フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 当ブログにて紹介してきているベートーヴェン「第九」演奏動画の更新情報…2010年9月23日《アバド指揮ほか2件》 | トップページ | 2本の鉄道関連番組を録り逃してしまいました──自宅のデスクトップPC(メイン機)の不具合発生で。パーツ替えへ »

インマゼール=アニマ・エテルナによるベートーヴェン「第九」──古楽アンサンブルにしてモダンな感じ《兼現況確認》

 昨日(9月22日)とはうってかわって、今日は早朝から強い風雨に見舞われた、こちら大阪の空模様。

 

 けれども、おかげで今日は朝から涼しいです───尤も空はどんよりとしていますが。

 

 天気予報では、今日を境に秋らしい気候になるとの話ですが───本当にそうなれば私としてもありがたいです。

 

 

 さて、ここのところ当ブログに於いてこれまで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画についての更新情報をご案内してきていますが、今回は一つの「第九」演奏動画の更新案内旁々、現状に即する形でその「第九」演奏動画の紹介を改めて行おうと思います。

 

 

 2年半以上前の話になりますが、去る2008年1月11日付で掲載した記事の中で、名古屋に於ける大規模「第九」イヴェント開催の過去事実(というか史実)を伝える内容との抱き合わせの格好で紹介していた、チェンバロやフォルテピアノなどの鍵盤楽器奏者で古楽器アンサンブル「アニマ・エテルナ」を創立したヨス・ファン・インマゼール(ジョス・ファン・インマゼール、Jos Van Immerseel)が、彼の手兵であるアニマ・エテルナを率いて行ったベートーヴェン「第九」演奏のうちの終楽章のみ収めた3本の動画(2007年の暮れに『YouTube』内にて発見)について、現況確認を行った結果、その3本全てが「利用規約違反のため」削除されていたことが判明しました。

 

 後記で、別の動画共有サイトに於いて当初紹介動画3本のうちの1本(と同一内容の動画)が発見されたわけでありますが───仮に3本の動画全てが他のサイトに於いても見つからず、完全に姿を消した場合、特別な場合を除き、記事ごと全て削除することになるわけですが、同じ記事の中で抱き合わせで取り上げている名古屋の話題のこともありますので、今後のことも考えて、今回、アニマ・エテルナ「第九」演奏を紹介した部分を切り離し、このようにして一つの独立した記事として起こすこととなった次第です。

 

 

 ところで、この「YouTube」のサーバから削除された3本の動画にわたって収録されていたインマゼール指揮による「第九」演奏に関するデータについては、紹介した時点で、それら動画に添付されたテキストデータから、以下に示すアーティストたちにより演奏されていたことがわかっていました。

 

 尤も、その添付テキストデータには演奏時期や場所の記載がないため、何時何処で演奏されたものなのかまではわかりませんでしたが・・・

 

ソプラノ:Marie Noelle de Callatay
コントラルト(アルト):Myra Kroese
テノール:Glenn Siebert
バリトン:Ulf Bastlein
合唱&管弦楽:.
 Anima Eterna Symphony Orchestra and Choir
指揮:Jos Van Immerseel

 

 アニマ・エテルナといえば、実は私自身も過去にシューベルト交響曲第9(8)番ハ長調「ザ・グレイト」』の演奏で何度か耳にしたことがあるのですが、その耳にした時の印象として、古楽器アンサンブルにしてはかなりのヴォリューム(音量)感があったこと、ピッチ(音程)にしても、他の古楽アンサンブルが「作曲当時に合わせる」意図からか少し低めのピッチとしていることが多いのに対し、現在の標準的なオーケストラが採用しているピッチとほぼ同じくらいに合わせていたこと等もあり、変な話、古楽アンサンブルと標準的なオーケストラとの合いの子といった感じを抱いていたこともありました。

 

 その一方で、古楽器アンサンブルならではとでもいいますか、サッパリとした感じとでもいうか、澱みが無く透き通った感じとでもいうか・・・そんな印象も抱いていました。

 

 以上は私自身が抱いたアニマ・エテルナに対する印象を綴ったものであり、古楽アンサンブルに対する一般的見識からは離れているのかも知れませんが───「古楽をわかっていない」等と罵られれば返す言葉がないです(自爆)

 

 

 それはさておき、このアニマ・エテルナによる「第九」演奏を収めた動画が総じて「YouTube」サーバから削除されたことを受けて同等内容のものをネット上にて探索を行ったところ、アメリカの動画共有サイト『fliiby.com』に全3本のうちの1本目動画のみが寄せられていることがわかりましたが、残り2本については残念ながら見つかりませんでした。

 

 その一方で、『YouTube』に別のアニマ・エテルナによる「第九」演奏収録動画が寄せられてきているのを発見───聴いてみたところ、こちらには第2楽章の演奏全部が収められていることがわかりました《当初紹介していた終楽章演奏を収めた動画と同じく、演奏時期・場所については添付テキストデータに記載が無いため不明》。

 

 

 終楽章を収めていた全3本の中で唯一見つかった最初の動画には、終楽章冒頭から始まり、男声合唱のみによる行進曲(マーチ)に入る直前のところまで(330小節目)の演奏が収録されています。

 

 2本目以降の動画が見つからなかったということで、最も有名な”練習番号M”の箇所などを再び耳にすることは出来なくなってしまっているわけですが、新たに見つかった第2楽章の演奏を収めた動画(正確には「静止画像+演奏音声」の合成ファイル)と併せて、アニマ・エテルナならではの、古典的な面影を残しつつも現代にも通じるモダンな響きというものにて「第九」を愉しむことが出来ます《なお第2楽章を収めた合成ファイルについては、投稿者の意向により、リンク先での再生となります》。

 

Beethoven: Symphony no. 9 in D minor, op. 125
(by OedipusTyrannus)
《第2楽章全部;リンク先にて再生して下さい》

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


Beethoven
Symphony No. 9 in D minor, Op. 125 "Choral" (1)

(by Lenjivica)
《終楽章の冒頭から330小節目まで》

 

 古典派音楽の面影───耽美的にならず毅然とした、サッパリした感じ、そして事実を事実として認めるが如く・・・ん?

 

 少々音を伸ばし気味に演奏している様子ではありますが、ちゃんと古典派音楽の面影というものを演奏の中に織り込んでいるみたいでした。

 

 ただ、所々で速めのテンポがとられているものの、全体としては割とゆっくり目に展開しているかのような印象を抱くところでありますので、古楽器アンサンブルによる演奏にしては、響きこそこじんまりな感じがするものの、標準的規模のオーケストラによる「第九」演奏が醸し出すモダンっぽい仕上がり方になっているように思えるところです。

 

 ある意味個性的な演奏とでもいうか・・・

 

 

 また何処かで、このアニマ・エテルナが奏でる音楽というものに一度触れてみようかな、と思っています。

 

 

【おことわり】
 動画投稿サイト(『Google Video』、『YouTube』等)にて公開されている動画については、今後、投稿者或いは運営サイドの判断等により削除される可能性があります。その場合、お楽しみいただけなくなりますことを予めご承知おき下さい。

 

 

P.S.
 本記事を起こす前、アニマ・エテルナ「第九」演奏動画の紹介記事と同じ記事ページ内に於ける抱き合わせ相手であった名古屋に於ける過去の大規模「第九」イヴェント開催の事実を伝える記事については、現在、『名古屋にも「1万人の第九」があった!?・・・1989年、名古屋市制100周年記念。リニア、新幹線に熱中のJR東海が協賛』に改題の上、残してあります。

 もしお差し支え無ければ、一度お立ち寄り頂ければ幸いです。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加中。各1クリックご投票を!

 

【関連記事(「第九」演奏・終楽章のみ)
バーンスタイン指揮によるベルリンの壁崩壊「第九」ライヴ・・・『YouTube』より
南米・ボリビアのオーケストラによる「第九」・・・・・・『Google Video』より
2006年大晦日、東京駅前丸の内ビル(丸ビル)に於ける年越し「第九」ライヴから・・・
1970年「ベートーヴェン・イヤー」に於けるバーンスタイン=VPOによる「第九」・・・・・・『YouTube』より
アニハーノフ=レニングラード国立歌劇場管の「第九」 in オーチャードホール(2003年12月)・・・『YouTube』より
『”ルチアーノ・パヴァロッティのマスタークラス”と「第九」』の補足書き・・・続いてフルトヴェングラー指揮の「第九」
アシュケナージ=N響の「第九」(2005年)・・・・・・「1万人の第九」最新情報及び「第九ひろしま」注意情報も
ワインガルトナー指揮の「第九」レコードコンサート!?・・・「第九ひろしま」&鳴門市「第九」最新情報も
「第九ひろしま2008」早くも第1部ゲストに言及か・・・泰日友好コンサートに於ける「第九」《タイ=バンコクにて》
ヴァーツラフ・ノイマン指揮NHK交響楽団の”N響「第9」演奏会”から(1984年12月)…過去紹介「第九」動画の追記も
東京・歌舞伎座に於ける70年ぶりの「第九」公演、『YouTube』にて一部公開・・・全国どこでも視聴可能
アメリカ・ワシントン州タコマ本拠の「Northwest Sinfonietta」による「第九」・・・終楽章後半のみ
米国UCLA学内オケ&合唱団による「第九」…著名指揮者を輩出した名匠に師事した指揮者の下でストレートに力演
シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ演奏による「第九」・・・1995年2月、ベネズエラ「エル・システマ」の一成果
シモン・ボリバル公園の花火の”「第九」演奏”?…2008年12月、コロンビア=ボゴタに於ける「Monarca shows」にて
ドゥダメル、自らの故郷で”聖母”に捧ぐ「第九」を若者たちと共に・・・ベネズエラ=ララ州バルキシメトの教会にて
「第九」は2国間の和解の証!?・・・2008年12月、ホンジュラス=テグシガルパ市。エルサルバトルの合唱団も迎えて
ベネズエラ音楽界の巨匠エドゥアルド・チバスが指揮してのベートーヴェン「第九」・・・ベネズエラ交響楽団ほか
南米ペルーの首都リマにある大聖堂に響く歓喜の調べ・・・2007年、リマ大聖堂に於けるベートーヴェン「第九」演奏
ヘスス・ロペス=コボス指揮の「第九」、スペインで平和主義と人道主義の響き・・・2005年5月8日、首都マドリードにて
治安悪化の街で平穏な生活を切望する「第九」の響き・・・メキシコ北部、ファレス市立大学(UACJ)学内オケと合唱団
ドホナーニ=クリーヴランド管によるベートーヴェン「第九」・・・テラーク、1985年録音。カラヤンを連想させるクリアさ
ヴォルケル・アルトゥング指揮による「第九」…2008年4月、シンガポールの芸術系専門学校NAFA創立記念行事にて
クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィルによる「第九」(2000年5月開催の「ヨーロッパ・コンサート」にて)
イタリア生まれの名指揮者ジュリーニがLSOと組んで作り上げた「第九」・・・1972年11月、ロンドン。EMI録音か
香港在住の日本人と中国人のジョイントによる「第九」・・・1995年1月25日、香港大會堂。ブラジル人指揮者の下で
バーンスタイン=VPOによるベートーヴェン「第九」・・・1979年。ジョーンズ、コロらを従えての極上の”人間臭さ”
マンハッタンの東、クイーンズ校の杜の「第九」・・・2008年。CUNYアーロン・コープランド音楽学校教授ペレスの指揮
小澤征爾が長野と世界5大陸の各合唱団を指揮する地球規模の「第九」・・・1998年長野冬季五輪開会式の終わりに

 

【関連記事(「第九」演奏・全曲)
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮の「第九」・・・『YouTube』より
なが~い「第九」、所要時間2時間近く!・・・・・・コブラが指揮する「第九」演奏動画
南仏の世界遺産・オランジュ古代劇場に於けるマズア指揮の「第九」・・・・・・『YouTube』より
まだ”清水市”だった6年前に行われた「第九」・・・・・・静岡市東部本拠の清水フィル演奏
「ギネス級!?」のアマチュア・オーケストラ、横浜交響楽団による「第九」~その1
富士山河口湖音楽祭2007に於ける「第九」公演 & 横浜交響楽団による「第九」・その2」《大阪情報も関連》
今年の『21世紀の第九』(佐渡裕指揮)前売開始へ & 横浜交響楽団による「第九」・その3(終)」《大阪情報も関連》
米国CUNY・アーロン・コープランド音楽学校所蔵(!?)の「第九」・・・「1万人の第九」・「第九ひろしま」の話題も少々」《大阪・広島情報も関連》
トスカニーニ指揮の「第九」・・・2度開かれた鳴門「第九」の話も
カリフォルニア大学デービス校交響楽団他による「第九」(2007年3月11日)・・・ヘンデル『オルガン協奏曲』と共に
リッカルド・シャイー=ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団による「第九」・・・う~ん、惜しい!
オットー・クレンペラー指揮のベートーヴェン「第九」…1964年、英国ロイヤルアルバートホール《+Proms2008情報》
ギュンター・ヴァント指揮による「第九」…【全4楽章フル収録】演奏音声と”ベートーヴェンの肖像画”だけですが
小澤征爾=サイトウ・キネン・オーケストラ(SKO)による「第九」演奏・・・2002年夏のSKFにて?
チョン・ミュンフン=ソウル・フィル(ソウル市交響楽団)による「第九」・・・故郷ソウルでの公演から
ヤンソンス=バイエルン放送響による「第九」・・・2007年、ローマ・カトリック総本山の地にて
ハンガリー生まれの名指揮者フェレンツ・フリッチャイ指揮による「第九」・・・1958年頃録音。カラヤンらを凌ぐ活躍ぶり
「南米のパリ」ブエノスアイレス(アルゼンチン)に響く「第九」・・・トルカチール指揮。会場は過去に「NHKのど自慢」も
譜面上のメトロノーム指示に従った独自解釈の「第九」?・・・レイボヴィッツ=ロイヤル・フィル。1960年代演奏・収録

« 当ブログにて紹介してきているベートーヴェン「第九」演奏動画の更新情報…2010年9月23日《アバド指揮ほか2件》 | トップページ | 2本の鉄道関連番組を録り逃してしまいました──自宅のデスクトップPC(メイン機)の不具合発生で。パーツ替えへ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/49534431

この記事へのトラックバック一覧です: インマゼール=アニマ・エテルナによるベートーヴェン「第九」──古楽アンサンブルにしてモダンな感じ《兼現況確認》:

« 当ブログにて紹介してきているベートーヴェン「第九」演奏動画の更新情報…2010年9月23日《アバド指揮ほか2件》 | トップページ | 2本の鉄道関連番組を録り逃してしまいました──自宅のデスクトップPC(メイン機)の不具合発生で。パーツ替えへ »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)