フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 南大阪・吉野線にも”スズメバチ”襲来か…近鉄16600系”Ace”、6月19日より運用開始。14年ぶりの新型特急用車両 | トップページ | 「1万人の第九」と同時に合唱団員募集を開始。第1部ゲスト無しか…「第九ひろしま2010」正式発表《+ココロのこと》 »

ピアノ独奏で聴くベートーヴェン「第九」──フランス出身の”アラカン”ピアニスト、シプリアン・カツァリス。終楽章のみ

 今年、なんだか「1万人の第九」と「第九ひろしま」双方の合唱団員募集の告知のペースが昨年と比べて早足になっているような感じになっていますね。

 

 特に「第九ひろしま」今冬開催分(第26回→「第九ひろしま2010」?)の合唱団員募集告知の出足の早さには驚かされました。

 

 何しろ例年と比べて1ヶ月以上前倒ししての告知開始でしたから───このあたり主催者(中国放送など)サイドが抱いているであろう危機感を感じずにはいられないところなのですが、私としても存続を願うばかりです。

 

 

 さて、今回は『YouTube』を初めとする動画共有サイトで新たに見つけたベートーヴェン第九(交響曲第9番”合唱付”)』の演奏を収録した動画を、紹介旁々、一緒に聴いてみようと思います。

 

 

 今回聴きますのは、昨年11月に取り上げました「水戸の『300人の《第九》』」以来となります”編曲された「第九」”演奏となります。

 

 取り上げるのは、ハンガリー生まれのピアニスト且つ作曲家で「ピアノの魔術師」という異名としても知られているフランツ・リストの手によりピアノ独奏用に編曲されたベートーヴェン「第九」の演奏。

 

 ピアノ独奏版のベートーヴェン「第九」を取り上げるのは、当ブログでは今回が初めてのことになります。

 

 このリスト編曲版の「第九」に於いては終楽章に取り入れられている声楽部分も織り込まれているため、演奏は一人のピアニストにより全てが進行する形になっています。

 

 今回聴くそのリスト編曲による「第九」で演奏しているアーティストはシプリアン・カツァリス(Cyprien Katsaris)───1951年5月5日フランス=マルセイユ生まれのピアニスト兼作曲家で、過去にNHK教育テレビで放映されていた『趣味百科 ~ショパンを弾く』で先生役を務めたりしています。

 

 1951年生まれというと、来年(2011年)にはちょうど60歳の還暦を迎える───私自身、カツァリスというピアニストの存在は知っていたものの、最近では殆ど耳にすることが無かっただけに、もう”アラカン”世代の仲間入りしていたんだ・・・と、容赦ない時の流れというものにハッとさせられる思いでした。

 

 このカツァリスによる演奏は『YouTube』に”演奏音声+静止画像”の合成ファイルの形で都合4本にわたってアップされており、その4本合わせて終楽章(第4楽章)全体が収まっています。

 

 静止画像は演奏(再生)されている箇所に対応するヴォーカル・スコア上の箇所のところが次々と映し出される、いわば演奏と連動したスライドショーの格好となっており、また最初の動画の冒頭では、曲名のクレジット表示に続いて作曲者ベートーヴェンの肖像画と字幕、次いで編曲者リストのモノクロ写真と字幕、そして演奏者カツァリスのカラー写真と字幕が演奏開始に先立って表示されるようになっています。

 

 

 ピアノ・ソロで聴く「第九」といえば、私の場合には「1万人の第九」の本番に向けてのレッスンでクラス担任と組む伴奏担当の先生が会場備え付けのピアノで弾くメロディで幾度と無く接してきてはいるものの、ピアノ・ソロ向けにアレンジされた楽曲に一作品として本格的に向き合うのは今回が初めてのことになります。

 

 で、一通り聴いてみるうち・・・

 

 何だか、一人ステージ上で文学作品(というか戯曲)を朗読しているのを聴いているような感覚になるとでもいうか───原曲のままにオーケストラと合唱により演奏される「第九」というのは、いわば舞台上で芝居(というかオペラ)が展開されていくような印象であるのに対し、一人のピアニストにより演奏される「第九」というのは、いわばピアニストという朗読者がひとり戯曲をひたすら朗読していくような印象を受けるところなのです。

 

 加えて・・・

 

 例えばコーラスが「vor Gott!!」と高らかに歌い上げつつ一旦途切れる329~330小節目のあたりに於いて、今回のピアノ独奏による演奏を聴いていると、ティンパニによるトレモロが無くなった途端、次第にフェードアウトされていきつつ途絶えたりとか、いわゆる”二重フーガ”も終わり、その後の”「Brüder!」-’ハイハイ’-「Brüder!」…”というコーラスとオケの掛け合いも終わって、静かに「… Vater wohnen.」とコーラスが”天に向かって”響かせながら一旦途切れる場面でもやはり徐々にフェードアウトされていくような感じだったり───このあたり、原曲のままで聴いているときと比べて、何処か侘びしさというものを感じずにいられないところがあります。

 

 結局のところ、声楽(コーラス or 独唱)導入時みたいにアタックかけずに一つの音を出しつつ伸ばし続けるということがピアノでは出来ず、「ポォ~ン」と一発発したあとアタックをかけなければ、あとは減衰されていく一方であるところから、特にコーラスで「… Vater wohnen.」と静かに響かせつつ途切れる箇所では、何かで完全に閉ざされた空間の中で次第に響きが消え入るような印象を抱くところでです。

 

 薄ぼんやりとした寂しさとでもいうか、切なさとでもいうか・・・ちょっと言葉では言い表しにくいところがありますが、一瞬、閉ざされた空間に一人取り残されているかのような心境になりました。

 

 ピアニスト=カツァリスの演奏を耳にするのは最近では皆無になってしまっていたのですが、原曲のまま聴いているときにはあまり耳に入ってこないようなパートの音が時に前面に出たりするなど新鮮味を覚えると共に、何処かやんわりとしながらもテクニカルに楽曲に向き合い弾き去るという演奏ぶりに、あぁこれがカツァリスの世界であり、また彼が描き出しているベートーヴェン像なのか、等と頭の中で自問自答していました。

 

 前記でも触れましたが、「1万人の第九」公演本番に向けてのレッスンの中で幾度と無く”ピアノによる「第九」”を耳にしてきていることもあり、「練習番号M」の箇所に入る前のところなど、所々でレッスン光景を連想してしまうこともありました。

 

 折しも、前置きのところでも書きましたが、「1万人の第九」と「第九ひろしま」は合唱団員募集を告知している段階にありますし、東京の「国技館5000人の第九」も来年開催分〔2011年(九州新幹線鹿児島ルート全線開業の年)、第27回公演〕に係る合唱団員(会員)募集を7月頃から始めると前々から告知してきていることですし、そろそろお金を貯めたり「第九」の復習などの準備をしなければ、と心の中で少し焦る(?)私がそこに・・・

 

 

 で、動画(というか”演奏音声+静止画スライドショー”の合成ファイル)の紹介に移りますが、先ほど記していますように、終楽章(第4楽章)全体を収録しており、都合4分割される格好で『YouTube』に寄せられてきています。

 

 このうち、最初の動画ファイルのみ、冒頭で曲名と作曲者、編曲者、そして演奏者のクレジット表示が順番に表示され、このうち作曲者以下のクレジット表示については肖像画または顔写真も併せて表示されます。

 

 ここで、最後に表示される演奏者カツァリスのカラー写真というのが、これまで私の中でイメージとして焼き付いていた、髪の毛を末広がり風に伸ばしているカツァリスの風貌とは違う、ごくふつうの髪の毛をした若々しい風貌だったものだから、私自身「昔の若きカツァリスの写真か?」と少し目を丸くしていました。

 

 じゃあ、ここに収録されている演奏は若き頃のカツァリスの演奏ということなのか・・・とも心の中で突っ込んでみるものの、投稿動画に添付されたテキストデータには、曲目解説とおぼしき長ったらしい文章は見えるものの、いつ頃演奏されたものかを示す記載は何処にも見当たらなかったため、想像するしか他無いのが現状です。

 

 

 ということで、以下の4つの”演奏音声+静止画スライドショー”を順番に再生し、お楽しみ下さい。

 

 

 参考までに、最近のカツァリスの活動ぶりを示すものの一つとして、2年前(2008年)に開催された北京オリンピック(北京五輪)の文化プログラムの中の一つとして組み込まれていたとみられるカツァリスのピアノ・リサイタルの一部が収められた映像を『Google Video』の中に見つけることが出来ましたので、以下にてそれを示します《なお北京五輪に於ける文化プログラム事情に関しては『北京の文化オリンピック』あたりが詳しいです》。

 

 

 この動画にはリサイタルの冒頭にて行われたカツァリスの即興演奏(北京五輪にちなんで古代ギリシャの音楽や中国でよく知られたメロディ、ベートーヴェン「第九」の旋律などを織り交ぜた即興演奏)などが収められていますが、ここに映っているカツァリスの風貌を見る限り、私の中でイメージとして焼き付いてしまっているカツァリスの過去の風貌(末広がり風な髪の毛をした風貌)とほぼ一致しているような印象を受けるところです。

 

 まぁ風貌にばかり囚われても仕方ないんですけどね───本来は演奏内容に関心持つべきなのに《う~ん》。

 

 

 ”オーケストラ&声楽陣”による原曲のままでの「第九」演奏と聴き比べるのも面白いですよ。

 

 

P.S.
 これは音声のみになりますが、シプリアン・カツァリスが昨年(2009年)の2月にボストン(アメリカ=マサチューセッツ州)の公共放送局WGBH内に附設されているFraser Performance Studio(→同スタジオのスナップショット集)に於いて収録された番組に出演した際のインタビューや生演奏が、制作局であるWGBHのWebサイト内に於いてオンデマンド配信されているのが見えました。

 


WGBHのインタビュー&スタジオ生演奏
《注/映っているのは静止画像であり、配信は音声のみです》

 

 この音声配信の存在を私自身の知るところとさせてくれた『WGBHのインタビュー&スタジオ生演奏』というブログ内記事によると、番組のメインキャスターによるインタビューの後にスタジオ生演奏が行われ、次いで過去の音源からの抜粋聴取、そしてカーネギーホールに於けるコンサートでカツァリスが演奏したショパンのワルツを聴いたり・・・など、盛りだくさんの内容になっています。

 

 

【おことわり】
 動画共有サイト(『Google Video』、『YouTube』等)に投稿・公開されている動画については、今後、投稿者或いは運営サイドの判断等により削除される可能性がありますことを予めご承知おき下さい。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加中。各1クリックご投票を!

 

【関連記事(変わり種「第九」演奏関連)
チェコ語で歌う、日本語で歌う・・・・・・原語(ドイツ語)以外で演奏される「第九」
合唱が主人公───水戸の「300人の《第九》」。電子オルガン・ピアノ・打楽器の小アンサンブルと声楽陣の掛け合い
”愛”を基調とした日本語訳詞によるベートーヴェン「第九」──なかにし礼訳詞、現田茂夫指揮《2007年、鎌倉芸術館》

 

【関連記事(「第九」演奏・全曲)
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮の「第九」・・・『YouTube』より
なが~い「第九」、所要時間2時間近く!・・・・・・コブラが指揮する「第九」演奏動画
南仏の世界遺産・オランジュ古代劇場に於けるマズア指揮の「第九」・・・・・・『YouTube』より
まだ”清水市”だった6年前に行われた「第九」・・・・・・静岡市東部本拠の清水フィル演奏
「ギネス級!?」のアマチュア・オーケストラ、横浜交響楽団による「第九」~その1
富士山河口湖音楽祭2007に於ける「第九」公演 & 横浜交響楽団による「第九」・その2」《大阪情報も関連》
今年の『21世紀の第九』(佐渡裕指揮)前売開始へ & 横浜交響楽団による「第九」・その3(終)」《大阪情報も関連》
米国CUNY・アーロン・コープランド音楽学校所蔵(!?)の「第九」・・・「1万人の第九」・「第九ひろしま」の話題も少々」《大阪・広島情報も関連》
トスカニーニ指揮の「第九」・・・2度開かれた鳴門「第九」の話も
カリフォルニア大学デービス校交響楽団他による「第九」(2007年3月11日)・・・ヘンデル『オルガン協奏曲』と共に
リッカルド・シャイー=ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団による「第九」・・・う~ん、惜しい!
オットー・クレンペラー指揮のベートーヴェン「第九」…1964年、英国ロイヤルアルバートホール《+Proms2008情報》
ギュンター・ヴァント指揮による「第九」…【全4楽章フル収録】演奏音声と”ベートーヴェンの肖像画”だけですが
小澤征爾=サイトウ・キネン・オーケストラ(SKO)による「第九」演奏・・・2002年夏のSKFにて?
チョン・ミュンフン=ソウル・フィル(ソウル市交響楽団)による「第九」・・・故郷ソウルでの公演から
ヤンソンス=バイエルン放送響による「第九」・・・2007年、ローマ・カトリック総本山の地にて
ハンガリー生まれの名指揮者フェレンツ・フリッチャイ指揮による「第九」・・・1958年頃録音。カラヤンらを凌ぐ活躍ぶり
「南米のパリ」ブエノスアイレス(アルゼンチン)に響く「第九」・・・トルカチール指揮。会場は過去に「NHKのど自慢」も
譜面上のメトロノーム指示に従った独自解釈の「第九」?・・・レイボヴィッツ=ロイヤル・フィル。1960年代演奏・収録

« 南大阪・吉野線にも”スズメバチ”襲来か…近鉄16600系”Ace”、6月19日より運用開始。14年ぶりの新型特急用車両 | トップページ | 「1万人の第九」と同時に合唱団員募集を開始。第1部ゲスト無しか…「第九ひろしま2010」正式発表《+ココロのこと》 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/46205737

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ独奏で聴くベートーヴェン「第九」──フランス出身の”アラカン”ピアニスト、シプリアン・カツァリス。終楽章のみ:

« 南大阪・吉野線にも”スズメバチ”襲来か…近鉄16600系”Ace”、6月19日より運用開始。14年ぶりの新型特急用車両 | トップページ | 「1万人の第九」と同時に合唱団員募集を開始。第1部ゲスト無しか…「第九ひろしま2010」正式発表《+ココロのこと》 »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)