フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 287系特急形電車、北近畿エリアに登場・・・3月12日、「こうのとり」等向け。9日前に第4陣出場《381系も期間限定で》 | トップページ | '食パン電車'419系、北陸本線でのお勤めに終止符・・・3月11日、運用開始から26年で引退。521系増備車に置き換え »

特急「雷鳥」廃止・・・3月11日ラストラン、東京五輪以来約47年の歴史。最終日は大阪、金沢両駅中心にファン等集結

 今回も地震とは無関係な話題───去る3月12日に施行された今年のJRグループ定例ダイヤ改正に纏わる出来事です。

 

 前回、前々回と、九州新幹線鹿児島ルート、そして北近畿エリア電車特急向け287系・・・というふうに今回のJRダイヤ改正で誕生したものについてとり上げましたが、今回はその逆、つまりダイヤ改正で姿を消したものの中から、私自身の印象も交えつつ、書いていこうと思います。

 

 今回、視線を北陸エリアへと向けます。

 

 

 既にご存じの方も多いことかと思いますが、北陸エリアに於いては、今回施行されたJRダイヤ改正により、以下に挙げる3つが姿を消しました。

 

◎ 特急「雷鳥」《485系充当》
◎ 419系交直流近郊形電車《食パン電車》
◎ キハ58系《28形・58形;高山線にて》

 

 このうち、何と言っても特急「雷鳥」が一番よく知られているところであり、メディアへの露出度も3つの中では突出しているといえるでしょう。

 

 

 私自身の場合、「雷鳥」利用頻度に関しては1度ぐらいしか記憶が無いのですが、外から眺めるだけであれば、だいぶ前のことになりますが、まだ改築される前の大阪駅・旧11番のりば(現在の11番のりばとは異なる→現在の11番のりばは位置的に改築前の9番のりばに相当)に停車中の「雷鳥」を幾度と無く目の当たりにしたものです。

 

 私が大阪駅で「雷鳥」をよく目の当たりにしていた頃は、現在の「サンダーバード」の前身ともいえる「スーパー雷鳥」が健在で、4号車にグリーン車を連結していた通常の「雷鳥」と共に、金沢方の前2両が「2×1」の3列配置によるグリーン車となっていて白色基調な車体塗装をされていた専用車両により運転されていた「スーパー雷鳥」が存在感をアピールしていました。

 

 ヘッドマークも通常の「雷鳥」のものに左下から右上にかけて青と黄色の斜めストライプが描き加えられたものになっていて、「雷鳥」より速いというイメージを持たせていたような・・・

 

 実際、その「スーパー雷鳥」の停車駅パターンを『時刻表』で見ていて、「京都~福井」間や「福井~金沢」間でノンストップとなっていることにある種の驚きを感じたものでした。

 

 ん、これは今までの「雷鳥」とは違う───そんな印象でした。

 

 そんな「スーパー雷鳥」と従前からの「雷鳥」が共存していた頃に大阪駅などで「雷鳥」の姿を幾度と無く見てきているものだから、僅少な利用頻度にもかかわらず、入線時・発車時の駅構内放送と共に、頭に焼き付いてしまっています。

 

 

 「雷鳥」といえば、もう一つ───これは私の脳内限りのことになってしまうところですが、当時夕方までに大阪駅を発車する2本の夜行寝台特急列車、「トワイライトエクスプレス」と「日本海1号」の”救援役”と考えていたことがあります。

 

 つまり、当時正午に発車していた「トワイライトエクスプレス」の場合はその次に発車する「雷鳥」或いは「スーパー雷鳥」が〔時期によりその更に1本あとの「雷鳥」或いは「スーパー雷鳥」も〕、夕方18時前に発車していた「日本海1号」の場合はその次に発車する「雷鳥」或いは「スーパー雷鳥」が、それぞれ前を走っている「トワイライト」や「日本海」を捕まえていたのです《尤も今年のJRダイヤ改正施行後の新ダイヤに於いても同様の事象が見られますが・・・;「日本海」は2008年3月15日のダイヤ改正で1往復に統合されてしまいました》。

 

 『時刻表』誌上でそのことを何度も確認しながら、「雷鳥」・「スーパー雷鳥」は「トワイライトエクスプレス」や「日本海」の救済列車としての役割もあるんだなぁ、などと自分自身納得していたものでした。

 

 

 しかし、「スーパー雷鳥」が681系特急形電車の登場と共に「サンダーバード」という名前に改められ〔初めは「スーパー雷鳥(サンダーバード)」というちょっと長ったらしい名前だったが…〕、その後681系のマイナーチェンジ版ともいえる683系の登場そして増備に伴って、「スーパー雷鳥」、そして2009年以降は「雷鳥」も、「サンダーバード」へと置き換えられていったわけですね《初めて「サンダーバード」という名前を聞かされたときには、テレビでも放映されていたSF人形劇と同一視してしまっていました(笑)》。

 

 昨年(2010年)3月12日のJRグループ定例ダイヤ改正施行時点では、旧国鉄時代からの生き残りである485系による「雷鳥」はついに1往復を残すのみとなっていました。

 

 その、1往復だけとなってしまっていた「雷鳥」の大阪方先頭車両として、かつて「スーパー雷鳥」専用車両の金沢方先頭に連結されていたパノラマ風グリーン車が、旧国鉄色に塗装された姿で、連結されていました。

 

 なお運転最終年度の「雷鳥」については、午前中に「雷鳥8号」として金沢を発車、夕方に「雷鳥33号」として金沢に戻るというダイヤパターンとなっていました。

 

 

 で、「雷鳥」運転最終日となった3月11日。

 

 地元メディアを中心にこの日の模様を報じている他、『YouTube』にもこの日の模様を中心に続々とレポート映像が寄せられてきているのが見えました。

 

 始発・終着駅である金沢と大阪の両駅を中心に大勢の鉄道ファン等のギャラリーがカメラ片手に集結、特に最後の列車となった下り「雷鳥33号」の始発駅・大阪では、その発車ホームである11番のりばは勿論のこと、隣の9・10番島式ホームの10番のりば側にも大勢のギャラリーが集結しているのが見えました。

 

 『YouTube』に寄せられてきている映像の中に、運転最終日当日の夕方、大阪駅に於ける「雷鳥33号」入線前の様子を隣の10番のりば側から捉えた映像が幾つか存在しますが、入線する11番ホーム上に集結する群衆をつぶさに眺めていても、「雷鳥33号」の乗客とギャラリー(見送り組)の区別がつきませんでした(爆)───群衆が一続きに連なって見えたものですから。

 

 そして最後の「雷鳥」となる「雷鳥33号」が11番のりばに入線───所定位置に停まると、居合わせた大勢のギャラリーから一斉にフラッシュの閃光の嵐・・・

 

 う~ん、停まっている列車を被写体とするならば、フラッシュ炊かなくともマニュアルモード等で露出時間を少し長めにとることで綺麗に撮れたり出来そうなものだけれども───電池の節約にもなりますので《勿論乗務員たちに迷惑がかからないでしょうし…》。

 

 それはさておき、「雷鳥33号」の停車中、隣の10番のりばには昨年11月にデビューしたばかりのキハ189系特急形気動車が入線・・・

 

 大勢のギャラリーがざわめく中で実現したこの新旧の顔合わせ───何だか、お互い今生の別れを交わしているかのような印象を受けるところです。

 

 キハ189系入線から1分少々経過した後、「雷鳥33号」はタイフォンを高らかに響かせながら大阪駅11番のりばから滑り出し、ギャラリーたちからの多くの声援をも浴びながら、金沢に向けての最後の旅へと出て行きました。

 

 ここまでの間、映像で見る限り、首都圏内の某主要駅で見られるような”罵声大会”状態に発展することなく推移していたみたいで、私も一安心しています。

 

 この大阪を発車した「雷鳥33号」について、ネット上に流布されている情報によると、途中の湖西線・堅田あたりで車内トラブルに見舞われ11分の延発を招いたとのこと───しかしその後は大きな事故・トラブルに遭遇することなく、無事終着駅・金沢まで走り抜けたとの由。

 

 なお、堅田に於いて発生した”車内トラブル”について、最初情報として接したときには485系自体の老朽化が故の機器類のトラブルかと思いましたが、同駅にて「雷鳥33号」を撮影した人からのレポートによると、どうやら一部の乗客の不正乗車が車掌側に於いて発覚したことによる騒ぎだったとの由───最終的には該当乗客の強制下車で片が付いたそうですが、それにしても正直ちょっと残念に思いました。

 

 ま、金沢まで事故無く運転出来ただけでも良しとしなければ・・・

 

 

 一方、上り最終となった「雷鳥8号」の始発駅・金沢にも多くのギャラリーがカメラ片手に詰めかけていた様子。

 

 こちらは先頭車両・パノラマ風グリーン車の最前部付近にて、敦賀までマスコンを握る運転士に対し金沢駅長が花束を贈り、駅長による出発合図に合わせてタイフォンを高らかに響かせながら大阪に向けて旅立ったところまでが地元紙により報じられています。

 

 『YouTube』にも金沢駅に於ける「雷鳥8号」の入線から発車までの様子を収めた映像が2~3寄せられて来ていますが、それによると、金沢駅では「雷鳥8号」停車中に、同じく今回施行されたダイヤ改正で引退となった”食パン電車”こと419系電車が、福井方から「雷鳥8号」の停まっていたホームの反対側に入線してきていました───こちらは、同じ島式ホームを介して、引退する者同士が互いに挨拶を交わしたかのような錯覚を覚えました。

 

 しかし、あの時居合わせたギャラリーたちの中に、「雷鳥8号」停車中に福井方から入ってきた419系電車にも目を向けていたのはどのくらいいたのだろうか・・・

 

 実は、「雷鳥8号」発車から暫く時が経過してから、反対側に入線していた”食パン電車”419系電車が折り返し発車していったのでありますが、カメラを向けていたギャラリーは少なかったように見えました《この時、ホーム上では「雷鳥8号」を取材していたとみられる報道陣が金沢駅長らしき人物に対してインタビューを行っている光景も見えました》。

 

 特急「雷鳥」と”食パン電車”419系───悪い言い方かも知れませんが、何だか冷たい現実のようなものを見せつけられたような気もしました。

 

 

 長々と書き並べてしまいましたが、東京五輪開催の年から約47年もの長きにわたって関西圏と北陸圏を結んできた特急「雷鳥」───その功績を偲ぶと共に、「雷鳥」の後を引き継いだ681系・683系「サンダーバード」には引き続き関西と北陸との架け橋として活躍してほしいと願っています。

 

 

 で、先に記しました、金沢駅で「雷鳥8号」と顔を合わせた”食パン電車”こと419系のことを次に記したいところですが、ここまでだいぶ長くなってしまっていますので、次回以降の記事にて続けることとします。

 

 

<(_ _)> ありがとうございます。応援よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 鉄道ブログへ 人気ブログランキング「くつろぐ」 ←ランキング参加中。各1クリックご投票を!

« 287系特急形電車、北近畿エリアに登場・・・3月12日、「こうのとり」等向け。9日前に第4陣出場《381系も期間限定で》 | トップページ | '食パン電車'419系、北陸本線でのお勤めに終止符・・・3月11日、運用開始から26年で引退。521系増備車に置き換え »

コメント

どうもこんばんは。
東北東日本大震災関連のニュースで
3月12日のダイヤ改正に伴うニュースは
テレビなどでもほとんど取り上げられること
なく、新聞も端に小さな記事にて船出しましたね。
 そんな最中に特急「雷鳥」がなくなったのは
当時、まだ湖西線がなく、米原経由で和倉へ
行ったかすかな覚えがある私にとって非常に
さびしい出来事です。
 発展系の「サンダーバード」に統一した以上
より快適な北陸への旅の思い出作りの一助と
なってもらいたいものです。
 また食パン電車419系ともお別れとなったんですね。福井駅とかでよく見かけた電車でしたけど。

 taimei1226さん、こんにちは。

 仰るとおり、九州新幹線・鹿児島ルート全線開業や、287系電車のデビュー・・・何れも静かな船出でした。
 でも、鉄道史に新たな1ページを加えることに変わりありませんので、温かく見守ってやりたいところですね。

 あと「雷鳥」や”食パン電車”419系には、長いことお疲れ様、と声をかけてやりたい気持ちです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/51129068

この記事へのトラックバック一覧です: 特急「雷鳥」廃止・・・3月11日ラストラン、東京五輪以来約47年の歴史。最終日は大阪、金沢両駅中心にファン等集結:

« 287系特急形電車、北近畿エリアに登場・・・3月12日、「こうのとり」等向け。9日前に第4陣出場《381系も期間限定で》 | トップページ | '食パン電車'419系、北陸本線でのお勤めに終止符・・・3月11日、運用開始から26年で引退。521系増備車に置き換え »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)