フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 「阪急9300系電車=JR225系電車(=JR321系電車)」?───VVVF加速音のこと。背景にとあるメーカーの”影” | トップページ | 山陽・九州新幹線N700系8000番台「R2&R4」、日立と川重で製造…JR九州、'さくら'向け。R2は日立、R4は川重にて »

余部橋梁新旧架け替え、佳境か…開通迄残り5日。隙間へのコンクリート打設も終了、あとは防風壁設置と軌道工事か

 1912年(明治45年)3月に開通し、山陰本線京都から出雲市まで全通する元となった、餘部」間に架かる余部橋梁

 

 7月17日から始まったその余部橋梁の、明治末期の完成以来実に約98年の長きにわたって務め上げた”余部鉄橋”こと初代橋梁からコンクリート主体の2代目新橋梁への架け替え工事も、いよいよ佳境に入りましたね。

 

 開通予定日である8月12日まで、あと5日・・・

 

 

 ”余部鉄橋”こと初代余部橋梁の南隣に予め建造された2代目新橋梁のうちの、東端部約93mを占める緩いS字状カーブをした橋桁の平行移動&回転移動も無事終わり、7月24日からは、その緩いS字状をした橋桁と新橋梁の残りの部分、そして橋梁東詰の於伊呂トンネル坑口付近との結合作業に着手、隙間をコンクリートで埋められていきました。

 

 連日の猛暑も手伝ってか、流し込まれたコンクリートがよく乾くなど順調に作業が進み、そして緩いS字状の橋桁の両端に作られたコンクリート型枠が外され、次いでシートも外され、ついに2代目新橋梁の全貌が初めて現しました。

 

 

 約98年間風雨雪に耐えながらも山陰の鉄路を支え続けてきた”余部鉄橋”の、橋脚部分から鋼で作られた高さ約41mを誇る大鉄橋が織りなすある種の造形美、そして威圧感・・・

 

 これこそが”余部鉄橋”だ、といった感じの圧倒的な存在感というものを与えてくれていたような気がします。

 

 それが、今回全貌を現した2代目新橋梁について、関連する新聞記事に掲載されている写真画像を眺める限りでは、橋脚の数も初代橋梁と比べて少なくなり、且つその橋脚自体も直立したスマートな感じの仕上げになっているあたり、かなりスッキリした印象を与えてくれるところがあります。

 

 そして橋脚と共にコンクリート主体で造られた橋桁と合わせて、何だか未来の鉄路のようなものを予感させてくれるような気がしました。

 

 

 かつての”余部鉄橋”こと初代橋梁の橋桁は観光用途(展望台)に残す部分を除いて既に撤去が終わっていて、今月4日からはいよいよ目玉の一つである透明アクリル板による防風壁の設置工事に取りかかっており、余部橋梁の新旧架け替え最終段階の工事も佳境に入っているところといえるでしょう。

 

 このあとは線路の敷設や信号等諸施設関係の工事が本格化する見通しで、開通に向けての架け替え最終段階の工事はいよいよ大詰めを迎えることになります。

 

 

 残すところあと5日───ご先祖の霊が舞い降りるお盆の最中に、真新しい2代目余部橋梁が再び山陰の鉄路をつなぎます。

 

 

◎ 参照記事(本文中紹介分を除く)
余部橋梁、全容現す
余部新橋ピタリ順調、暑さで早くコンクリ乾く
鉄鋼からコンクリートへ 余部橋梁架け替え着々

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 鉄道ブログへ 人気ブログランキング「くつろぐ」 ←ランキング参加中。各1クリックご投票を!

 

【関連記事〔余部橋梁(余部鉄橋)関連〕
山陰本線余部鉄橋の裏側・・・保線区員命がけの活躍、国鉄終焉直前の「みやび」転落事故《「鉄道の日」1ヶ月前に寄せて》
山陰本線・余部橋梁「8月12日」架け替え完了&使用開始…4月1日より映像配信も開始《+円山川橋梁も架け替え》
余部橋梁、”余部鉄橋”から新橋梁に架け替え…7月17日から。余部の自然の猛威と闘った98年間、「みやび」転落も
余部橋梁開通までの山陰本線史(現在の餘部駅以東)・・・日本海新聞一掲載記事に触発されて《希望をもたらす存在》
余部橋梁の2代目新橋梁、明日開通へ・・・山陰本線「鎧~餘部」間、着工から約3年4ヶ月。地元で新愛称付与の動き
余部橋梁の2代目新橋梁、早速ライトアップ・・・開通初日(8月12日)の夜、真夏の夜の”未来鉄路”。地元住民等の手で

 

【関連記事(列車の中から余部橋梁を…)
今春分「青春18きっぷ」”消化乗り鉄”のこと・・・【1】鳥取の巻=〔2〕カニばさみ、そして余部鉄橋

« 「阪急9300系電車=JR225系電車(=JR321系電車)」?───VVVF加速音のこと。背景にとあるメーカーの”影” | トップページ | 山陽・九州新幹線N700系8000番台「R2&R4」、日立と川重で製造…JR九州、'さくら'向け。R2は日立、R4は川重にて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/49081473

この記事へのトラックバック一覧です: 余部橋梁新旧架け替え、佳境か…開通迄残り5日。隙間へのコンクリート打設も終了、あとは防風壁設置と軌道工事か:

« 「阪急9300系電車=JR225系電車(=JR321系電車)」?───VVVF加速音のこと。背景にとあるメーカーの”影” | トップページ | 山陽・九州新幹線N700系8000番台「R2&R4」、日立と川重で製造…JR九州、'さくら'向け。R2は日立、R4は川重にて »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)