フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 九州新幹線鹿児島ルート「3月12日」全線開業・・・来春JRダイヤ改正にて。特急料金だけで1万円超か《西郷騒動も》 | トップページ | 225系近郊型電車「12月1日」運用開始──JR西日本、10月に展示会。113系等淘汰進むか《287系は構体段階に》 »

【「第28回1万人の第九」;レッスン2】”マーチ”に”M”に”Seid umschlungen,”──「大阪5」写真撮影。貨物列車も

 公演本番(12月5日)を約2ヶ月半先に控える「第28回サントリー1万人の第九(10000人の第9)」。

 

 昨日〔9月16日〕、我らが「大阪5」クラスに於ける2回目のレッスンがありました。

 

 そして、この日は「大阪5」クラスに於ける写真撮影日でもありました。

 

 

 JR線(大和路線)の自宅最寄駅からまたも遅めの電車で大阪に向かう羽目となった私(スミマセン…)でしたが、レッスン会場への途上、ちょっとした出会いがありました。

 

 平野駅に向かっていた時のこと───前方右手に見える城東貨物線(おおさか東線「新加美~JR長瀬」間に設置されている正覚寺信号場から分岐する非電化単線の貨物線)高架を平野方向に向かうコンテナ列車の姿が目に入り、早速手持ちのコンデジを取り出して撮影。

天王寺に向かっていたJR難波行き普通電車の前面展望。前方右手に見える非電化高架を貨物(コンテナ)列車が平野(百済)方に向かっているのが見えた《100916撮影》

 高架を降りたコンテナ列車───牽引機が見えてきました。

非電化高架から降りた、平野(百済)方に向かっていた貨物(コンテナ)列車。牽引機が見える《100916撮影》

 その牽引機は「DD51-833」───JR貨物・吹田機関区に配置されているカマでした

平野(百済)方に向かっていた貨物(コンテナ)列車の牽引機「DD51-833」。JR貨物・吹田機関区配置車両《100916撮影》

 そして平野を発車して約30秒後のコンテナ列車の姿───終着駅であろう百済貨物駅に入線しているところです。

平野を発車したJR難波行き普通列車の前面展望で見えた貨物(コンテナ)列車。百済貨物駅に入線するところ《100916撮影》

 その百済貨物駅───元々は非電化の駅でしたが、この写真画像の中にありますように、真新しい架線柱が建植されているのが見えました。

百済貨物駅構内。元々非電化だったが、梅田貨物駅の機能移転などに伴って直流電化されることが決まり、このようにして真新しい架線柱が立ち並んでいる。架線は未だ張られていない《100916撮影》

 すれ違う王寺方面(上り)の普通電車。

百済貨物駅構内の横を走っている途中ですれ違う王寺行き(上り)普通電車《100916撮影》

 

 天王寺で大阪環状線の内回り線電車に乗り継ぎ、学校帰りや勤め帰りの客などで混み合う中を大阪へ───途中、大阪城ホール最寄りである大阪城公園駅を通りかかるも、混み合う車内に於いて大阪城ホール全景を眺める余裕は無し。

レッスン会場に向かう際に使用した回数券券片。2枚目《100916、天王寺から乗車した大阪環状線・内回り電車の車内にて撮影》

 

 大阪駅に着いた頃には開始時刻まで1分あるかないかぐらいだったかな───とにかく例によって(?)早足にてレッスン会場へと向かったのでした。

 

 それでも、会場である梅田東学習ルーム体育館(特別研修室)の正門をくぐってみると、玄関ロビーに2~3人ほどのクラス生の姿が見え、ひとまず心の中に安心感が・・・

 

 受付デスクで出欠チェックを受けた後、促されるままに右横に設えていた名前リストが並べられた机のもとへ───今回と次回レッスンの2回にわたり、プログラム掲載に際しての名前チェックが行われることになっていたのです。

 

 早速合唱パートから自分の名前を見つけ、文字と読み方に間違いがないことを確認して「○」印を入れて、場内へ・・・

 

 場内では、既に有元先生が壇上に上がっていて何やら話をしていた最中でした。

講話中の「大阪5」クラスの担任・有元正人先生《100916撮影》

 

 テノール領域のすぐ後ろにまで足を運んだところで準備運動───体のストレッチから始まり、泳法動作、顔のストレッチと進み、そのあとは発声練習へ。

 

 このうち顔のストレッチで、例によって「ニッカ」や「サントリー」などと飛び出していく中で、先生自身が先日に初心者向け”12回クラス”の一つである「大阪G」クラスに担任の代理として教壇に立った際のこぼれ話を披露、場内は一瞬笑いに包まれていました。

 

 なお、発声練習は1度・2度・3度・5度の各音階により行われ、このうち5度音階を使って「マメマメ…」と声出しさせる練習で2オクターヴ分こなしました。

 

 

 この日の「第九」レッスンは、前回の続きとして、男声合唱のみによる行進曲(マーチ)のところから始まり、一番有名な「練習番号M」を経て、いわゆる”二重フーガ”箇所に入る直前のところまでを学習しました。

本題の「第九」レッスン中の光景《100916撮影》

 

 そして、この日は写真撮影の日にあたっていたこともあり、初回レッスン時に行われていた母音のみによる歌唱練習などは省略され、パート別の練習に続いて全員で合わせるというオーソドックスなやり方で進められました《ピアノ伴奏抜きでのアカペラ練習はありました》。

 

 少々駆け足気味に───それと、自主練習をするように、との呼びかけもありましたね。

 

 そして、最初に取り上げた行進曲の箇所に入る前にテノール・パート内で自己申告によるパート分けがあったのですが、その時ちょうど私は何やらゴソゴソしていたこともあって何れかのパートで挙手するのを忘れました(爆)

 

 尤も私自身は基本的に「テノール1」(テノール高音域)ですが───あ、「テノール2」(テノール低音域)だと公演会場に於いてバス・パート寄りに席配分が為される関係で中央寄りの席で歌えますよ、などと先生から宣伝(?)がありました。

 

 なお、この日の行進曲の箇所での練習はあくまで挙手による自己申告に基づいて進められたわけでありますが、公演会場に於ける実際の座席割り当てに反映させるためのテノール領域内パート別申告は、恐らく4回目レッスンに於ける出席チェックの際に求められていたような───よくは覚えていませんが《スミマセン…》。

 

 

 で、この日の「第九」レッスン全体を通して抱いた印象でありますが、まずは歌唱する際の顔つき───譜面上でフォルテ指定となっている箇所で歌おうとすると、勢い余ってか、私も含めてですが、どうしても怖い顔つきとなってしまうみたいで〔例えば「Freude」や「Brüder」を怖い顔つきで歌ってしまうとか…〕、レッスン期間中に克服すべき課題の一つですね。

 

 とはいえ、私の場合、人より表情に出てしまうところがあるので、歌詞の持つ意味にふさわしい顔つきで歌えるよう心掛けるのみかな・・・

 

 なお、その顔つきのことに関連して、我らがテノール・パートに対して、疲れ顔で歌わぬよう・・・とも言われました(汗)

 

 次に声の響かせ方・出し方───特に高音域に於いて、あたかも頭のてっぺんから響かせるが如くに声を出すこと・・・との説明があり、また、音を拾いにいくかの如く彷徨き気味な声の出し方はしないこと(目標の音程でピチッと声出しすること)・・・ともいわれました。

 

 特に次に声出すべき音程まで1オクターヴ以上離れている場合、私もしばしば外してしまうので、気を付けなければ《1オクターヴ離れていなくとも外してしまうことしばしばですが(ォィ)…》。

 

 そして、譜面上にてフォルテ(f)指定となっている箇所で、特に高音域に向かって歌うところでは高音域に入るに連れて勢いから声量を大きくしないこともいわれました《「練習番号M」の中で→歌い方の解説のため、先生持参の紙風船が登場、場内を沸かせました》。

 

 あと、「練習番号M」の後の、女声も含めた混声合唱で「Seid umschlungen, …」と歌い出してから暫く進行した606小節目のところに見える、アルトとソプラノが1拍違いで「Diesen …」と歌い出すところに於いて、アルトとソプラノによる「B(H)-C」の2度不協和音のあとに聞こえてくる「A-C」の3度和音が織りなす響きの美しさに、場内はうっとりしていた様子───有元先生が力説していました。

 

 それともう一つ、「練習番号M」の練習が終わったところで、有元先生が、ここで第1部が終わりとなります、というふうに語り、ここまでの形式(楽式)についてと、テーマ(主題)になっているものは何か・・・という質問が飛び出しました。

 

 正解は「変奏曲形式」と、チェロとコントラバス(低減部)がユニゾンで奏でる”歓喜の主題”と称されるメロディ・・・ということになるわけですが、1問目の楽式を訊ねる質問のところでバス・パート領域の中から答える人が現れ、拍手の渦が起こっていました。

 

 なお、最後に集合写真の撮影があるということで、初回レッスンの際には最後に行われた通し練習も省略となり、この日のレッスンは幕となりました。

 

 

 休憩時間中に撮影したモノ。

 

 この日の配布物デスクの様子。初回レッスン時と比べて少なくなっているような───その一方で、この日の出欠受付時に配布されたアンケート用紙の投函箱が新たに設置されているのが見えました。

レッスン2回目当日の配布物デスクと連絡掲示板の様子。新たにアンケート用紙投函箱が設置されているのが見えた。「第九ひろしま2010」通常募集パンフは健在《100916撮影》

 そして、そのアンケート用紙投函箱に早速記入済み用紙を投函する人の姿を目の当たりにし、文章力などに欠け且つコミュニケーション能力に欠ける私自身に失望感を覚える始末。

 

 体育館正面入口から撮影した、煌々と照明を照らし出していた梅田東学習ルーム本館(旧校舎)の様子───何やらカルチャー教室の類を開いているのだろうか・・・

レッスン会場である梅田東学習ルーム体育館(特別研修室)玄関から見た、同学習ルーム本館(旧校舎)の様子。内部の照明が煌々と照らし出されているのが見えた《100916撮影》

 そして、その学習ルーム本館とヤンマーの看板・・・

レッスン会場である梅田東学習ルーム体育館(特別研修室)玄関から見た、同学習ルーム本館(旧校舎)と、ヤンマー本社ビルの上に見えるヤンマーの看板《100916撮影》

 4年前、ここの体育館と旧校舎の間を通る道路を拡幅するという計画が持ち上がっていたのですが、今も取り壊しなどの動きを一切見せていない所から考えると、頓挫してしまったのかな。

 

 

 で、初めのところでも記しましたが、この日は「大阪5」クラスの写真撮影日ということで、レッスン時間中にもスナップ写真撮影のため女性カメラマンが一眼レフ片手に撮影して回っていました。

 

 休憩後のレッスン後半に於いては、壇上に上がって指導している有元先生にもレンズが・・・

レッスン後半に於ける有元先生の講義。その右手に写真撮影のため場内に入っていた女性カメラマンが一眼レフのレンズを向けていた《100916撮影》

 

 そしてレッスン終了後には会場後方に於いてクラス集合写真の撮影が行われ、別に控えていた年配男性カメラマンが超広角レンズ(?)を装着した一眼レフと大型フラッシュを使い、両隣と互いに手を繋ぎながら繋いだ手を上にかざし、掛け声を上げているところを何枚か撮影し、そして解散。

 

 解散の際、コミュニケーション能力に難のある私自身、こんな場で1人浮いていたら勿体ないかなぁ・・・などと心の中で頭を抱えつつ、帰路についたのでありました。

 

 余談になりますが───帰り道は例によって学研都市線・おおさか東線を経由しましたが、学研都市線からおおさか東線への乗換駅である放出でおおさか東線の電車の発車待ちの最中、京橋方面のホームをおおさか東線(というか城東貨物線・百済方面)から来たとみられる貨物列車が通過していくのをおおさか東線電車の車窓から偶然目の当たりにしました。

 

 けれども、いつもより多く乗り込んでいる勤め帰りの客を前に行動を起こすことが出来ず、見送るだけに終わりました(涙)

レッスン会場からの帰路の途上で使用したJR回数券券片。3枚目。放出駅にて貨物列車と出会うも見送るだけに終わってしまった《100916、おおさか東線電車の車内にて撮影》

 

 

 次回レッスンは、1ヶ月近く間が空いて、「鉄道の日」当日にあたる10月14日───引き続きプログラム掲載向けの名前・読み方正誤確認が行われることになっています。

 

 そして、この次回レッスンでは”二重フーガ”のところを本格的にとりあげる旨の予告が先生から出されています。

 

 予習(昨年の復習?)をしなければ・・・

 

 

※ 「大阪5」クラス・レッスン2公式記録はこちらへ

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加中。各1クリックご投票を!

 

【関連記事(「第28回1万人の第九」合唱出演記)
【1】本番前日リハのため大阪城ホールに向かう途上で…
【2】総合リハーサル・・・第1部ゲスト&アンサンブル初披露
【3】「始め順調(?)、中'焦り&絶望感'」…いよいよ本番当日、会場へ
【4】座席最終チェック、発声練習、着替え──公演本番当日
【5】「第九」でアクシデント、平原即興新曲に吃驚──ゲネプロ
【6】本番へ…”練習番号M”での「合唱団+聴衆」大合唱途絶える
【7終】「サッカー」→「平原」でノリノリ、「第九」はワイルドネスに

 

【関連記事(「第28回1万人の第九」レッスン受講記)
【1】「大阪5」クラス開講。「第九」は330小節目迄
【3】”二重フーガ”と”R”。佐渡練告知も
【4】”練習番号S”箇所から曲の終わりまで
【5】”シャッフル”練習《総復習》。第1部合唱曲楽譜と座席券の交付
【6終】”おさらい会”形式で総復習。本番当日朝の時間割で変更有
【7(佐渡練)】「ワイルドネスに」そして「100%自分をぶつける」

 

【関連記事(「第27回1万人の第九」以前分関連)
大阪「サントリー1万人の第九」2009年(第27回)開催分の関連リンク集…2010年(第28回)開催分リンク集を兼ねる

« 九州新幹線鹿児島ルート「3月12日」全線開業・・・来春JRダイヤ改正にて。特急料金だけで1万円超か《西郷騒動も》 | トップページ | 225系近郊型電車「12月1日」運用開始──JR西日本、10月に展示会。113系等淘汰進むか《287系は構体段階に》 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/49476391

この記事へのトラックバック一覧です: 【「第28回1万人の第九」;レッスン2】”マーチ”に”M”に”Seid umschlungen,”──「大阪5」写真撮影。貨物列車も:

« 九州新幹線鹿児島ルート「3月12日」全線開業・・・来春JRダイヤ改正にて。特急料金だけで1万円超か《西郷騒動も》 | トップページ | 225系近郊型電車「12月1日」運用開始──JR西日本、10月に展示会。113系等淘汰進むか《287系は構体段階に》 »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)