フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 「あすか」を巡って撮り鉄がまた列車抑止…草津線記念列車に充当。大和路線列車抑止は事件化《+鉄道趣味のこと》 | トップページ | 【記事訂正のお知らせ】”ゾロ目日付”入場券「22.2.22.」以降も…次は中之島界隈の超高層ツインタワー完成の3年後 »

F.ショパン生誕200年、NHK夜のニュース番組の中で特集──「ショパン・イヤー」。S.ブーニン、特集枠内で出演

 昨夜(2月24日の夜)、NHK総合テレビジョンで放送された『ニュースウォッチ9』の中で、ショパンの特集が組まれているのが見えました。

 

 そういえば、今年2010年は「ピアノの詩人」との異名を持つポーランド生まれの作曲家、フレデリック・ショパンの生誕200年にあたる、いわば”メモリアル・イヤー(ショパン・イヤー)”───うっかりしていました(爆)

 

 

 残念ながら、今回『ニュースウォッチ9』内で組まれていたショパン特集、チラッとしか見ることが出来なかったのですが、ピアノを習っている子供たちの間でショパンの曲がよく弾かれていることがピアノ講師のコメント入りで紹介されていた(ように思うけれど・・・もし間違っていたら遠慮無くツッコミ下さい!)ほか、とあるピアニストも紹介されていました。

 

 その”とあるピアニスト”、パッと見だけでは、あぁ何処かの音楽大学のピアノ科教授か、程度しか思わなかったのですが、眼鏡をかけているその容姿、輪郭、目つき鼻つき・・・う~ん、何処かで見たことのあるような顔つきをしている。

 

 もしや、ショパン国際ピアノコンクール優勝者にして、旧ソ連邦を命辛々脱出して西側世界に定着したという、あの「スタニスラフ・ブーニン」では!

 

 

 その通りでした(笑)

 

 

 ちなみに”旧ソ連邦を命辛々脱出して~”というのは、ブーニン自身が著した書籍『カーテンコールのあとで』(主婦の友社)の中で触れられていることなのですが───それにしても、久しぶりにテレビ画面を通じて目の当たりにしたブーニン、すっかり中年の域に達していると思わせるような顔つきになっていますね。

 

 と、つい書いてしまうところだが、実は私もまた”アラフォー”の領域に入ろうとしているし(自爆)・・・

 

 とはいえブーニン、今回の特集の中で『小犬のワルツ』(だったような…)を披露、脂ののりきったところをも見せてくれていました。

 

 それにしても私自身、ブーニンの姿を目の当たりにするのは何年ぶりだろうか───そういえば、長らく彼の姿を見ていなかったし…

 

 

 ここのところオーケストラ作品を聞くのが殆どな私───せっかくだから、何かショパンの作品にも耳を傾けようかなぁ…

 

 そして、出来れば、聴くだけに留まらず、自分の手を使って表してみたい───う~ん、これはちょっとキツいかな(爆)

 

 

P.S.
 ブーニンの弾くショパンといえば、私自身の場合、EMI新譜として十数年前(?)にリリースされた『24の前奏曲(プレリュード)作品28』が一番印象に残っています。
 他のピアニストの演奏では、最初のハ長調(第1曲)の出だしに於いてフォルテ気味に弾くところを、ブーニン演奏のこの新譜CDではフェードアウトフェードインするかのような出だしで、且つしっとり感溢れた演奏を聴かせてくれています《「フェードイン」と「フェードアウト」を取り違えてしまっていました。お詫びして訂正いたします》

 そして、終始、叙情感たっぷりに弾いているような印象を抱いているところなのですが───思うに、どうやら作品を構成している一つ一つのプレリュードが各々内包している”気持ち”とでもいうか心理的特徴とでもいうか・・・それをもブーニンは自らの演奏を通じてきちんと表出させているためなのでしょう。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加中。各1クリックご投票を!

« 「あすか」を巡って撮り鉄がまた列車抑止…草津線記念列車に充当。大和路線列車抑止は事件化《+鉄道趣味のこと》 | トップページ | 【記事訂正のお知らせ】”ゾロ目日付”入場券「22.2.22.」以降も…次は中之島界隈の超高層ツインタワー完成の3年後 »

コメント

ショパンはポピュラーな曲がようけあってしかもわかりやすいですからね〜
で、我が国でそれほど過熱するかな、4年前のモーツァルト・イヤーも1991年ほど盛り上がらへんかったみたいやし。
シューマンやマーラーはどうでしょね。

P.S.の中にある「フェードアウト」、これ「フェードイン」では?

 ポケット保持さん、こんばんは。

 徐々に音(映像)を出していく技法は「フェードイン」でしたか──早速のご指摘ありがとうございます。
 本文中にて訂正させて頂きました。

 1991年のモーツァルト・イヤーの時は確かに凄かったですね。
 今年の場合、5年に1度開催されてきているショパン国際ピアノコンクールの開催年(今回で16回目)にもあたっていたりする等、それなりに盛り上がるとは思いますが───う~ん、どうなることやら(笑)

 ま、とりあえずは楽しみにしていようと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/47657396

この記事へのトラックバック一覧です: F.ショパン生誕200年、NHK夜のニュース番組の中で特集──「ショパン・イヤー」。S.ブーニン、特集枠内で出演:

« 「あすか」を巡って撮り鉄がまた列車抑止…草津線記念列車に充当。大和路線列車抑止は事件化《+鉄道趣味のこと》 | トップページ | 【記事訂正のお知らせ】”ゾロ目日付”入場券「22.2.22.」以降も…次は中之島界隈の超高層ツインタワー完成の3年後 »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)