フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 日根野電車区配置の103系トップナンバー車、引退へ・・・読売新聞掲載記事。新型近郊形「225系」本格投入の煽りか | トップページ | 大阪「サントリー1万人の第九」2010年(第28回)開催分の関連リンク集…2011年(第29回)開催分リンク集を兼ねる »

521系交直流近郊形、今春JRダイヤ改正施行に向けて増産続く…JR西日本、計40両を追加投入。若干の仕様変更も

 前回、日根野電車区に配置されている103系通勤形電車のうちトップナンバー「クハ103-1」を擁する編成が今春施行されるJRグループ定例ダイヤ改正により引退すると報じた読売新聞掲載記事を紹介しました。

 

 そして「2ちゃんねる」筋を通じて行き当たったこの新聞記事から、ふとJR西日本の新しい近郊型電車「225系」の存在を思い出しました───眠気が吹っ飛ぶ思いがしました(笑)

 

 

 この「225系」について今年に入ってからも製造・出場が続いている旨のことを前回掲載記事の中で記しましたが、ネット上を見渡しているうち、これと同様に製造そして出場が続いている車両がもう一つ存在することがわかってきました。

 

 223系の交直流対応版”こと521系近郊形電車です。

 

 ご存じのように、この521系交直流電車、初めのうちは福井県と滋賀県からのお布施(出資)を受けて製造、敦賀地域鉄道部(金ツル)配置とされて福井・滋賀両県内にて運用を始めたわけでありますが、2009年度以降はJR西日本自身の意志により製造されてきており、こちらは金沢総合車両所(金サワ)配置とされたところから、運用範囲を滋賀・福井・石川の3県に広げてきています《2009年3月14日ダイヤ改正後から2010年3月13日ダイヤ改正前までは小浜線を通じて京都府内にも入線していた》。

 

 そんな521系交直流近郊形でありますが、昨年暮れにJR旅客6社から一斉に公式発表された今春のJRグループ定例ダイヤ改正概要の中で、JR西日本から「521系を40両追加投入する」と公式発表されたところから製造ペースが一気に加速、ネット上に流布されている情報によると、リリース直後から今日に至るまで、都合3回〔以下列挙〕、何れも川崎重工業兵庫工場に於いて落成そして出場を果たしてきています。

 

2010.12.17.出場 … 第16~第18編成
2011.01.11.出場 … 第19~第21編成
2011.01.25.出場 … 第22~第24編成

 

 上記から既にお気づきの方もおられると思いますが、1回の出場につき3本6両ずつ出場されてきており、これまでに計18両が出場したことになります。

 

 これら、昨年12月から出場を始めてきている521系は3次車の範疇に入る模様で、現時点で当方に於いて判明しているだけでも、以下に示す仕様変更がみられます。

 

◎ 先頭車両の乗務員室扉ノブ取付方の変更
◎ 車内に防犯カメラを設置

 

 このうち、上下に2つ取り付けられている乗務員室扉ノブについては、2次車までは取付部位周辺が凹んでいる格好になっていたのに対し、今回出場してきている3次車では取付部位も含めてフラットな造りになっています。

 

 いうまでもなくドアノブ自体出っ張っていますので空気抵抗のもとになるわけでありますが、乗務員室扉の形状について2次車までと3次車とを見比べてみたところ、2次車までについては扉全体にわたって車体に合わせて出っ張らせているのに対して、3次車では、裾絞り部分(下4分の1程度)こそ車体側面に揃えているものの、下ノブ取付部位あたりから上側に関しては車体側面から少し引っ込める感じで取り付けられているのが見えます。

 

 つまり、扉全体を引っ込める代わりに扉自体の凹みを無くしてフラットにすることで手間を省いた・・・ということなのかも知れないですね《扉全体を引っ込めることでノブ周辺に凹みをつくらなくとも空気抵抗を増やさずに済ませることが出来た、という言い方も出来そう…》。

 

 また防犯カメラに関しては、とあるブログサイトの管理人が、たまたま駅に停車していた3次車の車内をホーム上から覗き込んだ際に発見、手持ちのカメラで撮影したものと思われる写真画像を自身のブログサイト内に起こした一記事に掲載していた模様なのですが、あいにくそのブログサイトは、現在、行方不明状態(削除済み?)となってしまっています。

 

 尤も、グーグルの「Instant Previews」機能を利用して、ブログサイト自体が行方不明となる前に掲載されていた当該記事のプレビューを掲載写真画像と共に表示させることが出来たので〔2月3日現在〕、それによって天井あたりに防犯カメラらしきものが装備されているのを何とか確認出来ましたが・・・

 

 まぁ、あと1ヶ月少しすれば営業運用に入ることですし、もしかすると、その時までに何らかの形で車内を一般公開してくれるのかも知れませんので、ハッキリとした具体像に関してはそれまで待つことにしましょう。

 

 

 ところで、ご存じの方もおられると思いますが、現在521系交直流近郊型電車は計30両が既に営業運用に入っています。

 

 このうち、福井・滋賀両県からのお布施を受けて製造されたのが10両(2両編成×5本;1次車)で”E編成”として敦賀地域鉄道部の車両基地に配置され、その後2009年度のうちにJR西日本自らの意志により増備されたのが20両(2両編成×10本;2次車)で”G編成”として金沢総合車両所に配置されています。

 

 そして今回、2次車より更に若干の仕様変更が為されている3次車が昨年12月から続々と落成させてきているわけでありますが、このうち、今年1月11日に落成・出場し金沢配置となった編成のうち第21編成の先頭車両前面下部に装備されている排障器左側に「M1」という編成番号とみられる表示が為されているのが見えました《ネット上にアップされてきている、同編成の金沢駅停車中に撮影された写真画像を通じて》。

 

 この排障器への編成番号表示については、敦賀配置の”E編成”にも為されている一方で金沢配置の”G編成”には為されておらず、1月11日出場分の3編成のうち第20編成についても排障器には何ら表示がされていないとのこと。

 

 第21編成以降についてのみ何故”M”という編成記号が割り当てられているのか───現時点では謎に包まれている状態にあります。

 

 なお、昨年12月に出場した第16~第18編成の3本のうち、第16編成については去る1月27日に上り362M列車(金沢16:16始発福井行き普通列車)として営業運用に入っているのが確認されており、当該編成の排障器にも編成記号表示が為されておらず、更にこの362M列車が金沢配置の521系により運用されているところから、第16~第20編成の5本については”G編成”に組み入れられる・・・との見方も存在します。

 

 

 さて、ネット上に流布されている情報によると、今月にも2回、川重に於いて521系電車の落成そして出場が予定されている模様だとか。

 

 仮にこれまでのように1回あたり6両の出場ペースで推移した場合、昨年12月の追加投入分の初出場からの累計は30両ということになり、JR西日本のリリース文書により公式表明されている所要追加投入数である40両にあと10両不足することになります。

 

 これに関して、「2ちゃんねる」筋からは、昨年12月から3回にわたって計9編成送り出してきている川重に加えて、現在225系近郊形電車をほぼ集中的に製造してきている近畿車輛からも10両出場する・・・といった噂も聞こえてきています。

 

 このあたりのことについては今後ともネット上に流布されるであろう関連情報に耳を傾けるとして───今春のダイヤ改正施行までに予定通り521系電車追加投入が為された場合、ダイヤ改正以後には計70両にまで増えることになります。

 

 これに対し、521系電車新規投入以前から運用されてきている普通列車向け車両(旧国鉄時代からの生き残り組)は、ウィキペディア解説(「金沢総合車両所」&「敦賀地域鉄道部」)によると・・・

 

◎ 413系電車(33両)
● 415系800番台(33両)
◎ 419系電車(39両)
◎ 457・471・475系電車(54両)
【備考】
◎=主に北陸本線に於いて運用
●=主に七尾線に於いて運用

 

となっており、単純合計で159両(うち北陸本線向けは126両)ということになります。

 

 JR西日本では、今度の521系追加投入により、北陸本線系統のうち交流電化区間に於ける運用範囲を金沢を経て七尾線・津幡にまで拡大するとしていますが、北陸本線といえば、現在、並行して北陸新幹線の建設工事が進捗してきている様子であり、それとの兼ね合いから、次年度以降にも521系電車の追加投入が為されるのか否か、不透明な情勢にあるとみられるところ。

 

 ただ、従前からの”食パン電車”こと419系、457系などの旧国鉄時代からの生き残り組の場合は3両を1ユニット(457系ファミリーの一部は6両1ユニット)として運用されてきているのに対し、521系電車の場合は2両1ユニットとされていることから、1ユニットのみで運転されている普通列車に於いて座席数が419系などと比べてガタ落ちしているとの批判も聞かれ、このことから考えると、しばらくは増備が続くものと思われます。

 

 

 何はともあれ、今後とも521系交直流近郊形電車の動向から目が離せそうにありませんね。

 

 

◎ 参照記事(本文中紹介分を除く)
521系増備車6両が試運転
521系増備車6両が出場試運転
521系の増備続く
【JR西】521系の第3次追加増備始まる
【JR西】521系の追加増備続く
【JR西】521系にM編成登場
【JR西】521系第3次追加増備車の動き

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 鉄道ブログへ 人気ブログランキング「くつろぐ」 ←ランキング参加中。各1クリックご投票を!

« 日根野電車区配置の103系トップナンバー車、引退へ・・・読売新聞掲載記事。新型近郊形「225系」本格投入の煽りか | トップページ | 大阪「サントリー1万人の第九」2010年(第28回)開催分の関連リンク集…2011年(第29回)開催分リンク集を兼ねる »

コメント

ネットで見たとか、2ちゃんねる筋の情報でブログ書くって勇気ありますね。

結局他者の受け売りだけなんでしょ。

 みたままさん、こんばんは。

 記事をご覧いただいて、どのようにお感じになり、またどのようにお考えになるかは、皆様のご自由にお任せしています。

 よろしくお願いします。

この車両を使かい、新山口~小倉間を運行すれば便利ですね。
山陰本線はディーゼルなので、そのまま小倉駅へ直通。

 「この車両で、関門トンネルを走れそうですね。」さん、こんばんは。

 521系や、山陰本線で運用されている気動車類を関門トンネルを挟む区間に投入ですか───確かに物理的には今すぐにでも出来そうなものなのですが、そうしようとすれば車両使用料などを巡ってJR九州と交渉しなければならないような気が・・・

 ただ、現状では関門トンネルを挟む区間を走っているのは全てJR九州の車両で且つ旧国鉄時代に製造されたものばかりですので、それなりに車齢を重ねてきていることは事実。
 とはいえJR九州の電化区間は、福岡市営地下鉄と直結している筑肥線を除き、全て交流電化となっていることに加え、九州新幹線鹿児島ルート全線開業関連で莫大な投資をしたばかりであることから、関門トンネルを挟む区間だけのために交直流両対応の電車車両を新たに設計・発注するのは、現状では、ちょっと考えにくいところですね。

 近い将来に車両更新時期が到来した際にJR九州とJR西日本の双方がどのように対処するのか、今は見守る他無いように思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/50764834

この記事へのトラックバック一覧です: 521系交直流近郊形、今春JRダイヤ改正施行に向けて増産続く…JR西日本、計40両を追加投入。若干の仕様変更も:

« 日根野電車区配置の103系トップナンバー車、引退へ・・・読売新聞掲載記事。新型近郊形「225系」本格投入の煽りか | トップページ | 大阪「サントリー1万人の第九」2010年(第28回)開催分の関連リンク集…2011年(第29回)開催分リンク集を兼ねる »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)