フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 大阪生まれの作曲家・山根明季子、「第20回芥川作曲賞」受賞───”水玉”をテーマにした作品で | トップページ | 【「第28回1万人の第九」;レッスン3】”二重フーガ”に”練習番号R”の学習で折り返し。佐渡練受講日時告知される »

サロネンが来日不可能に──ウィーン・フィル来日公演。クリーヴランド管を日本に率いるウェルザー=メストらが代役に

 まだまだ自宅のデスクトップPCの問題で落ち着かぬ毎日を送っています《今月はしばし留守にしてしまっています…どうもスミマセン》。

 

 その煽りで、今週、昨日(10月14日)までNHKラジオ第1放送の『ラジオ深夜便』夜23時台の後半に於いて全4回構成で届けられていた『ないとエッセー「わが音楽の師・ショパンを語る」』〔語り…小山実稚恵(ピアニスト)〕の2回目と3回目のエアチェックを忘れてしまっています(涙)

 

 昨夜の分で最終回となりましたが、その最終回に関しては何とか忘れず録音予約を設定出来ました───エアチェックも無事出来たみたいで、一安心です。

 

 出来れば、年内にも是非アンコール放送を(笑)

 

 

 ところで、その昨日の昼過ぎに『Webぶらあぼ』に立ち寄っていると、思わず目を引いてしまう記事が・・・

 

 

 

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者エサ=ペッカ・サロネン来日中止と指揮者交代

 

 もしかしてエサ=ペッカ・サロネンが急病を患ったとか───などと思いつつネット上を探索していた私でしたが、どうやら”やむを得ない事情”で来日できなくなったとの由のようで、サロネン自身の個人的事情、あるいは彼の親族内部の事情によるもの・・・と勝手に解釈しています《本当のところは情報がないので知る由もありませんが》。

 

 それにしても、公演まで残り1ヶ月弱というところで突如出された、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の来日公演招聘元であるサントリーホールからの指揮者変更公式リリースに、何だか眠気が吹っ飛んだかのような気分になりました。

 

 なお、サロネンと共に来月(11月)上旬に予定されている今年のウィーン・フィル来日公演(ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン2010)の指揮者として来日することになっているラトビア出身の若手指揮者、アンドリス・ネルソンスについては、現在のところ、特に変更はない様子。

 

 そして、来日できなくなったサロネンに代わって、フランツ・ウェルザー=メストジョルジュ・プレートルの、これまた名の広く知れ渡った2人の指揮者が来日する(というか代わりにタクトを執る)ことになりました。

 

 ウェルザー=メストといえば、同じ来月の中旬に予定されているクリーヴランド管弦楽団・来日公演の指揮台にも立つことになっていますので、彼にしてみれば日本国内に於いてウィーン・フィルとクリーヴランド管を掛け持ちする格好となりますね《11月9日「ウィーン・フィル」→11月17・18両日「クリーヴランド管」;何れも会場はサントリーホール(東京・赤坂)》。

 

 これに伴い、サロネンがタクトを執ることになっていた公演分については演奏曲目の変更が告知されています───その中で、新たに予定演奏曲目の一つとして組み入れられたシューベルトの『交響曲第2番』について、日本国内に於いては演奏される機会が稀なだけに、私自身も興味を抱きそうなところです。

 

 ま、曲目はどうであれ、今年のウィーン・フィル来日公演も、是非、NHKあたりがライヴ収録して放映してくれることを希望しています───出来ればトマジの作品が取り上げられる公演分が収録・放映されれば嬉しいかな(笑)

 

 

 ふと思ったのですが、今年のウィーン・フィル来日公演、たしか当初の予定では小澤征爾が指揮することになっていたんですね《何を寝ぼけたことを…》。

 

 それが、すでに周知の通り、食道ガンが判明し、その治療に専念すべく指揮出演キャンセルを表明、それに伴い、小澤の代役として起用されたのがサロネンとネルソンスの2人だったような・・・

 

 そのうちのサロネンが前記の通りキャンセルとなったことから急遽ウェルザー=メストとプレートルの2人がウィーン・フィル来日公演の指揮台に立つことに───この2人、小澤から見た場合、いわば”代役の代役”ということになるわけですね。

 

 ある意味、今年のウィーン・フィル来日公演は波乱含みの様相を呈しているような気がしないでもないところですね。

 

 

 昨日は「鉄道の日」(旧・鉄道記念日)でもありましたが、今回は音楽ネタとなってしまっています(爆)

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加中。各1クリックご投票を!

« 大阪生まれの作曲家・山根明季子、「第20回芥川作曲賞」受賞───”水玉”をテーマにした作品で | トップページ | 【「第28回1万人の第九」;レッスン3】”二重フーガ”に”練習番号R”の学習で折り返し。佐渡練受講日時告知される »

コメント

 はじめまして。
 作詞:玄奘三蔵 作曲:ベートーヴェン、という変り種の第9をご存知でしょうか? 
 編曲と歌:つのだ☆ひろ。つのだひろが、ベー­トーベンの「第九」のメロディーで、ゴスペル風に般若心経を歌い上げてます。
 http://www.youtube.com/watch?v=gCF4Bg9R__o
 ?ブログ内検索で出なかったもので。

 オイラもチョイ鉄で旅ものをUPしておりますのでお立ち寄りのお誘いでした。

 yuusuke320さん、こんばんは。
 レスが遅くなってしまってスミマセン。

 ご指摘の『YouTube』投稿動画、私も少しながら拝聴しました───正直これは初耳です(笑)
 「第九」に般若心経をカヴァーさせ、ゴスペル風のリズムに乗せるというアレンジ法、なかなか面白いものですね《尤も一度耳にしただけではわかりませんでしたが…》。

 このケースに限らず、『YouTube』内を眺めているだけでも、様々なヴァージョンの「第九」演奏(というか演奏もどき?)が存在するみたいですので、時間を作って”旅して”みるのも面白いかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/49741340

この記事へのトラックバック一覧です: サロネンが来日不可能に──ウィーン・フィル来日公演。クリーヴランド管を日本に率いるウェルザー=メストらが代役に:

« 大阪生まれの作曲家・山根明季子、「第20回芥川作曲賞」受賞───”水玉”をテーマにした作品で | トップページ | 【「第28回1万人の第九」;レッスン3】”二重フーガ”に”練習番号R”の学習で折り返し。佐渡練受講日時告知される »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)