フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 首都圏バックの「Suica」との歴然たる格差を実感──「ICOCA」・「toica」・「SUGOCA」相互利用サービス提供開始 | トップページ | 第28回「サントリー1万人の第九」ライヴ収録DVD、私のところにも・・・ »

カラヤン=フィルハーモニア管による『レ・プレリュード』で勤務時代を懐古?──黒田恭一『20世紀の名演奏』で紹介

 カラヤン指揮による演奏でフランツ・リストが書いた『交響詩”レ・プレリュード(Les Préludes、前奏曲)”』を聴きながら、不要になったPCパーツのオークションへの出品手続き等に追われていました。

 

 昨日と今日の2日間、ヤフオクで「出品無料キャンペーン」(一定条件下で出品システム利用料が無料になる)が行われていたものだから、余計にね・・・

 

 

 ところで、今は亡き音楽評論家・黒田恭一が司会進行役を務めていたNHK-FM『20世紀の名演奏』に於いて取り上げられた、ヘルベルト・フォン・カラヤンが英国のフィルハーモニア管弦楽団を指揮して演奏した小品たちの特集の最初に、先に記したリストの『交響詩”レ・プレリュード”』が紹介されていました。

 

 カラヤンは小品だからといって疎かにしなかった、と当該放送の中で語っていた黒田でしたが、この『レ・プレリュード』は、聴いていて、何だか端正な感じのように聞こえてくるところがあります。

 

 端正にして、悠然且つ高らかに語り上げているかのような印象とでもいうか・・・

 

 別の言い方で、磨き上げられた玉の如くに純粋な音楽を創り上げているような気がするんですね(笑)

 

 

 このカラヤン=フィルハーモニア管の組み合わせによる小品演奏の特集が放送されていた頃、たしか私自身、まだ郵便局に勤めだしてから間もなかったような気がします《おぼろげですが…》。

 

 柏原の小さな郵便局から始まり、現場研修を兼ねて同じ柏原市内に所在する幾つかの局を一定期間巡回していたのですが、その時分にこの特集に出会ったような・・・

 

 そのため、このカラヤン=フィルハーモニア管による『レ・プレリュード』を耳にしていると、ふと私の郵便局勤めが始まって間もない頃の光景が頭の中に思い浮かんできたりします。

 

 最初の所属局に向かう途上で目の当たりにした風景、柏原市内所在局を巡回していた頃の巡回先局の一つに足を運んでいる途上で目の当たりにした風景・・・

 

 良くも悪くも懐かしいです───迷惑ばかりかけていましたが(今でも思い出すのが正直辛いです…)

 

 

 それはさておき、年賀状、ほんの数枚程度書くだけのはずですが、未だに全く手が付けられずにいます(ふぅ~)

 

 裏面デザインを色々考えるだけでも頭の疲れを覚えてしまう───私の悪い特性が出てきてしまうなど、今は焦るばかりです(自爆)

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気blogランキングへ ←ランキング参加中。各1クリックご投票を!

« 首都圏バックの「Suica」との歴然たる格差を実感──「ICOCA」・「toica」・「SUGOCA」相互利用サービス提供開始 | トップページ | 第28回「サントリー1万人の第九」ライヴ収録DVD、私のところにも・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/50426046

この記事へのトラックバック一覧です: カラヤン=フィルハーモニア管による『レ・プレリュード』で勤務時代を懐古?──黒田恭一『20世紀の名演奏』で紹介:

« 首都圏バックの「Suica」との歴然たる格差を実感──「ICOCA」・「toica」・「SUGOCA」相互利用サービス提供開始 | トップページ | 第28回「サントリー1万人の第九」ライヴ収録DVD、私のところにも・・・ »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)