるところですね。

 ソリストや指揮者に関する情報もお寄せくださっていますので、近日中にも改めて記事にしようと考えています。
 貴重な情報をありがとうございました。

 現在多忙な身との由ですが、くれぐれもご自愛なさってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/47486116

この記事へのトラックバック一覧です: 「第九ひろしま」2010年冬開催分(第26回)の公演指揮者を予想(推測)──山下以外では大植英次ら3人が候補?:

« 広島「第九ひろしま2009」(第25回公演分)の関連リンク集…2010年(第26回)開催分リンク集を兼ねる | トップページ | 「E6系」量産先行車概要発表…秋田新幹線向け、「E5系」併結相手。2012年度末デビュー《→山陽新幹線の現実?》 »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)