フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 「大阪シンフォニカー交響楽団」改め「大阪交響楽団」へ──楽団創立30周年、4月1日楽団名改称《表記方の話を》 | トップページ | 「旅名人の九州満喫きっぷ」4月1日発売開始──利用可能区間拡大、年度内通しで発売。「青春18きっぷ」と共存か »

ヴォルフガング・ヴァーグナー(バイロイト音楽祭・前総監督)、90歳にて死去──作曲家リヒャルト・ヴァーグナーの孫

 昨日、お世話になっているブログサイトを経由してお邪魔した別のブログサイトに掲載されていた一つの記事で初めて知ったことなのですが・・・

 

 2008年まで長らくバイロイト音楽祭の総監督を務めてきた、かの作曲家リヒャルト・ワーグナー(ヴァーグナー)の孫で、且つ作曲家兼ピアニストで「ピアノの魔術師」との異名で知られるフランツ・リストのひ孫にあたるともいわれるヴォルフガング・ワーグナー(ヴァーグナー)が、去る3月21日、ドイツ南部・バイエルン州のバイロイト市内に所在する自宅で亡くなったとのこと。

 

 享年90歳、死因については明らかにされていません。

 

 

 ヴォルフガング・ワーグナー逝去の報せを知るところとなったのは、『ヴォルフガング・ワーグナー氏死去』というブログ内記事からでした。

 

 なお、ヴォルフガング・ヴァーグナーは、1919年8月30日、作曲家リヒャルト・ヴァーグナーの一人息子で同じく作曲家だったジークフリート・ヴァーグナーと、英国イングランド地方出身で筋金入りヴァグネリアンともいわれたヴィニフレート・ヴァーグナーの間に生まれた2人兄弟の次男。

 

 私の場合、”「ヴォルフガング・ヴァーグナー」=「バイロイト音楽祭」”という概念が頭の中にあったりもするのですが、あとは、そのバイロイト音楽祭に於いて楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』を中心に演出をも担当していたこと、総監督として自ら毎年世界中からアーティストをハンティングする・・・ぐらいしか知らない或いは覚えがないです(恥)

 

 逆に・・・というのも変ですが、バイロイト音楽祭に於ける『マイスタージンガー』演出については、バイロイト音楽祭公式Webサイトに於いて公開されている限りでは、1956年以降上演分に関しては全てヴァーグナーの子孫が演出を手がけており、その中でヴォルフガング・ヴァーグナーは1968年から2002年までの上演分の演出を手がけてきています。

 

 

 で、実は私も一時期、ダニエル・バレンボイムが指揮して上演された1997年の『マイスタージンガー』を、その年の暮れにNHK-FMで放送された『バイロイト音楽祭』からのエアチェックにて一時期繰り返し聴いたものなのですが、演奏としては所々で駆け足気味になってしまっているところがあるものの、全体としてメリハリの効かせた構築方で私もハマッてしまっていたものです。

 

 尤もFM放送のためどういう舞台演出がなされていたのかは知る由もなかったのですが、たまたまこの年のバイロイト音楽祭を聴きに行っていたという音楽評論家・三宅幸夫がそのNHK-FMによる『バイロイト音楽祭』番組にゲスト出演していて、現地で目にしたという新聞紙上でヴォルフガングによる大きな地球儀のような球体を主体とした『マイスタージンガー』演出方に評論家からの集中砲火を浴びせられていたようなことを話していたことを覚えています。

 

 今では音楽祭公式サイト内に残るごく少数の舞台スナップショットから偲ぶほか無いのですが〔→Die Meistersinger von Nürnberg Besetzung 1996〕、どう言うのだろう・・・簡素にして何処か具象化された要素も持ち込まれているような感じの舞台演出であるように感じるところです。

 

 ついでに、前記の『特集バイロイト音楽祭』にゲスト出演していた三宅は、1997年上演分の『マイスタージンガー』演奏に関して「バレンボイムが何やらギックリ腰にかかっていて体調がよくなかったらしい」ことも語り、私自身も「ギックリ腰の状態で5時間以上も指揮し続けていたのか」と心中驚いたものでしたが、そのあたりは「さすがプロの音楽家であり指揮者だなぁ」と妙に感心していたりもしたものでした《まぁ当然のことでしょうけれどもね・・・》。

 

 

 ここまで、舞台演出のことについてあまり書けなかったような気もするところですが、一時期バイロイト音楽祭の看板的存在で有り続けたヴォルフガング・ヴァーグナーの他界は、私にとっても寂しさを禁じ得ないところがあります。

 

 90歳という年齢は大往生と言ってもよいところなのかもしれませんが、私生活の面でゴタゴタがあったとはいえ、また一つ、音楽界から巨星が消えてしまったわけですから・・・

 

 

 ここに、心から哀悼の意を表します。

 

 

◎ 参照記事(本文中紹介分を除く)
作曲家ワーグナーの孫、ウォルフガングさん死去
訃報:ウォルフガング・ワーグナーさん 90歳=独バイロイト音楽祭前総監督、演出家
《→『訃報:ウォルフガング・ワーグナーさん90歳=演出家』》
ワーグナーの孫が死去、90歳 バイロイト祭の前総監督
《→『ワーグナーの孫が死去 前バイロイト音楽祭総監督』》
《→『ワーグナーの孫、独バイロイト音楽祭の前総監督が死去』》
ワーグナーの孫、ウォルフガング氏が死去 バイロイト音楽祭に尽力

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加中。各1クリックご投票を!

 

【関連記事(ワーグナー『マイスタージンガー』のこと)
メトロポリタン歌劇場で「マイスタージンガー」!・・・レヴァイン指揮
MET『ニュルンベルクのマイスタージンガー』開演間近・・・
開幕まで、あと約1ヶ月半・・・今夏のバイロイト音楽祭(Bayreuther Festspiele)
”ワーグナー指揮者”ホルスト・シュタインの遺産・・・動画共有サイトに見る(1)「”マイスタージンガー”第1幕後半から」
”ワーグナー指揮者”ホルスト・シュタインの遺産・・・動画共有サイトに見る(2)「”マイスタージンガー”第2幕から」
ワーグナー『ニュルンベルクのマイスタージンガー』──昨年(2009年)のバイロイト音楽祭。私のハマり物《+今夏分》
楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』全曲の鑑賞に適した”乗り物”のこと──バイロイト音楽祭等。体験談も

« 「大阪シンフォニカー交響楽団」改め「大阪交響楽団」へ──楽団創立30周年、4月1日楽団名改称《表記方の話を》 | トップページ | 「旅名人の九州満喫きっぷ」4月1日発売開始──利用可能区間拡大、年度内通しで発売。「青春18きっぷ」と共存か »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/47906423

この記事へのトラックバック一覧です: ヴォルフガング・ヴァーグナー(バイロイト音楽祭・前総監督)、90歳にて死去──作曲家リヒャルト・ヴァーグナーの孫:

« 「大阪シンフォニカー交響楽団」改め「大阪交響楽団」へ──楽団創立30周年、4月1日楽団名改称《表記方の話を》 | トップページ | 「旅名人の九州満喫きっぷ」4月1日発売開始──利用可能区間拡大、年度内通しで発売。「青春18きっぷ」と共存か »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)