フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 「1万人の第九」と同時に合唱団員募集を開始。第1部ゲスト無しか…「第九ひろしま2010」正式発表《+ココロのこと》 | トップページ | 【記事追記】「1万人の第九」モバイル版公式サイトもアップ。「第九ひろしま」は郵便振替通常払込に受付を一本化 »

奈良電車区と森ノ宮電車区に想いを?…今も103系と201系が多数在籍。225系車両の阪和線への大量投入を控えて

 先日、当ブログでもJR西日本の新しい近郊型車両「225系」について書きましたが、昨日から今日にかけてその「225系」車両に纏わるブログサイトなどを次々と読みあさっていくうち、ふと、忘れかけていたことを思い出しました。

 

 一度は報道公開の前後に私もまたこのことに情報として接していると思うのですが、特段意識していなかったこともあり、私の記憶から消えかけていたものです。

 

 

 忘れかけていたこと───それは、去る5月17日の225系車両の報道公開の際に同時発表されていた、合わせて226両に上る新規投入の内訳《『JR西日本225系が完成。』から》。

 

225系近郊型電車 … 計226両
 ↓
◎ 東海道・山陽本線(京阪神地区)向け
  →110両 《基本番台(0番台);最高速度130km/h》
◎ 阪和線向け
  →116両 《5000番台車;最高速度120km/h》

 

 先日掲載の関連記事の中では書き切れませんでしたが、上記の内訳にて生産され投入されることになっているみたいですね。

 

 この中で、阪和線(きのくに線も?)に振り向けられる車両数が東海道・山陽本線(京阪神地区→「琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線」)に振り向けられる数を上回っていることで、新規投入後に於ける車両運用の変化などを巡り、ホットな議論が巻き起こっているのが見えました。

 

 中には日根野電車区に現在配置されている車種・車両数と突合等しながら詳細に予想している人も出現するなど、私自身も見ていて何だか熱くなりそうです《→『JR西日本新型車両225系の阪和線投入数は116両!』・『225系18日出場』とか》。

 

 ここで、私自身初めて知ったことですが───阪和線といえば日根野電車区(大ヒネ)が思い浮かぶところなのですが、奈良電車区(大ナラ)に配置されている221系車両も運用されていたんですね。

 

 というか、私も阪和線内で221系車両を幾度か見かけたことはあるのですが、特段その221系のねぐらのことについて意識していませんでした。

 

 しかし、先日調べてみてわかったのですが、日根野電車区に221系の配置は無かったんですね(ぉぃ)

 

 あれこそが”奈良電車区からの出張運用”ということだったんだ───今では、かつて存在していた「新宮夜行」の痕跡(というか名残)ともいえる新大阪始発御坊行き快速電車などに充てられているとの由。

 

 それが、今度の225系車両(5000番台)の大量投入によって221系の阪和線・きのくに線に於ける出張運用がなくなるであろうとの噂が伝わってきています《→『阪和線にも225系』とか》。

 

 奈良電車区からはもう一つ、旧国鉄時代からの生き残りである103系車両6両編成1本が日根野電車区に貸し出されているとの話なのですが、こちらも225系大量投入によって奈良区に返却ということも十分考えられるところですね《なぜか2色混成編成となっていますが→『阪和線で混色の103系が営業運転を開始』》。

 

 

 こうなってくると、主に大阪環状線や桜島線(ゆめ咲線)で運用される車両を受け持つ森ノ宮電車区〔大モリ〕、主に関西本線(大和路線)やおおさか東線、奈良線で運用される車両を受け持つ奈良電車区の2つが、変な話、いよいよ”JR電車の墓場”としての存在が際立つことになってしまいそうな予感がしてきます。

 

 だからといって日根野電車区から追い出されることになるであろう113系などの旧国鉄時代からの生き残り車両を奈良電車区や森ノ宮電車区にわざと押しつけるようなことは、エネルギー効率などの観点から、さすがに無いとは思いますが・・・まぁ素直に考えれば廃車処分(解体)ということになるでしょう。

 

 でも、逆の見方をすれば、特に225系車両の阪和線及び東海道・山陽本線への大量投入後に於いて、森ノ宮電車区と奈良電車区は旧国鉄時代からの生き残りである103系201系をまとまった数抱えている数少ない車両基地として、かえってその存在感を増すことになるような気もします。

 

 尤も、そこに現存する103系・201系とも、製造当時の原形をとどめているものは既に存在しませんが…

 

 とはいえ、大和路線沿線に住む鉄道好きの一人である私にとって、旧国鉄時代からの生き残り車両である103系と201系を今も数多く抱えている奈良電車区そして森ノ宮電車区は馴染みの存在であり、ある種の愛着を抱くところです。

 

 抵抗制御車である103系、そして電機子チョッパ車である201系───それぞれが発する加減速音に一定の愛着を感じていますし。

 

 ちなみに、今年4月1日現在の奈良電車区及び森ノ宮電車区に於ける配置車両数(事業用車を除く)は、ウィキペディアによると・・・

 

【奈良電車区(大ナラ)】
◎ 103系 … 92両 《6両×4、4両×18》(※1)
◎ 201系 … 96両 《6両×16》
◎ 221系 … 178両 《6両×16、4両×17、2両×7》

【森ノ宮電車区(大モリ)】
◎ 103系 … 112両 《6両×4、8両×11》(※2)
◎ 201系 … 128両 《8両×16》
【備考】
※1=6両編成4本のうちの1本は、現在、阪和線に於ける運用のため日根野電車区に貸し出されている

※2=この6両編成4本全てには派手なUSJラッピングが施されている(桜島線向け)

 

 2つの電車区を合わせると、103系そして201系とも、200両を超えています。

 

 とはいえ、奈良電車区に在籍している103系と201系に関していえば、大和路線限定であろう6両編成に於いては201系のほうが圧倒的に多くなっているあたり、今や大和路線を走る普通電車はその大半に201系が充てられているということになるわけですね《一方で同じく奈良電車区所属車両が運用されている奈良線では、普通電車に関しては103系4両編成が君臨しています》。

 

 ただ、未来永劫このままの状態で続くとは限らないわけで、何れはこれら2電車区からも103系・201系は姿を消していくのかもしれません。

 

 その時が訪れるまでに、少しずつでも私なりに記録を残していこうと思うところです。

 

 あ、普段は平日の「やまとじライナー」や「はんわライナー」に充当されている日根野電車区配置の381系旧国鉄色6両編成(グリーン車無し)が、6月までの土休日限定で特急「まほろば」として大和路線・奈良方面に臨時のお勤めに入っている姿も…

 

 

 225系車両の運用開始時期についてはまだJR西日本としての正式な発表は為されていない様子ですが、正式デビュー後、もし大阪から京都や神戸に向かう機会があれば一度乗ってみたい気持ちはあります《日根野に入る225系5000番台車両にも機会あれば乗りたい…》。

 

 それと共に、今後とも”JR電車の墓場”と揶揄されることがあろう奈良電車区と森ノ宮電車区を温かく見守っていようと思います。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 鉄道ブログへ 人気ブログランキング「くつろぐ」 ←ランキング参加中。各1クリックご投票を!

 

【関連記事(JR西日本・新型「225系」車両関連)
223系の後継車両「225系」新規投入・・・JR西日本、2010年度中に運行開始予定。「クラッシャブルゾーン」を採用
新型車両「225系」報道公開・・・JR西日本、223系の後継として来年3月登場か《E257系非貫通型前面形状を彷彿?》
JR西日本「225系」新型車両、近畿車輛出場して公式試運転…湖西線・永原折返。網干入区後にヒューズ蓋脱落判明
「225系」運用開始時期と既存車両の処遇…JR西日本の新近郊型車両。奈良電車区に纏わる議論も《+E257系連想》
225系車両第1編成、網干から出て「向日町操~草津」間で試運転…JR西日本。第2編成も近畿車輛にて出場間近か
JR西日本の新近郊型車両「225系」第2編成出場…6月15日、悪天候の中。パンタグラフ搭載方向替えはリスク分散?
JR西の新型近郊形車両「225系」第3編成、近車出場…7月1日(「青春18」発売日)。加減速時のモーター音に変化?
225系基本番台第4編成、近車出場、そして故障…7月22日。急遽吹田工場へ《第5編成も組成完了、次は5000番台》
JR西日本225系電車第5編成、近車出場…8月3日。後ろに阪和線系統向け5000番台車とN700系’さくら’車両控える
225系5000番台、側面帯も付されて出場近し?・・・阪和線系統向け。外観は現用の223系0番台・2500番台踏襲か
225系5000番台、編成組成終えて出場前の最終段階へ・・・JR西日本、阪和線系統快速向け。近日中出場の見通し?
225系5000番台第1・第2編成、近車を出場…阪和線系統向け、試運転は有年折返。出場後早くも第3・第4編成組成へ
225系近郊型電車「12月1日」運用開始──JR西日本、10月に展示会。113系等淘汰進むか《287系は構体段階に》

« 「1万人の第九」と同時に合唱団員募集を開始。第1部ゲスト無しか…「第九ひろしま2010」正式発表《+ココロのこと》 | トップページ | 【記事追記】「1万人の第九」モバイル版公式サイトもアップ。「第九ひろしま」は郵便振替通常払込に受付を一本化 »

コメント

環状・ゆめ咲・阪和・大和路・おおさか東線の103系置き換えに、首都圏の201・203系を転入させて欲しかったです。

始めまして。

225系大量投入による車両とダイヤの動向を予想です。

・阪和快速のきのくに線直通の復活
・阪和快速ときのくに線普通で運用される113系を置き換え
→113系は4連は全て廃車(ただし、2連ワンマンは除く)


・天王寺~日根野の快速を天王寺~和歌山のB快速に変更
・代わりに天王寺~和歌山の普通を天王寺~日根野の普通に変更
・上記により日根野~和歌山から通勤型の103・205系を撤退させ、近郊型の223系・225系のみとし、103系の運行区間を短縮
・103系で運用される快速を全て置き換え
→103系4連を廃車

・奈良電車区から借りてる221系を全て置き換え。
→221系撤退、奈良に返却、またはそれ以外の地区へ転属

・205系は8連から、サハを外して6連化
→205系一部を廃車

南八尾電車区殿、

大変ご無沙汰しております。

昨年の阪神なんば線開業日以来のコメントであります。

JR西日本225系大量投入で国鉄時代に製造された車両達の今後の処遇も気になるところであります。

規模は違いますが、阪神電鉄では本年度、新型の5550系一編成を導入する予定になっていて、すでに尼崎車庫に神戸方2両が搬入されているのが確認できました。シングルアームのパンタグラフが新鮮です。なお、この車両は1000系のように、近畿車輛での製造ではなく、阪急正雀車庫横のアルナ車両製のようです。

しかし、この車両の導入により、ジェットカーで唯一の看板車である、5143-5314編成が引退することになっているようです。この編成はご存知のように阪神大震災でお互いの相方をなくしてしまい、廃車予定にあったにもかかわらず、暫定的に現在の変則的な編成を組んだまま、今日まで生きながらえてきました。ジェットカー唯一の前パン車両です。

5550系がデビューするその裏側で、5143-5314編成が廃車、解体されるというのは、ちょっと、複雑で、かわいそうでもあります。

さて、阪神なんば線開業後はよくなんば線、そして、阪神本線を利用しております。しかし、今だに、近鉄線内で阪神の車両を見つけると「あっ、阪神や!」と心の中で軽く叫んでおります。また、阪神線内を走行する近鉄の車両を見ると、なんば線、開通前に陸送されて、ハンドル訓練をしていたころを思い出してしまいます。

また、昨夜から、今朝にかけて近鉄奈良線の東大阪市内の八戸ノ里-瓢箪山間で高架化の切り替え工事が行われ、それにより、景色が変わっていることと思います。私も後ほど、現場を見に行こうと思っております。

JR西日本225系の話題でしたのに、ぜんぜん違うピント外れのコメントをしてしまい、大変失礼しました。

また、コメントさせていただきます。ありがとうございます。

 noritetsu777さん、おはようございます。
 こちらこそ初めまして。

 現時点では「225系」の新規投入時期に関する公式発表は為されていませんが、仮に来年のJRグループ定例ダイヤ改正に合わせての運用開始ということになれば、少なくとも京阪神エリアに関しては車両運用の面に於いて”激動”とも言われるべき状況が生まれるのかも知れませんね。

 今回ご指摘なさっているような阪和線(というか日根野電車区)に於ける車両運用の変遷予想を眺めていても、そのことを感じます。

 とりあえずはJR西日本からの運用開始時期の正式発表を待つのみです。

 奈良の鹿やんさま、おはようございます。
 こちらこそお久しぶりです。

 5550系───どうやら阪神の普通電車向け車両5500系のマイナーチェンジ版のようですね。
 そしてこの新型車両、5500系に1000系車両の要素(側面に見える行先表示窓へのフルカラーLED採用など)を幾つか採り入れているかのような印象を受けるところです。

 その5550系車両の登場と引き替えに「5143-5314編成」の廃車ですか・・・
 調べてみると、今年1月中旬から下旬にかけて(?)検査を受けたばかりだそうで、車体塗装もし直された様子ですが、両端車両先端部に装着されているバンドン式連結器の換装が為されておらず〔他の存続車両は全て廻り子式密連に換装済とのこと〕、このことから「近く廃車処分されるのでは」との憶測がネット上で広がっていたみたいです。

 未だに行先表示が幕ではなく看板となっているあたりが貴重な存在と感ずるところなのですが、ついに潮時を迎えてしまうあたり、何だか一つの時代の区切りというものを実感させられるところですね。

 長瀬国分線さん、こんばんは。

 う~ん、それもありかも知れませんね《実現するか否かは別にして…》。

南八尾電車区殿、

コメントありがとうございます。

前回は無理やりの阪神の話題ですいませんでした。

おっしゃるように、本年1月頃に「5143-5314編成」の姿がしばらく見えませんでしたので、「もしかして、もう廃車されたのか」と思いましたが、検査に入っていたようで、後に本線上を走る試運転を見ました。塗装もされて、ピカピカになっておりました。しかし、新型車両5550系導入により、時期的にはまだ、わかりませんが、残念ながら廃車となるようです。一時、5月末に廃車か、と云う「うわさ」も聞きましたが、現在も元気に走っています。看板式の車両は昔の阪神電車の姿を今に残してくれています。しかし、まさに、「5143-5314編成」は「風前の灯」です。

5550系は1000系に順ずるような「バリアフリー仕様」としたため、新しい形式になったのでしょう。

http://rail.hobidas.com/news/info/article/115662.html

上記ホビダスの写真を見ると、神戸方(と思慮される)の車番が「5562」になっているので、「あれ?」と思いました。5500系は梅田方より、「5501-5601-5602-5502」のようにつけていましたので、慣例だと、神戸方先頭車は「5552」となるはずですが、、、新形式で車番のつけ方も変わったのでしょうか?

バンドン式連結器は武庫川線でワンマン運転されている7861-7961形にも残されているようです。同形式は本線での使用が少ないためにそのままなのでしょうか? また、2000系、5000系、8000系などの編成の中間連結器には依然バンドン式が使われています。表に出ることもないし、充分に使えるので、わざわざ、振り子式に変える必要もないということでしょうか。

それから、先週5月30日に高架に切り替えられた近鉄奈良線下り、八戸ノ里駅、瓢箪山駅間ですが、新しい区間を電車が通るとき、独特の「きしみ音」が連続して発生していました。レールと車輪との「あたり」具合が悪いのかもしれませんが、このようなきしみ音を初めて聞いたように思います。

これは近鉄の車両も、阪神の車両も同様でした。

東花園駅で下車して、ホームより見ますと、レールが「レール削正車」により削られているのがわかりました。通常、新線にレールを敷設する場合はそのままで使用されるのが一般的ですが、レールを削らないといけない何か「事由」があったのでしょうか?しかも、削った部分もさびていて、車輪があたる部分が光っておりました。

そういえば、新線切り替え前に近鉄の黄色い保線用車両が高架上にあるのを見ましたが、私は「マルチプルタイタンパ」だと思っていました。

6月3日もきしみ音は発生しておりました。

あの感じだと、当分、きしみ音は鳴り続けるように思います。

というところであります。

ありがとうございます。

南八尾電車区さん、

実現するか否かはわかりませんが、
東日本が大量処分予定の通勤型車両を森ノ宮、日根野、奈良電車区へ転属させて欲しいですね。

221系を山陰・広島・山口地区へ転属させて115系を置き換えて欲しいです。

 奈良の鹿やんさん、おはようございます。

 今や阪神唯一の盲腸線となった武庫川線にて運用されている編成にバンドン式が残っているんですね。
 ネット上で調べたところ、おっしゃっている「7861-7961」編成のほか、初めから武庫川線専用に組まれたといわれる「7890-7990」編成もまた、車両先端部(というか前面部)に装着されている連結器はバンドン式となっていたみたいです。

 あと、普段切り離されることのない車両間に於ける中間連結器としてバンドン式が使われていることは寡聞にして知らなかったです《棒連結器が使われているとばかり思っていた…》。
 まぁ確かに中間連結器として使われる分には、普段は切り離すことは無いでしょうから、従前からのバンドン式のままであっても差し支えなし、という判断が阪神側に於いて働いているんでしょうね。

 長瀬国分線さん、こんばんは。
 遅くなってゴメンナサイ。

 今後新型車両「225系」を大量導入する中にあっては、わざわざJR他社の使い古しを入れる合理的理由がちょっと見当たらないかな・・・
 まぁ全てはJR西日本の腹次第なので、見守るしかないでしょう。

>南八尾電車区さん

確かに西日本は金がないとはいえ、東日本の車輌を入れるわけにはいきませんね。

もし国鉄分割民営化時に北海道が東日本、
東海・四国・九州が西日本だったらシナリオは大きく変わっていたと思います。

東海は収益の75%を占める東海道新幹線を抱えることで在来線も313系等の新型車両を大量に投入できましたから。

明石品質管理センターに321系を増やし、
207系を森ノ宮、日根野、奈良の各電車区へ転属というのはどうでしょう? Z編成は和田岬線用として明石残留で。

 長瀬国分線さん、こんばんは。
 引き続きアリガトウです。

 そのあたりも、今はJR西日本の腹の内を探る他無いでしょう───景気低迷などに加えて福知山線事故の遺族への補償問題も抱えていますし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/48482126

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良電車区と森ノ宮電車区に想いを?…今も103系と201系が多数在籍。225系車両の阪和線への大量投入を控えて:

» 225系は阪和線にも大量投入 [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 223系の後継車両としてJR西日本がこれから投入する225系。この225系はま [続きを読む]

» JR西日本新型車両225系の阪和線投入数は116両! [阪和線の沿線から]
先日のエントリーで阪和線にも投入されることが報道されたJR西日本の新型車両225系。 私自身の予想では、113系を置き換える+奈良電車区の221系をまかなうだけの両数程度の投入かな、と思っていました。 具体的にはおよそ60両程度か、といったところでしょう....... [続きを読む]

« 「1万人の第九」と同時に合唱団員募集を開始。第1部ゲスト無しか…「第九ひろしま2010」正式発表《+ココロのこと》 | トップページ | 【記事追記】「1万人の第九」モバイル版公式サイトもアップ。「第九ひろしま」は郵便振替通常払込に受付を一本化 »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)