フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 合唱団員&オケ楽団員受付開始…「第28回1万人の第九」。同時に「第九ひろしま2010」合唱団員も《私も「万九」に》 | トップページ | 「初代N’EX」253系、長野電鉄に譲渡…来年春デビュー予定。約半世紀に渡る”長野電鉄の顔”2000系の後継として »

Saxで音大を卒業した歌手・平原綾香、前半の舞台に…「第28回1万人の第九」第1部ゲスト出演者。MBSに危機感?

 一昨日(6月1日)から開始された、「第28回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」合唱団員募集。

 

 私もビックリさせられましたが、昨年(2009年)開催分と同様、その応募受付開始早々に「1万人の第九」公式サイトのトップページに於いて第1部ゲスト出演者の名前が発表されているのが見えました。

 

 

 既にご存じの方もおられることかと思いますが・・・

 

 

 

    平原 綾香
    (ひらはら あやか)

 

 

 

 この第1部ゲスト出演者の発表は「万九」応募受付開始前日にあたる5月31日に行われ、日刊スポーツWeb版に掲載された『平原綾香&佐渡裕1万人の第九で共演』という報道記事によれば、昨年開催分(?)の合唱参加者に対して実施したアンケートの中で「出演してほしいゲスト・アーティスト」として平原の名前を挙げた人が一番多かったことから今冬開催分の第1部ゲスト出演者として招請することに決めたとのこと。

 

 また、応募受付開始日当日に放映された毎日放送(「万九」主催者)のワイドショー番組『ちちんぷいぷい』にて平原本人が出演して今冬の「1万人の第九」に出演する旨を告白したとの話も入ってきています《知り合いの「第九」合唱仲間を通じて》。

 

 ここで過去に於ける平原と公演指揮者・佐渡裕との接点について調べて見るも現時点では見当たりませんが、一方で、平原自身が「1万人の第九」公式サイトに寄せたコメントの中で「小学生の頃、5000人の第九を聴きに行ったことがあり、みんなが一斉にスタンディングする瞬間は、鳥肌が立ちました」と語っているくだりが見え、私自身も興味を引かれました。

 

 そして”5000人の第九”の文字に、私は即座に東京の「国技館5000人の第九コンサート」を連想。

 

 ところが、平原の生年月日「1984年5月9日」で”小学生の頃”となれば、勿論「国技館5000人の第九」もありますが、埼玉県越谷市に於いて1989年から1994年までの6年間毎年開催されていた「とーぶ5000人の大合唱」も存命だったわけであり、その最終回が開催された1994年には平原は10歳でしたので、この「とーぶ5000人の大合唱」に聴きに行った可能性も出てくるわけですね《余談ながら、越谷市は東武伊勢崎線とJR武蔵野線が十字に交わる場所に位置し〔JR大宮駅から見れば東南東の方角に位置〕、少し南に行けば東京の足立区に到達出来る》。

 

 けれども「とーぶ5000人の大合唱」を案内しているWebページをよく見ると”合唱団約1500人、観客約3500人、合わせて5000人が一堂に集まり…”とあり、また前出の日刊スポーツWeb版掲載記事には「小学生の頃、5000人規模の第九を聴いて感動した経験を持つ…」と見えるところから、やはり平原が言うところの”5000人の第九”とは合唱団員だけで5千人を数える「国技館5000人の第九」のことを指しているみたいですね。

 

 

 それはさておき、幼い頃からバレエを習い、サックスにて音楽の専門教育を受け〔洗足学園音楽大学を「学長賞」を得て卒業〕、歌手デビュー後には自らの持ち歌に素材の一つとしてクラシック音楽を採り入れたりすることもある平原が今冬開催分「1万人の第九」の第1部で何を引っ提げてくれるのか、佐渡が指揮するオーケストラ(どんな編成になるのかわからないけど…)をバックにどのような歌唱力を見せるのか───とつらつらっと書き流しそうなところなのですが、悲しいかな、私自身彼女のことを殆ど知りません。

 

 とはいえ、『YouTube』を初めとする動画共有サイトには彼女の歌を収めた動画の類が幾つもアップされているのが見えており、試しに2つだけピックアップしてみると・・・

 


新世界 / 平原綾香
《2009.04.29.NHKホールより中継》
《『YouTube』にも同一動画投稿有→『平原綾香 新世界』》


平原綾香-Jupiter
《by HIRAHARA Ayaka 08年02月03日 from Japan》

 

 これら2つの動画の中でそれぞれ歌われている平原自身の持ち歌は何れもクラシック音楽の名曲を素材として採り入れているものとなっていますが、つまみ聴き程度に耳にしてみたとき、所々で鋭さのようなものを感じるものの、全体としてはしっとりした感じで終始歌われている・・・そんな印象を持ちました。

 

 半年後に控える大阪城ホールに於ける公演本番で彼女がどんな持ち歌を引っ提げてきてくれるのか、そしてその中に1万人あまりの合唱団もバックコーラスで演奏参加出来るよう編曲された持ち歌も設定されるのか───追々為されるであろう主催者からの発表を待つのみですね。

 

 

 ところで、先にも記しましたが、今冬開催分の第1部ゲスト出演者は、昨年開催分に引き続き、合唱団員募集の開始早々に発表されました。

 

 2年前(2008年)までは公演チケット前売が開始となる直前ぐらい(というか9月から10月にかけての時期)に「万九」公式サイト上にて第1部ゲスト出演者が発表されていたものでしたが、マッキーこと槇原敬之が招かれた昨年開催分(2009年。第27回公演)からは6月初旬の合唱団員募集開始に合わせて発表されてきています。

 

 以前までと比較して約4ヶ月前倒ししての第1部ゲスト出演者の発表───勿論その前倒しした期間の分だけ構成に時間がかけられるというメリットも考えられるところなのですが、集客対象が聴衆だけにとどまらず合唱団員にも広がっているような印象を受けるところです。

 

 人数規模にして合唱団員は聴衆の3倍前後はありますし、それに目をつけているのでは───まぁそのあたりは何とも言えませんが。

 

 何れにせよ、このあたりに主催者・毎日放送(MBS)に於ける戦略面の変化と、その背景に潜むであろうある種の危機感みたいなものを感じずにはいられないところが正直あります《現実問題、MBSに限らず大手テレビ局(ラテ兼営局含む)が、インターネット普及による影響に加えて長引く景気低迷の影響をも受けて、CMを初めとする広告収入などが落ち込む一方であることを聞きますし…》。

 

 まぁ今のところは、佐渡裕というクラシック音楽界のカリスマ的存在の下〔勿論MBS自体が備える企画力なども寄与していることでしょうけれども…〕、合唱団員そして聴衆とも毎年各定員を充足(或いは超過)してきていますので当面は安泰と思われるところなのですが、あと2回で30回目という大きな節目を迎えることになる「1万人の第九」が、この先どういう道を辿ることになるのか、少し気になるところです。

 

 こうした私自身が抱く勝手なる不安感が杞憂に終わればいいのですが・・・

 

 

 今冬の「第28回1万人の第九」に於けるステージ展開を楽しみにしつつ、まずは約1ヶ月半先に予定されている抽選結果発表を待っていようと思います。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加中。各1クリックご投票を!

 

【関連記事(その他「第28回1万人の第九」関連)
「第28回サントリー1万人の第九」スタッフミーティング開催…サントリーとキリンの経営統合交渉難航。今日にも結論?
「サントリー1万人の第九」レッスン会場の一つが取り壊し?…梅田東学習センター体育館。代替の文化施設を物色か
「サントリー1万人の第九」公式Web、今冬開催分(第28回公演)に張替──合唱団員の他、オケ楽団員も募集予定か
「第28回サントリー1万人の第九」合唱団員&オケ楽団員募集要項、同時発表・・・公式Web差替。共に6月1日受付開始
合唱団員&オケ楽団員受付開始…「第28回1万人の第九」。同時に「第九ひろしま2010」合唱団員も《私も「万九」に》
新聞に合唱団員募集掲載無し?…第28回「サントリー1万人の第九」。公式Webへの募集要項掲載と同時に掲載済か
梅田東学習ルーム体育館取り壊しは数年先?…「1万人の第九」レッスン会場。市道拡張計画頓挫か《新阪急ホテル》
「第28回サントリー1万人の第九」合唱団員募集の抽選結果をOperaブラウザで閲覧…プレビュー機能使って段階的に
「10000人の交換絵日記」に初心者向けサポートコーナー …「1万人の第九」公式。「第九ひろしま」自主練教材にも?
応募総数「13,159人」。平原、「第九」第3楽章を基に新曲発表か──第28回「1万人の第九」。当日予報は好天と発表
ベートーヴェン「第九」週間?───今夜は”N響第9”、明日は「1万人の第九」ドキュメンタリー
今年も録画済…「サントリー1万人の第九」ドキュメンタリー。JNN基幹局除くTBS系列4局でも放映予定《東北地方も》
第28回「サントリー1万人の第九」ライヴ収録DVD、私のところにも・・・
『1万人の第九meets平原綾香~フロイデ×ジョイフル~』を見て・・・昨年開催「第28回1万人の第九」ドキュメンタリー
「第九」解説に合唱・オケ練習風景、そして本番模様…第28回「1万人の第九」ドキュメンタリー・BS-TBS放映版のこと
「サントリー1万人の第九(10000人の第9)」第28回公演のライヴ収録DVDのこと・・・あの頃の光景を再び

 

【関連記事(「第九ひろしま2010」連動記事)
「第九」公演本番への出演要件についての考察──「第九ひろしま」中心に「1万人の第九」や「5000人の第九」にも
ベートーヴェン「第九」の歌詞で語尾に”-er(-r)”が来る単語の発音の事…「第九ひろしま」と「1万人の第九」を中心に
「第九ひろしま2010」公演チケット前売、本日開始・・・「第28回1万人の第九」に先立って。第1部はオペラアリア4曲

 

【関連記事(「第27回1万人の第九」以前分関連)
大阪「サントリー1万人の第九」2009年(第27回)開催分の関連リンク集…2010年(第28回)開催分リンク集を兼ねる

« 合唱団員&オケ楽団員受付開始…「第28回1万人の第九」。同時に「第九ひろしま2010」合唱団員も《私も「万九」に》 | トップページ | 「初代N’EX」253系、長野電鉄に譲渡…来年春デビュー予定。約半世紀に渡る”長野電鉄の顔”2000系の後継として »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/48532800

この記事へのトラックバック一覧です: Saxで音大を卒業した歌手・平原綾香、前半の舞台に…「第28回1万人の第九」第1部ゲスト出演者。MBSに危機感?:

« 合唱団員&オケ楽団員受付開始…「第28回1万人の第九」。同時に「第九ひろしま2010」合唱団員も《私も「万九」に》 | トップページ | 「初代N’EX」253系、長野電鉄に譲渡…来年春デビュー予定。約半世紀に渡る”長野電鉄の顔”2000系の後継として »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)